CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«No.100【ファンドレイジングスーパースター列伝】小林富次郎(日本) | Main | No.102【ファンドレイジングスーパースター列伝】1918年米騒動(日本)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
三宅
【開催案内】寄付している人の新年会(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2019年1月23日(水)夜・東京 (01/20) 比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
No.101【ファンドレイジングスーパースター列伝】松野菊太郎(日本) [2018年04月11日(Wed)]

松野菊太郎

109px-松野菊太郎.jpg

松野 菊太郎(まつの きくたろう、慶応4年1月23日(1868年2月16日) - 昭和27年(1952年)1月25日)は、日本の牧師。日本のホーリネス運動の草分け。
ーーーーー
(Wikipediaより)


松野 菊太郎は、キリスト教の牧師であり、現在の社会福祉法人信愛報恩会のもとになる「報恩会」の創立者です。


社会福祉法人信愛報恩会のWebサイトの沿革からの引用です。
ーーーーーーー
本会は、明治末期に於るキリスト教社会福祉運動勃興の一つとして、当時不治の病として周囲から疎外される傾向の強かった結核患者の救済を行いました。即ち、健康である有志の者から「健康税」月十銭を徴収し、結核患者の医療費及び生活費に充当する等、今日の社会保障制度に匹敵する仕事を行政に先駆けて行いました。
 結核患者に対する救療事業は後に救護施設を開設して貧困患者を収容し、社会復帰に至るまでその自立を援護しました。 結核患者の数は益々増加し、貧困の重症患者は入院隔離も叶わず、排菌しつつ本人また周囲共々苦難の中にありました。このような社会救済の急務に対し、本会は医療機関としての病院を開設し、医療保護施設として国策「結核撲滅運動」の一翼を担いました。
ーーーーーーー
http://www.shin-ai.or.jp/honbu/history.html

「健康である有志の者から「健康税」月十銭を徴収し、結核患者の医療費及び生活費に充当する」という仕組みはすごく面白いですね。

同じく、社会福祉法人信愛報恩会のサイトに野菊太郎の言葉が掲載されていたので、引用します。
ーーーーーー
野菊太郎の祈り(1909年 明治42)
写真 松野菊太郎氏神よ願わくば我等を憐み給え。
松野一個人の希望としては、更に有志より健康税として、毎月10銭宛集金して、不幸なる孤独の肺患者を助けんとの祈願あり。重ね重ねの出来事に遭遇して遂に堪え得ず企画するに至れるなり。
若し神の嘉し給うところとなりて幾年かの後、1個の病院でも設立するに至らば如何に嬉しくあるべきか。
ーーーーーーー

信念を感じます。


Wikipedia:松野菊太郎

By 不明 - 聖ヶ丘教会百年史, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=19345152
コメントする
コメント