CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«No.109【ファンドレイジングスーパースター列伝】富籤(とみくじ)(日本) | Main | NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2018/4/13-2018/4/19»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.110【ファンドレイジングスーパースター列伝】ピンクリボン運動(アメリカ・日本) [2018年04月20日(Fri)]

ピンクリボン

乳がんの正しい知識を広め、早期検診を推進するピンクリボン運動。
いろいろな団体・組織が、様々な取り組みを行っていますね。
ファンドレイジングとしても、実績を積んでいます。

あらためて、ピンクリボンについて調べてみましたが、特定の団体がとりまとめている活動ではないんですね。ちょっとビックリです。

乳がんをテーマに、ピンクリボンをシンボルに活動していれば、誰でも参加できる運動になっています。

詳ししく見ていきましょう。
まずは、Wikipediaからです。
ーーーーーーーー
ピンクリボン(Pink ribbon)とは、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進すること、などを目的として行われる世界規模の啓発キャンペーン、もしくはそのシンボル。日本人女性のうち、乳がんを発症する割合は約12人に1人と言われており、また、乳がんで死亡する女性の数は年間約1万人弱とされ、そのキャンペーンは年を増すごとに拡大している。
ーーーーーーーー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3


日本でのピンクリボン運動も、いくつかの流派があるようです。
2000年頃から日本でも実施されてきたようです。

ピンクリボンバッジキャンペーン(2000年より)
(認定NPO法人乳房健康研究会)
https://breastcare.jp/index.html

NPO法人J.POSH(2002年設立)
(Japan Pink-ribbon of Smile and Happiness、日本笑顔と幸せのピンクリボン)
http://www.j-posh.com/

ピンクリボンフェスティバル
(日本対がん協会、朝日新聞社等 2003年より)
http://www.pinkribbonfestival.jp/


もう一つ、化粧品のエスティ ローダー グループの取り組みをご紹介します。
ピンクリボン運動の発祥には諸説あるそうですが、そのうちの一つがエスティ ローダー グループのシニア コーポレート ヴァイス プレジデント、故 エヴリン ローダーによってはじめられたものです。
同社のサイトに掲載されていましたので、引用です。
ーーーーーーーーーーー
エスティ ローダー グループのシニア コーポレート ヴァイス プレジデント、故 エヴリン ローダーによって、25年前に立ち上げられたピンクリボン キャンペーン。その象徴に選ばれたのは、女性ひとりひとりに乳房を思いやる心を伝えるピンクのリボン。「ピンクリボン キャンペーン」が、ここにはじまりました。
今では世界70カ国以上で展開されています。

エスティ ローダー グループが世界中で、研究、教育、医療サービスのために現在まで7,000万ドル以上の寄付金を集め、そのうち、5,600万ドルが「米国乳がん研究基金(BCRF)」を通じて、225の医療プロジェクトに活用されています。「米国乳がん研究基金(BCRF)」を通じて世界中の225の医療研究プロジェクト5,600 万ドルにのぼる資金提供を行ってきました。この社会貢献活動は、乳がんに対する意識を高め、乳がんにより命を落とす女性が一人もいなくなること、また治療中や治療後も患者たちが健やかで美しく過ごせるよう、さまざまなメッセージを発信し、支援製品などによる基金を通じて、乳がん研究や患者団体のサポートをしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
https://www.estee.co.jp/pinkribbon/


乳がんに関するファンドレイジングの象徴としての「ピンクリボン」。
なるほどでした。
コメントする
コメント