CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年03月25日

震災避難者への物資支援のお願い

 新潟県上越市のNPO法人よしかわたすけあいの加藤正子理事長から、物資支援のお願いがありました。
 よしかわたすけあいが運営する「地域の茶の間 楽・楽」では、福島原発20km圏内の避難家族25名を受け入れています(下記新潟日報記事参照)。
 自治体が用意した避難所以外に避難した人たちは、自治体からの食事や物資等の支給の対象外になっています。長寿社会文化協会(WAC)の関連団体であるNPO法人市民福祉団体全国協議会に支援のお申し出があったものです。物資などを送付される場合は、下記の加藤理事長に電話して、何がどれだけ必要かを聞いてからにしてください。

=====================

物資支援の依頼の件について

 先日は、支援金を賜り心から感謝申し上げます。誠に恐縮です。つきましては下記の物品をお願い致します。

○子供用おやつ
○飲み物(ペットボトルのオレンジジュース・カルピス・アクエリアス・ポカリスエット等)
○シーツ(布団用)20枚
○シャンプー・リンス・ボディシャンプー等(ポンプ式)
○缶詰類(魚・果物缶)
○ストックパック(大・中・小)

〒949-3216
新潟県上越市柿崎区柿崎6286
地域の茶の間 楽・楽
連絡先は
加藤理事長の携帯電話:090-7284-1036
地域の茶の間 楽・楽:025-520-7710
E-mail:help2820@valley.ne.jp

 皆さん、避難者にあたたかいご支援をお願い申し上げます。

 若い家族ですので、現在の状況は、
@就労活動をしています(アルバイト4名、仕事しています)
A障がい者の児童は、ふれあいセンターへ
B小学生は、児童クラブへ
C中学生は、パソコン教室
D近くの元教師による勉学と折り紙教室等
E海岸でのジョギング 野球等
F皆さん日々真剣に不安をかかえる中、今後の方向性をみんなで話し合っています!!

 そして私は、陰ながらの応援で健康づくりを支援している状況です。

新潟日報記事




●NPO法人市民福祉団体全国協議会
http://www.seniornet.ne.jp/
●田中尚輝のブログ
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/452
●「地域の茶の間 楽・楽」関連記事
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/67
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/143
posted by こんぶ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災復興支援

2011年03月16日

日本財団の「CANPAN 東北地方太平洋沖地震支援基金」にご協力ください。

 公益社団法人長寿社会文化協会(WAC)コミュニティカフェ事業の助成元である日本財団では、「CANPAN 東北地方太平洋沖地震支援基金」を募っています。ネット上からクレジットカードまたは銀行振込で、一口2000円から寄付できるものです。

 WACおよびコミュニティカフェ全国連絡会では日本財団からの呼びかけに応じて、この支援基金に団体として協力や情報共有を表明しました。
http://canpan.info/open/news/0000006478/news_detail.html
 ホームページや本ブログ上、メールマガジン等で募金を呼びかけるほか、4月以降の研究会等のイベントで寄付を集めることを予定しています。

 つきましては、下記をご覧の上、皆さまにもご協力、よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------

■日本財団「CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金」の呼びかけ

 東北地方太平洋沖地震で被災された皆さまに対し、心よりお見舞い申し上げます。
 既にメディア各社の報道によりご存知の方も多いと思いますが、日本財団ではこのたびの地震で被害に遭われた方々を支援するため、募金活動を行っております。また、日本語だけでなく、多言語で情報発信し、海外に対しても広く募金を呼び掛けています。
 お預かりした寄付金は全額、被災者のために責任をもって活用させていただき、その使途につきましてもホームページ上でご報告することを約束いたします。

 ぜひとも募金活動のご協力をお願いいたします。

http://www.nippon-foundation.or.jp/org/news/2011031202.html
【クレジットカードの場合】
http://www.canpan.biz/products/detail.php?product_id=358
【銀行振込、領収書が必要な場合】
http://members.canpan.info/nippon_foundation/products/detail.php?product_id=1085


 日本財団は、1995年1月に発生した阪神・淡路大震災以来、新潟中越地震(2004年)、能登半島地震(2007年)など、各地で発生した大災害現場で被災者の救助・復旧活動に対し、様々な支援を行ってきました。
 当財団がこれまでに築きあげてきたボランティアをはじめ、医療分野・社会福祉分野、その他のネットワークや経験を最大限に駆使し、一人でも多くの方を救済していきたいと存じます。
posted by こんぶ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災復興支援

2011年03月15日

4月16日(土)、第7回「芝公園・梁山泊セミナー」開催

 震災の影響により、下記日程に変更となりました。下記チラシと日時が異なりますが、講演内容は変更ございません。

 第7回の芝公園・梁山泊セミナーは、北岡和義氏(日本大学国際関係学部講師)をお呼びします。

◎テーマ「“今浦島”の衝撃〜日本ジャーナリズムの劣化」
◎場所:東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館5F大会議室
◎日時:4月16日(土)15:30〜18:00(講演および参加者で討議)
◎参加費:無料

■終了後、日本女子会館向かいのメルバルク東京において、懇親会を予定しております。ぜひ、ご参加ください。会費別途。

 詳細は下記ファイルをご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
既開催セミナー
第1回
講師:田中尚輝(公益社団法人長寿社会文化協会常務理事)
テーマ「芝公園・梁山泊宣言とは」
第2回
講師:海老塚良吉氏(法政大学現代福祉学部兼任講師)
テーマ「民間非営利組織による住宅事業について」
第3回
中野喜文氏(NPO法人地域創造ネットワークジャパン理事)
テーマ「ソーシャルビジネス&ソーシャルファイナンス」
第4回
講師:久田邦明氏(神奈川大学講師)
テーマ「地域の居場所という可能性―茶堂からコミュニティカフェへ」
第5回
講師:浅川澄一氏(日本経済新聞編集委員)
テーマ「現代ジャーナリズムはなぜ腐敗するのか」

■問い合わせ・申し込み先
 一般社団法人市民事業支援機構
 梁山泊セミナー事務局 星野
 E-mail:presskomachi@yahoo.co.jp
 FAX:03-6697-0521

posted by こんぶ at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2011年03月11日

町家を活用してコミカフェを運営する案をまちづくり事業に採用―富山県南砺市

 富山県南砺市の地域づくりリーダー養成塾のまちづくり事業提案審査会は、人と人のきずなをはぐくむコミュニティカフェを、町家を活用して運営する案を新年度実施事業に選びました。富山居場所&コミュニティカフェネットワークに入会する予定です。
 詳しくは、3月6日付の北日本新聞の記事をご覧ください。

posted by こんぶ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マザーカフェ・富山