CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ヤマハ音楽支援制度 2020年度(音楽研究者支援) | Main | 2019豪雨災害・台風15号による災害支援に関する各地コミュニティ財団による基金設立について»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

特定非営利活動法人 東海道・吉原宿さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/com-f/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/com-f/index2_0.xml
静岡県官民連携プラットフォーム [2019年09月22日(Sun)]
静岡県官民連携プラットフォーム

官民連携プラットフォームとは

公共施設の整備や運営に、民間視点のアイデアやノウハウを幅広く取り入れるための意見交換の「場」です。プラットフォームでは、事例発表や専門家の講義を通じて官民連携について理解を深め、自治体が持ち込む具体的な事業案件について対話(サウンディング)することで、官民双方にメリットがあるような事業の創出を目指します。静岡県は、東中西の3地域にプラットフォームを設置します。中部、西部については、既にプラットフォームを設置・運営している静岡市、浜松市と連携しながら、周辺市町も含めた官民連携の「場」を形成していきます。

東部地域については、令和元年10月9日に県主催で第1回プラットフォームを開催します。


プラットフォームの参加者

プラットフォームには、対話案件を持ち込む自治体関係者の他、民間企業、金融機関の方が御参加いただけます。開催通知を御確認の上、お申し込みください。


対話(サウンディング)とは


自治体、企業、金融関等が一つのテーブルにつき、個別の事業案件について議論します。参加者には、それぞれの目線で、企画や事業スキームについて意見、アイデアを出していただきます。自治体は、サウンディングで得た意見等を、後の事業計画に生かし、民間のノウハウを取り入れた効率の良い施設整備や、利用者目線の質の高い行政サービスの提供を目指します。


その他詳細はこちらから

https://www.pref.shizuoka.jp/soumu/so-030c/platform.html


0001 (49).jpg0002 (15).jpg

Posted by コミュf at 11:05 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント