CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 県外情報 | Main | 募集»
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
JTB交流文化賞 [2017年06月29日(Thu)]
JTB交流文化賞

『わが“まち”に誇りを持つために』
地域活性化の活動は、従来から地域に生き続けている自然や文化、歴史などの価値を損なうことなく、地域が持つ豊富な知恵や特性を存分に活かしたアイデアを盛り込むことが重要です。等身大のまちの姿をありのままに伝えながら、まち全体でもてなす工夫を見つけた時、旅行者に新鮮な感動を与えられ、地域の皆様はわが“まち”に誇りを感じられることでしょう。
そんな地域の取り組みを教えてください。
JTB交流文化賞は、新たな発想による地域活性化の取り組みを応援します。


テーマ:
国内外を問わず、地域として、 地域固有の魅力の創出・需要の創造、地域活性化、双方向の文化交流など、 オリジナリティを活かした「持続可能な観光」の取り組み事例を募集します。
※前回応募いただいた取り組み事例も応募いただけます。但し、過去に受賞された取り組み事例は対象外です。

最優秀賞 1作 賞金100万円
優秀賞  2作 賞金50万円

応募方法
【 郵便等で応募の場合 】
JTB交流文化賞事務局まで送付してください。

【 インターネットで応募の場合 】
応募フォームからご応募ください。
※応募フォームは8月1日(火)からアクセスできます。

選考方法
下記基準をもとに選考委員が総合的に判断いたします。
◎一過性のイベント等でなく、持続的な観光振興や地域活性化への波及や貢献が見込まれる。
◎地域資源の活用など地域の独自性が活かされている。
◎地域の中で、様々な人、組織が連携している。
◎人、地域、文化の交流の創造に資している。
◎民間・市民が中心となり、発展途上であるが将来性が期待できる。

決定時期
入選者には本人宛に直接連絡するとともに、JTB WEBサイト上および広報・PR活動において発表します。(2018年1月予定)


助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円

実施団体:株式会社ジェイティービー(JTB)

関連URL:
http://www.jtb.co.jp/chiikikoryu/koryubunkasho/obo/koryu.asp

お問い合わせ先:
〒105-0014 東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング 12F
JTB交流文化賞事務局(株式会社JTB総合研究所内)
TEL.03-6722-0757(10:00〜17:30 土・日・祝日休み) 
FAX.03-6722-0753

募集時期:
2017年8月1日〜2017年9月15日




キユーピーみらいたまご財団 「2017年募集要項B 〜食を通した居場所づくり支援助成プログラム〜」 [2017年06月26日(Mon)]
一般財団法人 キユーピーみらいたまご財団2017年募集要項B
〜食を通した居場所づくり支援助成プログラム〜


1.助成対象 
@対象:地域における共食や食周りの様々な体験を通した子どもの心と身体の成長そして自立の支援を行うため、子ども食堂などの食を通した居場所づくりを行う公益的な団体の開設費用や備品購入等を支援します
 (事務局運営については「一般社団法人全国老人給食協力会※」との協働で行います)。

【一般社団法人全国老人給食協力会について】
配食サービス、会食会、コミュニティ・カフェ、食を通じた多世代交流、子ども食堂、食育、就労支援のための給食やレストランなど、市民・住民が行う「『食』の支援」の普及とスキルアップをめざし、各地の活動とのネットワークや施策に関する情報を共有する活動を推進。また、子どもに対する食支援のすそ野を広げる活動として、「広がれ、こども食堂の輪!」全国ツアー実行委員会の事務局として全国でシンポジウムを開催しています。

A対象所在地:日本国内

B助成金使用対象期間:2017年10月1日〜2018年3月31日

C助成対象事案例(拠点の改修費、冷蔵庫他厨房機器、会食会の椅子やテーブル、什器一式、
 テレビ、パソコンやプリンター、研修費用(講師謝金・参加費・交通費)、他)

2.助成の概要 
@助成金額:総額 200万円  A助成限度額50万円(1件当たりの上限) 

3.対象外とする申し込み内容 
@営利を目的とした案件、既に完了している案件
A団体スタッフに対する人件費が含まれるもの
B同じ内容で他の団体から助成を受けたもの
C備品購入の場合、事業内容と備品の金額、性能が適切でないもの(用途に比べ高価な機種)

4.応募方法 
所定の申請書類に必要事項を記入し、助成金交付規則を参照の上、必要書類を添えて郵送にて応募してください。
申請書類は ▼ 申請書類ダウンロード よりダウンロードしてご利用ください。

5.締切日 
2017年7月14日(必着)

6.選考方法 
@申請書類(財団ホームページに掲載)に基づき書類選考を行います。
A採否の理由については、問い合わせには応じかねます。
 提出いただきました書類、資料等は返却できませんのでご了承ください。
B選考準備委員会において申請内容を確認し、当財団にて決定。
 尚、直接訪問調査(7月中旬から8月上旬)を行う場合があります。

7.助成の決定通知 
2017年8月中旬に文書により通知するほか、ホームページ等で発表します。

8.授与式 
2017年10月2日

9.助成手続き 
助成金振り込み依頼書を提出いただき、振込依頼書に基づき、
助成金を10月中旬までに指定口座に振り込みます(依頼書は決定通知書に同封)。

10.その他の注意 
@申請用紙は、ホームページよりダウンロードしたものをご使用ください。
A代表者印は、完了報告書まですべて同じ印でお願いします(法人の場合は社印)。
B申請書は正本一部を提出し、必ず控えを取ってください。
C申請金額は、万円単位です。  
D申請に際しては、「助成金交付規則」を参照の上、申請書類に必要書類を添えてご郵送ください。

HP:http://www.kewpiemiraitamagozaidan.or.jp/support/index.html

11.問い合わせ、申請書の送付先 
一般社団法人 全国老人給食協力会 事務局
住所:〒158−0098 東京都世田谷区上用賀6−19−21
電話番号:03-5426-2547 (受付:平日 月〜金、10時〜17時)
FAX番号:03-5426-2548
E-mail:infomow@mow.jp
Website:http://www.mow.jp


キユーピーみらいたまご財団「2017年度募集要項A 〜食育活動助成プログラム〜」 [2017年06月26日(Mon)]
一般財団法人 キユーピーみらいたまご財団 2017年度募集要項A
  〜食育活動助成プログラム〜


1.助成対象 
@対象:食育活動を行う公益的な団体を対象とし、講座、イベント、研究等に必要な資金の一部を助成します。
A対象所在地:日本国内
B助成金使用対象期間:2017年10月1日〜2018年3月31日

2.助成の概要 
@助成金額:総額 400万円  A助成限度額100万円(1件当たりの上限)

3.対象外とする申し込み内容 
@営利を目的とした案件、既に完了している案件
A団体スタッフに対する人件費が含まれるもの
B同じ内容で他の団体から助成を受けたもの
C備品購入の場合、事業内容と備品の金額、性能が適切でないもの(用途に比べ高価な機種)

4.応募方法 
所定の申請書類に必要事項を記入し、助成金交付規則を参照の上、必要書類を添えて郵送にて応募してください。
申請書類は ▼ 申請書類ダウンロード よりダウンロードしてご利用ください。

5.締切日 
2017年7月14日(必着)

6.選考方法 
@申請書類(財団ホームページに掲載)に基づき書類選考を行います。
A採否の理由については、問い合わせには応じかねます。
 提出いただきました書類、資料等は返却できませんのでご了承ください。
B選考準備委員会において申請内容を確認し、当財団にて決定。
 尚、直接訪問調査(7月中旬から8月上旬)を行う場合があります。

7.助成の決定通知 
2017年8月中旬に文書により通知するほか、ホームページ等で発表します。

8.授与式 
2017年10月2日

9.助成手続き 
助成金振り込み依頼書を提出いただき、振込依頼書に基づき、
助成金を10月中旬までに指定口座に振り込みます(依頼書は決定通知書に同封)。

10.その他の注意 
@申請用紙は、ホームページよりダウンロードしたものをご使用ください。
A代表者印は、完了報告書まですべて同じ印でお願いします(法人の場合は社印)。
B申請書は正本一部を提出し、必ず控えを取ってください。
C申請金額は、万円単位です。
D申請に際しては、「助成金交付規則」を参照の上、申請書類に必要書類を添えてご郵送ください。

HP:http://www.kewpiemiraitamagozaidan.or.jp/support/index.html


11.問い合わせ、申請書の送付先 
一般財団法人 キユーピーみらいたまご財団 事務局
住所:〒150−0002 東京都渋谷区渋谷1−4−13   
電話番号:03-3486-3094 (受付:平日 月〜金、9時半〜17時)
FAX番号:03-3486-6204

第10回未来を強くする子育てプロジェクト 2016年事業報告 [2017年06月25日(Sun)]
住友生命主催
未来を強くする子育てプロジェクト
2016年事業報告

201706251040_0001.jpg

2016年受賞団体のご紹介ひらめき

ぴかぴか(新しい)スミセイ未来大賞・文部科学大臣賞
「沖縄の子育てをもっと楽しく」するために、
ママたちが企画・制作するフリーペーパーを発行

NPO法人 たいようのえくぼ (沖縄県)

スミセイ震災復興応援特別賞ぴかぴか(新しい)
子どもたちに外遊びを楽しんでもらうため、
福島から山形県米沢市へ移動保育を実施

特定非営利法人 青空保育たけの子 (福島県)

ほか

2016年の公募事業で受賞された、
ステキな活動事例が、掲載されています。

コミュニティfにて閲覧できまするんるん
損保ジャパン日本興亜福祉財団 NEWS [2017年06月25日(Sun)]
損保ジャパン日本興亜福祉財団 NEWS

2017年度の主な助成金の募集(公募)


201706251036_0002.jpg

ひらめきひらめきコミュニティfにて配架中!




第11回未来を強くする子育てプロジェクト [2017年06月25日(Sun)]
11



「子育て支援活動の表彰」と「女性研究者への支援」の
2部門の募集を開始します


子育て支援活動の表彰
より良い子育て環境づくりに取り組む団体や個人を表彰します

女性研究者への支援
子育てと人文・社会科学分野の研究活動の両立に努力されている女性研究者を支援します



募集期間 2017年77日(金)〜2017年98日(金)必着
応募方法 「未来を強くする子育てプロジェクト」のWebサイトで、
募集要項をご確認の上、応募用紙をダウンロード・ご記入いただき、
必要資料と一緒にお送りください。

主催:住友生命保険相互会社
後援:文部科学省、厚生労働省


201706251038_0001.jpg
Panasonic NPOサポートファンド 2017年度環境分野 [2017年05月31日(Wed)]
Panasonic NPOサポートファンド 2017年度環境分野

募集時期
2017年7月14日〜2017年7月31日

対象分野
環境保全

対象事業
調査・研究、事業プロジェクト、組織運営支援、その他


内容/対象

1. 助成対象団体
環境問題に取り組み、強い市民社会の創造を目指す NPO/NGO(NPO 法人・任意団体・財団法人・社団法人など)

<活動分野>
地球温暖化防止(省資源・省エネルギー、自然エネルギー、その他)、循環型社会形成、森林保全・緑化、野生生物保護、大気・水・土壌環境保全、環境保全型農業、等

<団体要件>
@ 団体設立から 3 年以上であり、有給常勤スタッフが 1 名以上であること
A 法人格の有無を問わず、日本国内に事務所を持つこと
B 政治、宗教活動を目的とする団体ではないこと
C 定款、寄付行為もしくはこれに相当する規約を有すること
※財政規模 1,000 万円以上の団体を想定していますが、要件ではありません。

2. 助成対象事業
第 三 者 の多 様 で客 観 的 な視 点 を取 り入 れた組 織 基 盤 強 化 の一 連 の取 り組 みを応 援 します。以下 、【1】と【2】の連続 した取 り組み、または【1】、【2】のみの取 り組みでの応募が可能です。
※「第三者 」とは、応募団体 が選定する NPO 支援機関 や NPO 経営支援 の専門家等 のことを指 します。

【1】組織診断フェーズ
第三者 による組 織診断 の実 施と組 織課題の抽出 、第三者の力 を借 りて組織基 盤強化計画 を
策定する事業 。 ※組織診断 については、〔別紙 〕『組織診断 に係 るガイドライン』をご参考 ください。

【2】組織基盤強化フェーズ
第三者の力 を借りて組織基盤強化計画 を具体化 、実行 、評価する事業。
※【2】のみに取 り組 まれる場合 には、組織運営上 の問題点 ・課題分析が明確 であり、
組織基盤強化計画 の策定 が応募団体 により自主的 に行 われていることが前提 となります。

応募制限
設立からの年数、その他
環境問題に取り組み、強い市民社会の創造を目指す NPO/NGO(NPO 法人・任意団体・財団法人・社団法人など)

<活動分野>
地球温暖化防止(省資源・省エネルギー、自然エネルギー、その他)、循環型社会形成、森林保全・緑化、野生生物保護、大気・水・土壌環境保全、環境保全型農業、等

<団体要件>
@ 団体設立から 3 年以上であり、有給常勤スタッフが 1 名以上であること
A 法人格の有無を問わず、日本国内に事務所を持つこと
B 政治、宗教活動を目的とする団体ではないこと
C 定款、寄付行為もしくはこれに相当する規約を有すること
※財政規模 1,000 万円以上の団体を想定していますが、要件ではありません。

応募方法
応募書類は協働事務局宛に、郵便または宅配便でお送りください。FAX、E-mail、メール便(投函記録のないもの)、持参による応募は受け付けておりませんので、ご注意ください。

選考方法
選考基準に基づいて、外部有識者、学識経験者等で構成される選考委員会にて厳正に選考のうえ
決定

決定時期
12 月 選考結果公表、内定、覚書

助成金額
助成金総額: 15,000,000円
1件あたりの上限額: 2,000,000円

その他詳細はリンクからご確認ください。
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_mina2.html

Panasonic NPOサポートファンド 2017年度子ども分野 [2017年05月31日(Wed)]
Panasonic NPOサポートファンド 2017年度子ども分野


募集時期
2017年7月14日〜2017年7月31日

対象分野
子どもの健全育成

対象事業
調査・研究、事業プロジェクト、組織運営支援、その他

内容/対象
パナソニックは、事業を通じて持続可能な「より良いくらし、より良い世界」〜「A Better Life, A Better World」の実現に向けて取り組んでいます。あわせて企業市民活動においても、「A Better Life, A Better World」を実現するべく、製品・技術開発やモノづくりで培ったノウハウ・リソースを活かして環境や資源・エネルギー問題に取り組むことに加え、世界的な問題である貧困などの社会問題に目を向け、誰もが歓びを分かち合い、活き活きとくらす「共生社会」を目指してグローバルに活動を展開しています。その際、NPO/NGO の皆様とも積極的に協働しており、社会課題の解決に取り組む市民活動が持続的に発展していくためには「NPO/NGO の組織基盤強化」が欠かせないことから、2001 年より「Panasonic NPO サポート ファンド」を通じて、NPO/NGO の組織運営上の課題解決に向けた取り組みを応援してまいりました。

その結果、これまでに「環境」「子ども」「アフリカ諸国」の課題に取り組む NPO/NGOに 329 件 4 億 500 万円の助成をしてきました。2017 年の「子ども分野」の募集事業では、第三者の多様で客観的な視点を取り入れながら組織の優先課題を抽出し解決の方向性を見出す「組織診断」や、組織運営上の課題を解決する「組織基盤強化」の取り組みを助成します。

パナソニックはお蔭様で 2018 年に創業 100 周年を迎えます。100 周年の節目となる 2018 年募集事業からは、新たな助成テーマのもと、より社会課題の解決促進に貢献できるようプログラムを改訂する予定です。つきましては「子ども分野」での新規募集の受付は今年度を最終年とさせていただきます。子どもたちの健やかな育ちを応援する社会の実現を目指し、先駆的な活動と組織の自己変革に挑戦する NPO/NGO の皆様からのご応募をお待ちしております。


助成の対象となる事業
第三者の多様で客観的な視点を取り入れた組織診断や組織基盤強化を応援します。助成の対象となる事業は、以下の【1】組織診断のみの取り組み、【1】組織診断と【2】組織基盤強化の連続した取り組み、【2】組織基盤強化のみの取り組み、の何れかとします。

応募制限
設立からの年数、その他

子どもたちの健やかな育ちを応援する新しい社会の実現を目指し、先駆的な活動と組織の自己変革に挑戦するNPO/NGOで、以下の要件を満たすものとします。

@ 民間の非営利組織であること(法人格の有無や種類を問わない)
A 団体の設立から 3 年以上を経過していること
B 有給常勤スタッフが 1 名以上であること
C 日本国内に主たる事務所があること(活動地域は国内・国外を問わない)
D 政治、宗教活動を目的とせず、また、反社会的な勢力とは一切関わりがないこと
※ 財政規模 1,000 万円以上の団体を想定していますが、必ずしも要件ではありません。

応募方法
「応募要項」と「応募企画書作成の手引」をお読みの上、所定の応募用紙に必要事項を記入した応募企画書(原本 1 部とコピー1 部の計 2 部、クリップ留め)を同封して、7 月 31 日(月)
【必着】までに、子ども分野協働事務局宛てに、配達記録が残る郵便または宅配便にて、お送りください。

選考方法
提出された応募企画書にもとづき、学識経験者、実務経験者などで構成された選考委員会にて選考を行います。また、選考過程では団体資料の請求や事務局による現地ヒアリングを実施する場合があります。

決定時期
選考結果は 2017 年 12 月中旬に文書にて連絡いたします。

助成金額
助成金総額: 15,000,000円
1件あたりの上限額: 2,000,000円

その他詳細はリンク先でご確認ください。
http://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/npo_mina.html



損保ジャパン日本興亜福祉財団「自動車購入費助成」 [2017年05月31日(Wed)]
損保ジャパン日本興亜福祉財団「自動車購入費助成」

【助成金名称】
自動車購入費助成

【支援種別】
助成

【支援元】
(公財)損保ジャパン日本興亜福祉財団

【応募地域】
東日本地区

【応募資格(支援対象)】
東日本地区に所在する主として障害者の福祉活動を行う特定非営利活動法人。

【支援金額】
1件上限100万(総額1000万円)

【募集期間】
2017年6月1日(木)〜7月14日(金)17時

【リンク先】詳しくは下記リンク先をご覧ください。
http://sjnkwf.org/jyosei/jidousya.html

トヨタ環境活動助成プログラム 2017年度 助成プロジェクト公募 [2017年05月25日(Thu)]
トヨタ環境活動助成プログラム 2017年度 助成プロジェクト公募

実施団体:トヨタ自動車 (株)



お問い合わせ先
トヨタ環境活動助成プログラム事務局
ホームページ:
http://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/environment/blessings_of_nature/ecogrant/

E-mail:tmc-ecogrant@g500.jp (申請書送付先とは異なりますのでご注意下さい)



募集ステータス:募集中

募集時期:2017年5月9日〜2017年6月23日


対象分野:社会教育、環境保全、国際協力・交流、農山漁村・中山間地

対象事業:事業プロジェクト

内容/対象
1. プログラムの目的
トヨタ自動車は、豊かな社会の実現とその持続的な発展のため、社会の幅広い層と力を合わせ、持てる資源を有効に活用しながら、次の世代を担う人材の育成と社会的課題の解決に向け、各国・各地域の実情に合わせた活動を展開することを社会貢献の基本理念としています。
このような基本理念に基づき、トヨタ環境活動助成プログラムは、環境保全のための次の世代を担う人材の育成と環境問題の解決を目指す民間非営利団体等が実施するプロジェクトを助成しています。

2. 助成対象
トヨタ自動車は、「ものづくりは人づくり」と考え、技術開発、生産活動を通じた人材育成を企業活動の中心においてきました。本プログラムは、「ものづくりは人づくり」という視点から、環境課題の解決に取り組む人材育成や、実践的に環境課題解決に資するプロジェクトを推進する民間非営利団体の活動を助成します。本年は前述の通り、「生物多様性 」「気候変動」を助成対象テーマとし、民間非営利団体等による実践的なプロジェクトを助成します。

応募制限

民間非営利団体を助成対象とします。
−NPO、NGO、公益法人、および法人格を持たない任意団体やグループを含みます。〔営利企業、国、地方自治体、学校(幼稚園から大学を含む)、国際機関(政府間協定で成立した機関)等は助成対象外とします。〕

応募方法
規定の申請書式に必要事項をご記入の上、申請書受付専用メールアドレスまで電子メールに添付の上、お送りください。原則として、申請書の受付は電子メールのみとさせていただきます。やむを得ず郵送となる場合は事務局までご相談ください。

選考方法
助成プロジェクトは、トヨタ自動車が委嘱した下記委員からなる選考委員会で最終選考の上、決定します。

決定時期
選考結果については、2017年10月中に各申請者に通知予定です。

助成金額
助成金総額: 1件あたりの上限額: 7,000,000円

| 次へ