CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年06月20日

7月8日(土)〜8月6日(日)、東京で認知症カフェ・ケアラーズカフェ開設講座

◎参加申し込みフォーム
https://goo.gl/I6KKuA
 FAX、メール等による申し込みは、下のほうをご覧ください。

 認知症の人と家族、地域の人や専門職が集う「認知症カフェ」「ケアラーズカフェ」が各地に広がっています。長寿社会文化協会(WAC)は、7人の講師により全4回の講座を行います。既に開いている方・団体の学び直し、運営方法を試行錯誤している方にもお勧めします。
 講座の内容や受講申込方法など詳細は、チラシまたは下記をご覧ください。
https://goo.gl/bD4vQ4 (片面チラシ)
https://goo.gl/zlZN33 (両面チラシ)

■2017年度認知症カフェ・ケアラーズカフェ開設講座(東京)
●日程と内容(一部変更となる場合もあります)
◎第1回:2017年7月8日()13:00〜17:00
◇認知症カフェ事例発表(順不同)
すももCafe(千葉県船橋市・コンフォートケア代表取締役 形山昌樹さん)
…デイサービスの定休日に施設を活用、当事者が運営に参加するカフェ
http://ninchishocafe.jugem.jp/?eid=58
http://myfuna.net/archives/townnews/20151216175438
https://www.facebook.com/comfortcare.comfortcare/

八王子ケアラーズカフェ わたぼうし(東京都八王子市・八王子市高齢者あんしん相談センター子安 新井尚子さん)
…ほぼ毎日開設、地域包括支援センター近接のカフェ
http://www.koyasu-anshin.jp/category/cat03/
http://ninchishocafe.jugem.jp/?eid=117
http://diamond.jp/articles/-/75360?page=2
http://www.jprime.jp/articles/-/6327

認知症カフェ かさね(千葉県市原市・認知症カフェかさね代表 高橋瑞穂さん)
…民家で週3回、認知症ケア専門士会の有志らが運営するカフェ
https://www.facebook.com/%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7-%E3%81%8B%E3%81%95%E3%81%AD-222221731308608/
http://ninchishocafe.jugem.jp/?eid=68

認知症カフェ おれんじ(東京都小金井市・NPO法人UPTREE代表 阿久津美栄子さん)
…デイサービスの定休日にNPO法人が運営するカフェ
http://uptreex2.com/

◇交流会(質問タイム)×2セット
4つのグループに分かれて、カフェ運営者やほかの参加者と交流していただきます。
※講師が運営する以外の認知症カフェ等を見学・運営体験したい方には、事務局が手配します。

◎第2回7月17日(月祝)13:15〜16:00
◇現地見学(Dカフェ・ラミヨ)・講義
「認知症の症状と対応」(東京都目黒区・NPO法人Dカフェnet代表 竹内弘道さん)
…区内10カ所のDカフェを運営する認知症カフェの第一人者。自宅を改装したDカフェ・ラミヨをはじめ、区内各地からの要望に応えデイサービスや病院内のDカフェ開設をプロデュース。参加者が水平で対等な関係で過ごす場づくりを目指す。
http://d-cafe.kazekusa.jp/
http://diamond.jp/articles/-/75360?page=3
「地域包括ケアと認知症カフェ」(福祉ジャーナリスト/WAC常務理事 浅川澄一
http://diamond.jp/category/s-iryokaigo

第3回7月29日()9:45〜16:00(昼食休憩12:00〜13:00)
講義「コミュニティカフェでのケアラーズ支援、認知症カフェ・ケアラーズカフェの役割、どのように地域を巻き込むか」
◇ワークショップ「どんな認知症カフェを立ち上げるか」
(千葉県柏市・ケアラーズ&オレンジカフェみちくさ亭オレンジカフェ「ほのぼの亭」、NPO法人ケアラーネットみちくさ理事長、布川佐登美さん)
…自らの介護体験を機に、介護者が息抜きやおしゃべりできる居場所を実家に開設。市の介護予防センターで認知症カフェも開催。
http://michikusa-net.com/
https://www.facebook.com/michikusatei/

◎第4回8月6日()9:45〜13:00
◇各自のカフェ運営プランの発表(個人、もしくはチームで)
講評:布川佐登美さん、浅川澄一
◇参加者全員参加で感想を伝えよう
※講座終了後、交流会(希望者のみ)

●会場
◇第1・3・4回:公益社団法人長寿社会文化協会(WAC)研修室
(東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館1階)
http://www.wac.or.jp/access.html
※駐車場(無料)がありますので、車で来場する方はお申し出ください。先着4台まで。
◇第2回:Dカフェ・ラミヨ(東京都目黒区五本木1-5-11)
http://d-cafe.kazekusa.jp/

受講対象
・認知症カフェ・ケアラーズカフェの立ち上げを考えている方、既にカフェの運営に携わっている方、関心のある方、協力したい方 等
 4回すべてに参加できない方は、グループで交代や単回参加も可能ですので、ご相談ください。

●定員20人、先着順

受講料(全4回分、資料代込み):一般15,000円、WAC会員12,000円(今回入会の場合、年会費は賛助会員3,000円、正会員10,000円)
 第1回の日にお支払いいただきます。途中で欠席されても、返金しません。
 このほか、交通費、カフェ見学時の飲食代、交流会参加費は各自負担。
※単回参加希望の場合、受講料は下記となります。
 第1回5,000円、第2回3,000円、第3回6,000円、第4回4,000円(全4回参加で15,000円に割引)
 
受講申し込み(なるべく@の方法でお願いします)
@下記フォームを入力して送信
https://goo.gl/I6KKuA

 受信したフォームを確認後、あらためて受講についてお知らせします。

A下記項目をメールまたはFAXでお知らせください(@が不可能な方のみ)。
 E-mail:com-cafe@wac.or.jp  FAX:03-5405-1502
・お名前(ふりがな):
・お名前(漢字):
・所属・職業等:
・年齢:
・メールアドレス(パソコンかスマホのアドレス。パソコンからのメールも受信できれば、ガラケーのアドレスも可)
・TEL(なるべく携帯電話)
・郵便番号
・住所
・やむを得ず欠席する日があれば、その日にち
・この講座を知った経緯
・作文「受講動機や開きたい認知症カフェ等、自己紹介等」(自由記述。参考までにお聞かせください。書かなくても結構です)。100〜400字程度

問い合わせ先
 公益社団法人長寿社会文化協会
 全国コミュニティカフェ・ネットワーク事務局
 担当:小山
 TEL:03-5405-1501 FAX:03-5405-1502
 E-mail:com-cafe@wac.or.jp

※お預かりした個人情報は、講座や研究会等の案内、コミュニティカフェ情報の送付にのみ使用します。

IMG_4185.JPG
posted by こんぶ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

7月8日(土)、神奈川・中央林間で「居場所としてのなないろ畑」見学会

 神奈川県の大和市民活動センターは2017年7月8日(土)13〜15時、「居場所としてのなないろ畑」と題して、中央林間の農場の出荷場を食堂に改装した「なないろ食堂」の見学会を開催します。
 なないろ畑農場では、CSA(コミュニティ・サポーティド・アグリカルチャー=地域コミュニティが農業を支える)という考えのもと、会員がボランティアで農場の仕事を手伝ったり、野菜を購入したりして、農場を支え、食と農でつながる居場所にもなりつつあります。
 今回の共育(ともいく)セミナーでは、この出荷場を訪ね、主宰者に話を聞きます。定員25人(先着順・要事前申し込み)、参加費無料、市外の方も参加可能です。
 集合日時・場所、参加申し込み方法等の詳細は、下記をご覧ください。
http://kyodounokyoten.com/tomoiku/tomoiku-76.pdf
http://kyodounokyoten.com/news.html#tomoiku

◎なないろ畑
http://nanairobatake.com/

0001 (13).jpg
posted by こんぶ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2017年06月19日

7月15日〜16日、千葉・幕張新都心で「認知症を理解しよう」フォーラム

 千葉市とイオン、エーザイは2017年7月15日(土)〜16日(日)、イオンモール幕張新都心で「認知症を理解しよう」千葉市民健康フォーラムを開催します。
 15日(土)は、講演「認知症の全体像 予防とケア」と認知症VR体験。
 16日(日)は、ワークショップ「親子で学ぼう!〜認知症のひみつ〜」、「脳を元気にするプログラム」シナプソロジー体験、映画「妻の病―レビー小体型認知症―」。
 内容の詳細や参加申し込み方法は、下記のチラシ(pdf:両面、画像:オモテ面のみ)をご覧ください。

認知症を理解しようフォーラム.pdf
認知症を理解しようフォーラム(オモテ).jpg
posted by こんぶ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症

6月26日〜8月1日、川崎で無料のカフェ経営体験型連続セミナー

 日本政策金融公庫の南関東創業支援センターとNPO法人ぐらす・かわさきは、「Cafeの学校 in かわさき」を2017年6月26日(月)〜8月1日(火)に行います。講義5回、実習2回の全7回の講座です。
 講義では、カフェ経営に必要な知識等(コンセプト設計、メニュー開発、仕入・原価管理、プロモーション、ビジネスプラン作成等)を学びます。
 実習では、講義で学んだことを実践する場として、実際の店舗(メサ・グランデ)を使用し、カフェ経営にチャレンジします。
 対象者は、川崎市でカフェの創業を目指している方(予定・準備中の方)、カフェ経営に関心が高い方です。
 内容の詳細および申し込み方法は、下記および画像(チラシ片面のみ)をご覧ください。
https://www.jfc.go.jp/n/seminar/pdf/seminar170609n.pdf
http://mesa-grande.blogspot.jp/2017/06/cafe-in.html

【開催日時と会場】
◆講義:2017年6月26日(月)、7月3日(月)、10日(月)、18日(火)、8月1日(火)
 13〜16時 会場は日本政策金融公庫川崎支店(JR・京急川崎駅から徒歩3分)
◆実習(トライアル・オープン:メサ・グランデ、川崎市中原区新城5-2-13)
 7月29日(土)または7月30日(日)の9〜15時
※上記日程以外で、自主的な打ち合せ等の場合もあり。
【定員】20人(先着順)
【参加費】無料
※交通費、実習に使用する食材等は参加者負担。

【講師】山岡 雄己 氏(中小企業診断士、フードコンサルタント、法政大学大学院兼任講師)
【主催】日本政策金融公庫、NPO法人ぐらす・かわさき
【申し込み】
 日本政策金融公庫 南関東創業支援センター(FAX:045-212-3393、またはknminamikanto.sogyo@jfc.go.jp)まで、氏名・生年月日・郵便番号・住所・連絡先(日中連絡可能なTEL、メール)・飲食業経験の有無(有れば、勤務年数)・開業予定時期をお知らせください。
【問い合わせ先】
 日本政策金融公庫 南関東創業支援センター(TEL:045-201-7789)

cafeの学校inかわさき(オモテ).jpg
posted by こんぶ at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2017年06月06日

7月9日(日)、「千葉認知症カフェフォーラム」開催

 「千葉県認知症&ケアラーズカフェ連絡会」は2017年7月9日(日)、千葉市総合保健医療センターで、「千葉認知症カフェフォーラム2017」を開催します。
 内容や参加申し込み方法の詳細は、下記またはチラシをご覧ください。
◎日 時:2017年7月9日(日)13:30〜6:00
◎会 場:千葉市総合保健医療センター・5階大会議室(保健所や休日救急診療所と同じ建物)
     (千葉市美浜区幸町1-3-9、JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと駅から徒歩2分)
◎資料代:500円
◎内 容:事例紹介―6つのカフェからのメッセージ
    「認知症カフェ運営から見えてきたこと、そしてこれから」
     パネルディスカッション―2つの市の運営者と行政担当者で話す
    「行政との関わりの中で見えてきたこと、そしてこれから」
◎参加申し込み(締め切り:7月5日)
@下記ページ(短縮アドレス)内にあるフォームを記入し、送信
https://goo.gl/u4AX2h
Aその他の方法や問い合わせ先は、下記チラシをご覧ください。
千葉認知症カフェフォーラム2017チラシ.pdf
◎Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/119628525288167/

千葉認知症カフェフォーラム2017チラシ.jpg

posted by こんぶ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症

2017年06月05日

「キューピー財団」の「食を通した居場所づくり支援助成」、7月14日締め切り

 一般財団法人「キユーピーみらいたまご財団」は「食を通した居場所づくり支援助成プログラム」の申請を募集中です。
 助成対象は、日本国内の「地域における共食や食周りの様々な体験を通した子どもの心と身体の成長そして自立の支援を行うため、子ども食堂などの食を通した居場所づくりを行う公益的な団体」。開設費用や備品購入等費用として、上限50万円、総額200万円を助成します。応募締め切りは2017年7月14日(必着)。
 ほかに、食育活動を行う公益的な団体に、講座、イベント、研究等に必要な資金の一部を助成する「食育活動助成プログラム」もあります。上限100万円、総額400万円。
 詳細は、下記をご覧ください。
http://www.kewpiemiraitamagozaidan.or.jp/support/index.html

logo.gif
posted by こんぶ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2017年06月04日

受講生の法人が、神奈川・南林間にコミュニティカフェ開設

 訪問介護や訪問看護の事業を手掛ける「+1 プラスワンサービス」は2017年6月1日、神奈川県大和市の小田急江ノ島線南林間駅前にコミュニティカフェ「マチツナガル あかり食堂」をオープンしました。同社社員で、2015年度第1期のコミュニティカフェ開設講座(東京)や2016年にかながわコミュニティカレッジで行われた空き家を活用した交流拠点講座を受講した野間康彰さんが中心となり、準備を進めてきたものです。
 「知り合いのお家でごはん」という雰囲気で、「ごはんは楽しく誰かと一緒に」をコンセプトに、おいしくて安心な材料で、身体に優しい食事を提供しようとしています。夜は体に優しいつまみと神奈川のお酒が楽しめます。
 行楽用のおむすびや味噌、甘酒などをつくる料理教室も計画しています。
 おむつ替えや授乳のためのスペース、車椅子でも入れるトイレも備え、赤ちゃん連れや障害者にも優しい居場所となっています。
 あかり食堂の詳細は、下記をご覧ください。
http://heartpit.com/
https://www.facebook.com/pages/%E3%81%82%E3%81%8B%E3%82%8A%E9%A3%9F%E5%A0%82/1870913279814062

modal-img03.jpg


modal-img05.jpg
タグ:あかり食堂
posted by こんぶ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェ紹介