CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 県外情報 | Main | 募集»
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
令和元年度 高齢者、障害者などの支援を目的とするボランティア活動に対する助成 [2019年06月18日(Tue)]
助成金のお知らせ

■助成制度名

令和元年度 高齢者、障害者等の支援を目的とするボランティア活動に対する助成
実施団体:(公財)車両競技公益資金記念財団

関連URL http://www.vecof.or.jp/news/2019/05/post-5.html

■お問い合わせ先
  公益財団法人 車両競技公益資金記念財団
 東京都文京区本郷3-22-5(住友不動産本郷ビル8階)
 TEL:03-5844-3070 FAX:03-5844-3055
■募集ステータス:募集中

■募集時期:2019年6月3日〜2019年7月19日

■対象分野:保健・医療・福祉

■対象事業:施設・設備

■内容/対象
1.助成の目的
高齢者と障害を持つ人たちに対する、社会福祉のボランティア活動を積極的に支援推進し、こころ豊かな社会づくりの実現に寄与することを目的とする。


2.助成対象事業
国内において実施される、社会福祉のためのボランティア活動であって、次に掲げるボランティア活動に必要な各種器材の助成事業とする。

ア.高齢者、心身障害児(者)に対するボランティア活動に直接必要な器材の整備事業に対し、購入費用を助成する。
イ.整備する器材は、新たに購入するものであり、原則として、消耗品、汎用事務機器、自動車、及び地域集会場(自治会館等)の備品整備事業については助成の対象としない。
ウ.収益事業は助成の対象としない。
エ.助成を受けた後2年間は、助成の対象としない。
応募制限
法人格の有無、設立からの年数
ボランティア活動に実績があり、活動基盤が整備されているボランティア活動団体であり、財政的理由等により助成を必要としていること。

■応募方法
助成金交付申請者は、当該都道府県共同募金会から本財団所定の申請書を入手し、令和元年6月3日(月)〜7月19日(金)の間に申請書を当該都道府県共同募金会に提出するものとする。

■選考方法
申請のあった事業内容について、外部の有識者による審査委員会を開催し申請内容を審査する。
審査委員会の答申を受け、理事会において助成先及び助成金額を決定する。

■決定時期
本財団は、助成金交付決定された助成金交付申請者に対し、交付決定を通知する。

■助成金額
   助成金総額:
   1件あたりの上限額: 900,000円

■昨年度実績
   応募件数:0件 / うち継続 - 件
    助成件数:84件 / うち継続 - 件
    助成金総額:26,980,400円 / うち継続 - 円

   ※詳細は当ホームページにてご覧ください。

エドワーズライフサイエンス基金 [2019年06月15日(Sat)]
エドワーズライフサイエンス基金

募集期間
209年5月13日〜6月28日

実施団体
エドワーズライフサイエンス株式会社
HP: https://www.edwards.com/jp/aboutus/philanthropy/elf

対象分野
保健・医療・福祉

20190615191925322_0001.jpg20190615191938051_0001.jpg
助成事業(地域文化の振興をめざして) [2019年06月14日(Fri)]
助成制度名:助成事業 (地域文化の振興をめざして)
■実施団体:(公財)全国税理士共栄会文化財団

■関連URL
     http://www.zenzeikyo.com/assist/index.html

■お問い合わせ先
   〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目11番8号 日本税理士会館4階
    TEL:03(5740)8331
    FAX:03(5740)8333
    mail : cata@zenzeikyo.com

■募集ステータス:募集中

■募集時期:2019年6月1日〜2019年10月31日

■対象分野学術・文化・芸術・スポーツ、職業能力開発・雇用拡充

■対象事業:事業プロジェクト

■内容/対象
 1.趣 旨
一人ひとりが暮らす地域社会の文化は、人々にとって生きる自信や誇りを与えるものであり、その主体性を確立していく必要があります。特に心のふるさとを求めて地域文化の再認識が現在各地で求められているところです。本財団はこのような考え方のなかから、地域文化の活動に対し助成を行うものです。

 2.助成対象
@ 芸術活動分野
地域における音楽・舞踊・演劇等の芸術活動及びそれらの人材の育成などに努力している個人または団体
A 伝統芸能分野
地域における伝統芸能の保存及び後継者の育成を図るための活動などに努力している個人または団体
B 伝統工芸技術分野
地域における伝統工芸技術の保存及び後継者の育成を図るための活動などに努力している個人または団体
C 食文化分野
地域における食文化に関わる技能及び技法、並びに継承者の育成等を図るための活動などに努力している個人または団体


 3.助成条件
@ 助成金は、活動のための諸費用を要するものとします。
◆例:研修費、会場費、材料費、道具費、記録費、衣装修繕費等
A 芸術活動分野および伝統芸能分野の助成は、2020 年 4 月 1 日から 2021 年 3 月 31 日
の間に実行および支出するものを対象とします。
B 家元・流派が確立され、維持の見通しが立つようなものは除きます。
C 過去に本財団から助成を受けた場合、原則として重複しての助成はいたしません。
D 海外での活動に対しては助成いたしません。
- 2 -
E 助成による「活動結果報告書」(本財団所定の用紙)等の提出が可能であること。
*報告書には領収書(写)、写真、新聞・雑誌等報道記事他を添付してください。
*パンフレット・チラシ等を作成の際は本財団名を記載してください。
F 申請内容に変更が生じた場合は、2019 年 11 月末までに必ずご連絡ください。
応募制限
その他
推薦制公募方式とします。但し、税理士会及び税理士協同組合並びに税理士、都道府県教育委員会・文化関係部局、学識経験者、報道機関等いずれかの推薦及び本財団所定の推薦書を必要とします。

■応募方法
推薦制公募方式とします。但し、税理士会及び税理士協同組合並びに税理士、都道府県教育委員会・文化関係部局、学識経験者、報道機関等いずれかの推薦及び本財団所定の推薦書を必要とします。
■選考方法
書類選考を中心に本財団の選考委員会で厳正に審査し、採否と助成金額を理事会に答
申し決定いたします。
■決定時期
 2020 年 2 月中(予定)
◆採否の結果は、申込者宛て文書にて通知します。
◆採否の結果及び理由に関するお問い合わせには応じかねますのでご了承くださ
い。
■助成金額
■助成金総額:
  1件あたりの上限額: 500,000円
■昨年度実績
 応募件数:0件 / うち継続 - 件
 助成件数:38件 / うち継続 - 件
 助成金総額:0円 / うち継続 - 円
 備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
・昨年度実績は平成26年度実績を記載。応募件数・助成金総額はホームページに記載がないため、暫定的に「0」を入力しています。

  ※詳細については当ホームページをご覧ください
2019年度福祉助成金 [2019年06月14日(Fri)]
助成制度名:2019年度福祉助成

■実施団体:一財)前川報恩会

■関連URL
    https://www.mayekawa.org/grant/welfare_grant/welfare_youkou_2019.html

■お問い合わせ先
       公益財団法人 前川報恩会
       〒135-0046 東京都江東区牡丹3-10-7
       TEL:03-3642-1566 FAX:03-3643-7094

■募集ステータス:募集予定

■募集時期  2019年7月1日〜2019年7月31日

■対象分野
:保健・医療・福祉

■対象事業:施設・設備

■内容/対象 助成対象
   対象(1):障がい者の生活支援や就労支援の環境改善に資する物品
   …施設利用者に対するサービスの向上に必要な物品

    例)援護・介護・訓練等のサービス向上に明確に資する福祉用具
     サービスの向上に資する創意工夫を施した用途で使用する予定の一般器具


   対象(2):障がい者の福祉向上に資する取り組み
   (2)-A 利用者に対するプログラムの拡大

   例)施設利用者に対する機能訓練の拡充等 ※
     ※物品の購入が大半を占める場合は、対象(1)で申請すること

    (2)-B 地域共生型プログラムの実施
     …施設利用者の別を問わない、地域に開かれた福祉プログラムの実施

    例)サロンづくり、特定の障がいに対する啓発活動など

       (2)-C 調査・研究      障がい者の福祉向上に資する調査・研究

    例)学校法人所属の研究者による、フィールドワーク・実証を旨とした研究活動
  実務者(施設の従業員)による、施設内の自立訓練プログラム拡大のための調査活動 など

■応募制限:その他

対象(1): NPO法人、社会福祉法人等の法人格を有する非営利法人であること。
対象(2): 非営利団体で、実務者(NPO法人、社会福祉法人等の職員)の参加が含まれること。

■応募方法
インターネット回線を利用し、当財団ホームページの「助成事業登録フォーム」に必要事項及び申請内容の概略を記入した上で、書類と共に送信してください。

■選考方法
  選考:2019年9月中
   ※福祉助成選考委員会が「福祉助成申請書」に基づいて審査、選考します

   承認:2019年12月中の理事会
■決定時期
  交付:理事会における承認後、速やかに行う。

■助成金額

助成金総額: 9,000,000円
1件あたりの上限額: 1,000,000円

■昨年度実績
応募件数:23件 / うち継続 - 件
助成件数:20件 / うち継続 - 件
助成金総額:9,003,760円 / うち継続 - 円

■備考
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
第16回ソーシャルビジネスプランコンペ(社会起業家登竜門) [2019年06月06日(Thu)]
情勢金情報

助成制度名第16回 ソーシャルビジネスプランコンペedge

■実施団体edge  関連URL
           https://www.edgeweb.jp/

■お問い合わせ先
 お問合せは、
  メール jimukyoku@edgeweb.jp
   電話  050-5306-4079     までご連絡ください。

   コンペのエントリーシートはこちらから取得申し込みいただけます

    https://ws.formzu.net/dist/S3194285/

■募集ステータス:募集中

■募集時期:2019年6月1日〜2019年7月1日

■対象分野:すべて対象

■対象事業:すべて対象
  内容/対象
  社会起業家の登竜門として毎年開催しているビジネスプランコンペedgeです。

最終審査会にて最優秀賞に選ばれたビジネスプランには賞金30万円を進呈します。
※審査委員会の判断で「最優秀賞該当なし」の場合や最優秀賞以外の賞を設定する
ことがあります。例:奨励賞 賞金10万円

   ※プランの分野・賞金の使用用途については限定しておりません。

本コンペ終了後も本格的な起業・事業家を目指して、動き出している方。社会的課題を解決する活動・事業プランの立案に関心のある高校生・専門学校生・短大生・大学生・大学院生、また新しい活動・事業の立ち上げや、既存の活動・事業の継続的な実施のためのプランの立案をしたい学生の参加も歓迎します。

近年多くのビジネスコンペが開催されるようになってきましたが、edgeは通常のコンペと異なり、第1次審査通過者にプランのブラッシュアップをする機会を提供して、第2次審査、第3次審査へと臨んでいただきます。その過程では、チームごとに担当のメンター(助言者)がつき、ともにプランを更にブラッシュアップしていきます。最終審査に残った方には、大勢の観客を招いて開催する公開審査会で、プレゼンテーションする機会が与えられ、来場する方々とコンペ終了後も様々な展開を生み出していただくきっかけを提供します。
 
「edge」は勝ち残ることがゴールではないビジネスプランコンペであり、社会課題解決に挑戦する人々のためのコミュニティーへの入り口です。社会にある課題を解決し、
よりよい社会づくりのために自分の力を発揮して行動を起こしたい若者のみなさん。
ぜひ、ご応募ください。

■応募制限:なし

■応募方法
当団体のホームページ(http://www.edgeweb.jp)内の「エントリーシート取得フォーム」https://ws.formzu.net/dist/S3194285/
に必要事項をご入力いただきますと、後日、事務局よりコンペのエントリーシートをメールにてお送りします。
取得いただいたエントリーシートに必要事項を記入の上、電子メールまたは郵便にて期限までに提出してください。

*電子メールの送信に伴うデータの漏洩等のトラブルや郵送事故による不達については責任を負いかねますので、ご了承願います。
*事務局で受信を確認しましたら、ご連絡差し上げますので必ず到着確認をお願いいたします。なお、送信後24時間以上経過しても事務局から受信の連絡がない場合はメール不達の可能性もあります。くれぐれもご注意ください。その際はお手数ですが再度事務局までご一報をお願いいたします。
選考方法
本コンペでは、「第1次審査」「第2次審査」「第3次審査」「最終審査」の合計4回の審査を経て受賞プランを決定いたします。なお、審査基準は、応募者のプラン進捗状況により変更することがあります。
決定時期
● 第1次審査 2019年7月上旬
□審査方法:書類審査
□審査通過後の予定:集合研修(7月27日〜28日)へ参加いただきます。

●第2次審査 7月27日から7月28日
□審査方法:書類審査
※集合研修でブラッシュアップした応募プランを審査します。

●第3次審査 10月5日
□審査方法:非公開プレゼンテーション

●最終審査 12月7日
□審査方法:一般に公開された場所でのプレゼンテーション
助成金額
助成金総額: 300,000円
1件あたりの上限額: 300,000円
昨年度実績
応募件数:50件 / うち継続 - 件
助成件数:1件 / うち継続 - 件
助成金総額:300,000円 / うち継続 - 円

  ※詳細については団体ホームページをご覧ください。
第1回 高齢者、障害児者の支援を目的とするボランティア活動助成 [2019年06月06日(Thu)]
公益財団法人車両競技公益資金記念財団
第1回 高齢者、障害児者の支援を目的とするボランティア活動助成


対象団体: 
ボランティア活動に2年以上の実績があり、
活動基盤が整備されている特定非営利活動法人及びボランティア活動団体

対象事業: 
高齢者、障害者の支援を目的とするボランティア活動
(詳細は助成要項等を参照)

事業実施:
令和2年3月31日までに事業を終了するもの

助 成 率:
9/10以内

助成金の限度額:
900千円 (詳細は助成要項等を参照)

申請用紙:
実施計画申請書

申請窓口:
静岡県共同募金会

提出部数:
2部を郵送(添付書類を含む)

申請期限:
令和元年7月19日(金)17:00

お問合せ:
静岡県共同募金会
〒420−0856静岡市葵区駿府町1−70
電話054−254−5212/FAX054−254−6400


令和元年度 高齢者、障害者等の支援を目的とする
ボランティア活動に対する助成要項

1.助成の目的
高齢者と障害を持つ人たちに対する、社会福祉のボランティア活動を積極的に支援推進し、こころ豊かな社会づくりの実現に寄与することを目的とする。


2.助成対象事業
国内において実施される、社会福祉のためのボランティア活動であって、次に掲げるボランティア活動に必要な各種器材の助成事業とする。

ア.高齢者、心身障害児(者)に対するボランティア活動に直接必要な器材の整備事業に対し、購入費用を助成する

イ.整備する器材は、新たに購入するものであり、原則として、消耗品、汎用事務機器、自動車、及び地域集会場(自治会館等)の備品整備事業については助成の対象としない。

ウ.収益事業は助成の対象としない。

エ.助成を受けた後2年間は、助成の対象としない。


3.助成事業の実施期間
助成金交付決定後に事業を実施し、令和2年3月31日までに事業を終了すること。


4.助成対象主体
ボランティア活動に実績があり、活動基盤が整備されているボランティア活動団体であり、財政的理由等により助成を必要としていること。


5.助成対象経費
助成の対象とする経費は、法人の運営に必要な人件費等の経常経費、PR事業、調査研究事業、イベント等の経費を除く、当該事業に直接必要と認められる器材整備の経費とし、その額は50千円を超えるものとする。


6.助成率及び助成限度額
助成率は、9/10以内とし、助成金の限度額は、900千円とする。


7.助成金交付申請額の算定
助成金交付申請額は百円単位とし、その算定方法は、事業の経費に助成率を乗じて得られた額の百円未満を切り捨てた金額とする。


8.助成金交付申請の手続等
助成金交付申請者は、当該都道府県共同募金会から本財団所定の申請書を入手し、
令和元年6月3日(月)〜7月19日(金)の間に申請書を当該都道府県共同募金会に
提出するものとする。
 

9.審査
申請のあった事業内容について、外部の有識者による審査委員会を開催し申請内容を審査する。


10.交付決定
審査委員会の答申を受け、理事会において助成先及び助成金額を決定する。


11.交付決定の通知
本財団は、助成金交付決定された助成金交付申請者に対し、交付決定を通知する。


12.その他

(1) 本財団は、当該助成金交付申請者が交付決定を受け、助成事業を実施する場合、都道府県共同募金会に対し、助成事業の事務手続きについての指導を依頼する。

(2) 助成金の支払いは、原則として精算払い(助成事業終了後の支払い)とする。

http://www.shizuoka-akaihane.or.jp/archive/03/03ABRWT301U79O.asp



2019年度募集 富士市市民協働事業提案制度:行政提案型課題 [2019年06月04日(Tue)]
令和元年度募集
市民協働事業提案制度 行政提案型課題

市民協働事業提案制度は、市が公開した事業の実施に関して課題を抱えている事業や地域が抱える公共的な課題などに対して、市民活動団体や民間事業者などの、組織の専門性や柔軟性を生かした提案をいただき、協働で事業化して実施することにより、市民サービスの向上を図ることを目的としています。

協働とは、市民、市民活動団体及び事業者と市が、お互いの特性を生かしながら、適切な役割分担の下、対等な立場で、地域課題の解決など同じ目的の達成に向けて協力し合うことです。


今年度の行政提案型課題は以下の3件です。

市民へのSDGs(持続可能な開発目標)の普及・促進について(総務部企画課)

障害者スポーツの啓発について(市民部スポーツ振興課)

紙おむつのリサイクルについて(環境部廃棄物対策課)


応募資格
以下全てに該当する団体(企業を含む)を対象とします。

富士市内に活動拠点又は連絡場所を有し、富士市民を対象に、富士市内で活動できること
1年以上の活動実績があり、5人以上の会員で組織されていること
組織の運営に関する規則(定款や規則、会則等)の定めがあり、予算・決算を適正に行っていること
宗教活動、政治活動又は選挙に関する活動を主たる目的としないこと
暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団又は暴力団員の統制下にある団体でないこと

その他詳細はリンク先からご確認ください
https://www.city.fuji.shizuoka.jp/machi/c0908/2019bosyu.html

自動車購入費助成  [2019年05月27日(Mon)]
自動車購入費助成

公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、福祉および文化の向上に資することを目的に、主として障害児・者、高齢者など対象として活動するNPOの支援、社会福祉の学術文献表彰、学術研究・文化活動の助成など実施しています。
 障害の有無にかかわらず、すべての人が地域の中でともに支えあいながら暮らすことのできる会社づくりの一助となるべく、2019年度の「自動車購入費助成」を行います。

募集期間
2019年6月3日(月)〜7月12日(金)17時まで

募集地域
東日本地区

助成対象者
特定非営利活動法人

助成対象事業
主として障害者の福祉活動を行う団体
※ただし、加齢に伴う障害者(高齢者)の福祉活動団体は除きます。

助成金額
自動車購入費1件120万円まで(総額1,200万円)

選考基準
・比較的小規模などを総合的に判断し、決定します。
・団体の活動対象となる障害者の人数
・法人が保有する自動車の台数が、目安として5台以下
・自動車の保有が、活動・サービスの充実にどのようにつながるか
・団体の活動実施
・将来展望を待ち、先駆的な活動を行っている団体

問合せ
公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団
〒160-8338 東京都新宿西新宿1-26-1
HP:https://www.sjnkwf.org/
TEL:03-3349-9570 FAX03-5322-5257

応募用紙は当活動センターにありますよわーい(嬉しい顔)

20190527124127577_0001.jpg
ソニー財団子ども音楽教室 [2019年05月26日(Sun)]
ソニー音楽財団 子ども音楽基金

20190527123209816_0001.jpg
20190527123209816_0002.jpg


ソニー財団では子どもたちが豊かな感性・健やかに生きる力をはぐくむためには、
音楽を通じた体験や活動が重要であると考えています。
相対性貧困などに起因する教育格差が社会問題となるなか、地域・環境・経済状況
などに、左右されることなく音楽に触れることのできる社会であることを目指し、
当財団は2019年に「ソニー音楽財団 子ども音楽基金」を設立致しました。

■対象となる団体:●日本国内の18歳未満の子どもを対象に、音楽を通じた教育活動に
         取り組んでいる国内の団体及びその活動。
        ●法人格を有する団体。または、法人格を有しないが、活動する
         ための体制が整っている団体及びその活動。
        (クラシック音楽に準ずるものを原則とします。)

■助成対象期間
    2020年4月1日〜2021年3月31日

■助成金額:1団体につき、10万円から300万円/年度

■応募締切:2019年 6月28日(金)必着

※ご応募前に「ソニー音楽財団子ども音楽基金」ウェブサイトにて詳細を確認してください。

■応募・お問合せ先
〒102-8353
  東京都千代田区六番町4−5
   SME六番町ビル 公益財団法人ソニー音楽財団「子ども音楽基金」係

    子ども音楽基金ウェブサイト  www.smf.or.jp/kok/

   ※応募資料については当センターに配架しています。

        

        

富士市「あなたも商店主支援事業」 募集 [2019年05月23日(Thu)]
富士市「あなたも商店主支援事業」 募集

富士駅周辺、吉原商店周辺で、「お店を持ちたい!」と思う人々のチャレンジをお手伝いしてきました。この制度は家賃補助や改装費補助だけではなく、「10年続く店づくり」を目標に、店主にの思いを尊重しながら街のひとつの機能として「お店」が根付き、街の方々に必要とされるお店として成長できる第一歩を応援する制度です。

補助金
●開業がっちり応援コース……最大150万円
●開業プチサポートコース……最大 20万円

募集期間
令和元年7月31日(水)

対象経費
1.店舗家賃 2.店舗改装費 3.備品購入品 4.広告宣伝費

応募条件
□小売事業を営む者及び営もうとする者
・常時使用する従業員の数が50人以下であること。
・会社法(平成17年法律85号)第2条第1号に規定する会社の場合にあっては、資本金の学又は出資の総額が5000万円以下であること。

□富士市駅周辺及び吉原商店街周辺で出店する者


申込先
富士市商工会議所・商業観光課内富士TMO事務局
〒417-8632  静岡県富士市瓜島町82番地


問合せ
富士市商工会議所 富士TMO事務局
〒417-8632  静岡県富士市瓜島町82番地
TEL:0545-52-0995 FAX:0545-52-9796

20190523181812075_0001.jpg20190523181812075_0002.jpg
| 次へ