CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年08月09日

カフェや仕事の合間に最適な「イス体操」のDVD

 キングレコードは7月、「ごぼう先生といっしょ! 毎日10分健康 イス体操 ≪大きな字幕付き≫」を発売しました。3,000円+税。
 毎日10分、イスに座りながら簡単に楽しく行える体操を集めたもので、曜日別に月曜:口腔体操、火曜:ストレッチ体操(以上、難易度★)、水曜:足の体操、金曜:タオル体操、土曜:音楽体操(以上、難易度★★)、木曜:指の体操、日曜:スポーツ体操(以上、難易度★★★)となっています。それぞれの体操は、7〜13種類の体操で構成され、「発声 ぱんだのたからもの」(口腔体操)、「ぎゅーぱー体操」(ストレッチ体操)など、タイトルからして笑えるものも含まれています。
 「ごぼう先生」は、介護の「ご」、予防の「ぼう」から付けた名前。医療業界に勤めていた経験と、実祖母が認知症になった体験等を活かし、高齢者の「衰え」予防・健康体操の普及・指導につとめており、愛知県で地域密着型デイサービス「リハビリカフェ倶楽部 岡崎店」を経営しています。
 健康維持や「衰え」予防のために、皆さんのカフェや仕事場でも、この「イス体操」を取り入れてみてはいかがでしょうか?
 内容の詳細や動画のダイジェストは下記をご覧ください。
http://www.kingrecords.co.jp/gobou/
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIBE-168/

IMG-1525.JPG
posted by こんぶ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2017年07月21日

まちひとサイトが受講生の発表を動画で公開

 東京都の中央区社会福祉協議会の「まちひとサイト」は、2017年3月20日のコミュニティカフェ全国交流会で開設講座受講生の代表が事業計画を発表する様子を撮影しました。編集作業を終えた動画が下記に公開されていますので、ご覧ください。※下記表記は原文ママ。

日常の生活に広がる「コミュニティカフェ」
第7回コミュニティカフェ全国交流会―開設講座成果発表会(開会とグループ討論の様子)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2220.html

施設のスペースを活用してコミュニティ・カフェ(池上直宏さん、高橋樹世さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2221.html

病が日常の当事者が参加して営むコミュニティ・カフェ(杉本智穂さん、福原真紀子さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2222.html

あそびでつながるコミュニティ・カフェ(午頭由里恵さん、西宮敬子さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2223.html

「みそ汁」でワカモノの帰る場を、「スィーツ」で自宅をカフェに(今井迪代さん、元田洋子さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2224.html

幕張ベイタウンでの認知症カフェ開設は、第3の居場所づくり、第3のはたらき方づくり(葛谷正明さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2225.html

IMG_4435.JPG
posted by こんぶ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2017年06月05日

「キューピー財団」の「食を通した居場所づくり支援助成」、7月14日締め切り

 一般財団法人「キユーピーみらいたまご財団」は「食を通した居場所づくり支援助成プログラム」の申請を募集中です。
 助成対象は、日本国内の「地域における共食や食周りの様々な体験を通した子どもの心と身体の成長そして自立の支援を行うため、子ども食堂などの食を通した居場所づくりを行う公益的な団体」。開設費用や備品購入等費用として、上限50万円、総額200万円を助成します。応募締め切りは2017年7月14日(必着)。
 ほかに、食育活動を行う公益的な団体に、講座、イベント、研究等に必要な資金の一部を助成する「食育活動助成プログラム」もあります。上限100万円、総額400万円。
 詳細は、下記をご覧ください。
http://www.kewpiemiraitamagozaidan.or.jp/support/index.html

logo.gif
posted by こんぶ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2017年02月23日

伊豆への観光の際、お立ち寄りください!!

 静岡・伊東の「コミュニティカフェ アジサイ舎」からのお知らせです。

 3年前の「コミュニティカフェ全国交流会」に参加し、その時に頂いた情報を参考にしながら「コミュニティカフェ アジサイ舎」をオープンし、6月に3周年を迎えます。
 少しずつではありますが、知名度も上がってまいりました。地域の皆さんにご利用いただけるお店を目指し、これからも精進いたします。

 2017年3月4日(土)〜4月2日(日)、カフェが入っている城ヶ崎文化資料館(おもしろ博物館)の39周年記念として、107歳で亡くなるまで創作意欲を燃やし続けた農民人形作家、渡辺うめさんの人形展「あぜ道の詩」が開かれます。3月16日(木)13:00〜14:30にはうめさんの長女の方や郷土史研究家によるトークショーも行われます。この時間帯は、博物館に無料で入場できます。
 伊豆への観光の際、アジサイ舎にぜひお立ち寄りください。

◎コミュニティカフェ アジサイ舎
10:00〜16:30 水曜定休、3月17日(金)臨時休業
静岡県伊東市八幡野1156
城ヶ崎文化資料館(おもしろ博物館)内
0557-54-0959
ajisaisha@gmail.com
https://www.facebook.com/ajisaisha
http://www.jogasaki.org/

39shunen.jpg

posted by こんぶ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

東京・世田谷の「薪まきカフェ」がスタッフ募集!!

 2017年3月下旬、東京・世田谷の住宅地に、自宅を古民家風に改装した、薪ストーブのあるコミュニティカフェがオープンします。「薪まきカフェ」では、「自然が好き、里山が好き、人と接することが好き、コミュニティづくりに関心がある」など、一緒にカフェを育ててくれるスタッフ(有償ボランティア)を募集しています。
 詳細は、下記をご覧ください。
http://satoyama-makimaki.hatenadiary.jp/
http://makimaki.natural-ring-trust.org/

<条件>
場 所:東京都世田谷区千歳台6-8-9
勤務日:週1回〜OK
年 齢:不問
時 間:10〜14時
謝 礼:1時間500円
その他:調理ができる方、大歓迎

<お問い合わせ先>
薪まきカフェ オーナー小出さん
TEL:03-6912-5330
   090-4603-1875
info@natural-ring-trust.org

20170131165421.jpg
posted by こんぶ at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2017年02月20日

2月26日(日)まで着でメキシコの子どもたちへの恩返しの品、募集中!!

 一般社団法人Hearth(ハース)からのお知らせです(以下、原文です)。

===================
World Heart(ワールドハート)世界一周キャラバン・メキシコ
〜「ありがとう」を伝えたくて〜

【物品提供(メキシコへのプレゼント)・ご協力のお願い】

【企画趣旨】
 2011年の東日本大震災のとき、世界中の子ども達が日本を励ます為に、「日本への想い」を絵に描いて送ってくれました。私達はそれらの絵の展示会や、各種ワークショップ、イベントを日本国内および、海外で100回以上実施しています。
 メキシコから贈られた絵は約100枚。メキシコの友人が動いてくれて、語学学校や美術学校で学校プロジェクトとして「日本とは?」「地震とは?」「津波とは?」と学んだ上で描いてくれました。
 その画材代、発送費用は全てメキシコ人の友人が支払ってくれました。日本への送料はメキシコの高級アパートメント1ヶ月の家賃1/3に値するものでした。
震災から6年が経過し、日本を応援してくれたことに「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えると共に、日本の文化をメキシコの子ども達に伝えたいと思っております。
 今回はメキシコ国内3ヶ所に伺い、当時絵画を描いてくれた子ども達や先生方をお招きして、チャリティーパーティやワークショップを行います。
 その際に、プレゼントとして日本の小物や絵本などをプレゼントしたいと考えています。
 メキシコでは日本語を学ぶ人も多く親日家が多いので、和の手作り小物や絵本などは喜ばれると現地の友人にも確認致しました。
 もし、お知り合いで和の手作り小物や自宅に眠っている絵本などございましたら、お送り頂ければ幸いに存じます。ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

【メキシコへのプレゼント用品】ご協力いただける場合、2017年2月26日(日)までにご送付ください。
・手作りの和小物(アクリルたわし、千代紙で作った小箱、着物のはぎれで作ったヘア小物など)
・日本の絵本(自宅で眠っている絵本。プレゼントにさせていただくため、汚れなどがなく状態のよいもの)

【メキシコ現地での実施概要】
・日程(予定):2017年3月4日(土)、5日(日)、7日(火)
・場所:オアハカ、メキシコシティ
・内容:世界と東北の子ども達の絵・展示会、東北の人々からのメッセージ動画紹介、和食を提供
             
【送付先】
〒191-0032東京都日野市三沢2-20-18 藤ビル303
一般社団法人Hearth(ハース)内 ワールドハート・世界一周キャラバン実行委員会
代表理事 横畠文美(ヨコバタケ・アヤミ)
【連絡先】
TEL:042-506-5595 / 090-1402-1738(横畠)
E-mail heartth777@gmail.com
http://www.ohisamacho.com/
https://www.facebook.com/ohisamacho/
http://hearth-world.com/
posted by こんぶ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2017年02月02日

石川県能美市が、交流の場の運営も行うマネジャーを募集

 石川県能美市は、買い物弱者や高齢者の生活を支援している「認定NPO法人えんがわ」を運営する地域マネジャーを「能美市地域おこし協力隊」として、2017年2月28日まで募集中です。
 「認定NPO法人えんがわ」の活動の中には、高齢者の交流の場、居場所づくりの一環で、日中、居酒屋さんを貸し切って交流を行う「居酒屋えんがわ」(第2・第4木曜日)があります。

 具体的な役割としては、以下のような業務などを行います。
@賛助会員500人の集金業務(週3〜4日)
A「認定NPO法人えんがわ」が取り次ぐ地域産品を関西圏で販売する事務(運送会社の手配、梱包作業)
B困りごと相談(第2・第4土曜日)に対応する先生と相談者のスケジュール調整
Cふれあい市(毎週土曜9時〜12時)の店長補助
D買い物送迎車の配車スケジュールの管理(週2回〜)

 採用後は能美市の嘱託職員(非常勤特別職公務員)として雇用され、年度ごとの任用、最長3年まで更新されます。三大都市圏をはじめとする都市地域に在住し、採用後能美市の国造地区に住民票を異動することができることが条件で(住居提供)、パソコン、業務用携帯電話も貸与されます。
 そのほかの勤務条件、待遇・福利厚生、応募書類・スケジュール等は、下記をご覧ください(内容は共通)。
■能美市ホームページ
http://www.city.nomi.ishikawa.jp/chiiki/NomiVitalization/chiikiokosikyoryokutai.html
■スタンバイ(WEB上での求人募集サービス)
https://jp.stanby.com/ats/924213275976024065/jobs/0000002

1025554378813091840_full.jpg
posted by こんぶ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2017年01月30日

朝日認知症カフェ開設助成団体に、千葉市の受講生グループが選ばれる

 朝日新聞厚生文化事業団はこのほど、2016年9月に公募した「認知症カフェ開設応援助成金」の贈呈団体を発表しました。認知症カフェを新たに開く全国24団体に総額約2千万円を贈るもので、長寿社会文化協会(WAC)が主催したコミュニティカフェ開設講座(千葉)を2016年に受講した荻生(おぎう)延子さん、2014年に受講した葛谷正明さんらが参加する「うたせ認知症を考える会」(千葉市美浜区)も選ばれました。
 埋め立て地で22年前に街開きした打瀬(幕張ベイタウン)地区は高齢化率は低いものの、当初の入居者の高齢化や地方からの親の呼び寄せなどで高齢者が増えています。
 親や配偶者を介護している住民有志は、介護者が息抜きできる会を2015年に始め、2016年には葛谷さんや地区の民生児童委員が中心となって、「うたせ認知症を考える会」を4回開きました。会を重ねるごとに、住民やほかの民生児童委員、あんしんケアセンター(地域包括支援センター)、地区社協、生活支援コーディネーターのほかに、近隣の精神科医や千葉市認知症疾患医療センターの臨床心理士らを協力者に巻き込み、毎回60人以上が参加するようになりました。
 朝日新聞千葉版の告知記事でWACの「コミュニティカフェ開設講座(千葉)」の開催を知った荻生さんは、2016年9〜10月に受講し、カフェのプランを検討。その最中にあった「ともにつくる認知症カフェ開設応援助成」の募集に応募したものです。
 現在開設準備中ですが、「幕張ベイタウン地域連携センター」(旧千葉市打瀬子どもルーム)で第1回を4月12日(水)に開き、その後、毎月1回開く予定です。
 
IMG_7867.PNG

http://www.asahi-welfare.or.jp/archives/2017/01/24.html
posted by こんぶ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2016年12月21日

「住まいとコミュニティづくり活動助成」の団体募集中!!

 一般財団法人「ハウジングアンドコミュニティ財団」は、「住まいとコミュニティづくり活動助成」の2017年度助成対象団体を募集しています。
 同助成は、全国の市民の自発的な住まいづくりやまちづくり、地域づくりを24年間にわたって支援してきており、過去に支援を受けた活動にはコミュニティカフェも含まれています。
 助成金額の上限は120万円。応募受付締切は2017年1月11日(水)必着。詳細は下記をご覧ください。
http://www.hc-zaidan.or.jp/program.html

oubo_01.jpg
posted by こんぶ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2016年10月03日

カフェスローがスタッフ募集

 スローカフェの元祖、東京・国分寺のカフェスローは現在、スタッフを募集中です。
 ホール・キッチンのアルバイトのほか、正社員として、近い将来、カフェスローの経営の一端を担ってもらえる人材を探しています。具体的には下記のような方です
・環境問題や社会問題をカフェスローを通じて発信したい方。スロームーブメントに理解があること
・変化に柔軟に対応し、積極的にかかわれる方
・常に体力仕事の現場なので、心身ともに健康な方
 詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.cafeslow.com/recruit.htm
17.jpg
posted by こんぶ at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス