CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

http://blog.canpan.info/cosmo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/cosmo/index2_0.xml
プロフィール

町井 則雄さんの画像
■□■カテゴリ■□■
■□■最近の記事■□■
■□■コメント■□■
■□■トラックバック■□■
君こそ英雄 [2005年09月15日(Thu)]
世の中には、無名の英雄がたくさんいます。
そんな方々をちょっと紹介したいと思います。

今回はその第一弾、災害現場で働いていた自衛隊のある方のお話し。

1995年に起こった阪神・淡路大震災は多くの人たちの命を奪いました。
そして生き残った人たちからは大切な人やそれまでの生活を奪い、場合によっては人生を変えられてしまいました。

災害後に現地入りした自衛隊は現場で過酷な労働を続けていました。終日にわたって黙々と瓦礫を片付け、生存者を探し、遺体を収容し、被災者の生活確保に働いていました。

そんな作業を終えた夜、冷え込む夜空の下で焚き火を囲んで皆で食事。

「夜、眠れますか?」

疲れた顔の自衛官が訊いてきます。

「昼間、かなり動くんで、夜はかなりぐっすりです・・・」

それを聞いた彼は、「いいですね・・・私は眠れなくて」と言う。
昼間の作業で疲れきっているはずの彼はなぜ眠れないのか?

「昼間はね、作業をしてますよね。精一杯やってるから、もし下敷きになった方の遺体が出てきても納得がいくんです。だけど、夜は作業が止まる。この寒い夜の中で今も瓦礫の下で私たちの助けを待っている人がいたらと思うと眠れないんです。だってこの瞬間に死んじゃうかもしれないんだから。明日出てきた遺体はそうなんじゃないかって思うんです。」

『あなたはどこまで人がいいんだろう、誰もが余裕を失っているこの被災地で、どうしてそこまで人を思いやることができるんだろう・・・』

彼に励ましの言葉をかけたいと思ったが、あまりの感動に言葉が出なかった。

自衛隊という制度云々ではなく、こんな人たちががんばっている自衛隊とその活動を認めてあげたいと心底思った。

あれから10年、災害が起きるといつも、彼は現場に行ってるだろうかと思う。

敵と戦ったことのない自衛隊の中に、人の命や生活を命がけで助けようとする多くの英雄がいる。
それは敵をやっつけることなんかより、どれほど尊いだろう。

日本人はもっと彼らの活動を認めてあげて、彼らを同じ日本人として誇りに思っていい、といつも思う。

そして、あの英雄たちとの出会いがなかったら、他にやりたいこともあったし、今、自分は日本財団にいないのではないかと思い、間接的ながら、自分もあの震災で人生を変えられた一人かと、ふと思うのです。

当時の自衛隊のステキな活躍はこちらからどうぞ。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/8336
» 自衛隊の話 from 縁(えにし)な生活 
以前、同僚のノリちゃんのブログから、”君こそ英雄
”という記事を紹介しました。
ノリちゃんが災害救援の現場でご一緒した自衛隊のかたのエピソード。

「がれきに埋もれた人を救出する日中活動。
疲れたからだは、それでも眠れない。
自衛隊員いわく、今この瞬... [Read More]
Tracked on 2005年09月30日(Fri) 09:22
コメント
awaさん

コメントありがとう!

この人が、今の自分の仕事の原点みたいな人なんです。

それまではホントに書類整理みたいな仕事にちょっとくたびれていたりしてました同じく・・・(笑)

こんないい仕事に携わっている中で、人との出会いが権利とすれば、書類整理は義務かもですね(笑)
Posted by:Yo_カッパな毎日  at 2005年09月30日(Fri) 20:15
自衛隊の方のこの言葉、昨年10月の新潟中越地震で現地入りしていた頃に、災害救援チームボスのKさんから教えていただきました。

人の生死と密接しているからなのか、身一つで放り出されるからなのか、災害の現場では色々なものが凝縮されている気がします。
人の温かさ、弱さ、家族や地域のつながりの大切さ、「人を助ける」ということがどういうことか、、などなど。
今自分が財団でやっている「公益(世の中のため)の仕事」って、ただの書類処理じゃないよなぁ…と、原点にかえる気持ちです。
…入会2年目にして原点もなにもないですけど。

でもこれから仕事をしていく上で軸になる、貴重な体験をさせていただいたことに感謝の気持ちです。

(初コメントさせていただきました)
Posted by:awa  at 2005年09月27日(Tue) 18:23
縁(えにし)な生活さん とおりがかりさん

コメントありがとうございました!マジメに感激してます。

人のために何かをするということの大切さをこんな形で教えてくれた彼への自分なりの感謝の形として、これからも今までに出会った素晴らしい人との出会いを書いていきたいと思っています。

ちなみに人のために何かをしようと10年前からはじめている献血ライフですが、三回に二回は血が軽いということで拒否されてます・・・いわんや予備自衛官補をや・・・(泣)
Posted by:Yo_カッパな毎日  at 2005年09月20日(Tue) 11:19
記事ランクで1位になっているのでどんな記事かと思い、読ませていただきました。

「彼」の言葉には不覚にも感動し、ちょっと涙ぐんでしまいました。悲しい

これからもブログ拝見させてもらいます。
Posted by:とおりがかり  at 2005年09月16日(Fri) 15:19
いいこといいますね〜そうそう!

予備自衛官補に応募しようとしたら年齢制限でひっかかってた。
もう年なんやて。

こうなったら何か技能をつけて、年でもいけるコースで応募しようかなと。
Posted by:縁(えにし)な生活  at 2005年09月15日(Thu) 09:54