CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年01月31日

2月18日(土)、身体にやさしい鍋料理教室

 じねん屋吉水・鍋横で、下記の行事を開きます。

命がよろこぶ調理教室
第1回 身体にやさしいお鍋料理
●日時:2012年2月18日(土)16:00〜21:00
●会場:じねん屋吉水 鍋横
    東京都中野区本町4-36-5 ウエルカーサ新中野1階
●参加費:3,000円(材料費込み)
●定員:20人
●お申し込み
 TEL:03-5640-4432
 FAX:03-5640-5619
●締め切り:2月14日(有機野菜等材料調達のため)
●講師:中川誼美氏(お宿吉水女将、じねん屋吉水代表)

 詳細は、pdfファイルをご覧ください。

2月18日(土)〜19日(日)、横浜で青少年の居場所づくり全国フォーラム

 2月11日のコミュニティカフェ全国連絡会・大交流会の講師をお願いしている久田邦明先生からのお知らせです。久田先生も、19日の分科会「子ども・若者支援と地域社会の再生」で助言者を務めます。

「青少年の居場所づくり」全国」フォーラム2012
子ども・若者の『現代的課題』を把握せよ!

■日時:2月18日(土)〜19日(日)
■定員:100人
■参加費:無料
■会場:横浜市青少年交流センター
■主催:日本都市青年会議
    公益財団法人よこはまユース

 プログラム、参加申し込みは、下記をご覧ください。
http://yokohama-youth.jp/koryu/2012/01/22/%e3%80%90%e5%8b%9f%e9%9b%86%e3%80%91%e3%80%8c%e9%9d%92%e5%b0%91%e5%b9%b4%e3%81%ae%e5%b1%85%e5%a0%b4%e6%89%80%e3%81%a5%e3%81%8f%e3%82%8a%e3%80%8d%e5%85%a8%e5%9b%bd%e3%80%8d%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc/
posted by こんぶ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

北陸中日新聞が富山市のY'sさくらカフェを掲載

 1月28日付の北陸中日新聞は社会面の連載「寄り合う―北陸の『町内会』研究」で、「居場所、つなげよう。まちのカフェ」と題して、富山市のY'sさくらカフェを紹介しました。
 取材に応じた主宰者の加藤愛理子さんは「縁側や銭湯、理髪店などまちなかの居場所がなくなり、地域での声掛けも少なくなった。本当は町内会など同じ地域の人たちで助け合えればいいと思う。でも活動が形骸化し、ふれあいが少なくなっているなら、場があって人がいるカフェが、新しいつながりの形になってもいい」などと話しています。

posted by こんぶ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マザーカフェ・富山

2012年01月25日

2月4日(土)、川崎・溝口でコミカフェ含むソーシャルビジネスフォーラム開催

 川崎市のコミュニティカフェ「ぐらす・かわさき」からのお知らせです。

 ぐらす・かわさきのほか、東京都小平市の「学園坂タウンキッチン」などコミュニティカフェ関係者も出席して下記のフォーラムが開催されます。

かわさきソーシャルビジネスフォーラム
NPOと企業が出会い、つながり、ともに未来を創る。
社会を変える新しいビジネスの可能性を見つけよう!

■テーマ:「震災後、見えてきた新しい働き方。様々な主体が連携して取り組むソーシャルビジネスを考える。」
■開催日時:2012年2月4日(土)13:30〜16:30(開場13:00)
■場所:高津市民館 大会議室(川崎市高津区溝口1-4-1 ノクティ2 12F)
■参加費:無料
■お問合せ・申込み:NPO法人 ぐらす・かわさき
 お名前、住所、連絡先、参加希望グループを記入して、E-mail、FAX、電話でお申し込みください。
TEL:044-922-4917 FAX:044-922-4919
E-mail:grasskawasaki@oregano.ocn.ne.jp
〒214-0014 川崎市多摩区登戸2258ハウス91

●詳細ホームページ
http://www.city.kawasaki.jp/event/info9824/file2.pdf
http://www.city.kawasaki.jp/event/info9824/index.html
●NPO法人ぐらす・かわさき
http://www.grassk.org/
posted by こんぶ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2012年01月23日

2月11日(土祝)、コミュニティカフェ全国連絡会・第3回大交流会開催

 コミュニティカフェとは、地域社会の中で「たまり場」や「居場所」になっているところの総称です。長寿社会文化協会(WAC)は、全国のコミュニティカフェの情報交流とゆるやかなネットワークづくりを進めてきました。年1回の大交流会には、コミュニティカフェを運営する人、これから始めたい人、利用者、自治体・社協関係者、研究者などが全国から大集合、大交流します。全国の仲間たちとあれこれ語り合いましょう。

●日時:2012年2月11日(土・祝)13:15〜(12:45より受付開始)
●会場:主婦会館・プラザエフ
      東京都千代田区六番町15番地(JR・東京メトロ四ツ谷駅前)
●参加費:講演・対談・交流会:1,000円 懇親会:3,000円(当日お支払いいただきます)
●プログラム:
13:15 開会、あいさつ
13:20 基調講演
     「地域の暮らしと小さなつながり」久田 邦明 氏
14:20 座談会
     久田 邦明 氏、河田 珪子 氏、坂倉 杏介 氏、桑原 三郎 氏
15:20 交流会
17:00 交流会終了
17:15 懇親会
19:15 懇親会終了

●講師と座談会出席者
久田 邦明(ひさだ くにあき)氏
office chadoh[茶堂事務所]主宰、評論家、神奈川大学講師
地域文化論、青少年教育論専攻。神奈川大学や東京学芸大学で生涯学習関連科目を担当。全国各地の青少年育成関係者に呼ばれて地域の居場所による地域社会の再生を提案している。著書に『生涯学習論―大人のための教育入門』『教える思想』『子どもと若者の居場所』(編著)など。

河田 珪子(かわだ けいこ)氏
新潟市・常設型地域の茶の間「うちの実家」代表、コミュニティカフェ全国連絡会 共同代表
大阪での特養勤務ののち、義父母の介護のため新潟市に帰郷。1990年、会員制有償の助け合い「まごころヘルプ」を開始。7年後、家族といても孤独な高齢者が多いことに気づき、誰もが気軽に参加できる「地域の茶の間」を自宅近くの自治会館で月1回開く。2003年、空き家を借り、常設型の茶の間に発展。2009年、昼の茶の間に参加できない勤労者向けにネットワークづくりと情報交換の場「夜の茶の間」も開始。

坂倉 杏介(さかくら きょうすけ)氏
東京都港区・芝の家代表、三田の家LLP 代表、慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所 特任講師、コミュニティカフェ全国連絡会 共同代表
地域コミュニティの形成過程やワークショップの体験デザインを、個人とコミュニティの成長における「場」の働きに注目して研究。キャンパス外の新たな学び場「三田の家」、地域コミュニティの拠点「芝の家」を、多様な仲間たちと運営している。

桑原 三郎(くわばら さぶろう)氏
群馬県太田市・NPO法人よろずや余之助 会長、コミュニティカフェ全国連絡会 副代表
2002年、経済産業省の支援を受け、旧市街地活性化を目指して、異業種・専門職の仲間たちとNPO設立。自宅よりもどこよりも居心地の良い場所の提供を目的に、「余之助茶屋」を核に据え、よろず無料相談、お手軽公民館、各種講座や趣味の教室、建築・エクステリアのリフォーム工事「よろず仕事引き受け屋」等の事業を展開。歌声喫茶・フォーク喫茶・映画喫茶・オカリナライブ等の定期イベントを毎月開催。

●参加申し込み
・下記アドレスのフォームを入力してください。
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dHRNUE5Vclo2U0Y3eldVcUlCdkFwM0E6MQ
フォーム入力が不可能な方のみ、詳細チラシを
http://blog.canpan.info/com-cafe/img/303/3_comi_renrakukai.pdf
からダウンロードし、裏面申込書の項目をE-mailまたはFAXでお送りください。なるべく、フォームからの申し込みをお願いします。
 参加申し込み後は特別な事情がない限り、こちらから連絡はしません。直接会場にお越しください。

主催・問い合わせ先:公益社団法人長寿社会文化協会(担当:昆布山)
FAX:03-5405-1502   TEL:03-5405-1501
E-mail:com-cafe@wac.or.jp

※当日は情報コーナーを設けますので、皆様の活動の資料等をぜひお持ちください。

※このイベントは、競艇の交付金による日本財団の助成金を受けて実施します。


posted by こんぶ at 11:25| Comment(1) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2月1日(水)、「3.11後、新しい公共の未来を問う」フォーラム開催

 「新しい公共をつくる市民キャビネット」からのお知らせです。
http://shimin-cabinet.net/

新しい公共フォーラム2012
第1回「3.11後、新しい公共の未来を問う」

【日時】2012年2月1日(水)18:30〜21:00(開場18:00)

【進行予定】
○講演
・鈴木 寛氏(前文部科学副大臣、参議院議員)
・山脇直司氏(東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻、教養学部総合社会科学科)教授
 専攻は公共哲学(公正で善き社会のヴィジョンを市民と共に
 論考する実践的学問)と社会思想史。
 近著『公共哲学からの応答:3.11の衝撃の後で』 (筑摩選書)
 山脇さんのtwitterはこちらをご覧ください。
 https://twitter.com/#!/naoshiy

○パネルディスカッション
・講師のお二人と市民キャビネット運営委員によるディスカッションを行います。

○質疑応答

【会場】
霞が関ナレッジスクエア
交通:地下鉄銀座線 11番出口徒歩3分
http://www.kk2.ne.jp/footermenu/access.html

【定員】70人
【参加申し込み】
 申込みは以下のURLからお願いします。
http://bit.ly/AuCKGc
【締切】1月26日(木)
【参加費】1,000円(学生の方は学生証をご提示いただければ無料です)

【問い合わせ先】
--------------------------------------------------------------
新しい公共をつくる市民キャビネット(NPO事業サポートセンター内)
〒105-0014 東京都港区芝2-8-18 HSビル2F(担当:小山田)
TEL:03-3456-1611  FAX:03-6808-3788
http://shimin-cabinet.net/
--------------------------------------------------------------
posted by こんぶ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2012年01月16日

1月24日(火)、「自立を支援するコミュニティカフェ」研究会開催

テーマ:自立を支援するコミュニティカフェ
講師:佐藤 洋作 氏(NPO法人文化学習協同ネットワーク 理事長、社会福祉法人こうれいきょう 理事長)
   岩永 敏朗 氏(NPO法人五つのパン 理事、コミュニティカフェ「マローンおばさんの部屋」施設長)

 第23回コミュニティカフェ研究会は、居場所や働く場づくりを通して、社会的自立ができていない人たちを支援している2つのNPOの代表を招いて開催します。東京都三鷹市で子どもの学習支援やフリースペースの運営に加え、進路相談窓口や共同生活体験などでも若者の自立を支援している佐藤さんと、横浜市都筑区でものづくりとショップ、コミュニティカフェの3つの部門からなる精神障がい者型の地域活動支援センターを運営している岩永さんから、お話をお聞きします。

日時:2012年1月24日(火)18:30〜20:30
場所:日本女子会館5階 大会議室
東京都港区芝公園2-6-8 TEL:03-5405-1501
参加費:1,000円(WAC会員は900円)
懇親会会費:3,000円

 事前に参加申し込みがない場合、入場や着席ができないことがあります。参加希望者は、下記フォーム
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dHRlMmh4R3Y4X3U4RUpCUUNVc2NvZFE6MQ
を入力するか、
お名前、所属、TEL、E-mail、懇親会参加の可否を com-cafe@wac.or.jp までメールしてください。
 または、この記事の最下部にあるpdfをダウンロードして申込書を記入の上、03-5405-1502までFAXしてください。
 なお、参加申し込み後は特別な事情がない限り、こちらから連絡はしません。直接会場にお越しください。


posted by こんぶ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

WACが東京都中野区でコミカフェ運営、1月23日にイベント

 公益社団法人長寿社会文化協会(WAC)は、財団法人首都圏不燃建築公社が東京都中野区本町4丁目に建設した、高齢者と子育て世帯向け賃貸マンション「ウエルカーサ新中野」にある1階多目的スペース(コミュニティカフェ)の運営を受託しています。このたび、旅館「京都吉水」女将で有機野菜などを中心としたナチュラルライフ実践者の中川誼美氏が主宰する「じねん屋吉水」に運営を委託し、「じねん屋吉水・鍋横」がオープンすることになりました。
 1月23日に「じねん屋吉水・鍋横」のオープン記念イベントを開きますので、ぜひお越しください。

 「じねん屋吉水・鍋横」では、生産者と消費者を結ぶ朝市のネットワークという既存の事業を活用し、朝市商品の紹介、生産者紹介のための催し、それに伴う加工品作り講習会も開きます。じねん屋吉水はすでに東京の築地本願寺、京都の大谷本廟などで毎月1回朝市を開催しており、有機農法で育てた野菜や果物などを全国の生産者が持ち寄って販売しています。ほかに次のようなプログラムを検討中です。
・味噌造り(種味噌プロジェクト)
・太鼓を使ってのリズム体操、確定申告書の書き方、料理、手芸、ヨガなどの教室
・映画会、音楽会

●「じねん屋吉水・鍋横」オープン記念イベント
 じねん屋吉水のテーマである「ちょっと前の日本の暮らし」に生きていた職人の知恵と技を知る機会を提供していきたい。その第1弾として、東大寺大仏がどのようにして造られたかを話して頂きます。
日時:2012年1月23日(月)
講演:14:00〜16:00
演題:「知っていますか! 東大寺大仏様がどのようにして造られたか」
講師:奥村秀雄先生(日本考古学会会長、元東京国立博物館次長)
会費:1,000円(収益金は文化財救援修復の義援金となります)     
パーティ:16:00〜20:00(じねん屋吉水セレクト食材による軽食と飲み物を用意しています)

■じねん屋吉水・鍋横
東京都中野区本町4-36-5
ウエルカーサ新中野1階
TEL:070-5078-5533(担当:千葉)
E-mail:chiba.from.e@gmail.com

■公益社団法人 長寿社会文化協会(WAC)
 コミュニティカフェ事業事務局(担当:昆布山)
東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館1階
TEL:03-5405-1501
E-mail:com-cafe@wac.or.jp

 詳細は下記チラシをご覧ください。

2012年01月12日

1月19日(木)〜22日(日)の被災地復興支援ITボランティア参加者募集中

 WACの姉妹団体・NPO事業サポートセンターからのお知らせです。
http://www.npo-support.jp/event/itsupport2012_1.php

 東日本大震災から過去8回、続けてきました「ITボランティア」。岩手県の仮設住宅を訪問し、主にパソコンを使って住民の生活に必要な情報サポートを行います。
 仮設住宅の方々に寄り添い、信頼関係を築きあげていくと同時に、さまざまなニーズに細かく対応します。
 ひとりでも多くの方のご協力・ご参加をお待ちしております。

【日程】2012年1月19日(木)〜22日(日)

【活動場所】仮設住宅の集会所、公民館等
(岩手県 大船渡市・陸前高田市での活動を予定)
※集合は東京都港区芝公園駅周辺を予定。バスで現地入りします。
※19日および21日は車中泊です。
 現地集合、途中早退をご希望の方は、別途ご相談ください。
 (ただしこの場合、交通費は各自のご負担となります)

【スケジュール(概要)】
※現地の状況によって、多少の変更があることがあります。
1月19日(木)夜 都内集合
1月20日(金)朝 宿泊場所到着後、朝食、研修、ミーティング
1月20日(金)〜21日(土) 仮設住宅集会所等にて、ボランティア活動
1月21日(土)夜 夕食、ミーティング後、出発
1月22日(日)朝 都内到着

【費用】大学生5,000円、社会人7,000円(プログラム維持費として)

【定員】25人

【申し込み】下記ホームページに掲載の応募フォームに、必要事項を入力の上、お申し込みください。
http://www.npo-support.jp/event/itsupport2012_1.php

【申し込み締め切り】1月16日(月)。締め切り後は、下記にお問い合わせください。

■事前オリエンテーションを開催します■
 ※ボランティアに参加される方は、できる限りご出席ください。
 日程:1月17日(火)18:30〜21:00
 場所:霞が関ナレッジスクエア(地下鉄虎ノ門駅11番出口徒歩3分)

【お問い合わせ】
-----------------------------------------------------------------
特定非営利活動法人NPO事業サポートセンター
(担当:池本・小山田・吉澤・古賀)
03-3456-1611 Fax03-6808-3788
メール npo@npo-support.jp
-----------------------------------------------------------------
posted by こんぶ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災復興支援

2012年01月11日

1月19日(木)、横浜・みなとみらいで洗足カフェの和田さんが講演

※本イベントは募集定員に達しましたので、受付を終了しました。

 洗足カフェを運営している和田夏子さんが、横浜・みなとみらいに積水ハウスが設けたモデルルームのカフェで、「コミュニティカフェによる地域の拠点づくり―洗足コミュニティカフェの実践を通して―」と題して、講演します。詳細および参加申し込みは下記からお願いします。
※事前申し込み要。参加費無料。
http://sekisuihouse04.cocolog-nifty.com/kankankyo/2011/12/201211911-5881.html

●洗足カフェ
 〒152-0012
 東京都目黒区洗足2-7-17 1F&2F
(東急目黒線洗足駅から徒歩2分)
 TEL:03-3710-2626 
 営業時間:9:00〜18:00(水曜は23:00、土曜は21:00まで)
http://mb-republic.com/cafe.html

●関連記事
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/283
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/278
posted by こんぶ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報