CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年08月 | Main
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
令和2年度 芸術文化振興基金(地域の文化振興等の活動) [2019年09月22日(Sun)]

■助成制度名
令和2年度 芸術文化振興基金(地域の文化振興等の活動)

■実施団体:(独法)日本芸術文化振興会
   関連URL
   https://www.ntj.jac.go.jp/kikin/lp/2019/bosyuu_0.html

■お問い合わせ先
  お問合せ先一覧
   http://www.ntj.jac.go.jp/kikin.html#contactList


■募集時期:2019年11月上旬 終了

■対象分野:学術・文化・芸術・スポーツ

■対象事業:事業プロジェクト

■内容/対象
芸術文化振興基金(政府からの出資:541億円、民間からの出えん金:146億円、計687億円)の運用益により、芸術家及び芸術団体が行う芸術の創造又は普及を図る活動、その他の文化振興又は普及を図る活動に助成します。

■ 地域の文化振興等の活動
● 地域文化施設公演・展示活動 (文化会館公演・美術館等展示)
● アマチュア等の文化団体活動
● 歴史的集落・町並み、文化的景観保存活用活動
● 民俗文化財の保存活用活動
● 伝統工芸技術・文化財保存技術の保存伝承等活動
■応募制限
その他
関連URL参照
応募方法
関連URL参照
※都道府県経由、全国規模の募集等によって締切時期が違います。
選考方法
関連URL参照
決定時期
関連URL参照
助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: なし

※詳細はホームページをご確認ください。
令和2年度 芸術文化振興基金 [2019年09月22日(Sun)]
■助成制度名

令和2年度 芸術文化振興基金(国内映画祭等の活動)
              (第二回募集)
実施団体

■(独法)日本芸術文化振興会
  関連URL
  https://www.ntj.jac.go.jp/kikin/lp/2019/bosyuu_0.html

■お問い合わせ先
    独立行政法人日本芸術文化振興会
    基金部企画調査課
    映像芸術係
    eizo@ntj.jac.go.jp
    〒102-8656東京都千代田区隼町4番1号
    TEL:03-3265-6312/FAX:03-3265-7474

■募集時期
2020年5月22日〜2020年5月29日

■対象分野学術・文化・芸術・スポーツ

■対象事業:事業プロジェクト

■内容/対象
芸術文化振興基金(政府からの出資:541億円、民間からの出えん金:146億円、計687億円)の運用益により、芸術家及び芸術団体が行う芸術の創造又は普及を図る活動、その他の文化振興又は普及を図る活動に助成します。

■ 地域の文化振興等の活動
● 地域文化施設公演・展示活動 (文化会館公演・美術館等展示)
● アマチュア等の文化団体活動
● 歴史的集落・町並み、文化的景観保存活用活動
● 民俗文化財の保存活用活動
● 伝統工芸技術・文化財保存技術の保存伝承等活動
応募制限
その他
関連URL参照
応募方法
関連URL参照
選考方法
関連URL参照
決定時期
関連URL参照

※詳細についてはホームページをご確認ください。
NPOプレゼント講座2019東部地域「「まちやど」からはじまる地域コミュニティ」  [2019年09月22日(Sun)]
NPOプレゼント講座2019東部地域
「「まちやど」からはじまる地域コミュニティ」 

tobu1903.jpg

    
講 師:宮崎 晃吉 氏(建築家・株式会社HAGI STUDIO代表取締役)

対 象: NPO、自治会、行政、一般
会 場: 富士市民活動センターコミュニティf
定 員: 30名
日 時: 11月15日金曜日 19:00 – 21:00

内 容:
人や地域との繋がりを生むきっかけを作る「まちやど」。宿を中心として地域の資源を結びつける「まちやど」は、旅行者のためだけでなく、その街で働く人、暮らす人とも繋がる「場」ともなりうる機能を持ち合わせている。先進かつ魅力的な空間づくりに取り組む宮崎氏から、その取り組みの手法を学ぶ。

主催:静岡県労働者福祉基金協会
企画・運営:NPO法人東海道・吉原宿 (電話:0545-51-8233 FAX:0545-518234 )

講師プロフィール
宮崎 晃吉(みやざき みつよし) 氏
建築家・株式会社HAGI STUDIO代表取締役

一般社団法人日本まちやど協会 代表理事
2008年東京藝術大学大学院修士課程修了後、磯崎新アトリエ勤務
2013年より、自社事業として東京・谷中を中心エリアとして飲食、宿泊事業を展開。
「最小文化複合施設」HAGISO、「まちやど」hanare、「食の郵便局」TAYORI、「まちの教室」KLASSなどを設計および運営している。

*プレゼント講座とは
<静岡ろうきん>からの配当金の一部を、県下の労働組合が「社会貢献のため寄付(再拠出)した資金を基に実施する講座です。

*(公財)静岡県労働者福祉基金協会とは
<静岡ろうきん>等が1976年に「勤労市民の福祉向上」をめざした財団として創設し、”社会貢献活動”と”教育・教養文化事業” "調査研究事業” "ライフサポートセンター静岡事業”等を行っています。そして2011年4月より「公益財団法人」へ移行しました。

*台風・集中豪雨が想定されるなど、やむを得ない理由により中止する場合があります。あらかじめご了承ください。
また開始・終了時刻が変更になる場合がありますので、最新情報は「申し込み先」までお問い合わせください。
2020年度 金融相談等活動助成 [2019年09月22日(Sun)]

■助成制度名:2020年度 金融相談等活動助成

■実施団体:(一財)ゆうちょ財団
   関連URL
 http://www.yu-cho-f.jp/lecture/consultation/kyotoku.html?     doing_wp_cron=1568962192.5167798995971679687500

■お問い合わせ先
  〒101−0061
  東京都千代田区三崎町3−7−4
  一般財団法人ゆうちょ財団 教育出版部
         (活動助成事業担当)
         TEL.03−5275−1811

■募集時期:2019年8月6日〜2019年12月9日

■対象分野:経済活動、消費者保護

■対象事業:事業プロジェクト

■内容/対象
 ※ 金融相談等活動助成事業とは
金融相談等活動助成事業とは、過疎地等の高齢者等及び大規模災害の被災者ならびに知的障がい者等を対象に金融相談・金融教育活動等を行っているNPO等の団体に対し、その活動費の一部を助成するとともに、活動の実態を広く周知し社会的認知度を高める事業です。

(1)助成対象活動
高齢者、大規模災害の被災者、障がいのある人等を対象とした金融相談及び金融教育等
に関する下記の活動とする。
ア 金融相談会の開催
イ 金融相談員の育成・確保
ウ 金融知識の普及等に関する情報提供
エ 金融トラブル未然防止等に関する情報提供
オ 金融教育教材の作成配布 他
※ただし、5年連続して助成対象となった活動については助成対象としない。


(2)助成対象団体
(1)の助成対象活動を実施又は計画しているNPO法人等(任意団体含む。営利団体除く)の団体。

(3)助成額・助成対象経費
助成を受けられる額は、一活動あたり 60万円を限度とし、活動を構成する
各イベント(半日又は1日程度の催し)あたりの上限は10万円とする。申請された
金額又はイベント数は、減額又は減少して助成対象となることがある。
助成対象となる経費は、活動を実施するために直接必要なものとする。
(参考「助成対象経費の考え方と留意点」参照)

(4)助成対象活動期間
2020年4月1日〜2021年3月31日までの間に実施するもの。
応募制限
 その他
助成対象活動を実施又は計画しているNPO法人等(任意団体含む。営利団体除く)の団体。

■応募方法郵送に限る
■選考方法
※ゆうちょ財団活動助成審査委員会にて審査をいたします。

■決定時期:2020年2月末(予定)

※詳しい内容についてはホームページをご確認ください。
2019豪雨災害・台風15号による災害支援に関する各地コミュニティ財団による基金設立について [2019年09月22日(Sun)]

【寄付募集中!】

2019豪雨災害・台風15号による災害支援に関する各地コミュニティ財団による基金設立について


2019年は各地で豪雨や台風による局地的な被害が頻発しています。

その状況を受けて、各地のNPO/NGOや地元企業、緊急救援NGOなどが被災者支援の活動を展開しています。その活動を支えるためには被災者に直接提供される義援金だけではなく、支援活動を支える「支援金」が必要です。各地でコミュニティ財団がこの「支援金」の基金を立ち上げています。


​ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。



・台風15号 「ちば台風15号支援基金」

https://chibasaigai.org/


・九州北部豪雨 「佐賀災害基金」

https://saga-mirai.jp/donations/%e4%bd%90%e8%b3%80%e7%81%bd%e5%ae%b3%e5%9f%ba%e9%87%91/



・新見集中豪雨 「にいみ復興基金」

http://blog.canpan.info/mintukuokayama/archive/454



ニュース&プレスリリース

https://www.cf-japan.org/30-1


静岡県官民連携プラットフォーム [2019年09月22日(Sun)]
静岡県官民連携プラットフォーム

官民連携プラットフォームとは

公共施設の整備や運営に、民間視点のアイデアやノウハウを幅広く取り入れるための意見交換の「場」です。プラットフォームでは、事例発表や専門家の講義を通じて官民連携について理解を深め、自治体が持ち込む具体的な事業案件について対話(サウンディング)することで、官民双方にメリットがあるような事業の創出を目指します。静岡県は、東中西の3地域にプラットフォームを設置します。中部、西部については、既にプラットフォームを設置・運営している静岡市、浜松市と連携しながら、周辺市町も含めた官民連携の「場」を形成していきます。

東部地域については、令和元年10月9日に県主催で第1回プラットフォームを開催します。


プラットフォームの参加者

プラットフォームには、対話案件を持ち込む自治体関係者の他、民間企業、金融機関の方が御参加いただけます。開催通知を御確認の上、お申し込みください。


対話(サウンディング)とは


自治体、企業、金融関等が一つのテーブルにつき、個別の事業案件について議論します。参加者には、それぞれの目線で、企画や事業スキームについて意見、アイデアを出していただきます。自治体は、サウンディングで得た意見等を、後の事業計画に生かし、民間のノウハウを取り入れた効率の良い施設整備や、利用者目線の質の高い行政サービスの提供を目指します。


その他詳細はこちらから

https://www.pref.shizuoka.jp/soumu/so-030c/platform.html


0001 (49).jpg0002 (15).jpg

Posted by コミュf at 11:05 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ヤマハ音楽支援制度 2020年度(音楽研究者支援) [2019年09月21日(Sat)]
■助成制度名
ヤマハ音楽支援制度 2020年度(音楽研究者支援)

■実施団体:(一財)ヤマハ音楽振興会
  関連URL:https://www.yamaha-mf.or.jp/shien/kenkyu/outline.html


■お問い合わせ先
  ヤマハ音楽振興会 ヤマハ音楽支援制度事務局
  〒153−8666 東京都目黒区下目黒 3−24−22
  Tel. 03-5773-0916
  Mail:ymf-shien-SMB@music.yamaha.com
※10:00〜17:30(土・日・祝日を除く)

■募集時期
2019年9月26日〜2019年10月17日

■対象分野:学術・文化・芸術・スポーツ
■対象事業:事業プロジェクト

■内容/対象
1.支援の趣旨
音楽を教育学的視点、あるいは科学的視点から考察し、音楽教育や音楽文化の向上、社会課題の解決に
貢献する研究活動、および研究者を支援します。この活動を通して、国内外の音楽文化の発展に寄与す
ることを目指します。

2.支援の対象と支援額等
[支援件数]1〜2件程度の個人またはグループ

[支援対象となる研究活動]
2020年4月〜2021年3月の間に、以下の視点で行われる研究活動
●音楽を教育学的視点から考察した研究
●音楽を科学的視点から考察した研究(科学的視点とは医学系や工学系の研究も含む)
  [応募条件]
  ・研究に使用する言語は、日本語または英語に限る
  ・学歴、国籍不問。ただし日本に居住している方に限る
  ・他の団体等から助成または補助金を受けるものは対象外

  [支援額]
  1件に対し100 万円まで(返済不要)
  支援金額は申請書類に基づき選考委員会で審議・決定
   (支援金額が希望金額から変更となる場合もあります)

※過去の研究活動支援対象者のレポートを、ヤマハ音楽振興会ホームページに掲載しています。
応募方法
「履歴書」「研究活動支援申請書」「研究活動計画書」の提出
■選考方法
ヤマハ音楽振興会の定める選考委員において、1次選考(書類審査)と2次選考(面接審査)の二段階選考を行います。

■決定時期:2020年1月上旬頃

※詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
2019(令和1)年度社会福祉育成活動推進のための社会福祉施設への資金助成 [2019年09月21日(Sat)]
■助成制度名
2019(令和1)年度社会福祉育成活動推進のための社会福祉施設への資金助成

実施団体:(公財)愛恵福祉支援財団
    関連URL
    http://www.aikei-fukushi.org/?p=1405

■お問い合わせ先
      愛恵福祉支援財団
       〒114-0015
       東京都北区中里 2-6-1愛恵ビル5F

            TEL 03-5961-9711

■募集時期
    2019年9月15日〜2019年11月15日

■対象分野:保健・医療・福祉

■対象事業:施設・設備

■内容/対象
本助成事業は、各種社会福祉サービスがよりよく進められるように、施設等事業の活動を支援する
ことを目的としているものです。

1.助成対象
社会福祉法人及び特定非営利法人、任意団体等が実施している福祉事業のうち、比較的小規模な
施設の事業充実のため、また障害者支援等で財政的な裏付けの少ない先駆的な試みや開拓的な事
業活動に対し助成します。

2.助成内容
1)助成総額 2000万円
2)1法人当たり20万円を限度とする
3)事業運営に必要な設備備品の購入に対する助成

■応募制限:その他
   社会福祉法人及び特定非営利法人、任意団体等
■応募方法
  助成金申請書に必要事項記入、必要資料を添付の財団事務局宛に郵送してください。
■選考方法:記載なし
■決定時期
   応募
   団体には12月中旬に選考結果を連絡します。
■助成金額
   助成金総額: 20,000,000円
   1件あたりの上限額: 200,000円
■昨年度実績:昨年度実績なし

    ※詳細についてはホームページでご確認ください
広報ふじ 9/20 No.1200 [2019年09月21日(Sat)]
20190921100803572_0001.jpg

広報ふじ 9/20 No.1200

生きがいデイサービス・健康づくりデイサービスに
出かけてみませんか?

11月は児童虐待防止推進月間です

富士山紙フェア ほか

コミュfにて配架中るんるん
ケアする人のケアを学ぶ会2019 [2019年09月21日(Sat)]
1人じゃない
「ケアする人のケア」を学ぶ会2019
みんなで考えよう 支え合うケア


私たちが暮らす社会にはさまざまな困難を抱えた人とちと、その人たちを支えている多くの人がいます。そうしたケアする側にいる人たちへのケアの必要性と大切について考え、共に支えあえる社会をつくっていくためのアイディアやヒントを、みんなで学びませんかexclamation&question

会場
静岡県勤労者総合会館3階
ALWF ロッキーセンター

日時
10月19日(土)14:00~16:00

受講料1500円


お問合せ・お申込み
特定非営利活動法人静岡県ボランティア協会
〒420-0856静岡市葵区駿府町1-70
静岡県総合社会福祉会館内
TEL:054-255-7357
FAX:054-254-5208
mail:evolnt@mail.chabashira.co.jp


20190921103603999_0002.jpg20190921103614093_0001.jpg
Posted by コミュf at 10:37 | 講座 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ