CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 県外情報 | Main | 募集»
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
2019年度 CO・OP共済地域ささえあい助成のご案内 [2018年12月26日(Wed)]
2019年度 CO・OP共済地域ささえあい助成のご案内

《応募期間:2019年1月8日(火)〜1月31日(木)※当日消印有効》


【対象となる活動のテーマ】
@「くらしを守り、くらしの困りごとの解決に資する」
(例:地域住民による高齢者等への生活支援のコーディネート、障がい者の就労支援、震災による避難者へのカウンセリングの取り組みなど)

A「命を守り、その人らしい生き方ができるようにする」
(例:病気やケガで治療中の方やそのご家族への治療に専念できる環境の提供や、治療中における精神面でのサポートを通して生活の質の向上を目指す取り組み、病気の予防や早期発見を目的とする啓蒙活動など)

B「女性と子どもが生き生きする」
(例:子育てひろばの開設・運営、出産後の再就職や社会復帰を支援する取り組み、DV被害者からの相談を受け付ける活動など)

※上記@〜Bのいずれのテーマにも合致しない活動(環境問題、動物保護等)は対象となりません。
【対象となる団体】
日本国内を主たる活動の場とする、下記全てを満たす団体を対象とします。

★生活協同組合、NPO法人、任意団体、市民団体(今後設立予定の団体でも構いません)

★次の1,2いずれかを必須とします。
1.生活協同組合以外の団体が応募する場合には、活動内容が生活協同組合と協同して行うものである
2.生活協同組合が応募する場合には、生活協同組合以外の団体と協同して行うものである

※「協同した取り組み」とは、受注委託の関係ではなく対等平等で企画を一緒に作り、ともに活動する関係をいいます。

《ご注意下さい》
ご応募の時点で、活動内容について協同する生協・団体との合意ができていることが必要です。

★対象とならない活動
・対象となる活動のテーマ@〜Bいずれにも合致しない活動(環境問題等)

・生活協同組合同士の活動(100%子会社および生協から派生した団体も含む)
・生活協同組合単独もしくはNPO単独の活動
・生活協同組合が、対象となる活動期間中に「CO・OP共済 健康づくり支援企画」より助成を受ける活動(応募を予定している場合や、審査中の場合も含みます)
・他の助成金を受けている活動でも、助成金の使途が重複していない場合に限り、地域ささえあい助成にご応募いただけます。

【対象となる活動期間】
2019年度は、2019年4月1日〜2020年3月31日の間に実施する活動が対象です。


【助成内容】
助成額は、原則として1事業あたり最大100万円を基本とします。
助成総額は2,500万円を予定しています。

★助成の対象となる費用
・活動に直接関わる経費(資材費、消耗品購入費、旅費交通費、印刷製本費など)
・講師謝礼、指導料など(応募団体および協同する団体に所属する方に対する謝礼金等を除く)

★助成の対象にならないもの
・飲食費、接待費、保険料、人件費(応募団体および協同する団体に所属する方に対する謝礼金・講師料・指導料等を含みます)
・助成を受ける事業以外の運営に係る費用
・営利を目的とする事業
・その他、審査委員会が不適切と判断したもの

【応募書類提出先】
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-13
コープ共済連 渉外・広報部
地域ささえあい助成事務局宛
メール:contribution@coopkyosai.coop

【お問い合わせ先】
日本コープ共済生活協同組合連合会
渉外・広報部
地域ささえあい助成事務局宛
TEL:03-6836-1320(平日10:00〜17:00)
FAX:03-6836-1321
※メールアドレスは上記と同じ
第2期 助成金の公募 [2018年12月20日(Thu)]

助成制度名 第2期 助成金の公募

実施団体 公益財団法人 あすなろ福祉財団
関連URL https://www.asunaro-zaidan.or.jp/subsidy/index.html
お問い合わせ先
Email. info@asunaro-zaidan.or.jp
お電話でのお問合せ等には、ご対応できませんのでメールにてご質問等をお願いします。
数日中にメールでご回答申し上げます。

募集時期 2018年10月15日〜2019年1月31日

対象分野 保健・医療・福祉、社会教育、学術・文化・芸術・スポーツ、人権・平和

対象事業 施設・設備、その他
内容/対象
●助成の目的
あすなろ福祉財団は、障がい者が明るい社会生活を営める環境づくりに貢献することを目的として、
障碍者の自立及び社会参加に関する様々な活動を実施している団体に対して助成を行っています。
●助成対象領域
助成する事業は以下の3つの領域です。
領域T. 障がい者の自立及び社会参加に関する活動
領域U. 障がい福祉サービス事業所等の設備整備及び環境改善
領域V. 障がい者の文化・芸術・スポーツの振興のための諸活動
●助成内容
(1)助成金額と助成対象金額
対象領域 助成金額(注1)と助成対象経費
領域T 10万円〜300万円(上限額は、原則、総事業費の5割まで)
障がい者の自立及び社会参加に結びつく新規事業や既存事業の拡充・サービス向上に必要な費用のうち
物品費及び人件費
領域U 10万円〜400万円(上限額は、原則、総事業費の8割まで)
福祉事業活動に直接必要なもので、環境整備のための設備・機器等の購入または改修等の工事費用、
福祉関係ソフト費用など
領域V 10万円〜200万円(上限額は、原則総事業費の8割まで)
障がい者の文化・芸術・スポーツの振興のための創造活動及び体験機会の拡充にかかる費用
2)助成対象期間
2019年4月1日〜2020年3月末
(2020年3月末までに事業を完了してください)

■応募制限 その他 
・日本国内において創業時から3年以上の継続した活動実績がある団体
・非営利法人 (社会福祉法人、特定非営利活動法人)、任意団体、ボランティアグループ等

なお、反社会的勢力、及び反社会的勢力に関係すると認められる団体からの申請は受付けられません。
また、助成対象となった場合、団体名、代表者氏名、所在地、活動内容、助成金額を公表させていただきます。
ご了承の上、申請下さい。

■応募方法 所定の申請書類及び付属資料を添付のうえ、財団あて郵送してください。
申請書類は、https://www.asunaro-zaidan.or.jp/subsidy/index.htmlからダウンロードできます。
送付先
〒111-0051
東京都台東区蔵前1-5-1
テクノフレックスビル2階
公益財団法人 あすなろ福祉財団


■選考方法 当財団の審査委員が選考基準に基づいて審査し、理事会において決定します

■決定時期 非記載

■助成金額 助成金総額: 
1件あたりの上限額: 4,000,000円

■昨年度実績 応募件数:0件 / うち継続 - 件
助成件数:8件 / うち継続 - 件
助成金総額:0円 / うち継続 - 円

■備考 応募件数、助成金総額はホームページ上で記載がないため、暫定的に「0」と入力しています。
この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。

H30年下期 洲崎福祉財団 障害児者に対する自立支援活動への助成募集 [2018年12月18日(Tue)]
助成制度名:H30年下期 洲崎福祉財団 障害児者に対する自立支援活動への助成募集
実施団体:洲崎福祉財団
関連URL:http://www.swf.or.jp/

お問い合わせ先
  公益財団法人 洲崎福祉財団 事務局宛
  〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目10番5号 オンワードパークビルディング
  電話番号 (直)03-6870-2019 ファックス番号 03-6870-2016
  Email:info@swf.or.jp

募集ステータス:募集予定

募集時期:2019年1月1日〜2019年2月28日

対象分野:保健・医療・福祉

対象事業:すべて対象

内容/対象

●支援対象  障害児者の自立と福祉向上を目的とした各種活動、施設の設置・改善の事業
       障害児者に対する自助・自立の支援事業
       ※難病患者及びその家族を支援している団体も対象に含みます
       ※当事者団体でも結構です
●応募資格  原則として非営利法人とし、個人及び営利法人は除外。
       但し、法人格がない場合でも当財団の理念に沿う公益活動において3年以上の
       継続的な実績と、これを証明する客観性のある資料があり、且つ今後2年以内に
       法人化する予定がある団体は対象。
       法人としての年間収益が2億円以上は対象外とします。
●応募地域  首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)

応募制限:その他
     活動が政治、宗教、思想などの目的に偏る団体、事業は対象外とします。

応募方法:申込には当財団所定の申込書に記入のうえ
     必要書類と共に事務局宛にご郵送ください。

選考方法:申込の採否は、複数の有識者による選考委員会にて選考します。

決定時期:選考結果については、平成31年5月に申込団体全ての代表者様宛に通知予定です。

助成金額:助成金総額: 10,000,000円
     1件あたりの上限額: 2,000,000円

昨年度実績:応募件数:0件 / うち継続 - 件
      助成件数:18件 / うち継続 - 件

助成金総額:20,000,000円 / うち継続 - 円

※助成内容などについては該当HPをご覧ください。
公益財団法人つなぐいのち基金2019年度対象事業助成金 [2018年12月16日(Sun)]
tsunagu_logo_for_hp.jpg

公益財団法人つなぐいのち基金2019年度対象事業助成金

児童福祉を目的とした、社会的ハンデを抱える子どもたちを対象とした支援事業、支援活動、支援プロジェクト等に対して、助成金 (助成総額は 180万円です。)を支給します。

助成金の種類は下記の3種類です。
@通常の「つなぐ助成」
 1団体 10〜20万円の単年度での助成金を支給します。
 事業計画・実施・広報・取材対応・報告など「9.助成金の交付および被助成団体の義務について」を1団体で担っていただくことが前提です。
Aマッチング助成
 事業のアイデアを創出する団体と実際の計画策定・実施・運営・管理・報告する団体をそれぞれ分けて募集します。
 A アイデア申請  5〜10万円
 B 運営団体申請 15〜20万円
B継続助成
 1年の事業終了ごとに継続の審査を行い、最大3年間で総額70万円の助成金を支給します。
 複数団体でのコレクティブインパクトを意識した応募の場合は、最大100万円

申込み締切
2019年1月21日(月) 必着

申込方法等、詳細は団体HP応募要領をご覧ください
連合・愛のカンパ「地域助成」 [2018年12月10日(Mon)]
連合・愛のカンパ「地域助成」


実施団体
連合・愛のカンパ


問合せ
「申請団体・組織」が所在・活動する「地方連合会」まで
地方連合会一覧所在地はこちら
https://www.jtuc-rengo.or.jp/about_rengo/jtuc/locals.html


20181210114130378_0001.jpgheight="300" border="0" align="" alt="20181210114123818_0001.jpg" />
「住まいとコミュニティづくり活動助成」助成対象者団体を募集 [2018年12月01日(Sat)]
このなちと住まいの「いい」を応援します
2019年度 住まいとコミュニティづくり活動助成応募要項


助成金期間:2019年4月1日(月)~2020年3月31日(火)

助成金額:1件あたり120万円以内

応募期間:2018年11月12日(月)~2019年1月8日(火)必着


問合せ先
一般財団法人一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団
TEL:03-6453-9213
FAX:03-6453-9214
HP: http://www.hc-zaidan.or.jp



20181201164929332_0001.jpg
2018年度「連合・愛のカンパ」助成 [2018年11月28日(Wed)]
助成制度名
2018(平成30)年度『連合・愛のカンパ』助成

実施団体:公益財団法人さわやか福祉財団

関連URL

https://www.sawayakazaidan.or.jp/news/2018/20181101.html

お問い合わせ先
公益財団法人さわやか福祉財団(立ち上げ支援プロジェクト)
TEL03−5470−7751
募集ステータス:募集中

募集時期:2018年11月1日〜2018年12月25日

対象分野:保健・医療・福祉、まちづくり

対象事業:事業プロジェクト、組織運営支援

内容/対象

(1)助成対象となる活動と内容
 新たに始める、地域における「ふれあい・助け合い活動」
 高齢者・子ども・障がい児(者)を含めた地域ぐるみの助け合い・支え合い活動等
 ※既存活動の継続は対象としません(下記6参照)。また特殊事案の専門的研究、趣味・娯楽・教養サークルに類する活動も対象にならないことがあります。

(2)対象となる活動の時期・期間
 2017年11月1日以降に新たに立ち上がった団体、または既存の団体であっても、従来の活動に加えて新たに開始した事業。
 2019年3月末までに具体的に活動が開始できることが、これまでの動きから客観的にも見込まれる場合は、応募時点で準備段階でも可(プランのみでは不可)

(3)団体要件
 ふれあい・助け合い活動団体/グループに限定
助け合い活動を主たる目的とする任意団体、NPO 法人、グループ、サークルなど。
 ※社会福祉協議会ほか中間支援団体への直接の助成はしておりません。なお、有限会社、株式会社のほか、単独の個人活動等も対象外とします。

(4)使途条件
 運営費(一般管理費)・事業費 いずれも可
備品購入・賃借料・通信費・会議費(飲食費含まず)等、「一般管理費」および
「事業費」のいずれも可※借入金返済、大型施設建築資金の一部充当等は対象外

(5)支援金額 上限15万円まで (19団体を目途に助成)

(6)その他の注意事項
 ・新規事業の立ち上げ、または、新たな団体立ち上げのための準備資金に限定
 ※ここで「新規」が意味するところは、申請する活動内容が新たな取り組みであるということで、例えば、既存の任意団体がこれまでの活動を継続しつつ、この1年でNPO法人格を取得した(または取得する)ということだけでは十分ではありません。
 ・継続的・持続的な活動が期待されるものであること
 ※一過性・単発的な企画(イベント企画等)は対象となりません。
 ・前年度にこの助成を受けていないこと
 ※より多くの方々に支援の機会を広げるため、連続年度での助成は原則として行っておりません。

(7)締め切り
 ■2018年12月25日(火)必着 (郵送に限ります・送付先−下記★)


(8)応募の際に必要な書類
 1.申込書(添付書式、あるいは同書式内容が全て記されたものに限る)
 2.団体(グループ)の事業全体についての予算書・決算書
 3.活動報告書(会報など活動内容が具体的に示された紹介資料)
 4.設立趣意書

(9)選考と通知
 選考結果は2019年2月初旬を目途に文書の郵送をもって通知

★申込書送付先:公益財団法人さわやか福祉財団
 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館7階
水辺の環境保全活動に対する助成金 [2018年11月26日(Mon)]
清掃活動など、水辺の環境保全活動に対する助成金

「LOVE BLUE助成」は
一般社団法人日本釣用品工業会より地球環境基金に寄付された資金をもとにした、清掃活動など水辺の環境保全活動に対する助成金です。

「LOVE BLUE 〜地球の未来を〜」をスローガンに、つり環境ビジョンのコンセプトに基づいて、一般社団法人日本釣用品工業会が、公益財団法人日本釣振興会と協働で取り組む環境・美化事業がLOVE BLUE事業です。その一環として、平成27年度から地球環境基金との企業協働プロジェクト「つり環境ビジョン助成」が始まり、平成29年度から「LOVE BLUE助成」に名称変更しました。
 この事業は、国内で販売する釣り関連製品に『環境・美化マーク』を表示し、その売上げの一部が一般社団法人日本釣用品工業会へ拠出され、事業原資となっています。

LOVE BLUE助成
平成31年度LOVE BLUE助成の募集案内を公表しました。
詳細は下記のファイルの通りですので、是非ともご覧下さい。

募集案内(LOVE BLUE助成)(PDF、5.57MB)
チェックリスト(LOVE BLUE助成)(PDF、540KB)
LOVE BLUE事業の詳細については一般社団法人日本釣用品工業会HPをご覧ください。
http://www.jaftma.or.jp/

                        地球環境基金情報より紹介しました
2019年住まいとコミュニィティづくり活動助成のご案内 [2018年11月24日(Sat)]
募集時期 2019年1月8日(火) 必着
対象分野 コミュニィティ・住まい・地域づくり・市民活動
助成制度名 2019年度 住まいとコミュニティづくり活動助成のご案内

実施団体 一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団(助成係)
関連URL http://www.hc-zaidan.or.jp/program.html
お問い合わせ先 一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団(助成係)
TEL:03-6453-9213
http://www.hc-zaidan.or.jp/

内容/対象 ◆メインとなる助成対象
@地域・コミュニティ活動助成
→地域づくりやコミュニティを基軸にした広範な市民活動に対する助成
A住まい活動助成
 →住まいや住宅地、団地、マンションなどを活動対象にして今日の多様な住宅問題に取り組   む市民活動に対する助成
◆助成対象団体
営利を目的としない民間団体(特定非営利活動法人、法人化されていない任意の団体など
団体として代表責任者が明確であること、意思決定のしくみが確立されていること予算  決算を含む会計処理が適切に行われていること。
◆助成対象活動
今日の人口減少社会、少子高齢化社会等を背景にした住まいとコミュニティに関する
課題に取り組む市民の自発的な地域づくり・住まいづくり活動で、地域住民が主体的に関わっている次に掲げるもの。
・社会のニーズに対応した地域活動
・地域環境の保全と向上
・地域コミュニティの創造・活性化
・安心・安全に暮らせる地域の実現
・その他、豊かな住環境の実現に繋がる活動

◆申込書様式の以下のホームページからダウンロードして下さい。 
http://www.hc-zaidan.or.jp/program.html ※申込書はword形式です。パソコンで入力、作成して下さい。 















ベネッセこども基金 経済的困難を抱える子どもの学び支援活動助成 [2018年11月24日(Sat)]

ベネッセこども基金

かわいい経済的困難を抱える子どもの学び支援活動助成かわいい

【主旨】
日本全国の地域において、経済的な困難により学びに課題を抱える子どもたちを、その支援活動に取り組む団体への助成を通して支援します。ますます複雑化する子どもの課題に対して、自立的な事業継続や新たな事業へのチャレンジのため、中長期視点で取り組む事業に対し、複数年(最大3か年)の助成を行います。本助成を通して子どもの支援を担う団体自身も成長し、地域において民間ならではの強みを活かした子ども支援の取り組みが進むことを目指します。

【助成内容】

助成対象事業
経済的な困難により学びに課題を抱える子どもたちの意欲を高め、学びに取り組む手助けとなる事業において、中長期視点で自立的な事業継続・発展を目指す取り組みを支援します。
※「経済的困難」には、さまざまな要因で生じる経済的な困窮に付随する子どもの複合的な困難も含みます。
「A:現在の事業の自立的な継続・発展のための取り組み」もしくは「B:新たな事業の立ち上げ」のいずれかで最大3か年の助成を実施します。
※申請は団体単位で、1団体で複数の申請をすることはできません。
助成対象団体
上記助成テーマで活動を行っている非営利団体
(特定非営利活動法人(NPO)、財団法人、社団法人、社会福祉法人など)
「助成決定後の義務・条件」に同意いただける団体
※法人格が無くても申請可能ですが、個人名義の口座への助成金の振り込みはできません。
※原則として営利団体への助成は行いません。

助成対象となる活動期間

2019年4月1日から2022年3月31日まで (最大3年間)

助成金額

1団体あたり、最大3か年で総額900万円以内
※助成金額は、年度ごとに、申請された事業計画・予算を審査の上決定します。
※収入見込みに自治体の補助金や他の公共法人等の助成金が含まれていても応募できます。

助成対象となる費用

助成対象期間の活動費用(具体的な費用項目は申請書を参照)
※助成対象とならない費用:申請事業に関わらない団体運営の費用や要員の人件費

【提出期限】
2019年1月7日(月)
【提出方法】
応募書類は下記の方法でご提出ください。

メールの場合 : kodomokikin@grop.co.jp
郵送の場合 : 〒277-0834
千葉県柏市松ヶ崎新田13-1 ロジポート北柏3F
(株)グロップ内 ベネッセこども基金助成事務局

本助成の問い合わせ先
TEL:04-7137-2570  月〜金10:00〜17:00
※祝日、2018年12月29日〜2019年1月4日を除く
メールアドレス kodomokikin@grop.co.jp

その他詳細はHP

20181124105757186_0001.jpg

20181124105757186_0002.jpg
| 次へ