CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【ファンドレイジングスーパースター列伝】記事一覧 | Main | 【ファンドレイジングスーパースター列伝】Vol.44 市民球団広島カープ(日本)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
比企
【ご案内】NPOを対象とした助成プログラムの助成決定事業一覧(通称:ホワイトリスト)の公開(2017年12月10日追加) (01/10) 長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10) 松尾
台風18号大雨被害(北関東・東北豪雨)に関する情報や各種サイト (09/13)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
【ファンドレイジングスーパースター列伝】Vol.43 伊奈忠順(日本) [2018年02月12日(Mon)]

伊奈忠順

江戸宝永期の関東郡代、伊奈忠順(ただのぶ)。
体制側の人間ですが、宝永の富士大噴火の際に関東郡代として被災地の復興の陣頭指揮をとった人物。担当役人たちに対して、農民とともに直訴してまわり、復興資金を捻出したということです。寄付とは少し違いますが、ファンドレイジングかな、と。
ーーーーー

恒例の第1回「オールド・ファンドレイジング大賞」応募事例のご紹介です。
6つ目のエントリーは「伊奈忠順」です。

被災地の復興支援。
幕府(政府)としての資金調達。

今の時代にも通じるヒントがありそうです。

まずは、Wikipediaからの引用です。
『伊奈 忠順(いな ただのぶ[1]、生年不詳 - 正徳2年2月29日(1712年4月4日))は江戸時代中期の関東郡代。通称は半左衛門。関東郡代・伊奈忠常の次男。兄に忠篤。室は折井正辰の娘。嫡男に忠辰。また、伊奈貞長の次男・忠逵を養子とした。
はじめ稲葉正篤の養子となり、兄・忠篤が死去すると兄の養子として、関東郡代職と武蔵国赤山(現在の埼玉県川口市赤山)4000石の赤山城の遺領を継いだ。伊奈氏の代々の仕事を引き継ぎ、幕府代官として架橋工事、治水工事を主に行った。』

さらに、Wikipediaの記事の中で「宝永の大噴火」に関する概要もありました。
『忠順はこの噴火に対し、砂除川浚(すなよけかわざらい)奉行と呼ばれる災害対策の最高責任者に任じられ、主に川底に火山灰が堆積していた酒匂川の砂除け、堤防修復などに従事した。しかし、もっとも被害の酷かった駿東郡足柄・御厨地方へ幕府の支援が一切行われず、59もの村が「亡所」とされ、放棄され飢餓に苦しむ者が続出している悲惨な状況となっていた。忠順は酒匂川の改修工事に被害農民を雇い入れることで生活の安定を図り、農地を回復させるための土壌改良にも取り組んだ[2]。忠順は復興開始から4年後、事業半ばで死去。墓所は源長寺(現在の川口市)。戒名は嶺頂院殿松誉泰運哲翁大居士。』


伊奈忠順は、NHKの歴史秘話ヒストリアでも取り上げられています。
◎江戸の復興代官 奇跡の4年〜巨大地震・富士山噴火からの再生〜
(本放送:平成25年3月6日)
https://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/158.html

静岡大学防災総合センターのWebサイトでも、詳しく紹介されています。
◎須走の町と伊奈神社
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/sbosai/fuji/wakaru/011.html


Wikipedia:伊奈忠順
コメントする
コメント