CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年09月07日

9月22日(土祝)、東京・中野区役所で「新しい『公共の場』としてのコミュニティカフェ」研究会開催

第26回コミュニティカフェ研究会チラシ.jpg

第26回コミュニティカフェ研究会チラシK.pdf

 2008年12月から長寿社会文化協会(WAC)が開いてきたコミュニティカフェ研究会は今年度、「協議体チーム中野」の主催で行います。通算26回目となる今回は、東京都新しい公共支援事業の助成を受けて10月から行う「コミュニティカフェ開設講座」を前にして、コミュニティカフェを新しい「公共の場」と位置付けてみます。自らが住む横浜市の港南台タウンカフェなどの活動に関わっている名和田是彦・法政大学教授に、居場所づくりや交流拠点づくりの広がり、公共空間としてのコミュニティカフェの役割、拠点の運営課題、地元企業や自治会、商店街、NPOとの連携などについて語っていただきます。

●テーマ:新しい「公共の場」としてのコミュニティカフェ
●講師:名和田 是彦 氏(法政大学法学部教授)
●日時:2012年9月22日(土祝)14:00〜16:00(13:30開場)
●会場:中野区役所9階会議室(JR中野駅前 ※休日につき、サンプラザ側入口からお入りください)
●参加費:500円(資料代含む。当日お支払い)
●定員:100人 ※中野区外の方も参加できます。
●主催:協議体チーム中野(事務局WAC内 TEL:03-5405-1501)

●参加申し込み(@が不可能な方は、フォームの下をご覧ください)
@フォームを入力し、送信
https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?formkey=dHRuQ09wODNiYXExRWFucHZiRHJSdHc6MA

A @が不可能な方のみ、チラシに書いてある項目をFAXか電話でお知らせください。間違いを防ぐため、電話でのお申し込みはなるべく避けてください。
FAX:03-5405-1502  TEL:03-5405-1501

※この研究会は、東京都新しい公共支援事業の助成を受けて実施します。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック