CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年11月11日

11月22日(土)、福島県新地町で金沢観光創造会議の加茂谷さんがコミュニティカフェについて講演

 生活クラブふくしま生活協同組合からのお知らせです。

 東日本大震災以降、「地域のきずな」「人とのつながり」の重要性が改めて見直されています。被災地のひとつである福島県相馬郡新地町では、コミュニティづくりや高齢者対策の一環として、5つの仮設住宅で「青空市」を毎月実施してきました(2014年6月まで)。新地町では現在、仮設住宅を離れ、高齢者住宅や復興住宅へ移り住む人が多くなり、被災前から歴史的に培ってきたコミュニティや人と人との関係性をそのままを維持するのは難しい状況となってきています。

 生活クラブふくしま生活共同組合では、新地町地区で引き続き地縁を維持していくためのヒントとして「コミュニティカフェ」の存在に注目しました。生活クラブふくしまと連動したコミュニティカフェ(地域カフェ、たまり場)の存在は、地域のつながりを維持するだけでなく、新しいコミュニティの場や仕事の創出、生きがいの発見などにもつながります。

 11月22日、「コミュニティカフェ」について学ぶ機会として、全国の事例を取材し、自らもコミュニティカフェの開設支援に尽力する講師を招き、お話を伺います。「コミュニティカフェについて、はじめの一歩から知りたい」という方はこの機会にぜひご参加ください。

日程:2014年11月22日(土)13〜16時
会場:新地町・駒ヶ嶺公民館(福島県相馬郡新地町駒ヶ嶺字新町11)
講師:加茂谷慎治さん(総務省 地域力創造アドバイザー、金沢観光創造会議 代表理事)
主な内容(予定):
▽コミュニティカフェって何だろう
▽地域の居場所に求められるもの
▽事業としてのコミュニティカフェ
▽各地のコミュニティカフェの様子」
▽社会とのつながりのために
▽コミュニティカフェで社会を変える
参加費:無料
参加申し込み:080-3307-4130(9〜20時対応)または satou.shien.s-club.coop@hotmail.co.jp まで(担当:佐藤慶介)。
申し込み期限:11月20日(木)。定員(30人)に達しない場合のみ、当日の飛び入り参加もできますが、なるべく事前に申し込みください。
主催:生活クラブふくしま生活協同組合

●生活クラブふくしま生活協同組合の案内ページ
http://fukushimaseikyo2.blog35.fc2.com/blog-entry-211.html
●地域(まち)の縁側 com-cafeの案内ページ
http://com-cafe.h2o-d.jp/
posted by こんぶ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック