CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【ファンドレイジングスーパースター列伝】Vol.43 伊奈忠順(日本) | Main | 【ファンドレイジングスーパースター列伝】Vol.45 井上円了(日本)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10) 松尾
台風18号大雨被害(北関東・東北豪雨)に関する情報や各種サイト (09/13)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【ファンドレイジングスーパースター列伝】Vol.44 市民球団広島カープ(日本) [2018年02月13日(Tue)]

市民球団広島カープ

Hiroshima_carp_insignia.png

市民球団広島カープ創設2年目の存続危機を救った「後援会」と「樽募金」。
解散もしくは合併話が浮上、存続を訴えるファンの声に応えて監督自ら組織した「後援会」に支援が寄せられ、さらに新聞社の発案で球場に置かれた樽に観客らが寄付金を入れ、存続必要額が確保された。
「樽」は、平成の新球場建設費用集めと、東日本大震災の際にも登場、今に受け継がれる伝統のファンドレイジング・アイテム。

参考:
https://shuchi.php.co.jp/article/1950?
http://carp-history.com/episode/tarubokin/
ーーーーーーーーー


恒例の第1回「オールド・ファンドレイジング大賞」応募事例のご紹介です。
7つ目のエントリーは「広島カープ」です。

長くなってしまいますが、その当時のエピソードをWikipediaから引用です。

『1951年
3月に球団社長の檜山袖四郎、球団代表代理の河口豪、大平正芳(後援会会長・池田勇人の代理)はセリーグ連盟から呼び出され、「プロ野球は金が無いものがやるものではない」「早急に身売りしてはどうか」と厳しい叱責を受けた結果、3月14日、広島市の天城旅館で行われた役員会で当時下関市にチームがあった大洋との合併が決まり、その日のNHKラジオが夜のニュースで「広島解散、大洋に吸収合併」と報じた。「ついにその瞬間がきた」、合宿所でこのニュースを聞いたカープ選手の中には涙を流す者さえいた。しかし役員会に遅れて参加した石本監督らの説得で合併方針は撤回され、ファンに協力を求め危機打開を図ることになった。何とか3月15日にナインは急行「安芸」で準公式トーナメント大会に無事出発。しかし今度は旅館代がなく、選手は甲子園のアルプススタンド下の薄暗い部屋で雑魚寝した。
石本監督は3月16日の中国新聞紙上で「いまこのカープをつぶせば日本に二度とこのような郷土チームの姿を見ることは出来ぬだろう、私も大いに頑張る、県民もこのさい大いに協力してカープを育ててほしい」と訴え、3月20日には広島県庁前で資金集めの後援会構想を発表、広島県民の心を動かした。こうした動きに連盟も折れ、3月23日、鈴木竜二セ・リーグ顧問と河口豪球団代表代理との会談でチーム存続が正式決定し、4月2日に棚上げしていた公式戦の開催を正式決定した[33]。これらの事情から、この年の広島の公式戦の開幕は他より9日遅れて、4月7日の広島での対阪神戦となった。
石本監督が発案した後援会には職場単位、あるいは個人での入会者が後を絶たず、「おらがチームを潰すな」の純粋な思いで子どもはなけなしの小遣いを、大人は酒代、タバコ代を削って金を出した。石本監督はシーズン中も試合の采配は助監督の白石に任せて、自身は球団の苦境を訴えるべく広島県内各地の公民館、学校を回り辻説法、さらには中国新聞に資金調達の必要性を訴える投稿を続けた。また石本や白石は試合後に選手を連れてあっちの町内、こっちの町内へ出向いて講演会をしたり、歌をうたったり、カープグッズ第1号ともいわれる"カープ鉛筆"を売ったりした。その結果、7月29日の国鉄戦直前にセレモニーが開かれ、カープ後援会は正式に発足した。この時、既にカープ後援会は1万3千人の会員数に達しており、本拠地広島総合球場前での酒樽の中にカンパする「樽募金」も合わせ1951年末までに集まった支援金は約440万円(当時)。カープはこの年130万円の黒字を計上し、球界のみならず日本中を驚かせた。この一件は、通称昭和の樽募金と呼ばれ、2001年5月1日放送のNHK『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』で「史上最大の集金作戦 広島カープ」として取り上げられた。』

Wikipedia:広島東洋カープ


By 広島東洋カープ, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=32753351
コメントする
コメント