CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
【恩送りカードのご紹介-160】 [2019年02月27日(Wed)]

本日ご来店の方からの恩送りカードです。

〇初めて来た人へ
どうぞごゆっくり

========
恩送りカードは、カフェタイムにご利用いただけます。
その他にも店内レジ前に掲示してありますので、ご覧ください♪

恩送りカードを贈りたい方は、Webからの申込も可能です。https://kessai.canpan.info/org/comachiplus/donation/101590/

恩送りカードのフォーマットをダウンロードしたい方はこちら
https://comachiplus.org/main/img/onokuricard.pdf

★恩送りカードの詳細はこちら
 http://blog.canpan.info/comachiplus/archive/72

☆過去の恩送りカードはこちら
 http://blog.canpan.info/comachiplus/category_8/1

#こまちぷらす #恩送りカード #こまちカフェ #保留コーヒー #Payitforward  #Caffèsospeso

52778829_1062304030646935_8896249383218053120_n.jpg
Posted by 佐藤 at 17:03
協働はしなくとも課題の共有はしないと 〜一般社団法人JIMI-Labさんのキックオフフォーラム登壇のご報告〜 [2019年02月13日(Wed)]
昨日は五井渕 利明さんが立ち上げられた
一般社団法人JIMI-Labさんの
キックオフフォーラムにて登壇
依頼をいただき、
川北 秀人さん(IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所代表)
倉増 京平さん(電通isobar ビジネスプロデューサー)
石井 雅章さん(神田外語大学准教授)
の皆さんと10分プレゼンとパネルディスカッションを
しました。

どの方の言葉・事例もぐぐっと響き
なんと面白い事例や発想だろうと思いました。
「いいですねー!となっても動かないのは、
共感してても共鳴してないから。」
何枚もの名刺を持ちながらいろんな協働プロジェクトを
行ってきた倉増さんのそんな言葉や
大学の先生でありながら、いつの間にか
いろんな協働を結果的にしていた、
その秘訣は「同床異夢」と語ってくださった石井さんの言葉、
いろいろと心に残りました。

最後に川北さんの言葉、
「イシューを共有することは大事。
課題の共有だけはしないといけない。
協働においては手続きと成果を求めてしまうけれども、
困っていること・起きていることを互いに知ないと。」
がもうすっごくすとんと自分の中に落ちました。

異なる団体・主体が
そんなみんな同じ目的方向に向けて
動けるわけじゃない。そうしようとすること自体の
危うさがある。
無意識に、「同一化」しようとすることに
なってしまってる場合もある。
でも、理解し合えない人たち同士でも互いに抱えてる
課題は一緒に見よう。
とつかのフューチャーセッションでも
「何を生み出してるの?」と問われるし
問うこともありますが、
そうそう、まず何が今起きてるのかをみんなで見ること自体に
とっても価値があるんだと外から言ってもらえたような
気がして、承認ですかね、
何かちょっとほっとしたような気持ちがしました。

そもそもNPOが制度のサービス受益者になっていないか?
中間支援的な動きはなんで必要なの?そもそも必要なの?
あれこれ質問が壇上で飛び交ってついていくのに
精一杯でしたが、いい問いをたくさんいただきました。

フォーラム.jpg
Posted by 山田 at 13:12
座間市社会福祉協議会 子育てサポーター育成講習会 [2019年02月13日(Wed)]
3連休最終日の昨日、座間市社会福祉協議会さん主催の
「子育てサポーター育成講習会」に、講師のご依頼をいただき、
居場所づくりコーディネーターの多田と大塚がうかがいました。

「進化する子育て」というテーマで、
今の子育ての課題や現状をみんなで知りながら、
子育てを地域で考えてこう、というお題をいただきました。

これからご自身が地域でできることは何かを考えていらっしゃる方、
すでに様々な活動をされている方、
社協の職員の皆さま、
18名の皆さんと共に、
子育て中の方々の様々な「声」から考えるグループワークを実施し、
その後は私どもこまちぷらすの事例を報告致しました。

皆様が話してくださった、地域で活動されるにあたってのお気持ちを
以下紹介させていただきます。

「もうずっと、どうしたら力になれるかを考えている。
 笑ってお子さんを迎えることしかできない」
「子どもたちの成長に関われることが、自分の今の生きがい」
「どう困り感に寄り添うことができるか?をずっと考えている。
 長いスパンで、「この人になら」と
 相談してもらえる相手になりたいし、そういう相手がいる状況を作りたい。」
「長年いろんな活動をしてきた。
 もっと何かやりたい気持ちと、
 これ以上は自分が大変になるという気持ちとある。」
「もっとお母さんたちに頼って欲しい」

一方、子育て世代からは、
「まずは自分たちも甘える勇気を」
という声もお聞きました。

そんな両方のお気持ちを言い合い、聴き合う時間をご一緒させていただきながら、
私たちにとっても人生の大先輩、しかもずっと地域にお住いの方とのつながりを
紡いでいらっしゃる皆様のお話をお聞きするのはとてもとても貴重な機会でした。

そんな地域活動の大先輩の方々と、
私たち子育て世代がお互いの「
できる」を楽しく持ち合いながら、
子育て世代も高齢世代も安心してくらせるまちについて、
私たちも考えていきたいと思いました。

座間市.jpg


座間市チラシ.jpg
Posted by 山田 at 12:58
山口からの恩送りカード [2019年02月06日(Wed)]
本日ご紹介の2枚は、山口県からのお客様からです。

・グリーフ(悲しみ)を抱えた方へ
どうぞ無理をしないで誰かにSOSを出して下さい。
ここでホッと一息おいしいお茶を…

・山口県に居た方、行ったことある方
山口においでませ!!

========

恩送りカードは、カフェタイムにご利用いただけます。
その他にも店内レジ前に掲示してありますので、ご覧ください♪

恩送りカードを贈りたい方は、Webからの申込も可能です。https://kessai.canpan.info/org/comachiplus/donation/101590/

★恩送りカードの詳細はこちら
 http://blog.canpan.info/comachiplus/archive/72

☆過去の恩送りカードはこちら
 http://blog.canpan.info/comachiplus/category_8/1

#こまちぷらす #恩送りカード #こまちカフェ #保留コーヒー #Payitforward  #Caffèsospeso

51221423_1046974082179930_4386629435764244480_o.jpg
Posted by 佐藤 at 13:00
恩送りカード入荷 [2019年02月05日(Tue)]
本日ご紹介の5枚は、先日ご来店くださった
お父さんからのカードです。

・全国のお父さんへ
たまにはひと月くらいお子様と旅を。
奥様にフリーハンドな時間を。

・全国のお父さんへ
少しは奥様をいたわるように。
例えば、お子様を連れてこちらのCaféへ。
奥様に一人の時間を。

・全国のお父さんへ
奥様にフリーハンドな時間を。
休日はお子様を連れて出かけるように。

・正直”大変”なお母さんへ
今は大変ですよね。
大変な時は、何を言っても大変。
でも、この先が楽しいんですヨ。

・子育て大変!といっぱいいっぱいのお母さんへ
ご主人含めて、子供の数だけ大変です。
でも、ご家族の二乗倍の幸福感が待っていますヨ。

=======

恩送りカードは、カフェタイムにご利用いただけます。
その他にも店内レジ前に掲示してありますので、ご覧ください♪

恩送りカードを贈りたい方は、Webからの申込も可能です。https://kessai.canpan.info/org/comachiplus/donation/101590/

★恩送りカードの詳細はこちら
 http://blog.canpan.info/comachiplus/archive/72

☆過去の恩送りカードはこちら
 http://blog.canpan.info/comachiplus/category_8/1

#こまちぷらす #恩送りカード #こまちカフェ #保留コーヒー #Payitforward  #Caffèsospeso

51421304_1046973995513272_6587803353240043520_n.jpg
51486462_1046973975513274_2251610345497952256_n.jpg
Posted by 佐藤 at 16:48
【とつかフューチャーセッション 開催報告】 [2019年02月05日(Tue)]
1/30に「第8回とつかフューチャーセッション」を開催致しました。

今回のテーマは「障がい」で、
共に暮らし、共に学ぶこと〜インクルーシブな暮らしと学び〜について、参加者の皆さまと考えました。

第一部はミニ講演として、
今年の春に戸塚にて、「障がいのある方のための大学」を開校される、ゆたかカレッジ学長の長谷川正人氏をゲストスピーカーにお迎えし、「諸外国における知的障がい者の学び」についてお話いただきました。

アメリカ、カナダ、オーストラリアなどでは、
知的障がいのある方が大学に通い、そこで他の学生と共に学んでいます。
その実際の様子と、そのことが、本人、周りの学生、教員それぞれにどんな意義があるのか、
長谷川氏が視察された7ヶ国の現状からご紹介いただきました。

障がいがあっても無くても、自分の将来にむけて学び、青春を謳歌する場の必要性、そしてその場が、「障がいのある学生のためだけ」の場ではなく、他大学との交流など、同世代の様々な学生との接点も持つこと。

そういった場が今度増えていくことと、戸塚にもできることに、期待と関心が高まった時間でした。

第二部は、
「3枚の葉っぱ」のワークを行いました。
横浜市の施策に寄せられたパブリックコメント、こまちぷらすで独自に集めたアンケート、こまちカフェで開催したおしゃべり会からの声、そして今回はイスラエルの方々の声、
それぞれが混ざり合う葉っぱでのワークでした。

どのグループも初めて会う方どうし、
立場もそれぞれ異なり、
「障がい」についてこれまで身近ではなかったという方も多い中で、
おひとりおひとりのお気持ちと声に、
互いが気づきや勇気を得る時間になりました。

以下、参加された皆様のアンケートやワークシートより一部ご紹介いたします。

私は身近に障がいを持つ方がいないことから、どこか他人事と思ってきたことに気づかされた。

当事者、支援者だけでなく、まわりが変わっていくこと。

自分の子どもや孫が、どのような個性を持っていても安心して暮らせる社会をつくりたい。

本当の意味でのインクルーシブは、「ただみんな一緒」ではなく、一人一人の「その人らしさ」の集合体

障がいのある方が持っているものがいっぱいある。
ないものばかり見ないで、それをもっと見よう。

知的障がい者にも「青春」を謳歌してもらいたいという言葉。
まさに青春を謳歌している大学生の子どもがいるので心に響いた。

次回「とつかフューチャーセッション」は5月頃に「介護」をテーマに開催予定です。
詳細が決まり次第、Facebookページやイベントページにてご案内いたします。

ご参加くださった皆様、ご関心をお寄せ下さった皆様、
どうもありがとうございました。

フューチャーセッション.jpg


フューチャーセッション2.jpg
Posted by 山田 at 11:43
【講演・登壇等のお知らせ】 [2019年02月02日(Sat)]
近日中に行われます、こまちぷらすのスタッフが登壇させていただく講演会をご紹介いたします。関心をお寄せいただきました場合には、各インベントご運営の方の広報をご覧くださいませ。

○明日、2月3日(日)13:00〜17:00
食でつながるフェスタかながわ
http://mow.jp/pdf/20190203syokufusukanagawa.pdf
代表森が第一部にパネリストとして登壇します。

○2月9日(土)10:00〜12:30
東京ボランタリーフォーラムにて事例発表
https://www.tvac.or.jp/tvac/programs/vforum.html
分科会にて代表森が出演。

○2月11日(月祝)13:00〜16:30
『進化する子育て』子育てサポーター養成講座@サニープレイス座間
https://www.zamashakyo.jp/event/905/…
居場所づくりコーディネーター大塚、多田が講演。

尚、3月10日(日)には、私どもこまちぷらすが主催するイベント、

3カ年研究実践プロジェクト最終報告会
「“まちの担い手”がうまれるカフェ」への挑戦と広がり

も開催予定です。詳細はこちらをご覧くださいませ。
https://www.facebook.com/events/557051231388497/permalink/559941751099445/

49310586_1019025468308125_4128340784166469632_o.jpg
Posted by 山田 at 13:25
検索
検索語句
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

こまちぷらすさんの画像
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/comachiplus/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/comachiplus/index2_0.xml