CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年03月27日

3月25日(日)〜4月1日(日)、じねん屋吉水・鍋横で「ひょうたんとリズム展」開催

 公益社団法人長寿社会文化協会(WAC)は、財団法人首都圏不燃建築公社が東京都中野区本町4丁目に建設した、高齢者と子育て世帯向け賃貸マンション「ウエルカーサ新中野」にある1階多目的スペース(コミュニティカフェ)の運営を受託しています。そのスペース「じねん屋吉水・鍋横」で、下記イベントを開催します。

 じねん(自然に発生する)というコンセプトのもとにひょうたんによるアートワークや自分のリズム探しなどのリズムワークショップを行ってきた佐藤典昭氏が「ひょうたんとリズム展」を開きます。ひょうたんは50個以上展示し、ひょうたんから加工した笛やマラカス、カリンバを各500円で販売します。また、来場者の求めに応じて、スピーカーやライトなどに加工します。太鼓も加えて来場者とともにセッションし、コミュニケーションを図ります。
■日時:3月25日(日)〜4月1日(日)の12〜18時
      31日(土)18〜20時にリズムセッション・パーティ
■じねん屋吉水・鍋横
 東京都中野区本町4-36-5 ウエルカーサ新中野1階
■問い合わせ先
 TEL:090-7006-2113(佐藤さん)

 詳細は、下記pdfをご覧ください。
佐藤さん ひょうたんとリズム展 チラシ.pdf

4月から「鍋屋横丁俳句塾」開講

 東京都中野区本町4丁目にある「じねん屋吉水・鍋横」では4月〜7月の第2火曜の13〜15時、「山河俳句会」同人、現代俳句協会会員の高野公一氏を講師に迎えて、俳句塾を開きます。会費は各回1,200円(4回一括払い4,000円)。申し込み・問い合わせは、TEL:090-8455-5877、FAX:0422-56-9235(お名前、ご住所、電話番号を明記)まで。
 詳細は、下記の添付ファイルをご覧ください。
haiku.pdf

2012年03月12日

3月26日(月)、「まちの交流拠点としてのコミュニティカフェ」研究会開催

テーマ:まちの交流拠点としてのコミュニティカフェ
講師:塚越 ヘ子 氏(NPO法人くらし協同館なかよし 理事長)
   鈴木 智香子 氏(街カフェ大倉山ミエル 店主)

 第24回コミュニティカフェ研究会は、カフェに物販や講座・セミナー、子育て支援、支えあい活動をからめて、人と情報が交差する拠点づくりに成功している2つのカフェの代表を招いて開催します。

 茨城県ひたちなか市の「くらし協同館なかよし」は、経営の悪化から閉店した生協店舗跡で、地場野菜や手作り惣菜の販売から、喫茶コーナー、講座の開催、子育て支援、レンタルボックス等と活動の幅を広げました。公的支援を受けず、主婦だからという甘えを捨てて、自主的に店舗を運営。毎日約300人、年間で延べ9万人が出入りしています。
http://www.npo-nakayoshi.org/

 横浜市港北区の「街カフェ大倉山ミエル」は、カフェにボックスショップ、はちみつ関連製品の販売、セミナーやイベントの開催と幅広く活動しているほか、地域の女性達が大倉山周辺の情報を発信し、つながっていこうとしています。一級建築士の鈴木店主が「横浜市まちづくりコーディネーター」に登録されており、ミエルは横浜建設業協会と大倉山商店街振興組合などによるヨコハマ商建連携事業のプロジェクトでもあります。
http://cafemiel.jimdo.com/
http://cafemiel888.blog33.fc2.com/
http://ja-jp.facebook.com/cafeMIELokurayama

●日時:2012年3月26日(月)18:30〜20:30
●場所:日本女子会館5階 大会議室
 東京都港区芝公園2-6-8(1階にWAC、メルパルクホテル向かい)
 http://www.wac.or.jp/access.html
●参加費:一般1,000円、WAC会員は900円。当日お支払いください。
●懇親会会費:3,000円
●参加申し込み(メールやFAXなどの方法は、フォームの下をご覧ください。
@フォーム入力


Aメール(@が不可能な方)
 お名前、所属、WAC会員か否か、TEL、E-mail、懇親会参加の可否を com-cafe@wac.or.jp までお送りください。
BFAX(@Aが不可能な方)
 お名前、所属、WAC会員か否か、TEL、懇親会参加の可否を、03-5405-1502までFAXしてください。
C電話(@ABとも不可能な方。間違いを防ぐため、なるべく@〜Bの方法でお願いします)
 お名前、所属、WAC会員か否か、TEL、懇親会参加の可否を、03-5405-1501まで伝えてください。

●問い合わせ先:WACコミュニティカフェ事業事務局
TEL:03-5405-1501  E-mail:com-cafe@wac.or.jp
posted by こんぶ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2012年03月10日

3月24日(日)、東京・神楽坂でコミカフェ関連フォーラム

 新宿NPOネットワーク協議会は、第6回新宿区NPO協働フォーラム〜地域・NPOとの協働による「新宿力」で創成する新たなまちづくり〜を開催します。詳細は下記の通りですが、午後はコミュニティカフェ関連の内容です。

日時:3月24日(土)10:00〜16:15
場所:牛込箪笥地域センター(東京都新宿区箪笥町15番地)5階コンドル
http://www2.odn.ne.jp/~hak34780/access.html
参加費:無料
定員:100名
※予約不要


午前の部(10:00〜12:15) 
【平成23年度協働事業提案実施団体による事業報告】
※中途失聴・難者リハビテーション事業:東京都中途失聴・難者協会
※神楽坂の地域資産を登録文化財として表彰・保全する事業:粋なまちづくり倶楽部
※乳幼児文化体験事業:あそびと文化のNPO 新宿子ども劇場
※家庭訪問型子育てボランティア推進事業:社会福祉法人二葉保育
※赤ちゃん木育広場:日本グッド・トイ委員会

午後の部(13:30〜16:15) 
【まちの“サロン”から考える地域づくり】
〜日常のつながりがつくりだす支えあう地域社会〜
※基調講演『市民が切り開く、地域の居場所が生み出す可能性』:坂倉杏介氏
※事例報告
『さんさん広場』Joy study project
『百人町アパート ほっと安心カフェ』『東松島市 パラソル喫茶』:NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジン
『神楽坂坂上サロン』:赤城元町町会・新宿NPOネットワーク協議会
※サロン活動支援について:新宿区社会福祉協議会
※パネルディスカッション

●問い合わせ先
 新宿NPOネットワーク協議会
 NPO活動情報コーナー 事務局
 TEL: 03-5273-4329(月〜金11〜15時)
 E-mail:hiroba@s-nponet.net
posted by こんぶ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2012年03月09日

3月12日(月)付の読売新聞にも取材協力

 事務局では、読売新聞東京本社生活情報部の田中左千夫記者の電話取材に応じ、コミュニティカフェについての定義やWACで把握している軒数などについてこたえました。
 東日本大震災の被災地で、住民向けのカフェが相次いで開設され、地域の貴重な「憩いの場」になっているとして、被災3県での事例と河田珪子・コミュニティカフェ全国連絡会共同代表の談話とともに、3月12日付の東京・大阪・西部の全本社発行版の「くらし」面に掲載されました。
 記事(jpg、pdf)は下記をご覧ください。
20120312yomiuri.jpg
20120312yomiuri.pdf

posted by こんぶ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連記事・番組

3月12日(月)放送のNHK「大人ドリル」に素材提供

 解説委員が出演する毎月1回放送のバラエティー番組「大人ドリル」。次回のテーマは「今こそ見直せ!地域の力」。
 放送の中で数十秒という短い時間ですが、後藤千恵解説委員が「コミュニティカフェ、特に自宅を開放する自宅カフェなどが増えている」という話をします。事務局では、その発言の時に映されるコミュニティカフェの画像の提供に協力しました。2011年12月のコミュニティカフェ研究会でお呼びした東京都世田谷区の「きままなスイーツカフェ」と神奈川県大磯町の「こみゅにてー・パティオ海鈴」の写真です。
 放送は総合テレビで12日22:55〜23:25(再放送:14日午前2:30〜3:00)。

 以下、番組の紹介ページです。
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu/drill/index.html
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2012-03-12&ch=21&eid=2589
 震災を機に「地域での支え合い」への関心が全国で増加。だが住民参加を促す方法やリーダー育成法など、各地で壁に直面している。そこで、防災や社会福祉、地域産業などの豊富な取材経験を持つ3人の解説委員が、成功例や失敗例を紹介しながら打開策をズバリ提言!「戦力にならないオジサンの活用術」から「男女が親密になれば地域力はアップする」という珍論まで飛び出し、加藤浩次VS解説委員の議論は、いつも以上に脱線気味!?

●自宅カフェをテーマにした第22回コミュニティカフェ研究会の案内
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/284
posted by こんぶ at 18:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 関連記事・番組

2012年03月06日

ただいま、ブログの不具合の改善中です

 CANPANシステムの変更により、当ブログの一部において、不具合や見にくい点が生じています。ただいま改善の途中ですので、ご容赦ください。
posted by こんぶ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局からのお知らせ

3月14日(水)、富山市のCafe Gokkoが2号店オープン

 富山市が地産地消の拠点施設として設けた「地場もん屋総本店」(富山市総曲輪3-3-16 ウィズビル1階)の中に、Cafe Gokko(カフェ・ゴッコ)が2号店を出します。Gokkoでは、市内農家の野菜や果物を使った料理やジュースなどを提供しますレストラン

 以下は、広野美代子代表からのメッセージです。
 今度のお店は念願のまちなかにあり、さらにコミュニティカフェとして地域の「たまり場」や「居場所」になっていけばいいな〜と願っています!

1号店では、「ここにくれば笑顔になれる!」をモットーに
2号店では、「ここにくれば元気になれる!」として
いろんな方が集まる場作りをしていきます〜晴れ

 富山にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

●Cafe gokko(富山新聞の記事も掲載)
http://cafegokko.com/
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/157

●地場もん屋総本店
http://jibamonya.com/
posted by こんぶ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェ紹介

2012年03月05日

3月22日(木)〜26日(月)、かんじゅく座が東京・中野で公演

 昨年、全国シニア演劇大会で上演した新宿ノラ猫スクランブル物語「ねこら!」。60歳以上の熟年男女によるアマチュア劇団・かんじゅく座が、旗揚げ以来5年間、活動の拠点としてきた新宿を、いろいろな角度から描きます。
 高層ビル群と派手なネオンの裏側にある、友情、家族、恋、お金、病気、孤独・・・見慣れた新宿の街も、猫の目線でみてみると、また違った景色かもしれません。今回は一つの芝居を2組が競演します。
 公演スケジュールやチケットの予約など詳細は下記をご覧ください(24、25日の14時からは満員になりました)
http://kujira-enter.sakura.ne.jp/kanjukuza/

3月24日(土)、じねん屋吉水・鍋横で「ふるさとがえり」上映&交流会開催

 都市に出て行った人々と農村に残った人々の関係から、農村での生きることの意味や人間らしい生き方について問いかける、岐阜県恵那市を舞台にした見る人々に懐かしさと感動を呼び起こす映画「ふるさとがえり」を鑑賞します。
 終了後は、じねん屋吉水の身体に優しいお菓子や料理・お酒をいただきながら、鑑賞していただいた方々で食べて飲んで交流していただきます。昼と夜に開催しますので、どちらか都合のよい時間においで下さい。
 みなさんですばらしい感動と楽しいひと時をすごしましょう!

◆開催日時 3月24日(土) 
 @昼の会 13:00〜16:00
     (開場12:45、映画終了15:15、カフェ15:15〜)
 A夜の会 16:30〜21:00
     (開場16:15、映画終了18:45、飲食18:45〜)
◆場  所 「じねん屋吉水・鍋横」
      東京都中野区本町4-36-5 ウエルカーサ新中野1階
◆会  費
 昼の会 映画鑑賞代+菓子代+カフェ代 2000円
 夜の会 映画鑑賞代+食事代+酒・ジュース代 5500円
◆問合せ先
 電 話:070-6667-0277
 メール:terakoya.mura@gmail.com
 担 当:濱田<夢楽(mura)

◆共催:夢楽/じねん屋吉水

 詳細は下記pdfをご参照ください。
hurusatogaeri.pdf