CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«No.124【ファンドレイジングスーパースター列伝】東京グランメゾン チャリティカレー(日本) | Main | 【参考情報】チャリティマラソン・チャリティラン一覧»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.125【ファンドレイジングスーパースター列伝】丸紅・ 100円クラブ(日本) [2018年05月05日(Sat)]

丸紅・ 100円クラブ

今回は、企業の職域募金である、従業員の寄付活動をご紹介します。

丸紅及び丸紅グループの企業の役員、社員、OB・OGの有志を構成メンバーに実施されているのが「100円クラブ」です。1995年(平成7年)にスタートしています。
他の企業と同じく、集まった寄付額と同額、企業がマッチングファンドを行っています。

丸紅グループの100円クラブの特徴は、社会福法人丸紅基金に集まった募金の全額(+マッチングファンド)を丸紅基金に寄付していることですね。

丸紅基金について、サイトからの引用です。
ーーーーーーーーー
丸紅基金は、我が国の社会福祉に関する民間助成団体として、1974(昭和49)年9月、丸紅株式会社の出捐により設立されました。
翌1975年、全国の福祉施設が必要とする設備、機器、車両、建屋の他、各種団体が行う調査・研究活動等の資金援助として、合計1億円の助成を実施、以後毎年1億円の助成を継続し、2017年度までの助成実績は、累計2,484件、総額43億円となっています。
ーーーーーーーー
http://www.marubeni.or.jp/data/outline/tabid/60/Default.aspx

丸紅からは、毎年100円クラブに寄せられた寄付金と同額がマッチングギフトとして贈られており、合わせて年間約4,000万円の新たな原資となり、丸紅基金の助成事業に活用されています。


丸紅のWebサイトからの引用ですが、丸紅基金の助成先団体に、人材派遣をしているそうです。
これは画期的な取り組みですね。
具体的にどんなことをしているのか、詳しく知りたいです。
https://www.marubeni.com/jp/csr/contribution/?id=anc02
ーーーーーーーーーーー
丸紅基金の社会貢献活動は、1974年に設立されて以来40余年にわたります。1995年には丸紅グループの役員、社員、OB・OGが毎月一口100円の寄付をする「100円クラブ」の活動がスタートしたのをはじめ、多くのグループ社員が丸紅基金の活動に参加してきました。2015年度より、従来基金関係者、地域主管者限りで実施していた助成証書贈呈式に、グループ社員有志にも参加を呼びかけることになり、3年目をむかえた2017年度は100余名の社員が参加しました。参加した社員からは、「実際に助成が活かされている現場に赴くことで、活動の意義をより強く感じた」との感想が寄せられています。また、助成先でのニーズが多様化している現状にあわせて、当社の人材を丸紅基金助成先に派遣し人的な支援を行なう制度を2017年度からスタートしました。助成先と希望する社員双方に対して人事部と協働してニーズのヒアリングを実施しており、2017年度末現在、8つの助成先で10人が事務や現場でのサポート等の活動を開始しました。今後も、グループ社員とともに、丸紅基金の活動を広めていきます。
ーーーーーーーーーーーーー

コメントする
コメント