CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
【外務省 JAPAN SDGs Action Platformに掲載】 [2018年09月28日(Fri)]
こまちぷらすのホームページ内、
「SDGsへの取り組み」を紹介しているページが
外務省SDGsアクション プラットフォームページ内にて
掲載されました。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html

※「取組事例」>NGO/NPO

引き続き生活者にとって、
「SDGsが自分事になる」きっかけの1つとなり、
私たちのミッション
「孤立した子育てをなくし、
それぞれの人の力が活きる機会をつくる」活動を
続けていきます。
Posted by 佐藤 at 10:35
介護も子育ても一人で抱え込まないように…9/21えんがわ・開催報告 [2018年09月28日(Fri)]
先週金曜日に開催した「えんがわ」は、こまちカフェ見守りボランティアの関さんとのコラボ企画で、100枚を超える新聞記事の切り抜きから気になるものを選んでのおしゃべり会でした。

床一面に並べられた新聞記事に目を通したあとは、それぞれ気になったものを選び、

・選んだ理由や思い
・読んで感じたこと
・その他、話したいことなんでも

を順に話しました。

日々の介護や子育ての中での、
それぞれの思いがあふれ出し、
「うんうん」と聴きあい、
時に笑いもおきながら、
お互いの思いや経験を少しずつわかちあう場となりました。

親の介護は、
変わりゆく親の姿と向き合うことでもありますね。
ましてや、急に体調や状態の変化が訪れる場合は、
なかなか受け入れられないものだと思います。

自分の気持ちが整わないまま、日々の介護が始まることへの戸惑い、そんな中我が子ともじっくり向き合えているかどうかという不安、
いろんなお気持ちがあるかと思います。

お互いに少しでも思いを吐きだせて、「自分だけじゃない」と思ってもらえる場に、
この「えんがわ」がなれたら嬉しいです。

来月のえんがわは10/19 13:00- こまちカフェイベントスペースにて行います。
「看取り士」の方とのコラボ企画で、「大切な家族の最期・看取りについて」です。
ちょっとドキッとするテーマではありますし、
今はまだ考えたくない方もいらっしゃるテーマだと思います。

ひとりで向き合うのはなんだかこわいけど、
誰かと一緒なら考えてもよいかな…という方にも来ていただけるような会になればと思っています。
お待ちしております。

次回詳細はこちら
https://kokucheese.com/event/index/534046/

FBイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/307665039817392/
Posted by 佐藤 at 10:31
こまちぷらすがSDGsに取り組む理由 [2018年07月10日(Tue)]
2017年よりSDGs達成に向けた取り組みを始めていますが、
きっかけはカフェのスタッフの「洗剤を使うと手が荒れる」という
とても身近な問題でした。

「SDGs」と聞くと、国連の定めた目標? 2030年??と
若干遠いイメージを抱く方も多いと思いますが、
意外と身近なところからできることがたくさんあります。

大きなところからのアプローチではなく
生活者や小さなお店からボトムアップ的に広がる取り組みを
今後の展開予想と併せて掲載しています。

画像化するとフォントの関係でうまくアップできなかったので
現物をご覧になりたい方は
fr@comachiplus.org 宛に
「SDGsチラシについて」と、お問合せいただけますと幸いです。

★SDGs・・・貧困や不平等・格差、気候変動などの様々な問題を
根本的に解決することを目指す、世界共通の17の目標です。

2018_07_10 14_43 Office Lens.jpg


2018_07_10 14_44 Office Lens.jpg
Posted by 佐藤 at 16:32
こまちぷらすタオル販売のお知らせ [2018年06月19日(Tue)]
こまちカフェ 手づくり雑貨マルシェhaco+にて、
オーガニックコットンのタオルを販売します。

原料から製品までの履歴を証明できる
オーガニック製品を生産している
「天衣無縫」さんのご協力をいただき

”こまちぷらすオリジナルタオル”
として生まれました。
スタッフが
1つ1つにアイロンをかけ
タグを縫い帯を付けました。​

「天衣無縫」さんで扱っている
オーガニックコットンは
SDGsの全ての目標を達成できるそうなので
今の私たちの活動と親和性があると考え
販売していくことにしました。

ぜひ、手に取って触ってみてください。
使えば使うほど柔らかくなります。
耐久性も良いこのタオルを
末長く使っていただけたら幸いです。

haco+で販売することで
多くの方の手に取ってもらい、
SDGsを身近に感じてもらうきっかけにしていき、誰一人取り残さない未来を思い描いていきます。

明日、6月20日(水)より販売を開始致します。

​店頭で手にとって、この柔らかさを体感してみてください。
comachi_towel1.jpg

comachi_towel3.jpg

comachi_towel2.jpg

comachi_towel4.jpg
Posted by 佐藤 at 15:12
こまちぷらす的SDGs [2018年05月18日(Fri)]
comachiplus_SDGs1.jpg
当法人事務所は、こまちカフェと同じフロアにあり
スタッフ用お手洗いがあります。

ある日、数名のスタッフから
"これ見ましたか?!"
と声をかけられました。

よく見てみると、FRJ(ファンドレイジング日本)2018
で配布されていたSDGsシール。
様々な企業でもアイコンが配置されているようですが
当法人ではこのような形で配置されてます。

お手洗い以外に、お客様が入れるスペースにも
いくつか貼ってありますので
見つけた方はスタッフまでお声がけくださいね。

何かいいことがあるかも?!知れません。

私たちの6周年記念イベントは5/28(月)14-16時です。
何故SDGs に取り組んでいるか、もここでお話します。
http://kokucheese.com/s/event/index/517340/

(スタッフ佐藤)

comachiplus_SDGs2.jpg


comachiplus_SDGs1.jpg
Posted by 佐藤 at 15:37
5/31とつかフューチャーセッション ゲストスピーカーのご紹介 [2018年04月06日(Fri)]
今回の「とつかフューチャーセッション」の講演には、株式会社あおいけあ代表 加藤忠相氏にご登壇いただきます!

あおいけあさんは、お年寄りを「被介護者」とするのではなく、お一人お一人の強みを活かして活躍できる「社会資源」として地域でいきいきと暮らせるよう取り組まれています。
また、施設を地域に開く形で、高齢の方のみでなく子どもたちや地域の方々などが色々な人がゆるやかに交わえる場を作られています。

今回は、

介護が必要になっても自分の強みを活かして活躍できる場を!〜地域を支える「おたがいさんケア」〜

をテーマに、あおいけあさんで実践されている取り組みについてお話いただく予定です。

フューチャーセッションは、様々な立場の方に参加していただき、お互いの視点での気づきを共有できる場です。
今回も加藤様のお話から、皆さんそれぞれの関心事と掛け合わせた気づきや、今は「介護」が身近ではない方々にも、新たな発見を得ていただけるかと思います。

そして、その思いを後半のワークにて参加者の皆さんと共有します。

[加藤忠相氏 プロフィール]

1974年生まれ。
東北福祉大学社会福祉学部社会教育学科卒業。
大学卒業後に横浜の特別養護老人ホームに就職。
介護現場の現実にショックを受け、3年後退職し平成13年、25歳で株式会社あおいけあを設立。
「グループホーム結」「デイサービスいどばた」の営業をはじめる。平成19年より小規模多機能型居宅介護「おたがいさん」を開始。
平成24年11月に「かながわ福祉サービス大賞〜福祉の未来を拓く先進事例発表会〜」において大賞を受賞。
平成25年10月よりデイサービスを小規模サテライト事業に切り替える。

【主な活動】
NHK「おはよう日本」「あさイチ」「時論公論」「プロフェッショナル仕事の流儀」、NHKEテレ「ハートネットTV」、フジテレビ「特ダネ!」などで取り組みを紹介されるほか、朝日、神奈川、読売、産経新聞等のメディアや多くの雑誌での特集されている。漫画『ほっと介護日誌』で「奇跡の結婚式」が漫画化。2017年春公開予定の映画『ケアニン』のモデル事業所。著作『あおいけあ流介護の世界』出版。NHK「プロフェッショナル〜仕事の流儀〜 “あなたらしさ”は、ここにある 介護施設経営者・加藤忠相」H28.10.3放送」。
『日経ビジネス』〜次代を創る100人 2017〜。日本テレビ「ニュース深層〜幸せな介護〜」生出演H29.6.28

[あおいけあHPや加藤氏インタビュー記事]
あおいけあHP
http://www.aoicare.com/

あおいけあFacebook
https://www.facebook.com/aoicare

朝日フロントランナー
https://www.asahi.com/articles/DA3S13318633.html

認知症ONLINE
https://ninchisho-online.com/archives/15733/

〇とつかフューチャーセッションお申込みURL〇
http://kokucheese.com/event/index/512532/
Posted by 佐藤 at 11:54
誰かの声を形に とつかフューチャーセッションに向けて [2017年12月21日(Thu)]
こまちぷらすでは、地域課題について様々な立場の方が対話をする取組みとして「とつかフューチャーセッション」を行っています。
「子育て」「障がい」「介護」をテーマに、当事者・支援者・行政・企業の方々どうしが、互いの思いや気づきを共有することでそれぞれができることを考える場です。

次回のとつかフューチャーセッションは1/25に開催予定です。
「障がい」をテーマにミニ講座とミニワークショップを行います。

先日12/19に、ミニワークショップ「三枚の葉っぱ」で使用する「葉っぱ」の選定会を行いました。
葉っぱの一枚一枚には、だれかの声が載っており、その声を手にとり対話が始まります。

誰かの声を知り、その気づきを話す
誰かの声を借り、自分の中にある思いを話す
誰かの声から、自分にできることを考える

その大切なきっかけとなる「葉っぱ」は、こまちぷらす独自で集めたアンケートと
横浜市の施策に寄せられたパブリックコメントの計500を超える声から選んで作成します。

先日の選考会では、障がい当事者、家族、支援者、行政、様々な立場の皆さんと、ひとつひとつの声に目を通し、話し合いました。
1221-1.jpg

どの声にも、そこから出される選考メンバーの経験談や思いに対しても、「そうだよねー」「なるほどー」「そっか。そんな思いを抱えていたのか」と、共感も発見も共有しながら皆で考える時間となりました。

選ばれた声は、これから色とりどりの葉っぱとなり、
「とつかフューチャーセッション」にて皆様のもとへ届けられます。
誰かの大切な思いのひとつひとつ、そこからひろがる思い・気づき・そして対話を皆さんと共有できること、今からとても楽しみです。

とつかフューチャーセッション 第5回 テーマ「障がい」

【日時】2018年1月25日(木)10:00〜12:30(9:45受付)
【交流会】12:30〜13:30(参加費1000円税込)
    参加をご希望の方はお申し込みください。
【場所】ONE FOR ALL 横浜
【定員】35名
【参加費】1000円(税込)
【対象】地域のみなさま・支援関係者・行政・企業・学生
※お子様連れ可

【ミニ講座】 スピーカー:NPO法人FDA理事長 成澤俊輔氏
【ミニワークショップ】当事者の声を可視化したグループワーク 「3枚の葉っぱ」

お申込み http://kokucheese.com/event/index/497762/

facebook イベントページはこちら
 https://www.facebook.com/events/533611013668443/

お問合せe-mail tsunagari@comachiplus.org
TEL 045-443-6700(日祝を除く10:00〜17:00)

主催 NPO法人こまちぷらす つながりデザイン事務局担当
〒244−0003横浜市戸塚区戸塚町145-6奈良ビル2F
1221-2.jpg
Posted by 佐藤 at 15:20
世界一幸せな国の「働き方」 [2016年08月07日(Sun)]
1人当たりのGDPや社会的自由、健康寿命などに基づく世界幸福度報告書にて、2016年の世界一幸せな国は「デンマーク」となったそうです。
http://worldhappiness.report/

そんなデンマークは、労働生産性の高い国としても有名ですが、その労働時間は週に33時間(日本は週40.9時間)との統計もあるなど、高い生産性は長時間労働によってもたらされているわけではないようです。

「幸せ」の定義はかなり主観的なものなので、調査結果の限界はもちろんあるとは思いますが、幸福度と仕事の関係は、しばしばその関係が取りざたされています。

「ワーク・ライフ・バランス」という言葉もだいぶ人口に膾炙してきましたが、私たちこまちぷらすは、仕事と生き方をミックスした「ワーク・ライフ・ミックス」を意識しながら働きやすい場を作ろうと邁進しています。

そんな「働き方」の一つの形として、日々働くスタッフとは別に、「こまちパートナー」という制度も設けています。
これは、社会復帰前に少し働いてみたい方や社会とつながっていたい方、自分の強みを社会に役立てたい方などを対象に、こまちカフェ内外の活動をお手伝いいただく制度です。

保育園に預けて働く以外の「社会と関わる」場をどのようにつくっていかれるか、この制度を通しての試行錯誤を、今重ねています。

ご関心のある方はぜひ、「こまちパートナー登録説明会」にもご参加ください。

http://kokucheese.com/event/index/409494/


====
私たちの活動をより分かり易くお伝えしたく、FBとブログを新しくしました。併せてご覧ください。

〇NPO法人こまちぷらす FB 
https://www.facebook.com/comachiplus
〇NPO法人こまちぷらす ブログ (当ページ)
http://blog.canpan.info/comachiplus/

〇こまちカフェ FB
https://www.facebook.com/comachicafe/
〇こまちカフェ ブログ
http://comachiplus.blog.fc2.com/

〇こまちカフェ 手づくり雑貨マルシェhaco+ FB
https://www.facebook.com/comachihacoplus
〇こまちカフェ 手づくり雑貨マルシェhaco+ ブログ
http://hacocomachiblog.blog.fc2.com/
Posted by 山田 at 21:37
働くことに対する気持ちと現実の狭間 [2016年07月06日(Wed)]
2016年7月2日付の日本経済新聞に、出産後の復職についての記事がありました。http://style.nikkei.com/article/DGXMZO04206550Z20C16A6TY5000
いったん離職するとフルタイムでの復帰がなかなか難しい実態であるという主旨の中、

子供が1歳になるまでは子育てに専念したい女性は約9割いるが、現実には約4割が働いている――。「子育て世帯全国調査」は、理想に反して働く乳児の母親の存在を浮き彫りにした。

という統計も出てきました。
都市部と地方では事情も異なると思うので、十把一絡げの議論は危険だとは思いますが、結婚や出産で離職した女性がフルタイムで働きたいと望む割合が末子の成長と正比例するという統計や、待機児童の問題を考えれば、肌感覚と一致する結果であるとも受け取れます。また同紙によると、第一子出産後の退職を後悔している人も約4割いるとのことです。現状の「目一杯働く」か「働かない」かの二者択一を迫られた結果なのかもしれません。

子育ての時間を大事にしながら、ライフステージに応じて働き方を変えていく、そんな選択肢を用意していくことができたら、母親自身が「何かを犠牲にしている」ような意識を持たずに済むのではないかと思います。
こまちぷらすで実践しているワークシェアリングとコラボワークをミックスした形態は、まだまだ模索中ではありますが、これからの時代の新しい働き方のモデルの一つになるのではないかとも考えています。

こまちぷらすの実践している「働き方」について詳しくお知りになりたい方は、弊団体が発行している『「ひろばカフェ」をつくろう〜社会で子育てする国を目指して〜』をご覧ください。

http://comachiplus.org/wp/news/20160705215627

______
こまちぷらすの活動をよりわかりやすくお伝えするために、ブログやFBをリニューアルしました。ぜひご覧ください。

〇NPO法人こまちぷらす FB
www.facebook.com/comachiplus

〇こまちカフェ FB
https://www.facebook.com/comachicafe/
〇こまちカフェ ブログ
http://comachiplus.blog.fc2.com/

〇こまちカフェ 手づくり雑貨マルシェhaco+ FB
https://www.facebook.com/comachihacoplus
〇こまちカフェ 手づくり雑マルシェ haco+ ブログ
http://hacocomachiblog.blog.fc2.com/
Posted by 山田 at 08:18
検索
検索語句
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

こまちぷらすさんの画像
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/comachiplus/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/comachiplus/index2_0.xml