CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年09月29日

「シェアハウス」情報発信交流会のお知らせ

 東京都世田谷区のNPO法人ハートウォーミング・ハウスの園原一代さんからのお知らせです。

 今月のカレーの日は昔懐かしい昭和カレー! レトロな大吉カフェにピッタリ!
■日時:9月30日(木)18時〜21時
■場所:大吉 カフェ 北沢5-5-3、小田急線東北沢駅6分、京王線笹塚駅8分
■参加費:カレー500円+場所代500円、ソフトドリンク付(アルコール別途)
■申し込み・問い合わせ:heartwarming-house@nifty.com
posted by こんぶ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2010年09月27日

岡山市・まちづかい塾のコミカフェを訪問

 9月18日(土)、事務局の昆布山は瀬戸内国際芸術祭が開かれている島々へ向かう途中、岡山市のNPO法人まちづかい塾を訪問し、オープンカフェ(青空喫茶)を体験したり、12月のオープンに向けて改装中の古民家の交流拠点を訪問したりしました。
 オープンカフェは、旭川を挟んで岡山後楽園の対岸、岡山城からも近い北区石関町の石山公園でよく開いており、岡山一の目抜き通り「桃太郎大通り」の歩道などを利用することもあるそうです。訪れた日はまだ残暑が厳しく、常連や通りがかりの初めて人が、旭川沿いの通路に並べたイスに座り、風に吹かれながら、コーヒーを飲んだり、エレクトーン演奏に聞き入ったりと、思いおもいに過ごしていました。
 コミュニティカフェ全国連絡会の全国委員でもある藤本まりこ理事は、「オープンカフェは広島が先駆け。オープンエアの空間には、犬の散歩の途中、買い物途中などに、だれもが遠慮なく参加でき、遠慮なく帰れます。開設資金も少なく、ピクニック気分で開けるので、雨が少ない岡山などの瀬戸内地方に向いているのかもしれません」と話しました。


岡山城も近くに見える、後楽園の対岸のオープンカフェ。中央右が藤本まりこさん。


 続いて、藤本さんの案内で、中区藤崎の地域の茶の間「親戚の家(しんせきんち)」予定地を訪問しました。新岡山港からも近い田園地帯に建つ築70年、木造平屋120uの家は、藤本さんのご主人の伯母さんたちが住んでいた家で、亡くなったあと空き家となっていたものを、昨年から住民自らリフォームを進めているものです。囲炉裏を囲んでだんらんできるほか、寄贈を受けたピアノも設置。家の前の畑は、農作業を通した利用者同士の交流に役立てるそうです。
 藤本さんは「12月初めにオープンし、4日に岡山に入り、5日玉野市、6日真庭市を講演で訪れる河田珪子さん(コミュニティカフェ全国連絡会共同代表・新潟市「うちの実家」代表)に、合い間に立ち寄っていただく予定」と話しています。 


リフォームが進む「親戚の家」の内部。部屋の間仕切りを外し、大勢でもくつろげる大広間にリニューアルした。

●NPO法人まちづかい塾
ブログ:http://blog.canpan.info/michi-machi/
ホームページ:http//:michicafe
E-mail::info@michicafe.net

●親戚の家(しんせきんち)
岡山市中区藤崎25-2
TEL:086-274-1118 
E-mail:f261222@yahoo.co.jp
●関連記事
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/167
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/161
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/90


posted by こんぶ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェ紹介

2010年09月24日

北日本新聞で富山県のコミカフェ3軒を紹介

 富山県の地元紙・北日本新聞は9月19日付の「とやまcamera eye」欄で、「くつろぎと交流の場―コミュニティカフェ好評」と題して、富山市の「ポエシア・ブランカ」、「Y'sさくらカフェ」、高岡市の「茶の間横町ぽぴー」を掲載しました。詳しくは、下記をご覧ください。

posted by こんぶ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | マザーカフェ・富山

2010年09月17日

第18回コミュニティカフェ研究会報告

 9月13日、第18回コミュニティカフェ研究会が東京・赤坂の日本財団会議室で行われ、前回を上回る70人以上の方が参加しました。


 今回のテーマは、「食の地域拠点としてのコミュニティカフェ」。まず、さいたま市南区の「ヘルシーカフェのら」の新井純子氏が、のらを立ち上げた経緯や、それまでの子育て支援の活動の話をしました。「コミカフェでまちづくり」をと、レストラン奥の「広場」で、誕生日会やさまざまなワークショップ、イベントを開いています。そして、代表兼シェフの三浦香代子氏が「食べる」は「生きる」ことと、地場の有機野菜などを使った、素材本来のおいしさを引き出した料理や、思いを述べました。



 続いて、NPO研修・情報センター代表理事、コミュニティ・レストラン・ネットワーク全国代表の世古一穂氏が、NHKニュースで取り上げられた番組を紹介しながら、「食」を核にしたコミュニティ支援を目的とし、地域の多様な二ーズに合わせて「食育の場」「安心安全な食の提供」「障害者の働く場づくり」「不登校の子ども達の出口づくり」「高齢者の共食の場づくり」「循環型社会の拠点づくり」などのテーマで活動していると述べました。

岡山・牛窓のオープンカフェ

 岡山市のNPO法人まちづかい塾の藤本まりこさんから、9月12日(日)に瀬戸市牛窓町で行ったオープンカフェの報告が入りました。

======================================
 牛窓町本町で「カフェほのぼの本町」お試し開催です。高齢化率45%の地域で引きこもり予防も兼ね、皆が溜まっておしゃべりできる「場」としてオープンカフェを企画しました。といっても、オープンカフェを体験したことがない方々がほとんど。やってみなければわからないの声に、まちづかい塾が出前カフェしました。
 9月12日10時〜14時、本町の空き地、通称「象さん公園」でコーヒー200円で開催。最初は遠巻きに見ていた人たちですが、少しずつ手伝い始め、設置から片付けまで一緒にやりました。その朝採れた雑魚の南蛮漬けや手作りケーキの差し入れなども盛りだくさん。さらに、電源を公園内に設置しようとか、テントを寄付したいとか、それまで不安そうだった町内会の皆さんが積極的に動き出しました。
 80、90代の「楽しかった」と笑顔で歩いて帰られる後姿を見送りながら、次回への楽しみが増えました。20日(月祝)の10時〜14時にも本町のポケットパークの「ほのぼのカフェ」に出前します。10月25日の秋祭りに自主オープンできるよう、準備を始めることになりました。



■オープンカフェ ちょっと宣伝
 引きこもり予防に、オープンカフェの効果が評価されています。季節によっては、近くの集会場やコミュニティハウスを活用しますが、オープンエアの空間は言葉の通りバリアフリー、ユニバーサルデザインの空間です。犬の散歩、孫連れ、買い物途中、だれもが遠慮なく参加でき、遠慮なく退場できます。
 コーヒー代を支払うことで、お世話になった感がなく、活動を「支援してあげている」という「上から目線」になれるため、心地よく参加できるようです。
 その他、開設資金も少なくて済むし、ピクニック気分でいろいろとメリットが高く、普及しやすいスタイルです。
 岡山は、雨が全国で一番少ない「晴れの国」だから、オープンカフェに向いているのかもしれません。

●関連記事
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/161
posted by こんぶ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェ紹介

シルバー新報に田中尚輝氏の提言掲載

 9月10日付のシルバー新報は、4面の「ケア・サービス」ページに、「『お泊まりデイ』と宅老所―有料ホーム届出強制の回避を」と題した田中尚輝氏(市民福祉団体全国協議会専務理事、長寿社会文化協会常務理事)の提言を掲載しました。
 詳しくは、下記記事をご覧ください。




●田中尚輝のブログ
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/263
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/253
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/247
http://blog.canpan.info/tanaka-naoki/archive/245
posted by こんぶ at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連記事・番組

「コミュニティ・レストラン」講座のご案内

 9月13日の第18回コミュニティカフェ研究会の講師を務めていただいたNPO研修・情報センター代表理事、コミュニティ・レストラン・ネットワーク全国代表の世古一穂さんからのお知らせです。
====================================
 「コミュニティ・レストラン」(略してコミレス)は「食」を核にしたコミュニティ支援を目的とし、地域の多様な二ーズに合わせて「食育の場」「安心安全な食の提供」「障害者の働く場づくり」「不登校の子ども達の出口づくり」「高齢者の共食の場づくり」「循環型社会の拠点づくり」等のテーマを持って、立ち上げ運営するNPOの起業モデルです。コミレスについて学び、食を通じて地域の課題を解決していくことを目指す講座です。
 近年「コミレス」に社会的関心が高まっていますので、随時開催しています。内容は資金の集め方、設立、運営など、具体的なノウハウを少人数で学べる講座です。ぜひ、ご参加ください!
■日時:10月6日(水)、10月26日(火)、11月3日(水)、11月24日(水)の11時〜14時半
■場所:NPO研修・情報センターとコミレス「でめてる」
■内容:各地の事例をDVDで紹介。「でめてる」で昼食をとっていただき、創立以来の店主の鈴木朋恵さんとの質疑応答。講演。※オプションとして、スローカフェで注目されている「カフェスロー」(国分寺市)を見学(当センターから徒歩10分)。
■講師:世古一穂 氏
■参加費:5,000円(ブックレット『コミュニティ・レストランを創る』1200円、昼食代900円含む)
■定員:8人(ただし、同じ団体・グループで3人以上の申し込みがあれば、オーダーメードで開催いたします。日時など、ご相談ください)
■対象:どなたでも参加いただけます(要申し込み)
 詳細は、下記チラシをご覧ください。

■問い合わせ先:NPO研修・情報センター
 TEL/FAX:042-208-3320
 E-mail:ticn@mui.biglobe.ne.jp


posted by こんぶ at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

第19回コミュニティカフェ研究会案内

第19回コミュニティカフェ研究会案内 が公開されました。

テーマ:市民事業の地域拠点としてのコミュニティカフェ

講師:桑山 和子 氏(NPO法人ぬくもり福祉会たんぽぽ 会長)
   山田 たみ子 氏(コミュニティサロン「エコ工房ひだまり」代表)
 第19回コミュニティカフェ研究会は、コミュニティカフェを拠点とした市民事業(社会的企業)に取り組んでいる2つの団体の代表を招いて開催します。両者は社会的課題を解決するビジネスモデルを作り上げ、地域で起業や就労を支援しています。自治体の制度的サービスや民間企業では対応できていない新しい「仕事=働き方」のカタチを地域で作り上げ、市民事業で自立しているNPOの実践を報告していただきます。

日時:12月15日(水)18:30〜20:30
場所:日本財団2F第1・2会議室
東京都港区赤坂1-2-2 TEL:03-6229-5111
参加費:1回1,000円(WAC会員は900円)



成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)
posted by こんぶ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 成果物

2010年09月12日

「みんなでつくるシニア村」の連載記事紹介

 茨城県龍ケ崎市に日本初のコーポラティブ(共同建設)方式のシニアマンション「シニア村」を建てて、同じ思いの人たちと暮らしている今美利隆・久美子ご夫妻から、手記が地方紙に連載されたというご連絡がありました。時事通信の配信で常陽新聞、岐阜新聞、山形新聞、釧路新聞などに、12回にわたって掲載されました。
 80歳を超えた両親の面倒を二人で助け合いながら見たいと、仲間を募り、集まった29世帯が思い思いの部屋造りをしました。マンションが出来上がるまでの苦労の日々と、マンション内の日常の生活の様子が書かれています。
 現在は第2期シニア村を構想中で、そこに「マンション内外の人々が交流するコミュニティカフェを設けたい」と話しています。
 記事は、下記アイコンをクリックしてください。

posted by こんぶ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連記事・番組

2010年09月11日

岡山市でのコミカフェ交流会報告

 NPO法人まちづかい塾の藤本まりこさんから、8月28日(土)、岡山県NPO会館内きらめきプラザでコミュニティカフェの実施者とこれから開催を考えている方々との「街カフェ交流会」を開催し、地元の山陽新聞に掲載されたというご連絡がありました。

===========================
 
 NPO法人「ホッと灘崎ボランティアネット」の運営する「サロン・なんだ村」、昨年9月から始められた邑久町のオープンカフェ「ひまわり」、同10月から始められた牛窓町の「関町オープンカフェ」、県高齢者福祉生協の運営する生きがいサロン「ホッと」、「いろいろクラブ」の運営する「△カフェ」など10カ所の拠点の代表と新規開設予定の方35名が集まりました。
 福留強氏の「いま、『創年』がおもしろい」の基調講演のあと、事例発表、体験報告をしていただき、体験者を配したグループごとで直接質問するディスカッションを行いました。
 少子高齢化、引きこもり予防、行方不明高齢者対策など、地域コミュニティの希薄さを何とかしなければという危機感を感じた方々のタイムリーな意見交換会になりました。

山陽新聞Web News
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2010082909481371/



posted by こんぶ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連記事・番組