CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年09月 | Main | 2019年11月»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
団体紹介90【ボーイスカウト富士地区】 [2019年10月09日(Wed)]
団体紹介90

ボーイスカウト日本連盟  静岡県連盟
    (ボーイスカウト富士地区連絡協議会)


◆活動趣旨</span>
ボーイスカウト運動の始まり

創始者
ロバート・ベーデン- パウエル卿
(1857年〜1941年)

ボーイスカウトは、健やかな子どもを育成する世界的な運動です。
この運動は、1907年にイギリスのブラウンシー島で行われた小さなキャンプからスタートしました。
かねてから少年たちの教育に大きな関心をもち、このキャンプを主宰したイギリス人のロバート・ベーデン-パウエル 卿 は 、インドや南アフリカでの体験をもとにさまざまな野外教育を通じて、少年たちが男らしさを身につけ、将来社会に役立つ人間に成長することを願い20人の子どもたちとともに実験キャンプを行いました。
このキャンプの体験をもとに、翌年『スカウティング フォア ボーイズ』という本を著し、少年たちの旺盛な冒険心や好奇心をキャンプ生活や自然観察、グループでのゲームなどの中で発揮させ、「遊び」をとおして少年たちに、自立心や協調性、リーダーシップを身につけさせようとしました。これがボーイスカウト運動の始まりです。

日本には、1908(明治41)年にボーイスカウト運動が伝わり、全国各地に色々な少年団が数多く作られましたが、その後、全国的な統一結成への動きが起こり、1922(大正11)年4月13日に「少年団日本連盟」が創立され、ボーイスカウト国際事務局に正式加盟し、世界の仲間入りを果たしました。これが日本におけるボ ーイスカウト運動の始まりです。

ボーイスカウト静岡県連盟は、14地区・103の団で
約5000人のスカウト・指導者が活動しています

静岡は、ボーイスカウト日本連盟誕生の地

ボーイスカウト運動が日本の各地に生まれたのは大正の初めでした。 大正10年(1921年)11月に「少年団静岡連盟」が結成されました。次の年大正11年4月に静岡市城内尋常高等小学校(現静岡市立葵小学校)で「第1回全国少年団大会」が開催され「少年団日本連盟」を結成、ボーイスカウト国際連盟に加盟登録し世界中のボーイスカウトの仲間入りをした。この歴史的行事を記念した「スカウト像」が、誕生の地である静岡市立葵小学校の正門横に昭和47年(1972年)に設置されています。


富士地区の紹介 
     富士地区には1団・2団・4団・6団・8団・9団・10団
           11団・14団・15団が活動しています。
    下記WEBページに構成が掲載されていますのでご覧ください。

    http://www.techtron.co.jp/bs6/fuji-chiku.htm

  富士地区連絡協議会の連絡先
        電話 0545-51-6445  (伊藤)

    



トークセッション「SDGsと世界とわたし 〜個人ができること、組織ができること」 [2019年10月09日(Wed)]
トークセッション「SDGsと世界とわたし 〜個人ができること、組織ができること」

持続可能な開発目標(SGDs)のゴールのひとつ【Dジェンダー平等を実現しよう】は、ジェンダー平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図るためのものです。教育・雇用機会の不平等や労働市場における男女格差、性暴力や虐待、家事・ケア労働の不平等な分担、リプロダクティブ・ヘルスに関する無知など、あらゆる形態のジェンダーによる不平等や差別をなくすことは、持続可能な開発を促進するために必要です。
ゴール5が実現されると私たち社会の何が変わるのか、そのメリット、ゴール5をめぐる世界と日本の現状とその比較、他のゴールとの関係性を通し、私たちの生活が世界とどうつながっているのか知ることで、「誰も置き去りにしない」社会 のために何をどうすべきなのか、個人レベル、組織レベルでできることを考えましょう。


20191009173047460_0001.jpg20191009173047460_0002.jpg


【スピーカー】
三輪 敦子 氏(アジア・太平洋人権情報センター〈ヒューライツ大阪〉所長)
北郷 美由紀 氏(朝日新聞社 記者)

<対象> どなたでも

<日時> 2019年11月14日(木)14:00〜16:00

<場所> あざれあ 4F 第1研修室(静岡市駿河区馬渕1-17-1)

<申込方法> 主催(あざれあ)まで、下記のいずれかにてお申込みください。
TEL:054-250-8147(平日9:00〜18:00)
FAX:054-251-5085

Email:azareachiiki@gmail.com

※件名を「SDGと世界とわたし」とし、氏名・電話番号・メールアドレスを明記してください。
ワークライフバランスセミナー クロストーク [2019年10月09日(Wed)]
ワークライフバランスセミナー クロストーク

男女共同参画推進事業の一環として、職場におけるワークライフバランスを推進・普及啓発を図るため、毎年、市民・企業セミナーを開催しています。
ワークライフバランスを推進し、その意義やメリットについて理解を深め、働き方の見直しに取り組むきっかけを作り、市民・事業所などの男女共同参画意識の醸成及び従業員のワークライフバランスの実践を促進します。
本年度は、2部構成とし、1部にて「ワークライフバランス」のテーマ説明を行い、2部にて沼津市認定の男女共同参画推進事業所がテーマを基にクロストークを実施します。



20191009164441779_0001.jpg


【登壇者】沼津市男女共同参画推進事業所

★参加費 無料

【対象】 ご興味のある方、企業のご担当者様など どなたでも(先着60人)

【日時】
2019年11月13日(水)13:30〜15:30(受付13:00〜)

【場所】
沼津市民文化センター 第2練習室(沼津市御幸町15-1)

【申込方法】 主催まで、電話・FAX・メール・上記電子フォームにてお申込みください。
電話:055-934-4807
FAX:055-931-2606

メール:kyodo@city.numazu.lg.jp

団体紹介93 一般社団法人 まちの遊民社 [2019年10月09日(Wed)]
団体紹介93
一般社団法人 まちの遊民社


◆発足
まちの遊民社は、平成21年3月24日に富士地区初の一般社団法人として認証登記、
非営利型一般社団法人として公益事業を推進するための活動を開始しました。
一般社団法人とは、公益法人制度改革に伴い、
平成20年12月より営利を目的としない団体であれば、
一般社団法人としての法人設立ができるようになったものです。


◆趣旨
まちの遊民社は、中高生世代や青少年時代の皆さん、
更に多様な視点での市民の社会参画の実現を図るための事業に取り組んでいます。
そのために、各分野の市民活動団体や支援組織及び企業・
行政等の連帯・ネットワークの拡充を図ります。
また、情報誌発行やウェブサイトでの発信、講演会やセミナー等のイベント企画を通して、
市民の皆さまへの広報活動にも活発に取り組んでいます。
そういった活動を基に豊かなまちづくりのための活動を展開していきたいと考えます。


◆目的
まちの遊民社は、市民の皆さまの社会参画の機会を豊かに大きく広げていくことにより、
人が人として豊かにくらすことのできる地域社会を育んでいきたいという願いのもと
設立、市民の皆さまと共に、豊かなまちづくりのための活動を展開していきたいと思っております。


詳しくはこちらをご覧ください。
団体紹介91 【富士市観光ボランティアの会】 [2019年10月09日(Wed)]
団体紹介91  
【富士市観光ボランティアの会】


平成15年の夏に開催された「若富士国体」の際、行政が主導してメンバーを集め、来訪者への観光ガイド活動を行いました。

■活動趣旨
富士市に訪れた方に魅力など観光案内を行う。
市内のガイドコースなどの作成。

■活動内容
・JR主催の「さわやかウオーキング」のコース設定の提案や拠点でのガイド活動に取り組んでいる。
・観光ボランティアガイドの養成講座を開き育成させ会の継続に繋げている。


過去
・2010年8月市内の古民家武家屋見学ツアー
・2013年8月文化財巡るツアー
・2013年12月活動記録を集録「10周年のあゆみ」を発行



HP http://fuji-kvg.jp/
団体紹介92 平和富士市民の会 [2019年10月09日(Wed)]
団体紹介92
平和富士市民の会


1985年11月に富士市が「核兵器廃絶平和都市」を
宣言したことをうけ、この宣言の内容を具体的に実施していこうと、
翌1986年8月、「核兵器廃絶平和富士市民の会」が発足しました。

宣言1周年の「平和講演とコンサートの夕べ」、
宣言2周年の「市民の集い」などの取り組みを経て、
1988年に第1回「戦争展」を開催。
以後、毎年恒例の行事となりました。

核兵器廃絶平和富士市民の会は、映画会や講演会、
平和講座、戦争展、語り部の会などを通して、
核兵器廃絶平和宣言都市たる
富士市の平和と発展のための運動を推進しています。


「核兵器廃絶平和都市宣言」とは?
地方自治体が核兵器の廃絶を内外に訴える宣言を表明することです。

本来、外交や国防は国の専管事項ですが、
住民の生命と財産を守ることを使命とする自治体が、
全面核戦争の危機が高まった1981年末にヨーロッパで
「非核地帯をつくろう」という運動を起し、その後、
非核都市宣言自治体協議会が作られました。


詳しくはこちらをご覧ください。
第6回富士山紙フェア2019 [2019年10月09日(Wed)]
第6回富士山紙フェア2019
10月26日(土)・27日(日)


開催イベント…
紙製品の展示、即売・巨大モザイクアート・トイレットペーパー積み上げコンテスト、クイズラリーなどなどがあります!!ぜひお越しください




日時
10月26日()・27日()10時〜16時

会場
ふじさんめっせ

臨時駐車場
当日会場駐車場が混雑します。
富士市役所※無料シャトルバスが出ます。


問合せ
富士市産業政策課TEL:0545-55-2779
富士商工会議所TEL:0545-52-0995

富士山紙フェア2019

20191009115336279_0001.jpg

きららだよりが配架されました♪ [2019年10月09日(Wed)]
きららだより(2019年9月発行)が
コミュfにて配架されましたわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


20191009105243293_0002.jpg

20191009105243293_0001.jpg

富士宮駅前交流センターきららでは、
毎年「きららまつり」を開催しています。

今年は令和元年11月16日(土)・17日(日)
での開催が決定しました!
社会教育活動の日頃の成果を発表すべく、
各サークルによる展示部門や舞台部門での発表、
また国際交流活動や市民活動の内容について発表を行います。
多くの皆さまのご来場をお待ちしております。


富士フィルハーモニー管弦楽団 特別定期演奏会 [2019年10月09日(Wed)]
富士フィルハーモニー管弦楽団 

特別定期演奏会


20191009102525961_0001.jpg

20191009102525961_0002.jpg

2019年12月8日(日)
16:30開場 17:00開演


《指揮》小林 研一郎
《ピアノ独奏》小林 亜矢乃
《管弦楽》富士フィルハーモニー管弦楽団

富士市文化会館ロゼシアター大ホール


交響曲第9番ホ短調 作品95「新世界より」(ドヴォルザーク)
ピアノ協奏曲第20番 ニ短調(モーツァルト)
連作交響詩「我が祖国」より「モルダウ」(スメタナ)



入場料 全席自由 一般:2,000円 高校生以下:500円
※未就学児のホール内への入場はできません。
 当日券売場では16:00からの販売となります。

| 次へ