CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【開催案内】日本財団CANPAN大忘年会+キフカッション2017 2017年12月21日(木)夜・東京☆寄付月間公式認定企画 | Main | 今週の助成金情報(2017年11月8日)»
プロフィール

CANPAN・NPOフォーラムさんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
長浦とし子
NPOが押さえておきたい省庁情報(2017/08/21-25) (08/30) ビオキッチン京都
NPOが押さえておきたい省庁情報(2016/11/7-11) (11/21) 兼間道子
キフカッションのご案内【寄付月間2016公式認定企画】 (11/11) 隠岐
【開催報告】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/26) 大貫
【開催案内】資金調達シリーズ「初めての助成金編」〜助成金獲得ではなく活用という視点で考える〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年7月26日午後・東京 (07/01) 鵜飼
【開催案内】NPOのためのデザイン×CANPAN Vol.02 〜広報を溺愛する人の時間〜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2016年5月20日(金)午後・東京 (05/15) 森谷
【開催案内】『すぐやる人の「出会う」技術』出版記念セミナー出会いの達人・久米信行さん(CANPANセンター理事)に聞く!〜仕事“相手”から信頼し合える仕事“仲間”へ〜2015年12月18日(金)東京・夜(日本財団CANPAN・NPOフォーラム) (12/15) Gateway English
【開催案内】寄付月間公式認定企画*第8回 CSR Meetup テーマ「CSR × 寄付」2015年12月4日(金)東京・夜 (11/10) 松尾
台風18号大雨被害(北関東・東北豪雨)に関する情報や各種サイト (09/13) inoueshoin
NPOが押さえておきたい省庁情報(2015/8/24-28) (09/04)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/cpforum/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cpforum/index2_0.xml
NPO関係者が読むべきCANPANブログおススメ記事2017/10/27 -11/2 [2017年11月07日(Tue)]

2017年10月27日から2017年11月2日までのCANPANブログの中から、NPOの組織マネジメントに参考になるような記事をご紹介いたします。

参考ブログ.jpg



ブログ「川北秀人 on 人・組織・地球」

岐阜県加茂郡町村議会議員研修会でした! [2017年11月02日(Thu)]
http://blog.canpan.info/dede/archive/1228
・繰り返し申し上げた通り、自治とは、自分たちで決めて、自分たちで担うこと。
・それゆえ、決めないと決めるのも、自治です。
・内外の状況が変化しつつあるのにそれを見ぬふりして、決めないと判断すれば、成長を望む人々、特に若い世代が他の地域に転出してしまうのは、仕方がないこと。
★現実を受け止めつつもこれからの方針を決めていくことの大切さが記載されています。


ブログ「NPO会計・リクツとコツ〜目指せ、NPO会計キュレーター」

献本:平成29年度アウトリーチ国内普及プログラム[2017年10月29日(Sun)]
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2847
・内閣府の『子供の未来応援国民運動』の一つとして選ばれた事業です。
・「アウトリーチ」っていう言葉自体はよく聞くようになったけれど、それって何?
・全国こども福祉センターでは「支援や情報を届ける」「アクセスしやすくする手法」「普及」と定義しています。
★アウトリーチの報告書があるのですね。よく聞くようにはなりましたが、読み込むと新しい視点があるかもしれませんね。

ブログ「林田全弘ブログ」

講座スライドに寄せられたご質問 [2017年10月30日(Mon)]
http://blog.canpan.info/rindazenko/archive/242
・「スライド作成に使っているソフトはなんですか?」
・「スライドに使っている書体、あれはなんですか?」
・「スライド番号があるスライドと、ないスライドがありますね」
★講師の方が使っているモノ気になりますね。より便利になるのであれば一度使ってみたいものです。

ブログ「NPO法人おかえりブログ」

11月が始まりました! [2017年11月01日(Wed)]
http://blog.canpan.info/okaeri/archive/1957
・これまでずっと思い描いてきた「30年後の未来」をさらに具体的に描き、言語化し、様々な方と共有できるようになってきました。
・「好きなしい。何かあったら絶対たすけるから」そう言える環境をつくりたい。
・多くの方とつながりあいながら、思い描く未来をつくっていきたいと思います。
★いろんな方と話していくうちに言葉の表し方など、きっと変わっていったのではと記事を読んで感じました。
Posted by 藤川 幸子 at 17:24 | 参考ブログ | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント