CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年02月02日

石川県能美市が、交流の場の運営も行うマネジャーを募集

 石川県能美市は、買い物弱者や高齢者の生活を支援している「認定NPO法人えんがわ」を運営する地域マネジャーを「能美市地域おこし協力隊」として、2017年2月28日まで募集中です。
 「認定NPO法人えんがわ」の活動の中には、高齢者の交流の場、居場所づくりの一環で、日中、居酒屋さんを貸し切って交流を行う「居酒屋えんがわ」(第2・第4木曜日)があります。

 具体的な役割としては、以下のような業務などを行います。
@賛助会員500人の集金業務(週3〜4日)
A「認定NPO法人えんがわ」が取り次ぐ地域産品を関西圏で販売する事務(運送会社の手配、梱包作業)
B困りごと相談(第2・第4土曜日)に対応する先生と相談者のスケジュール調整
Cふれあい市(毎週土曜9時〜12時)の店長補助
D買い物送迎車の配車スケジュールの管理(週2回〜)

 採用後は能美市の嘱託職員(非常勤特別職公務員)として雇用され、年度ごとの任用、最長3年まで更新されます。三大都市圏をはじめとする都市地域に在住し、採用後能美市の国造地区に住民票を異動することができることが条件で(住居提供)、パソコン、業務用携帯電話も貸与されます。
 そのほかの勤務条件、待遇・福利厚生、応募書類・スケジュール等は、下記をご覧ください(内容は共通)。
■能美市ホームページ
http://www.city.nomi.ishikawa.jp/chiiki/NomiVitalization/chiikiokosikyoryokutai.html
■スタンバイ(WEB上での求人募集サービス)
https://jp.stanby.com/ats/924213275976024065/jobs/0000002

1025554378813091840_full.jpg
posted by こんぶ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2017年01月30日

朝日認知症カフェ開設助成団体に、千葉市の受講生グループが選ばれる

 朝日新聞厚生文化事業団はこのほど、2016年9月に公募した「認知症カフェ開設応援助成金」の贈呈団体を発表しました。認知症カフェを新たに開く全国24団体に総額約2千万円を贈るもので、長寿社会文化協会(WAC)が主催したコミュニティカフェ開設講座(千葉)を2016年に受講した荻生(おぎう)延子さん、2014年に受講した葛谷正明さんらが参加する「うたせ認知症を考える会」(千葉市美浜区)も選ばれました。
 埋め立て地で22年前に街開きした打瀬(幕張ベイタウン)地区は高齢化率は低いものの、当初の入居者の高齢化や地方からの親の呼び寄せなどで高齢者が増えています。
 親や配偶者を介護している住民有志は、介護者が息抜きできる会を2015年に始め、2016年には葛谷さんや地区の民生児童委員が中心となって、「うたせ認知症を考える会」を4回開きました。会を重ねるごとに、住民やほかの民生児童委員、あんしんケアセンター(地域包括支援センター)、地区社協、生活支援コーディネーターのほかに、近隣の精神科医や千葉市認知症疾患医療センターの臨床心理士らを協力者に巻き込み、毎回60人以上が参加するようになりました。
 朝日新聞千葉版の告知記事でWACの「コミュニティカフェ開設講座(千葉)」の開催を知った荻生さんは、2016年9〜10月に受講し、カフェのプランを検討。その最中にあった「ともにつくる認知症カフェ開設応援助成」の募集に応募したものです。
 現在開設準備中ですが、「幕張ベイタウン地域連携センター」(旧千葉市打瀬子どもルーム)で第1回を4月12日(水)に開き、その後、毎月1回開く予定です。
 
IMG_7867.PNG

http://www.asahi-welfare.or.jp/archives/2017/01/24.html
posted by こんぶ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2016年12月21日

「住まいとコミュニティづくり活動助成」の団体募集中!!

 一般財団法人「ハウジングアンドコミュニティ財団」は、「住まいとコミュニティづくり活動助成」の2017年度助成対象団体を募集しています。
 同助成は、全国の市民の自発的な住まいづくりやまちづくり、地域づくりを24年間にわたって支援してきており、過去に支援を受けた活動にはコミュニティカフェも含まれています。
 助成金額の上限は120万円。応募受付締切は2017年1月11日(水)必着。詳細は下記をご覧ください。
http://www.hc-zaidan.or.jp/program.html

oubo_01.jpg
posted by こんぶ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2016年10月03日

カフェスローがスタッフ募集

 スローカフェの元祖、東京・国分寺のカフェスローは現在、スタッフを募集中です。
 ホール・キッチンのアルバイトのほか、正社員として、近い将来、カフェスローの経営の一端を担ってもらえる人材を探しています。具体的には下記のような方です
・環境問題や社会問題をカフェスローを通じて発信したい方。スロームーブメントに理解があること
・変化に柔軟に対応し、積極的にかかわれる方
・常に体力仕事の現場なので、心身ともに健康な方
 詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.cafeslow.com/recruit.htm
17.jpg
posted by こんぶ at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2016年09月20日

朝日新聞厚生文化事業団が「認知症カフェ開設応援助成」、10月7日締め切り

 朝日新聞厚生文化事業団は、2017年2月〜4月の間に新規で認知症カフェを開設する団体・グループ、カフェを対象に、開設のための初期費用と3年間の運営費として最大100万円を助成する「ともにつくる認知症カフェ開設応援助成」の応募を10月7日(金)(必着)まで受け付けています。
 助成対象・内容の詳細や応募方法は下記をご覧ください。
http://www.asahi-welfare.or.jp/archives/2016/08/post-197.html
http://www.asahi-welfare.or.jp/news/pdf/ninchisho_201608_josei.pdf (チラシ)

ninchisho_201608_josei_01.jpg
posted by こんぶ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2016年09月12日

東京・日野の「あったカフェ」が開設1周年記念で入館無料に!!

 社会福祉法人「マザアス」が東京・日野で運営している「認知症コミュニティ・あったカフェ」は10月5日(水)、開設1周年を記念して、入館料を無料とします。お近くの方は、ぜひご利用ください。
 「認知症コミュニティ・あったカフェ」は毎週水曜の10〜16時に開き、入館料は100円(コーヒーまたは健康茶付き)。認知症の当事者や家族、地域の人、専門職など誰もがゆったりと過ごせ、認知症のことを知りたい地域の人の情報交換の場として利用してもらうため、マザアスが開設したものです。2014年度コミュニティカフェ開設講座(東京)受講生の黒澤信一さんが事務長を務めています。
 所在地や連絡先などは、下記のチラシをご覧ください。
◎関連記事
http://blog.canpan.info/com-cafe/archive/619
あったカフェ1周年チラシ_01.jpg
posted by こんぶ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2016年05月26日

まちひとサイトが受講生の発表を動画で公開

 東京都の中央区社会福祉協議会の「まちひとサイト」は、3月27日のコミュニティカフェ全国交流会で開設講座受講生の代表が事業計画を発表する様子を撮影しました。このうち、公開を了承した方の動画のみ公開しました。動画は、下記をご覧ください。

コミュニティカフェは地域福祉政策との関わりも深めて 第6回コミュニティカフェ全国交流会成果発表会
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-1885.html

高齢者福祉施設が直接関わるコミュニティカフェ(森野佳織さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-1886.html

’まちづくり’に関わるコミュニティーカフ(野間康彰さん、横田明菜さん・川上和宏さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-1887.html

ライブ、アートで集うコミュニティカフェ(近藤恵理子さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-1888.html

地域で暮らす夫婦が立ち上げるコミュニティカフェ「まちの保健室・ひだまり」(阿部ひとみさん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-1889.html

介護福祉士が高齢者の健康のために立ち上げた「ネコノテカフェ」の企画から開業経過まで(鈴木衛理歌さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-1890.html

IMG_1279.JPG
posted by こんぶ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2016年05月10日

アルコイリスが5月14日に「おたがいさま食堂」、20日から「まかない食堂」を開始

 「大人の秘密基地arcoiris(アルコイリス)」(埼玉県和光市)は、食のシステムを少し変更します。5月14日(土)からの昼ごはん(11:30〜14:30)の「おこのみ食堂」と5月20日開始の毎週金曜夜18:00〜21:00の「まかない食堂」です。

 「おこのみ食堂」は主菜(700〜900円)を選び、あとは炊き立ての土鍋ごはん、季節野菜のサラダ、2種類の副菜、スープを食べたい分だけ、お好みでよそうシステム。料理は、和光市の農家や商店のイチオシ食材をふんだんに使っています。
http://www.base-arco.com/%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC/

 また、「まかない食堂」は、毎回違う大皿料理が5種類並び、それを好きなだけよそうもので700円。生ビール、ウィスキー、焼酎、カクテル類、日本酒などのアルコール類は450円〜、ソフトドリンクも400円で販売します。
 作るスタッフも一緒に食べますが、「まかないスタッフ」を毎回2人募集します。17時から1時間弱、調理の補助やセッティング、皿の用意などを手伝えば、1回分の代金が無料となる「まかない券」が支給されます。
http://www.base-arco.com/%E3%81%BE%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84%E9%A3%9F%E5%A0%82/ 

 同カフェではほかに、集まったみんなで一緒にごはんを作って、食べて、交流する、いわゆる「まち食」を「和光 おたがいさま食堂」と呼んで、月1回行っています。6回目は手打ちそばをメインに、5月14日(土)16:00〜20:00に行います。参加費は大人1,200円、ドリンク300円など。詳細は下記をご覧ください。
http://www.base-arco.com/%E3%81%8A%E3%81%9F%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%BE%E9%A3%9F%E5%A0%82-1/

image.jpg

おたがいさま食堂で、「いただきます」をする参加者
posted by こんぶ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2016年03月23日

大阪のココルームが「ゲストハウスとカフェと庭」にリニューアル、4月3日(日)にオープニングセレモニー

 大阪・西成のココルームカフェは移転し、「ゲストハウスとカフェと庭」に生まれ変わります。ココルームカフェは「クラシック音楽喫茶BAR」にリニューアルされます。現在、ボランティアの手を借りて、庭づくりや内装、引越しなどが進行中です(詳しくは、 https://www.facebook.com/cocoroom/ )。
 オープンは4月3日(日)ですが、その日は13〜17時までオープニングセレモニーを開きます。詳しくは、ココルームのホームページやチラシ(pdf)をご覧ください。
http://www.cocoroom.org/
http://www.cocoroom.org/c&g/Opening.pdf

Opening_01.jpg


Opening_02.jpg
posted by こんぶ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス

2016年02月08日

ヘルシーカフェのらが「埼玉S級グルメ」に認定される

 埼玉県は、2013年度から「県産食材または伝統的な地域のグルメとして定着している食材を使用し、料理人の工夫、店舗の雰囲気等で豊かさを実感できる埼玉ならではのグルメ」を埼玉S級グルメとして認定し、「食」のブランド化を図っています。
 2015年度は自薦他薦の公募による89店舗を含む200店舗の中から最終的に82店舗を現地調査し、「地産地消」「味、素材など」「サービス」「建物、内装」「その他」について有識者による審査を行い、40店舗を選定しました。
 その中に、コミュニティカフェとして唯一、さいたま市南区のヘルシーカフェのらも含まれ、「ヘルシー料理が食べられる交流の場」と紹介されています。

ヘルシーカフェのら_s.JPG


 埼玉S級グルメは、埼玉県公式観光サイト「ちょこたび埼玉」で2013年度からの認定店も含めて全100店舗が紹介されています。
http://www.sainokuni-kanko.jp/?page_id=1408
 ヘルシーカフェのらは、「カフェ・レストラン」のジャンルに載っており、詳細ページは下記です。
http://www.sainokuni-kanko.jp/?page_id=1829
 また、JTBパブリッシングが認定店舗と周辺の観光スポットを紹介する特集誌(AB判32頁のパンフレット)を制作し、埼玉県(観光課)、埼玉県物産観光協会、県内市町村、JTB各店舗、埼玉S級グルメ認定店舗、県内のホテル・旅館等で配布されています。パンフレットのpdfデータは上記サイトでダウンロードすることもできます。

saitama_s.JPG


◎ヘルシーカフェのら
http://healthy-cafe-nora.jimdo.com/
https://www.facebook.com/healthycafenora/

◎埼玉県報道発表資料
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/160125-04.html
posted by こんぶ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス