CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年08月27日

毎日富山版にコミカフェ・フェスタの告知記事

 毎日新聞富山県版は8月26日付で、「コミュニティーカフェ:良さを体感して 富山で28日、県内初のフェスタ開催/富山」と題した記事を掲載しました。
http://mainichi.jp/area/toyama/archive/news/2010/08/26/20100826ddlk16040695000c.html

 Web(毎日jp)上の記事は、以下の通り。

 地域の人々の居場所や交流の場など多くの機能を持つ「コミュニティーカフェ」(CC)。その関係者が一堂に集う県内初の「コミュニティカフェフェスタ」が、28日午前10時15分から、富山市桜町の県民小劇場オルビスなどで開かれる。主催する関係者は「この機会にCCの良さを体感してほしい」と呼びかけている。
 地縁や血縁に頼れなくなっている現在、CCは無理のない方法で地域の人たちが集い、支え合う場として全国的に注目されている。
 県内では約30のCCがあり、そのうち富山市桜町の「Y’sさくらカフェ」の加藤愛理子さん(55)と、同市千石町の「ポエシア・ブランカ」の平木柳太郎さん(26)の2人がネットワークづくりを始めたところ、全国でCCを支援する公益社団法人「長寿社会文化協会」(WAC)が「支援のモデルにしたい」と提案。とりあえずこの2カ所で「富山居場所&コミュニティーカフェネットワーク」を作り、県内のCC支援の拠点である「マザーカフェ」とすることになった。
 加藤さんらは県内版のCCガイド冊子も作成しているほか、ネットワークづくりの第一歩にしようと今回の「フェスタ」を企画。当日は、熊本県から里山の自然を利用したカフェ型保健室「しらかば」を主宰する工藤明美さんら、全国の先進的なCCの関係者6人も参加する。また高校時代に古本を集めて発展途上国に図書館を建設した渡辺慎之介さんの講演会や、全国のCC自慢の食べ物の販売などを予定している。
 加藤さんは「CCが富山にも根付けば、きっと希望にあふれた優しい地域になる」と期待を寄せている。
 参加費1000円。問い合わせはポエシア・ブランカ(076・482・6829)へ。【青山郁子】

posted by こんぶ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | マザーカフェ・富山

2010年08月25日

8月28日(土)、富山市でコミカフェ・フェスタ開催!!

 今年度のコミュニティカフェ全国連絡会の事業として、各地域のコミュニティカフェ(コミカフェ)を活性化・支援するハブセンターとしてのマザーカフェを、全国3カ所に設置します。
 その1つである富山市の「富山居場所&コミュニティカフェネットワーク」で8月28日(土)、「コミュニティカフェ・フェスタ」(地域イベント)を開催します。コミュニティカフェ全国連絡会の共同代表を務めていただいている、新潟市「うちの実家」の河田珪子さん、東京都港区「芝の家」の坂倉杏介さん、副代表の群馬県太田市「よろずや余之助」の桑原三郎さん、長寿社会文化協会(WAC)の田中尚輝・常務理事らも富山県入りし、イベントに参加します。お近くの方は、ぜひ、ご来場ください。

 イベントの概要は、下記の通りです。
8月28日(土)
第1部:10:15〜12:00
会場:富山県民小劇場・オルビス(富山市桜町1-1-61 マリエとやま7F、電鉄富山駅隣接)
参加費:1,000円
「居場所&コミュニティカフェから育つネットワーク」
○オープニングライブ「命の太鼓」 by 富山ダルク
○渡辺慎之介氏 講演会
 昨年、富山中部高校3年生の時に、発達途上国に図書館などをつくるため、古本を1万冊集めて資金作りを成功させた。Y'sさくらCafeから、ポエシア・ブランカにつながり、たくさんの人を巻き込んで大旋風を起こした。現在、東京を拠点にさらに幅広い活動を展開中!
○マザーカフェ宣言
 田中尚輝氏(公益社団法人長寿社会文化協会常務理事)
 工藤明美氏(熊本市「カフェ型保健室しらかば」代表)
 平木柳太郎氏(富山居場所&コミュニティカフェネットワーク代表)

第2部:12:00〜15:30
会場:Y'sさくらCafe(富山市桜町1-3-4 東洋ビル12の7F、JR富山駅から徒歩1分、076-431-5588)
参加費:無料
○味わい市(12;00〜13:30)
 県内コミュニティカフェの自慢の食べ物や製品の味わい市(フリーマーケット形式でそれぞれ購入してその場で召し上がってください)
○全国の居場所&コミュニティカフェからのメッセージ(13:30〜15:30)
 【登場予定】
 新潟市「うちの実家」の河田珪子氏
 東京都港区「芝の家」の坂倉杏介氏
 群馬県太田市「よろずや余之助」の桑原三郎氏
 熊本市「カフェ型保健室しらかば」の工藤明美氏
 富山市「Y'sさくらCafe」の加藤愛理子氏
 富山市「ポエシア・ブランカ」の平木柳太郎氏

問い合わせ先:ポエシア・ブランカ
TEL/FAX:076-482-6829
E-mail:mail@learnput.com
<主催>富山居場所&コミュニティカフェネットワーク
<後援>富山県、北日本新聞社、富山県民ボランティ総合支援センター

チラシ(pdf)↓



posted by こんぶ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マザーカフェ・富山

ワークショップ「地域コミュニティの再生〜食を通して職をつくる、地域をつくる〜」のご案内

 国立女性教育会館で開催される「男女共同参画のための研究と実践の交流推進フォーラム(NWECフォーラム)」において、8月28日(土)9:30〜11:30、標記のワークショップがあります。講師は、ヘルシー・カフェのら(さいたま市南区)の新井純子さんと、東京都立川市にあるNPO法人高齢社会の食と職を考えるチャンプルーの会(レストランサラ)の紀平容子さん。次のようなメッセージで、参加を呼びかけています。
 「身近な地域での男女共同参画の推進は、地域力を高め、持続可能な社会を築くために不可欠です。地域で食を通し、人と人とのつながりと職を生み出し、社会貢献・社会の新たな関わりを持って活動している事例を通して、女性の参画の意義と役割とこれからの地域づくりを考えます」。参加費無料。

日時:8月28日(土)9:30〜11:30
場所:国立女性教育会館研修等110研修室
交通:東武東上線武蔵嵐山駅から徒歩12分
   (埼玉県比企郡嵐山町菅谷728)

男女共同参画のための研究と実践の交流推進フォーラムのHP
http://www.nwec.jp/jp/program/invite/2010/page07i.html
ヘルシー・カフェのら
http://www.healthycafe-nora.com/
NPO法人高齢社会の食と職を考えるチャンプルーの会
http://members.jcom.home.ne.jp/npo-sarah/
posted by こんぶ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2010年08月21日

8月26日(木)、富山市「Y'sさくらCafe」の加藤愛理子さんがラジオ生出演!!

 富山市「Y'sさくらCafe」の加藤愛理子さんによると、26日(木)午前10:50頃〜10:59、地元のKNBラジオ(北日本放送、738kHz)の「とれたてワイド朝生!」の中の「朝生コラム〜私も一言」に出演するそうです。
 番組では、加藤さんらが「富山居場所&コミュニティカフェネットワーク」で進めている富山県内のコミュニティカフェ・ガイドブックの制作や、28日(土)に富山駅前のオルビスとY'sさくらCafeで開催する「コミュニティカフェ・フェスタ」について話すそうです。県内の方はぜひお聴きください。
 KNBのテレビ放送にも出演する予定があるとのことですので、こちらの時間も決まりましたら、また連絡します。

●8月28日(土)、富山市でコミカフェ・フェスタ開催!!
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/149
●北日本新聞でコミカフェ・ガイドブックづくりが紹介される(富山)
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/128
posted by こんぶ at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | マザーカフェ・富山

2010年08月19日

朝日埼玉版で県内のコミカフェを紹介

 朝日新聞埼玉県版は8月19日付で、「県内で増加するコミュニティーカフェ、地域に新たな『つながり』」との見出しの記事を右肩トップ、A4サイズで大きく掲載しました。
 9月13日(月)のコミュニティカフェ研究会の講師を務めていただく、さいたま市南区の「ヘルシーカフェのら」と、鶴ヶ島市の「コミュニティレストラン ここほっと」、小川町の「べりカフェ」、三郷市の「コミュニティカフェレストラン 青いそら」を紹介し、育児や高齢者、就労の支援などテーマを持ったカフェが増えている、としています。
 また、越谷NPOセンターと県団塊世代活動支援センター(3月で閉館)が制作した「埼玉コミュニティ・カフェガイドブック」を紹介し、「食にこだわり、地域支援に重点をおいた」という「埼玉版コミュニティーカフェ」の定義を掲載し、長寿社会文化協会(WAC)の定義も取り上げられました。
 朝日新聞が「コミュニティーカフェ」と表記したことで、全国連絡会が言い続けてきた「コミュニティカフェ」という呼称がますます一般的になってきたと感じられます(全国連絡会では「ー」なしで表記しています)。

 なお、産経新聞で、コミュニティカフェ関連の記事が9月5日(日)付から連載される予定です。詳細がわかりましたら、連絡します。

●ヘルシーカフェのら
http://www.healthycafe-nora.com/
ヘルシー・カフェのらを訪問
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/132
第18回コミュニティカフェ研究会案内
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/139
ワークショップ「地域コミュニティの再生〜食を通して職をつくる、地域をつくる〜」
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/145


●埼玉コミュニティ・カフェガイドブック(残部少ないので、問い合わせを)
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/72
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/101

●コミュニティレストラン ここほっと
http://blog.canpan.info/coco-turugaku/
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/73


記事(pdf)↓


posted by こんぶ at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連記事・番組

2010年08月13日

「NPO地域コーディネーター養成科」の受講生募集中!!

 公益社団法人長寿社会文化協会(WAC)は8月25日(水)まで、厚生労働省緊急人材育成・就職支援基金事業の社会的事業者等訓練コース(ワークショップ型訓練)の受講生を募集しています。
 NPO地域コーディネーター養成科では、NPOの現状、関連法令、設立手続き、資金づくり、経営管理や、履歴書の書き方、電話応対、簿記・ビジネス文書の基礎知識、コミュニケーションスキルなどの学科を座学で学び、Word・Excelからインターネット、メール、写真加工、出納簿などまでのパソコン基礎、コミュニティカフェ(コミカフェ)の設立に必要な手続き、コミカフェを拠点とした配食サービスの事例などを実技講習で学びます。さらに、WAC認定の外出介助の「カスタマーズ・サポーター資格」を取得できます。コミカフェやNPO、企業等の現場インターンシップも組み合わせた6カ月間にわたる実践的な講座で、受講料は無料です。
 給付条件を満たせば、月額10万円または12万円の訓練・生活支援給付金が支給されます。
 WACは傘下に多数のNPO法人を擁し、関連団体のNPO法人市民福祉団体全国協議会(市民協)も介護福祉系のNPO・企業が400団体以上加盟しています。東京都港区の支援を受けて、無料職業紹介所(みなと*しごと55)も運営しており、23区トップの就労支援実績を誇っています
 
■NPO地域コーディネーター養成科受講までの流れ
 最寄りのハローワークへ行って、求職申し込みをし、どのような仕事を希望するか、どのような職業能力を身に付ける必要があるか相談する。「受講申込書」に記載、受付印をもらう(受講申込書はハローワークにもありますが、写真や認定番号等の記載が必要です。下の受講申込書を印刷して、写真も持参すれば、1回の手間で済みます)。
 ハローワーク担当者にNPO地域コーディネーター養成科の基金訓練を受講したいと申し出れば、対応してもらえます。訓練・生活給付金の受給を希望する場合、ハローワーク担当者とよく相談してください。
        ↓↓
長寿社会文化協会(WAC)に面接選考申し込み
(TEL:03-5405-1501へ、お名前・電話番号・メールアドレス等をお知らせください
        ↓↓
WAC(ワック)文京校(日本社会事業大学文京キャンパス内)で面接選考
(8月27日(金)10:00〜16:45の15分間)
        ↓↓
WACから「選考結果通知書(合格)」の受領
        ↓↓
「受講申込書」「選考結果通知書」をもって、再度ハローワークへ行き、「受講勧奨通知書」の交付を受けてください。
        ↓↓
9月27日(月)9:40からWAC(ワック)文京校である開講式にご出席ください。

受講申込書


印刷用募集チラシ(pdf)
http://blog.canpan.info/com-cafe/img/134/kikina4-0805.pdf

 基金訓練、訓練・生活支援給付金の詳細は、
厚生労働省 緊急人材育成・就職支援基金事業
http://www.javada.or.jp/kikin/support01/01.html

■問い合わせ先
 NPO地域コーディネーター養成科・基金訓練事務局(担当:佐藤東洋)
 TEL:03-5405-1501

posted by こんぶ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

無料でホームヘルパー2級を取得できる基金訓練受講生を募集中!!

 公益社団法人長寿社会文化協会(WAC)では、厚生労働省緊急人材育成・就職支援基金事業において、千葉県我孫子市と川崎市を会場にした、新規成長・雇用吸収分野等訓練コース(実践演習コース)の受講生を募集しています。
 それぞれのコースでは、座学+企業実習などでホームヘルパー2級の資格が取得でき、我孫子では「介護予防トレーニング」の技術が体得でき、川崎では「クリーンクルー環境衛生科」が修了できます。訓練期間は3カ月で、受講料は無料です。
 給付条件を満たせば、月額10万円または12万円の訓練・生活支援給付金が支給されます。
 WACは傘下に多数のNPO法人を擁し、関連団体のNPO法人市民福祉団体全国協議会(市民協)も介護福祉系のNPO・企業が400団体以上加盟しています。東京都港区の支援を受けて、無料職業紹介所(みなと*しごと55)も運営しており、23区トップの就労支援実績を誇っています
 
■新規成長・雇用吸収分野等訓練コース(実践演習コース)受講までの流れ
 最寄りのハローワークへ行って、求職申し込みをし、どのような仕事を希望するか、どのような職業能力を身に付ける必要があるか相談する。「受講申込書」に訓練実施機関名、訓練コース名、訓練科名、訓練番号、訓練機関を記載、受付印をもらう(受講申込書はハローワークにもありますが、写真や認定番号等の記載が必要です。下の受講申込書を印刷して記入し、写真も持参すれば、手間が減ります)。
 ハローワーク担当者に新規成長・雇用吸収分野等訓練コース(実践演習コース)の基金訓練を受講したいと申し出れば、対応してもらえます。訓練・生活給付金の受給を希望する場合、ハローワーク担当者とよく相談してください。
        ↓↓
長寿社会文化協会(WAC)に面接選考申し込み
(TEL:03-5405-1501へ、お名前・電話番号・受付ハローワーク等をお知らせください)
        ↓↓
面接選考試験
        ↓↓
WACから「選考結果通知書(合格)」の受領
        ↓↓
「受講申込書」「選考結果通知書」をもって、再度ハローワークへ行き、「受講勧奨通知書」の交付を受けてください。
        ↓↓
開講式から訓練がスタート

受講申込書



 基金訓練、訓練・生活支援給付金の詳細は、
厚生労働省 緊急人材育成・就職支援基金事業
http://www.javada.or.jp/kikin/support01/01.html

※各コースの内容・日程・応募手続きは異なりますので、詳細はチラシをご覧ください。

●我孫子
 訓練コース名:新規成長・雇用吸収分野等訓練コース(実践演習コース)
 訓練科名:訪問介護2級・介護予防トレーニング科
 訓練番号:認22-12-03-05-0338
 訓練期間:平成22年10月1日〜12月28日
 選考日:9月9日(木)
我孫子チラシ(印刷用pdf)




●川崎
 訓練コース名:新規成長・雇用吸収分野等訓練コース(実践演習コース)
 訓練科名:介護総合サービス科
 訓練番号:認22-14-03-05-0234
 訓練期間:平成22年10月5日〜12月20日
 選考日:9月7日(火)
川崎チラシ(印刷用pdf)


 

■問い合わせ先
 公益社団法人長寿社会文化協会(WAC)
 基金訓練:我孫子・川崎担当
 TEL:03-5405-1501
posted by こんぶ at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

名古屋・松山・別府・鹿児島で基金訓練「社会的事業者等訓練コース」受講生を募集中!!

 公益社団法人長寿社会文化協会(WAC)の関連団体であるNPO法人市民福祉団体全国協議会(市民協)は、傘下のNPO法人を通じて、名古屋・松山・鹿児島・別府で厚生労働省緊急人材育成・就職支援基金事業の社会的事業者等訓練コース(ワークショップ型訓練)の受講生を募集しています。
 それぞれの社会的事業者等訓練コースでは、NPOの現状、関連法令、設立手続き、資金づくり、経営管理や、履歴書の書き方、電話応対、簿記・ビジネス文書の基礎知識、コミュニケーションスキルなどの学科を座学で学び、Word・Excelからインターネット、メール、写真加工、出納簿などまでのパソコン基礎、コミュニティカフェ(コミカフェ)の設立に必要な手続き、コミカフェを拠点とした配食サービスの事例などを実技講習で学びます。コミカフェやNPO、企業等の現場インターンシップも組み合わせた6カ月間にわたる実践的な講座で、受講料は無料です。講義内容は地域によって異なり、ホームヘルパー2級、食品衛生責任者(以上、別府)、福祉有償運送運転者(松山)の資格を取得できるコースもあります
 給付条件を満たせば、月額10万円または12万円の訓練・生活支援給付金が支給されます
 市民協には介護・福祉系のNPO・企業が400団体以上加盟しています。WACも傘下に多数のNPO法人を擁し、東京都港区の支援を受けて、無料職業紹介所(みなと*しごと55)も運営しており、23区トップの就労支援実績を誇っています。
 
■社会的事業者等訓練コース(ワークショップ型訓練)受講までの流れ
 最寄りのハローワークへ行って、求職申し込みをし、どのような仕事を希望するか、どのような職業能力を身に付ける必要があるか相談する。「受講申込書」に訓練実施機関名、訓練コース名、訓練科名、訓練番号、訓練機関を記載、受付印をもらう(受講申込書はハローワークにもありますが、写真や認定番号等の記載が必要です。下の受講申込書を印刷して記入し、写真も持参すれば、手間が減ります)。
 ハローワーク担当者に社会的事業者等訓練コース(ワークショップ型訓練)の基金訓練を受講したいと申し出れば、対応してもらえます。訓練・生活給付金の受給を希望する場合、ハローワーク担当者とよく相談してください。
        ↓↓
申し込み・問い合わせ先に選考申し込み
(電話でお名前・電話番号・メールアドレス・受付ハローワーク等をお知らせください)
        ↓↓
面接・筆記試験
        ↓↓
「選考結果通知書(合格)」の受領
        ↓↓
「受講申込書」「選考結果通知書」をもって、再度ハローワークへ行き、「受講勧奨通知書」の交付を受けてください。
        ↓↓
開講式から訓練がスタート

受講申込書



 基金訓練、訓練・生活支援給付金の詳細は、
厚生労働省 緊急人材育成・就職支援基金事業
http://www.javada.or.jp/kikin/support01/01.html

※各コースの内容・日程・応募手続きは異なりますので、詳細はチラシをご覧ください。

■名古屋
 訓練コース名:社会的事業者等訓練コース(ワークショップ型訓練)
 訓練科名:NPO等起業者育成科
 訓練番号:22-23-04-21-197
 訓練期間:平成22年9月7日〜平成23年2月25日
 選考日:8月30日(月)
 問い合わせ先:日本ランドエンジニアリング株式会社
 TEL:090-8867-1877(担当:橋本)
名古屋チラシ



■松山
 訓練コース名:社会的事業者等訓練コース(ワークショップ型訓練)
 訓練科名:社会的事業者等養成科
 訓練番号:22-38-04-21-0050
 訓練期間:平成22年10月1日〜平成23年3月25日
 選考日:9月6日(月)
 問い合わせ先:NPO法人えひめ福祉移動サービス支援センター
 TEL:090-4781-6335(担当:河野)
松山チラシ

 

■鹿児島
 訓練コース名:社会的事業者等訓練コース(ワークショップ型訓練)
 訓練科名:地域づくり人材育成科
 訓練番号:22-46-04-21-0069
 訓練期間:平成22年10月1日〜平成23年3月24日
 選考日:9月7日(火)
 問い合わせ先:かごしま地域協働創造者育成教室
 TEL:090-3882-6580
鹿児島チラシ



■別府
 訓練コース名:社会的事業者等訓練コース(ワークショップ型訓練)
 訓練科名:NPO等起業者養成科
 訓練番号:22-44-04-21-0059
 訓練期間:平成22年10月4日〜平成23年3月25日
 選考日:9月15日(水)
 問い合わせ先:別府市ふれあい交流館鼓楼教室
 TEL:0977-25-4555
別府チラシ

posted by こんぶ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2010年08月06日

緊急!! 8月6日夜の東京MXテレビで、芝の家と大正さろんを紹介

 芝の家のメールニュース8月6日号を編集して、転載します。

============================
【1】今晩!! 東京 MX テレビで紹介されます。
   8/6(金)TOKYO MX NEWS 20:00-20:45 の中の
  「変わる大学 地域との連携を求めて」(約7分間)
============================

今晩、芝の家が東京 MX テレビのニュースで紹介されます。
番組の中の「変わる大学 地域との連携を求めて」という特
集です。(約7分間)

8/6(金)TOKYO MX NEWS 20:00-20:45
地上デジタル放送 9 チャンネル
アナログ放送   14チャンネル

芝の家のほかに、大正大学の「大正さろん」、専修大学の清
掃活動が取り上げられます。スタジオゲストには大正大学の
弓山教授がいらっしゃる予定だそうです。

取材は先日火曜日にありました。たくさん撮ってもらったので
すが、時間が短いのでどんな風になってるのか気になります。
でもとても素敵な取材になったので、放映が楽しみです。

NPO法人でもくらしぃ 大正さろんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/taisho_salon/e/92bb0f6e3410704d423cf4922bb2f305
弓山達也仮想研究所―毎日がCryMax―
http://yumiyama.spinavi.net/
コミュニティカフェ全国連絡会
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/25

============================
【2】夏休みのお知らせ
   8/8(日)から8/15(日)まで休みます。
   http://www.shibanoie.net/2010/07/31/natsuyasumi2010/
============================

2010.08.06 べべ

____________________

芝の家:昭和の地域力再発見事業拠点

月火木 11:00〜16:00(コミュニティ喫茶月火木)
水木金 13:00〜18:00(駄菓子と昔遊びのあるオープンスペース)

〒105-0014 港区芝3-26-10 ハイツ猿田1F

tel/fax:03-3453-0474
e-mail: mita@feel.ocn.ne.jp
webサイト: http://www.shibanoie.net/
ちゃぶ台日誌、更新しています!
____________________
posted by こんぶ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連記事・番組