CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年06月 | Main | 2019年08月»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
令和元年(第2回)子ども支援活動助成 [2019年07月21日(Sun)]

助成制度名:令和元年度(第2回)子ども支援活動助成

■実施団体:(公財)大和証券福祉財団
関連URL
http://www.daiwa-grp.jp/dsf/grant/outline4.html

■お問い合わせ先
  〒104-0031
  東京都中央区京橋1-2-1 大和八重洲ビル
  公益財団法人 大和証券福祉財団 事務局
  TEL:03-5555-4640 FAX:03-5202-2014
  Eメール: fukushi@daiwa.co.jp

■募集ステータス:募集予定

■募集時期:2019年8月1日〜2019年9月15日

■対象分野:子どもの健全育成

■対象事業:事業プロジェクト

■内容/対象:応募課題
    育児放棄や子どもの虐待防止につながる支援活動

   <助成対象の活動例>
    1.乳幼児等の保護活動
    2.母子及び父子家庭の子ども支援活動
    3.子どもの居場所づくり活動
    4.貧困家庭の子ども支援活動
    5.子どもの学習支援活動
    6.育児放棄や虐待防止の啓発活動
  7.育児放棄や虐待防止の相談支援(ホットライン)活動等

■応募制限
法人格の有無、その他
ボランティア活動を行っているメンバーが5名以上で、かつ営利を目的としない団体(任意団体、NPO法人、財団法人、社団法人、大学のボランティアサークル等)。

※活動実績は問いませんが、設立して間もない団体による応募は、助成対象期間の活動予定が決まっている団体に限ります。
※同時募集の「第26回ボランティア活動助成」との同時応募はできません。
※公的機関は助成の対象外となります。

詳しい情報については当該ホームページにてご確認ください。
第7回「エクセレントNPO」大賞 [2019年07月21日(Sun)]

助成制度名:第7回「エクセレントNPO」大賞

■実施団体
「エクセレントNPO」をめざそう市民会議(認定NPO法人言論NPO内)
  関連URL
   http://www.excellent-npo.net/

■お問い合わせ先
  「エクセレントNPO」をめざそう市民会議(言論NPO内)
  ・事務所所在地 東京都中央区湊1丁目1番12号 HSB鐵砲洲4階 言論NPO内
  ・電話番号 03‐6262‐8772(平日9時30分〜17時30分受付)
  ・FAX番号 03‐6262‐8773(24時間受付)
   ・E-mail enpo@genron-npo.net

■募集ステータス:募集中

■募集時期:2019年7月1日〜2019年8月23日

■対象分野:すべて対象

■対象事業:事業プロジェクト、その他

■内容/対象
本賞は、質の向上をめざし、自己評価を行いながら改善につとめる非営利組織を応援し、その活動が社会に「見える化」することを目的としています。
また、応募されたすべての団体の自己評価書(応募用紙)に対してフィードバック・レター(自己評価に対するコメント)をお送りします。
.賞の構成
・エクセレントNPO大賞
賞状、賞金50万円(部門賞賞金30万円にプラス)、毎日新聞特集記事で紹介
※「大賞」は、3つの部門賞の受賞者の中から選出されます。
.
・部門賞
市 民 賞: 賞状、賞金30万円
課題解決力賞: 賞状、賞金30万円
組 織 力 賞: 賞状、賞金30万円

表彰式には、すべてのノミネート団体(15団体ほど)が招待され、各団体の紹介が行われたうえで、賞状が授与されます。
応募制限
その他
国内外の社会貢献を目的にした市民による日本国内のNPOなど種々の民間非営利組織
(法人格の種類や法人格の有無は不問)(自薦・他薦可)

※応募用紙・詳細は団体ホームぺージを参照にしてください。
静岡県インバウンド多言語コールセンターの開設について [2019年07月21日(Sun)]

静岡県インバウンド多言語コールセンターの開設について

静岡県では、県内の宿泊施設、観光施設などを利用する外国人旅行者のコミュニケーションをサポートするため、2019年8月1日、「静岡県インバウンド多言語コールセンター」を開設し、電話通訳、翻訳サービスを無料で提供します。

利用対象者

県内の宿泊施設、観光施設、観光案内所、交通事業者、飲食・物販施設、その他訪日外国人旅行者が訪問する施設(ただし、医療機関、警察・消防機関等は除く。)

サービス内容

電話通訳

外国人旅行者と対面する場合、外国人旅行者から連絡があった場合
又は外国人旅行者に連絡を取りたい場合に、コールセンターを通して通話を行う。

翻訳


施設内の案内表示、商品メニューの多言語化、海外からの問い合わせメールへの対応等に
当たり、日本語と外国語を双方向で翻訳する。

対応言語

10言語(英語、中国語、韓国語、タイ語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ロシア語、インドネシア語)

対応時間

24時間、365日、利用料金無料(ただし、通話料は利用者負担)
事前登録必要

説明会の開催

県内5箇所で、利用説明会を開催します。利用方法をわかりやすく御紹介するほか、利用申込の受付、皆様のご質問にお答えします。 (利用申込は説明会終了後も随時受付)


なお、御希望に応じて個別説明会も開催しますので、希望がある場合は、お問い合わせ先へご連絡ください。

説明会及びその他詳細はリンク先をご確認ください。


お問い合わせ

文化・観光部観光交流局観光振興課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3734

ファックス番号:054-221-3627

【明日から申し込み開始】富士市市民大学 後期講演会 [2019年07月21日(Sun)]
富士市市民大学 後期講演会
明日7/22(月)から受付開始

幅広い分野で知識・教養を深めようとする市民の意欲に応え、教育・文化・経済・スポーツ・芸能など、さまざまな分野で活躍する著名な講師を招いて講演会を開催します。自己を見つめ、より豊かな人生について考えてみませんか。

●第1回9月5日(木曜日)
『いまを生きる力』
五木寛之(いつきひろゆき) 作家

●第2回9月12日(木曜日)
『即位と改元〜天皇126代と日本〜』
山本博文(やまもとひろふみ) 東京大学史料編纂所(へんさん)教授

●第3回 9月19日(木曜日)
『心で走る』
瀬古利彦(せことしひこ) 横浜DeNA(ディーエヌエー)ランニングクラブエグゼクティブアドバイザー


●第4回9月27日(金曜日)
『若年性アルツハイマーの母と生きる〜大切な人が認知症になったらどうする?〜』
岩佐(いわさ)まり フリーアナウンサー

●第5回10月17日(木曜日)
『私らしい生き方〜噺(はなし)家・妻・母三足のわらじ〜』
柳亭(りゅうてい)こみち 落語家・真打

●第6回10月24日(木曜日)
『日本人を幸せにする経済学』
森永卓郎(もりながたくろう) 獨協(どっきょう)大学教授、経済アナリスト

日時:
開講日は上記をごらんください。
19時〜20時30分(第1回は入学式のため、18時45分から)計6回

場所:
ロゼシアター中ホール

対象:
富士市・富士宮市に在住・在学・在勤の中学生以上の人(中学生は保護者同伴)

定員:
700人(応募者多数の場合抽せん)
※1人または2人1組のどちらかを選択してください。
重複の申し込みはできません。


受講料:
3,500円(受講決定後に納入)

申し込み:
7月22日〜8月1日に、市ウェブサイトから電子申請するか、参加申込書
左記受付場所で配布)に必要事項を記入し、直接受付場所へ
【市ウェブサイト】
くらしと市政→教育・文化・スポーツ→社会教育→富士市民大学→令和元年度第39回富士市民大学後期講演会

受付場所:
(1)社会教育課(富士市教育プラザ内)
各地区まちづくりセンター 9〜21時(土曜日・日曜日は除く)
(2)富士市役所7階教育総務課、富士宮市役所6階社会教育課 9〜17時
(土曜日・日曜日は除く)

問い合わせ:
社会教育課(富士市教育プラザ内) 電話 55-0560 ファクス 55-0561


0001 (40).jpg
| 次へ