CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年11月28日

12月7日〜2月8日のコミュニティカフェ開設講座(東京・全5回)の受講生募集中!

受講申し込みは12月4日(木)15時をもって締め切らせていただきました。

 地域の人が集まって、高齢者、障害者や子育ての支援、まちづくりなどに取り組む場、コミュニティカフェ。最近は、2017年度までに全国で実現される「新しい総合事業」(介護予防・生活支援サービス事業)により、介護の現場でも注目されています。
 今年度の東京のコミュニティカフェ開設講座は、12月7日(日)〜2月8日(日)の全5回で、コミュニティカフェ運営者2人と税理士1人により、座学・ワークショップ、現場見学・体験、事業計画書作成などを行います。
 講座の内容や受講申込方法など詳細は、下記をご覧ください。

コミュニティカフェ開設講座(東京)
●日程と内容
第1回:2014年12月7日(日)
◇自己紹介  
・参加者の現状と取り組み内容、参加動機と目的
◇コミュニティカフェ開設講座での事業計画の進め方
・地域課題を把握し理想に向かい、地域資源を活用してコミュニティカフェを通じて思いを伝える、生活支援・介護予防サービスとしてのコミュニティカフェ
◇ワークショップ
・地域の課題を上げてみよう
・他の参加者の課題を聞いて視野を広げよう

第2回:12月20日(土)
◇元気スタンド・ぷリズム見学と紹介(講義は幸手団地内集会所使用)
・コミュニティカフェだけでなく、コミュニティモールとしての取り組み
◇元気スタンド・ぷリズムの創業から店舗運営まで
・資金調達、資格、許認可、内装工事、必要経費などについて
・なんでも質疑応答
◇ワークショップ
・前回の地域課題を踏まえ、どんな地域にしたいのか理想を語ろう
・他の参加者の理想を聞いて視野を広げよう

第3回:2015年1月10日(土)
◇ヘルシーカフェのらの見学と紹介
・ヘルシーカフェのらについて設立のきっかけ、広場の運営
・スタッフ、建物オーナーとのなんでも質疑応答
◇ワークショップ
・前回の理想を実現するため、コミュニティカフェでどんな商品、サービス、イベントを提供するのか?
※終了後に、ヘルシーカフェのらにて懇親会予定

第4回:1月24日(土)
◇コミュニティカフェの経営
・成功するための「経営」に必要なもの
・失敗しない収支・資金計画とは
・カフェを続けていくためのマーケティングとは

第5回:2月8日(日)
◇各自の事業計画の発表(個人、もしくはチームで)
◇参加者全員参加で感想を伝えよう
◇コミュニティカフェ開設講座受講終了証授与

※時間は各回とも10:00〜16:00(終了予定)。第2回、第3回は時間が変更になる場合があります。

●会場(全会場とも駐車場はありませんので、公共交通機関のご利用をお願いします)
第1、4、5回:公益社団法人長寿社会文化協会(WAC)研修室
(東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館1階)
http://www.wac.or.jp/access.html

第2回:元気スタンド・ぷリズム
(埼玉県幸手市栄3-2-105)
http://homepage3.nifty.com/gs-purism/map.htm

第3回:ヘルシーカフェのら
(さいたま市南区鹿手袋7-3-2)
http://healthy-cafe-nora.jimdo.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9-1/

●講師
●第1回・第2回・第5回:小泉圭司さん

10624796_697978723619097_7951338080120985412_n.jpg

 「住み慣れた地域で健康的に暮らせる環境づくり」による押し付けない介護予防をコンセプトとした、コミュニティカフェ「元気スタンド・ぷリズム」を中心に、惣菜店「元気スタンド・ぷライス」や暮らしの保健室、地域支え合い事業「幸せ手伝い隊」、レンタルセニアカーなどの事業を展開している。
http://homepage3.nifty.com/gs-purism/

●第3回・第5回:新井純子さん

新井純子さん.jpg

 転勤族(海外を含む)の妻として子育てする孤独さから、自分自身の生き方を模索し、学びの場を求め始める。1998年、大宮市(当時)で女性の自主学習グループ「あれあれあ」を結成。女性の自立や家族関係などをテーマとするワークショップを埼玉県内で展開。そこで女性たちの力を知る。住んでうれしいまち、誰もが主役で、助けたり助けられたりの地域づくりを目指し、2009年からさいたま市南区で「ヘルシーカフェのら」を運営。
http://healthy-cafe-nora.jimdo.com/

●第4回・第5回:堀内龍文さん

horiuchi1.JPG

 税理士。堀内会計事務所代表。専門の「オーナー税務」を企業経営者や資産家に提供する傍ら、コミュニティカフェ講座などの講師を通じて、自分で何かを始めようという「起業・独立」を志望する方々を応援。受講生のやりたいことややらなければならないことが実現でき、失敗せず、継続していけるように、経営のノウハウを事例を通して伝授している。

●受講資格
・コミュニティカフェの運営や開設に興味がある方、空きスペースをお持ちで地域で生かしたい方。とりあえず、コミュニティカフェについて学びたい方も含む。
・5回すべてかほとんどを受講できる方

●定員20名

●受講料(全5回分):3,000円
 第1回の日にお支払いいただきます。途中で欠席されても、返金しません。
 
●受講申し込み(なるべく@の方法でお願いします)
@下記フォームを入力して送信
http://goo.gl/1np5hY

A下記項目をメールまたはFAXでお知らせください(@が不可能な方のみ)。
 E-mail:com-cafe@wac.or.jp  FAX:03-5405-1502
・お名前(ふりがな):
・お名前(漢字):
・所属・職業等:
・年齢:
・メールアドレス(なるべくパソコンかスマホのアドレス。ない方はガラケーのアドレス):
・TEL(なるべく携帯電話)
・郵便番号
・住所
・やむを得ず欠席する日があれば、その日にち
・作文「受講動機や開きたいコミュニティカフェ、自己紹介等」(自由記述。応募者多数の場合は、参考にさせていただきます)。200〜400字程度

●問い合わせ先
 公益社団法人長寿社会文化協会
 全国コミュニティカフェ・ネットワーク事務局
 TEL:03-5405-1501 FAX:03-5405-1502
 E-mail:com-cafe@wac.or.jp

※お預かりした個人情報は、講座や研究会等の案内、コミュニティカフェ情報の送付にのみ使用します。

txt_J_HP.gif
posted by こんぶ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | WAM助成

2014年11月27日

11月26日〜1月31日のコミュニティカフェ開設講座(仙台×登米・全5回)の受講生を募集中!

12月6日〜1月31日の第1回〜第4回の本講座の受講申込受付中(見学中心の第1回のみの受講も受付中!!)

 地域の人が集まって、高齢者、障害者や子育ての支援、まちづくりなどに取り組む場、コミュニティカフェ。最近では、2017 年度までに全国で実現される「新しい総合事業」(介護予防・生活支援サービス事業)により、介護の現場でも注目されています。
 今回、NPO法人とめタウンネット(事務局:コンテナおおあみ)では、仙台市「うれしや(まちづくり、女性支援、子育て支援)や登米市「カフェスペースつむぎ(女性支援、被災地支援、まちづくり)」などを事例として、身近にできる「コミュニティカフェ」開設の連続講座を開催いたします。
 講座の内容や参加・受講申込方法など詳細は、下記をご覧ください。

●チラシ・データ
2014仙台登米コミカフェ講座チラシ2.pdf

●日程・内容・講師(予定)
◆プレセミナー・この回のみの参加費無料
【11月26日(水)18:30〜21:30】
@仙台(うれしや)
仙台市若林区新寺3-12-32
http://ureshiya.da-te.jp/c22392.html
 ・コミュニティカフェってなんだろう?〜地域の課題、強みを活かす場づくり〜
〈講師〉
新川達郎氏(同志社大学 大学院総合政策科学研究科教授・政策学部教授、まちづくり政策フォーラム 理事)コミュニティカフェ概論
足立千佳子(とめタウンネット)グループワークショップ

◆第1回=登米・南三陸等、県北地域にお住まいの方で、この回のみ参加ご希望の方はご相談ください。
【12月6日(土)10:00〜17:00】※仙台から貸し切りバスで移動します。
@登米(カフェスペースつむぎ、コンテナおおあみ、心家)
登米市迫町佐沼字大網218-1
http://tometown.net/access.html
・カフェ開業の事業計画書づくり
・コミュニティカフェ事例研究
〈講師〉
清野浩司氏(清野経営事務所代表、中小企業診断士)
とめタウンネット(及川幾雄、松原忠史、足立千佳子)

◆第2回
【12月14日(日)10:00〜17:00】
@仙台(うれしや)
・コミュニティカフェ・コンテンツ研究〜うれしやの事例を通して

◆第3回
【1月10日(土)9:00〜17:00】
@仙台(うれしや)
・コミュニティカフェ・模擬実習〜お客様を入れて、チームごとにワンデイカフェを営業〜
〈講師〉
足立千佳子(とめタウンネット)

◆第4回
【1月31日(土)13:00〜18:00】
@仙台(うれしや)
・場力を活かすビジネスへ
〈講師〉
松尾公輝氏(株式会社乾杯・KANPAI 代表取締役)
清野浩司氏(清野経営事務所代表、中小企業診断士)

●受講資格
・コミュニティカフェの運営や開設に興味がある方、空きスペースをお持ちで地域で生かしたい方。とりあえず、コミュニティカフェについて学びたい方も含む。
・5回(プレセミナー含む)すべてかほとんどを受講できる方

●定員15名

●受講料(全5回分):3,000円
 プレセミナーか、第1回の日にお支払いいただきます。途中で欠席されても、返金しません。
 
●受講申し込み方法
 メールで、
・お名前
・お住まいの住所
・携帯電話
・メールアドレス
をお知らせください。
 上記方法ができない方のみFAXでのお申し込みを承ります。

●受講申し込み・お問い合わせ先
 NPO法人とめタウンネット(事務局:コンテナおおあみ)
 TEL:0220-44-4210
 FAX:0220-44-4202
 E-mail:info@sazahoza.kontena.jp

※お預かりした個人情報は、講座や研究会等の案内、コミュニティカフェ情報の送付にのみ使用します。
2014仙台登米コミカフェ講座チラシ2_01.jpg

txt_J_HP.gif
posted by こんぶ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | WAM助成

2014年11月26日

河北新報に仙台×登米講座の告知記事掲載

 宮城県を中心とする東北のブロック紙、河北新報は11月21日(金)付の紙面で、NPO法人とめタウンネットが長寿社会文化協会(WAC)と連携して26日(水)から開く「コミュニティカフェ開設講座」の告知記事を掲載しました。記事は下記をご覧ください。
 なお、受講申し込みは現在も行っていますので、希望者は記事に記載の番号にご連絡ください。

●記事pdf
20141121kahoku.pdf
20141121kahoku_01.jpg

●関連記事
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/534
txt_J_HP.gif

posted by こんぶ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | WAM助成

2014年11月18日

12月13〜14日、東京でコミカフェ主宰者も出席して全国ケアワーカー集会

 日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会は「はたらくことは、人を命につなぐこと〜社会的孤立と排除を超えて、誰もが居場所と役割を持てる『ともに生きる』地域をつくる〜」をテーマに、「全国ケアワーカー集会2014」を開きます。NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン(東京都新宿区)の牧野史子理事長、社会福祉法人浦河べてるの家(北海道浦河町)の向谷地生良(むかいやち いくよし)理事、NPO法人くらし協同館なかよし(茨城県ひたちなか市)の塚越教子理事長らコミュニティカフェ主宰者も出席して、2015年4月から始まる生活困窮者自立支援制度、介護保険制度改正、子ども子育て支援制度を、ケアワーカーや市民がどう「まちづくり」に活かすかが話し合われます。

 内容の詳細や参加申し込み方法は、下記および画像をご覧ください。
http://www.roukyou.gr.jp/index.php?itemid=657
http://www.roukyou.gr.jp/media/1/careworker2014.pdf (チラシpdf)

careworker2014_01.jpg

careworker2014_02.jpg

posted by こんぶ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

12月6(土)〜7日(日)、京都で「コミュニティカフェデザイン」講座開催

 NPO法人つながるKYOTOプロジェクトからのお知らせです。

 「地域にどんなコミュニティカフェがあるとよいか、デザインする」ことを目標に、「気軽にコミュニティカフェデザイン」講座を開催します。2日間で見学、アイデア出し、プロトタイプ作成までを行います。講師は、当NPOの理事やまちの学び舎ハルハウス(京都市北区紫野十二坊町16-16)
http://www.kunihouse.jp/
主宰の丹羽國子さんがを務めます。

●日程:2014年12月6日(土)〜7(日)10:30〜17:30
●場所:風伝館 1階 コミュニティスペース(京都市上京区大門町253)
http://fudenkan.jp/
●内容
12月6日(土)
・コミュニティカフェイメージ作り
・コミュニティカフェアイデア出し
・グループワーク
・コミュニティカフェ見学(フィールドワーク)
12月7日(日)
・コミュニティカフェ見学の発表
・コミュニティカフェのプロトタイプ作成
・参加者同士での発表(実演風芝居)


●参加費:1,000円

●参加申し込み:
 お名前、連絡先(電話番号)を下記連絡先まで、メールかFAXで12月3日(水)までお知らせください。先着15人に達し次第、締め切らせていただきます。

●問い合わせ・連絡先
 NPO法人 つながるKYOTOプロジェクト
 住所:京都市上京区革堂内町522番地
 E-mail:machi.ibasyo@gmail.com
 TEL:050-3593-6615
 FAX:075-451-8566

●講座チラシ
20141206気軽にコミュニティカフェデザインチラシ.pdf
●講座Facebookページ
 https://www.facebook.com/events/814079501982091/
20141206気軽にコミュニティカフェデザインチラシ_01.jpg
posted by こんぶ at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2014年11月11日

11月22日(土)、福島県新地町で金沢観光創造会議の加茂谷さんがコミュニティカフェについて講演

 生活クラブふくしま生活協同組合からのお知らせです。

 東日本大震災以降、「地域のきずな」「人とのつながり」の重要性が改めて見直されています。被災地のひとつである福島県相馬郡新地町では、コミュニティづくりや高齢者対策の一環として、5つの仮設住宅で「青空市」を毎月実施してきました(2014年6月まで)。新地町では現在、仮設住宅を離れ、高齢者住宅や復興住宅へ移り住む人が多くなり、被災前から歴史的に培ってきたコミュニティや人と人との関係性をそのままを維持するのは難しい状況となってきています。

 生活クラブふくしま生活共同組合では、新地町地区で引き続き地縁を維持していくためのヒントとして「コミュニティカフェ」の存在に注目しました。生活クラブふくしまと連動したコミュニティカフェ(地域カフェ、たまり場)の存在は、地域のつながりを維持するだけでなく、新しいコミュニティの場や仕事の創出、生きがいの発見などにもつながります。

 11月22日、「コミュニティカフェ」について学ぶ機会として、全国の事例を取材し、自らもコミュニティカフェの開設支援に尽力する講師を招き、お話を伺います。「コミュニティカフェについて、はじめの一歩から知りたい」という方はこの機会にぜひご参加ください。

日程:2014年11月22日(土)13〜16時
会場:新地町・駒ヶ嶺公民館(福島県相馬郡新地町駒ヶ嶺字新町11)
講師:加茂谷慎治さん(総務省 地域力創造アドバイザー、金沢観光創造会議 代表理事)
主な内容(予定):
▽コミュニティカフェって何だろう
▽地域の居場所に求められるもの
▽事業としてのコミュニティカフェ
▽各地のコミュニティカフェの様子」
▽社会とのつながりのために
▽コミュニティカフェで社会を変える
参加費:無料
参加申し込み:080-3307-4130(9〜20時対応)または satou.shien.s-club.coop@hotmail.co.jp まで(担当:佐藤慶介)。
申し込み期限:11月20日(木)。定員(30人)に達しない場合のみ、当日の飛び入り参加もできますが、なるべく事前に申し込みください。
主催:生活クラブふくしま生活協同組合

●生活クラブふくしま生活協同組合の案内ページ
http://fukushimaseikyo2.blog35.fc2.com/blog-entry-211.html
●地域(まち)の縁側 com-cafeの案内ページ
http://com-cafe.h2o-d.jp/
posted by こんぶ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2014年11月04日

東京・板橋の「コミュニティスペースフォーラム」を詳報

 8月30日(土)、東京都板橋区の高島平区民館ホールで開かれた「第1回コミュニティスペースフォーラム コミュニティカフェは、いま」。
 コミュニティネットワーク協会が発行する情報誌『つながる・ひろがる! 100年コミュニティ』2014年11・12月号は『地域の支えあい、みんなの居場所づくり』と題して、フォーラムの様子をA4、3ページ分で紹介しました。メサ・グランデ(川崎)や「まちの縁側GOGO!」(名古屋)、「どんぐりの木」「Zenrin Cafe」(いずれも金沢)など各地のコミュニティカフェについても触れています。
 記事は、下記をご覧ください。
100年コミュニティ201411.pdf

●「第1回コミュニティスペースフォーラム コミュニティカフェは、いま」告知記事
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/502

100年コミュニティ201411_01.jpg

記事の最初のページ
posted by こんぶ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連記事・番組

読売が千葉県柏市の「みちくさ亭」を紹介

 読売新聞は11月2日付の千葉版で、柏市の「ケアラーズカフェ&いきぬき処 みちくさ亭」を取り上げました。
 「介護する人たち(ケアラーズ)が地域から孤立せず、息抜きや相談ができる場を」と、運営者の布川佐登美さんが1年前に開いたきっかけや、集っている人の声を紹介しています。ケアラーズの支援活動を行っているNPO法人「介護者サポートネットワークセンター・アラジン」の牧野史子理事長も談話を寄せています。
 記事は、下記および画像をご覧ください。

●読売新聞の医療サイト yomiDr.
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=107670

●ケアラーズカフェ&いきぬき処 みちくさ亭
http://michikusa-net.com/
https://www.facebook.com/michikusatei

20141102yomiuri_chiba.jpg
posted by こんぶ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連記事・番組