CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年01月28日

ワールド・ユースのコミカフェ視察に協力

 長寿社会文化協会(WAC)コミュニティカフェ事務局はこのほど、内閣府青年国際交流事業、次世代グローバルリーダー事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」(旧青年の船)で来日した外国人20人、日本人20人の計約40人の課題別視察に協力しました。
 2015年11月、この事業のプログラムを運営する一般財団法人「青少年国際交流推進センター」のコーディネーターから、「地域づくり」のテーマにおいて、コミュニティカフェを視察したいという話があり、視察先の候補を紹介したものです。WACの担当理事が「いたばしコミュニティスペース連絡会」のメンバーであることから、連絡会に話が行き、東京・高島平地区のコミュニティカフェを見学してもらいました。
 一行は4班に分かれ、最初に視察したカフェで昼食をとり、4軒の運営者から立ち上げの経緯や、カフェで行っていることなどについて説明を受けました。

IMG_0468.JPG

コミュニティーカフェ・高島平駅前


IMG_0492.JPG

地域リビング プラスワン


IMG_0506.JPG

多国籍食堂ハロハログルメ


IMG_0522.JPG

和みサロン ゆずり葉


 最後に全員が高島平団地の集会所に集まり、高齢化が進む団地の課題や高齢者住宅、連絡会の活動などについて話を聞きました。

IMG_0537.JPG


 青年たちの出身国はオーストラリア、ニュージーランド、スリランカ、メキシコ、バーレン、タンザニアなどさまざま。日本人も首都圏だけでなく、北海道、富山、兵庫など全国から集まっていました。高島平のコミュニティカフェも、運営者や利用者にフィリピンやスペインなどの人がいて、国際色豊かな視察となりました。
 青年たちの国にはコミュニティカフェのような施設はないということですが、将来、母国での活動の参考になれば幸いです。

◎いたばしコミュニティスペース連絡会
http://co-space.jimdo.com/
◎コミュニティーカフェ・高島平駅前
http://community-cafe.net/
◎地域リビング プラスワン
http://dreamtown.info/
◎NPO法人高島平ACT(多国籍食堂ハロハログルメ)
http://act-takashimadaira.jp/
◎和みサロン ゆずり葉
https://www.facebook.com/pages/%E3%81%AA%E3%81%94%E3%81%BF%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%B3-%E3%82%86%E3%81%9A%E3%82%8A%E8%91%89/405401322979977

※コミュニティカフェ事務局では、要望に応じて、行政・大学・海外団体等の視察のコーディネートをいたします。手続き等はお問い合わせください。
TEL:03-5405-1501
E-mail:com-cafe@wac.or.jp
posted by こんぶ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

3月5日(土)、東京・高島平で「新しい総合事業」についてのフォーラム開催

 東京・板橋の14軒のコミュニティカフェで構成する「いたばしコミュニティスペース連絡会」は3月5日(土)、高島平区民館ホールで第4回コミュニティスペースフォーラム「介護保険がつかえなくなる!? 『新しい総合事業』に変わるんだって。」を開催します。
 内容は、第1部:「新しい総合事業」を説明します、第2部:私たちがつくる「地域の支え合い」とは、など。
 内容の詳細および参加申し込み方法は、下記をご覧ください。
http://goo.gl/HgBZ4Y
image2.jpg
posted by こんぶ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2月28日(日)、東京・高島平で「いたばし子ども食堂フォーラム」開催

定員を超過し、参加申込受付を終了しました。

 東京・高島平でコミュニティカフェ「地域リビングプラスワン」を運営するNPO法人「ドリームタウン」は2月28日(日)、大東文化大学・板橋キャンパスで「いたばし子ども食堂フォーラム」を開催します。
 内容は、第1部:ドキュメンタリー映画「みんなの学校」上映会、第2部:元児童相談所職員・井上幸夫氏の講演「子どもたちの現状と地域の私たちにできること」、第3部:「子ども食堂ってなあに? 今までの活動とこれから」。ゲスト:栗林知絵子氏(NPO法人「豊島WAKUWAKUネットワーク」理事長、「要町あさやけ子ども食堂」運営)
 内容の詳細および参加申し込み方法は、下記をご覧ください。
http://kodomo-shokudo.jimdo.com/

●関連ページ
◎映画『みんなの学校』公式サイト
http://minna-movie.com/
◎井上幸夫氏のオレンジリボンたすきリレー目指せ!日本一周
http://orange-tasuki-jp.jimdo.com/
◎NPO法人豊島WAKUWAKUネットワーク
http://toshimawakuwaku.com/

image.jpg
posted by こんぶ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2月18日(木)、「東京ホームタウンプロジェクト」総括イベント

 東京都福祉保健局は、住み慣れた地域で安心して暮らすための、支え合いの体制づくりを目指して、多様な主体の参加による地域貢献活動を推進する「東京ホームタウンプロジェクト」を展開しています。
 そのプロジェクトの1年目の総括イベント「いくつになっても、いききと暮らせるまちをつくる」を2月18日(木)、東京・大手町の日経ホールで開催します。
 内容は、地域の高齢化に関連する課題解決に挑戦する最新事例の紹介と、ねじめ正一氏、上野千鶴子氏らによるパネルディスカッションなど。紹介事例には、NPO法人「風のやすみば」(文京区)、「要町あさやけ子ども食堂」といったコミュニティカフェも含まれています。
 内容の詳細や参加申し込み方法は、下記をご覧ください。参加費無料、先着600人。要事前申し込み。
http://hometown.metro.tokyo.jp/event160218/

1221THTPシンポ_バナー.png
posted by こんぶ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2016年01月21日

2月8日(月)、東京・洗足で東西の日替わりカフェ運営者の話と食事付き懇親会

 かつて、東京・洗足で日替わりオーナー制の「洗足カフェ」を実践していた和田夏子さんからのお知らせです。

コミュニティカフェ講座
   複数の担い手による「場づくり」
    ―日替わりカフェの可能性―

 日替わりオーナー制のカフェ、洗足カフェが満期修了して1年余が経ちました。洗足カフェでの経験を生かして、ご自分のカフェをオープンされた卒業生もいらっしゃいます。2011年10月から 2014年9月まで3年間続けた洗足カフェを振り返りながら、カフェという場の作り方、皆でつくるコミュニティカフェの在り方について考えていきたいと思います。

◎日時:2016年2月8日(月)
◎参加費:3,000円(食事付き)
◎場所:
 シノワレッセフェールサクシードアズ洗足カフェ(旧「洗足カフェ」)
 東京都目黒区洗足2-7-17(東急目黒線「洗足」駅から徒歩2分)
◎定員:20名(先着順)

【第一部】
 レクチャー&パネルディスカッション(18:30〜20:00)
 レクチャー(以下、敬称略) 
@洗足カフェの仕組みと実績 
 NPO法人南房総リパブリック 和田夏子
Aつながるカフェの作り方
 common cafe 代表 山納洋
Bみんなでつくるコミュニティカフェ
 東京都市大学 准教授・慶應義塾大学 講師 坂倉杏介
パネルディスカッション 
 司会:NPO法人南房総リパブリック 理事長 馬場未織
 パネリスト:山納洋、坂倉杏介、和田夏子
【第2部】
 懇親会(20:00〜21:00)
 洗足カフェを引き継いで、自分のお店をオープンした「シノワレッセフェール」による創作中華料理のビュッフェ+ドリンク飲み放題
◎申し込み方法: 担当の和田 natsuko.wada@nifty.com までメールでお申し込みください。

●洗足カフェのFacebookページ
https://www.facebook.com/SenzokuCafe/

※この「コミュニティカフェ講座」の企画は、トヨタ財団の助成を得て行っています。

12439072_1051889701523665_8492901966184622210_n.png
posted by こんぶ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2016年01月18日

1月24日(日)〜3月6日(日)の第2期コミュニティカフェ開設講座の受講申込受付中!!

締め切り迫る!! 参加希望の方は早めにお申し込みください。


 地域の人が集まって、高齢者、障害者や子育ての支援、まちづくりなどに取り組む場、コミュニティカフェ。最近は、2017年度までに全国で実現される「新しい総合事業」(介護予防・生活支援サービス事業)により、介護の現場でも注目されています。
 WAC主催の第2期コミュニティカフェ開設講座(東京)は、2016年1月24日(日)〜3月6日(日)の全5回で、カフェ運営者3人と税理士1人により、現場での座学・ワークショップ、見学・体験、事業計画書作成などを行います。今回はケアラーズカフェや認知症カフェも含むコミュニティカフェを開きたい人・団体を対象とし、誰もが参加できる「ユニバーサルカフェ」を目指す人を歓迎します。
 講座の内容や受講申込方法など詳細は、下記をご覧ください。
2015年度第2期コミュニティカフェ開設講座チラシ.pdf

■コミュニティカフェ開設講座
●日程と内容(一部変更となる場合もあります)
◎第1回:2016年1月24日()9:45〜14:15
◇自己紹介
・参加者の現状と取り組み内容、参加動機と目的
◇コミュニティカフェとは?
・全国や神奈川県内の事例紹介
・コミュニティカフェ「メサ・グランデ」と「遊友ひろば」の事例紹介
・食を通じた交流の場づくりと飲食店経営の基礎

(先輩受講生が作ってくださった料理で昼食)
・先輩受講生の起業に向けた活動紹介

※講座終了後、希望者のみで川崎市内のカフェ見学(予定)

◎第2回:1月30日()9:45〜13:00
◇コミュニティカフェの経営
・成功するための「経営」に必要なもの
・失敗しない収支・資金計画とは
・カフェを続けていくためのマーケティングとは

◎第3回:2月13日()10:00〜16:00
◇「元気スタンド・ぷリズム」見学と紹介(講義は幸手団地内集会所使用)
・コミュニティカフェだけでなく、総菜店「元気スタンド・ぷライス」などのコミュニティモールとしての取り組み
◇元気スタンド・ぷリズムの創業から店舗運営まで
・資金調達、資格、許認可、内装工事、必要経費などについて
・なんでも質疑応答

(元気スタンド・ぷライスの弁当で昼食)
◇コミュニティカフェ開設講座での事業計画の進め方
・地域課題を把握し理想に向かい、地域資源を活用してコミュニティカフェを通じて思いを伝える
◇ワークショップ
・地域の課題を上げてみよう
・他の参加者の課題を聞いて視野を広げよう


◎第4回:2月21日()13:15〜16:00
◇認知症カフェ研究
・認知症の症状と対応
・地域包括ケアと認知症カフェ
・認知症カフェの「Dカフェ」の仕組みと内容、展開戦略、広報・啓発事業
・なんでも質疑応答
※前日までに希望するDカフェを1カ所見学。

◎第5回:3月6日()9:45〜13:00
◇各自の事業計画の発表(個人、もしくはチームで)
・参加者全員参加で感想を伝えよう
・なんでも相談と意見交換
※講座終了後、交流会(希望者のみ)

●会場(第3回を除き、駐車場はありませんので、公共交通機関の利用をお願いします)
◎第1回:コミュニティカフェ「メサ・グランデ」(川崎市中原区新城5-2-13 プリマSK武蔵新城1階)
http://mesa-grande.blogspot.jp/p/jr.html

◎第2回・第5回:公益社団法人長寿社会文化協会(WAC)研修室
(東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館1階)
http://www.wac.or.jp/access.html

◎第3回:元気スタンド・ぷリズム、幸手団地集会所
(埼玉県幸手市栄3-2-105)
http://homepage3.nifty.com/gs-purism/map.htm


◎第4回:Dカフェ・ラミヨ
(東京都目黒区五本木1-5-11)
http://d-cafe.kazekusa.jp/

●講師
◎第1回:田代美香さん

田代893807_376433322471222_1709402736_o.jpg

 NPO法人「ぐらす・かわさき」理事・事務局長。ぐらす・かわさきの「遊友ひろば」の立ち上げスタッフとして参画したのち、「たちばなブランド創出推進事業」で、川崎の農業資源、農の環境の素晴らしさを活かしたコミュニティビジネスを模索。2011年、食と農を通じた地域コミュニティづくり、誰もが暮しやすい地域社会づくりを目指し、コミュニティカフェ「メサ・グランデ」開店。 食べ物、農業、環境のことを考えながら、昼は八百屋、ランチ・カフェ営業。 夜間や土日祝日はイベントや日替わりシェフによる営業もしている。コミュニティビジネス起業相談や講座も実施。

◎第2回・第5回:堀内龍文さん

horiuchi1.JPG

 税理士。堀内会計事務所代表。専門の「オーナー税務」を企業経営者や資産家に提供する傍ら、コミュニティカフェ講座などの講師を通じて、自分で何かを始めようという「起業・独立」を志望する方々を応援。受講生のやりたいことややらなければならないことが実現でき、失敗せず、継続していけるように、経営のノウハウを事例を通して伝授している。

◎第3回・第5回:小泉圭司さん

小泉resize10624796_697978723619097_7951338080120985412_n.jpg

 「住み慣れた地域で健康的に暮らせる環境づくり」による押し付けない介護予防をコンセプトとした、コミュニティカフェ「元気スタンド・ぷリズム」を中心に、惣菜店「元気スタンド・ぷライス」や暮らしの保健室、地域支え合い事業「幸せ手伝い隊」、レンタルセニアカーなどの事業を展開している。
http://homepage3.nifty.com/gs-purism/

◎第4回:竹内弘道さん

竹内13.5.4.JPG

 目黒認知症家族会たけのこ世話人、NPO法人「Dカフェネットまちづくりネットワーク」代表。ふたり暮らしの母親が認知症になり、12年間自宅で介護、97歳の母親を見送る。介護の最中に出会った家族会の世話人となる。また、東京都目黒区の自宅の2階を地域に開放し、月に2回、認知症カフェ「Dカフェ・ラミヨ」を開催。認知症専門医との勉強会など、多彩な内容で注目を集める。2014年7月からは2か所目のDカフェ、「Dカフェ・ニコス」をデイサービスの休館日利用として開催。現在、目黒区内に7カ所のDカフェを展開している。

浅川澄一

浅川澄一.JPG

 福祉ジャーナリスト、元日本経済新聞編集委員、長寿社会文化協会(WAC)常務理事。大学卒業後、日本経済新聞に入社し、小売業、ファッション、サービス、福祉などを担当。1987年に月刊「日経トレンディ」を創刊し、初代編集長。流通経済部長、マルチメディア局編成部長などを経て編集委員。2011年からはWAC常務理事を務め、コミュニティカフェの普及に力を入れている。

●受講資格
・コミュニティカフェの運営や開設に興味がある方、空きスペースをお持ちで地域で生かしたい方。とりあえず、コミュニティカフェについて学びたい方も含む。
・5回すべてかほとんどを受講できる方(グループで交代の出席も可)

●定員20名、先着順

●受講料(全5回分、資料代込み):10,000円
 第1回の日にお支払いいただきます。途中で欠席されても、返金しません。
 このほか、交通費、カフェでの飲食代、交流会参加費は各自負担。
 
●受講申し込み(なるべく@の方法でお願いします)
@下記フォームを入力して送信
https://goo.gl/8Nt3k6
フォーム入力直後の自動返信は行いません。後日、受講についてお知らせします。

A下記項目をメールまたはFAXでお知らせください(@が不可能な方のみ)。
 E-mail:com-cafe@wac.or.jp  FAX:03-5405-1502
・お名前(ふりがな):
・お名前(漢字):
・所属・職業等:
・年齢:
・メールアドレス(パソコンかスマホのアドレス。パソコンからのメールも受信できれば、ガラケーのアドレスも可)
・TEL(なるべく携帯電話)
・郵便番号
・住所
・やむを得ず欠席する日があれば、その日にち
・この講座を知った経緯
・作文「受講動機や開きたいコミュニティカフェ、自己紹介等」(自由記述。参考までにお聞かせください。書かなくても結構です)。200〜400字程度

●問い合わせ先
 公益社団法人長寿社会文化協会
 全国コミュニティカフェ・ネットワーク事務局
 TEL:03-5405-1501 FAX:03-5405-1502
 E-mail:com-cafe@wac.or.jp

※お預かりした個人情報は、講座や研究会等の案内、コミュニティカフェ情報の送付にのみ使用します。
posted by こんぶ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

3月12日(土)、東京・国分寺で「全国喫茶コーナー交流会」開催

 公共施設や社会福祉法人の施設などの中にあり、障害者も健常者もともに働く「喫茶コーナー」の全国的な交流会が3月12日(土)、東京都国分寺市で開催されます。内容や参加申し込み方法等の詳細は下記画像やpdfをご覧ください。
第28回全国喫茶コーナー交流会案内.pdf

【午前のプログラム】10:20〜
■主催者あいさつ
■歓迎のエレクトーン演奏  
 雲越正夫さん(国分寺市在住)
■基調講演
   「誰もが暮らしやすい地域に」 
  講師 熊田芳江 NPO法人こころん施設長(福島県泉崎村)


【午後のプログラム 4つの分科会】13:10〜
@農福連携、そして喫茶
 コラボレーションすると広がる世界
A話し合おう お店の自慢とお店の相談
 三人寄れば文殊の知恵、事例報告と話し合い
B本人部会「接客のための身だしなみ講座」
 専門家から学ぶ、今日から役立つ身だしなみ!

C都公連分科会 障害者青年学級の今日的課題
 学級生の「卒業」やスタッフの学びの課題を中心に
まとめ 16:00〜

■場所:国際文化理容美容専門学校国分寺校(東京都国分寺市南町3-22-14)
■参加費:1,500円(資料代込み、障害者手帳所持者は1,000円)
■申込締切:2月12日(金)
■共催:全国喫茶コーナー交流会実行委員会、国分寺障害者団体連絡協議会
■後援:国分寺市
■協力:国際文化理容美容専門

■問合せ先・申込先
 〒206-0801
 東京都稲城市大丸139-4-808
 兼松忠雄
 TEL/Fax:0423-77-2213
 E-mail:kane_2931@yahoo.co.jp

■Facebookページ
https://www.facebook.com/zenkokukissa/

第28回全国喫茶コーナー交流会案内_01.jpg
posted by こんぶ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2016年01月08日

静岡県と県社協が、1月27日(磐田)と2月16日(牧之原)に草の根セミナー開催

 静岡県では、年齢や障害の有無にかかわらず、制度や窓口の垣根を越えて、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる「ふじのくに型福祉サービス」を進めています。今回、県外で先駆的に取り組んでいる現場の事例を紹介するとともに、県内で同サービスの立ち上げを計画している団体から事業内容のプレゼンテーション(発表)を、@磐田とA牧之原で行います。各セミナーの概要は下記の通り。

@磐田
◎日時:2016年1月27日(水)13:30〜15:30
◎会場:ワークピア磐田・多目的ホール
http://workpia.birukan.jp/access.php
◎内容:
講演「社会福祉法人が実践するこどもの居場所〜多古新町ハウス寺子屋の実践を通じて〜」
・講師:飯田 大輔 氏(株式会社恋する豚研究所 代表取締役、社会福祉法人福祉楽団 常務理事)
プレゼンテーション発表会・意見交換会:
・社会福祉法人八生会 (磐田市下野部、加茂)
・特別養護老人ホーム梅香の里
・ケアハウスゆやの里
◎申し込み方法等掲載ページ(締め切り:1月20日)
http://www.shizuoka-wel.jp/news/2015/12/27-19.php
http://www.shizuoka-wel.jp/news/docs/kusa.pdf

kusa_01.jpg


A牧之原
◎日時:2016年2月16日(火)13:30〜15:30
◎会場:総合健康福祉センター
http://www.city.makinohara.shizuoka.jp/bg/map/ent/3123.html
◎内容:
講演「富山型デイサービス NPO法人ふらっとの実践」
・講師:宮袋 季美 氏(NPO法人ふらっと 代表理事)
・プレゼンテーション発表会・意見交換会:憩いの家 みち
◎申し込み方法等掲載ページ(締め切り:2月10日)
http://www.shizuoka-wel.jp/news/2016/01/in-1.php
http://www.shizuoka-wel.jp/news/docs/makinohara.pdf

makinohara_01.jpg


 いずれも費用は無料。問い合わせ・申し込み先は静岡県社会福祉協議会 地域福祉課(TEL:054-254-5224)
posted by こんぶ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報