CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年08月02日

9月2日(日)〜10月21日(日)、千葉市で無料のコミュニティカフェ開設講座

受講料無料。単回参加や団体内、友達・家族で交代での参加も可能です。

●講座概要チラシ(pdf)
2018年度コミュニティカフェ開設講座(千葉)チラシ2.pdf
●受講申し込みフォーム(難しい方は、下記にFAX等の方法あり)
https://goo.gl/8saQ58
●イベントページ
https://www.facebook.com/events/988147598024345/

 地域の人が集まって、高齢者、障害者や子育ての支援、まちづくりなどに取り組む場、「コミュニティカフェ」。最近では、コミュニティビジネスの一つとして、若年層のサードプレイスとして、また地域での高齢者や子どもの見守り・支え合いの拠点などとしても注目されています。

千@IMG_2243.JPG

 長寿社会文化協会(WAC)が運営・管理する千葉県福祉ふれあいプラザでは、千葉県の一般県民研修として、運営者2人、税理士1人による連続講座を開きます。今年はケアラーズカフェ(介護者支援カフェ)や認知症カフェ、子ども食堂も含むコミュニティカフェを開きたい人・団体を対象とし、誰もが参加できる「ユニバーサルカフェ」を目指す人を歓迎します。
 千葉では5回目となるこの講座では、毎年、一定数の方がコミュニティカフェ開設に結びつけています。既に開いている方の学び直しにも最適です。
 会場・日程・内容・講師等詳細は下記の通りです。

■2018年度コミュニティカフェ開設講座(千葉)
●会場(現場見学の第3回・第5回は除く)
 ちばぎんざ図書館(千葉市中央区中央3-3-9 MF9ビル2階)など
最寄駅 JR千葉駅から徒歩10分、京成千葉中央駅から徒歩5分など
http://www.librarylife.net/library/detail/0006

●日程・主な内容
@9月2日(日)9:45〜13:00
●先輩受講生の開設事例発表、オリエンテーション
 各受講生の自己紹介、講師と先輩受講生も交えた情報交換会

◎先輩受講生
 小倉光枝さん(2014年度受講):コミュニティ・カフェ まいんど 代表
https://ameblo.jp/com-cafe-maindo/
 西宮敬子さん(2016年度受講):おもちゃ図書館cafeサンタ 代表
https://toycafe-santa.jimdo.com/
https://www.facebook.com/ichikawa.toylibrary/
 前野由美さん(2016年度受講):千草台みかん図書館
https://www.facebook.com/mikan.library/ 

◎講師
 小泉圭司さん:元気スタンド・ぷリズム合同会社 代表
https://goo.gl/4R2BaS
https://goo.gl/vLWXQp
 堀内龍文さん:税理士、堀内会計事務所 代表
http://horiuchi-cpta.com/

A9月9日(日)9:45〜13:00
◎講師:小泉圭司さん
●講義:元気スタンド・ぷリズムの創業から店舗運営まで―資金調達、資格、許認可、内装工事、必要経費などについて、事業計画の進め方
●ワークショップ:地域の課題を上げてみよう。身の回りの地域課題、社会資源、ネットワークを調べよう。自分のやりたい活動内容発表

B9月16日(日)
 認知症カフェ見学・体験(希望者のみ)
 10:00〜12:00
 袖団カフェ(習志野市袖ケ浦3-5-3-1 袖ヶ浦団地集会所、JR・京成津田沼駅からバス。付近にコインパーキングあり)
https://www.facebook.com/sodedancafe/

 13:00〜16:00
 認知症わかり合いの会「和みかふぇ」(千葉市美浜区高洲1-16-46 cafeどんぐりの木、付近に日曜・休日に駐車禁止除外路側帯あり)
http://blog.canpan.info/cafe753
https://www.facebook.com/cafe753

C9月22日(土)9:45〜13:00
◎講師
 布川佐登美さん:NPO法人ケアラーネットみちくさ 理事長
http://michikusa-net.com/
https://www.facebook.com/michikusatei
●講義:カフェでのケアラーズ支援、ケアラーズカフェの役割、認知症カフェの現状
●ワークショップ:どんな認知症カフェを立ち上げるか

D10月8日(月祝)
 コミュニティカフェ見学・体験(希望者のみ)
 12:00〜16:00
 AOSORA CAFE(千葉市中央区矢作町209)
http://aosoracafe.com/index.html
https://www.facebook.com/Aosora-CAFE-627699060717231/
※第2回の講座の時に、各自の見学先の希望を集約する予定です。受け入れ先のカフェの都合により人数制限があるため、必ずしも希望通りにならない場合もあります。

E10月13日(土)9:45〜13:00
◎講師:堀内龍文さん
●講義:コミュニティカフェのマネジメント
・経営に必要なもの/収支・資金計画/カフェを続けていくためのマーケティング

F10月21日(日)9:45〜13:00
講師:小泉圭司さん、堀内龍文さん
●各自の事業計画の発表(個人、もしくはチームで)
●参加者全員で感想を伝えよう。
※講座終了後、交流会(希望者のみ)

※このほか、課外に会場近くや先輩受講生が開設したカフェの見学、模擬カフェなども予定。

●講師
小泉10624796_697978723619097_7951338080120985412_n.jpg

第1回・第2回・第7回の小泉圭司さん


horiuchi1.JPG

第1回・第6回・第7回の堀内龍文さん


IMG_1531.JPG

第4回の布川佐登美さん

●受講対象
・コミュニティカフェ(ケアラーズカフェ、認知症カフェ、子ども食堂等を含む)の運営や開設に興味がある方、空きスペースをお持ちで地域で生かしたい方、地域貢献を考えている企業の方。とりあえず、コミュニティカフェについて学びたい方。
・メール、インターネット、word等、基本的なパソコン操作ができる人を歓迎します。
なるべく全回参加を希望しますが、単回参加や団体内、友達・家族等と交代での受講も可能です。
・千葉県民優先。県外の方は、ご相談ください。

●定員25人 
受講料無料。交通費、カフェでの飲食代、交流会参加費は各自負担。
●後援:千葉市

●受講申し込み(なるべく@の方法でお願いします)
@下記フォームを入力して送信
https://goo.gl/8saQ58

A下記項目をメールまたはFAXでお知らせください(@が不可能な方のみ)。
 E-mail:kombuyama@furepla.jp  FAX:04-7165-2882
・お名前(漢字):
・お名前(ふりがな):
・所属先・職業等:
・年齢:
・メールアドレス(パソコンからのメールを受けられる、なるべくパソコンかスマホのアドレス。ご家族のアドレスでも可):
・TEL(なるべく携帯電話)
・住所(市町村と町名まで。番地等不要。例:千葉市中央区中央)
・欠席する日があれば、その日にち
・作文「受講動機や開きたいコミュニティカフェ(ケアラーズカフェ、認知症カフェ、子ども食堂等も含む)、自己紹介等」。指導上の参考にさせていただきますので、短くてもよいのでなるべく書いてください。400字以内。
 受講についての詳細は、追って連絡します。

●受講申込締切:9月1日(土)。定員に達し次第、締め切ります。

●問い合わせ先
 千葉県福祉ふれあいプラザ(担当:昆布山)※月曜休館です。
 TEL:04-7165-2881  FAX:004-7165-2882
 E-mail:kombuyama@furepla.jp

※お預かりした個人情報は、講座や研究会等の案内、コミュニティカフェ情報の送付にのみ使用します。

2018年度コミュニティカフェ開設講座(千葉)チラシ2.jpg
posted by こんぶ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2018年08月01日

8月4日(土)、東京のWACで「コミュニティカフェ1day実践講座」開催

※受け入れの定員を増やしました。受講を希望する方はお早めにお申し込みください。

 長寿社会文化協会(WAC)では、コミュニティカフェの集客方法、空間づくり、店舗・自宅改装、資金計画・運用の専門家4人による「コミュニティカフェ1day実践講座」を開きます。
 開設に向けた一歩が踏み出せない、開設したが完成型に近づいていない、地域と密接なカフェにしたい、店舗イメージを具体化したい、お金の準備をしっかりしたい、そんな方にオススメの講座です。過去に開設講座を受けた方や、受けたことはないがコミュニティカフェの基礎的知識がある方は大歓迎です。
 また、空き家、空き店舗など空きスペースの活用を考えているオーナーさん、地域貢献を考えている企業の皆さんもご参加ください!

 講座の内容や受講申込方法など詳細は、下記をご覧ください。
8月コミュニティカフェ1day実践講座チラシ.pdf

■コミュニティカフェ1day実践講座
◎日時:2018年8月4日(土)10:00〜16:00
◎場所:WAC研修室(東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館1階)
http://www.wac.or.jp/access.html

◎午前の部(10:00〜12:00)
@複数事例から学ぶ、お客様の集め方
 公益社団法人 長寿社会文化協会(WAC)
 コミュニティカフェ事業担当 昆布山(こんぶやま)良則
 全国のコミュニティカフェ(コミカフェ)を熟知している昆布山より、成功している取り組みや、コミカフェが地域にもたらした効果などを紹介します。
A予約の取れないコミカフェに学ぶ空間づくり
 加賀木材(株) 森下 大介 氏
 徹底して空間づくりにこだわったことにより成功した、ウッドスタイルカフェ(子育てカフェ)から空間づくりのポイントを紹介します。

◎午後の部(13:00〜16:00)
@店舗改装・自宅改装のイメージ作りとコツ
 (株)UEKI 代表取締役 植木 拓史 氏
 「できない」を「できる」に変え、数々の店舗内装を手がけた工務店。店舗のレイアウト事例の紹介や、自宅改装の現場事例を紹介し、具体的な店舗イメージを持てるような情報を提供します。
A空間づくり〜オープンまでを支えるお金の話
 堀内会計事務所 税理士 堀内 龍文 氏
コミュニティカフェ開設に関わる財務・経営について長年講師として携わってきた経験から、お金で諦めない・失敗しない、準備方法についてわかりやすく説明します。

※講座終了後、情報交換・交流会を行います(自由参加)。

◎受講料:一般5,000円(WAC賛助会員会費3,000円含む)、WAC会員2,000円
    過去の開設講座受講者4,000円
◎定員:20人(先着)
◎場所:WAC研修室(東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館1階)
◎参加申し込み方法(なるべく@の方法でお願いします)
@下記フォームを入力して送信
https://goo.gl/forms/EWj7Uvcf7CbLTQhv2

Aフォーム入力が不可能な方のみ、お名前、年齢、TEL、E-mail(お持ちの場合)、住所(都道府県・市区町村のみ)、情報交換・交流会の参加・不参加、この講座を知った経緯をメール(com-cafe@wac.or.jp)またはFAX(03-5405-1502)でお知らせください。なるべく、@のフォームからの申し込みをお願いします。
※お預かりした個人情報は、講座や研究会等の案内、コミュニティカフェ情報の送付のみに使用します。

◎お問い合わせ先:
 公益社団法人 長寿社会文化協会(WAC)事務局
 担当:昆布山、小山
E-mail com-cafe@wac.or.jp
TEL:03-5405-1501
※担当者は不在が多いため、折り返しにてご連絡いたします。

8月コミュニティカフェ1day実践講座チラシ.jpg
posted by こんぶ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

生活支援サービスの担い手養成研修を引き受けています

 長寿社会文化協会(WAC)では、新しい総合事業の生活支援サービスの担い手養成研修を、市町村などからの委託を受けて、行っています。
wac_機関誌「ふれあいねっと」2018年5月号記事.pdf

 2015年度は東京都江東区、2016年度は愛知県、2017、2018年度は東京都の八王子市と府中市、また2015〜2018年度は東京しごと財団から研修事業を引き受けています。
 日本医療企画からWAC監修で
書籍『はじめて学ぶ 生活支援 生活支援サービス従事者養成テキスト』
https://ec.jmp.co.jp/products/detail.php?product_id=1602
を発行し、市町村の求めに応じて、WAC独自の
「高齢者疑似体験プログラム」
http://www.wac.or.jp/urashima/urashimataro.html
などを組み合わせて、研修を行っています。
 生活支援サービスの担い手養成研修、その他関連研修を検討されている市町村の方は、下記までお問い合わせください。

長寿社会文化協会 研修・教育事業担当常務理事 平野
TEL:03-5405-1501
E-mail:iken@wac.or.jp

0001.jpg
posted by こんぶ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局からのお知らせ

2018年07月11日

7月29日(日)、東京・日比谷図書文化館で「認知症カフェからみる介護者支援」フォーラム

 NPO法人「介護者サポートネットワークセンター・アラジン」は2018年7月29日(日)、東京・日比谷図書文化館で、「認知症カフェからみる介護者支援〜認知症カフェは量から質へ〜」と題したフォーラムを開催します。
 オランダのアルツハイマーカフェをモデルに日本に導入された「認知症カフェ」は、ここ数年で全国に広がりましたが、介護者への支援については、これまでなかなか明らかになっていない現状があります。本フォーラムでは、多様な認知症カフェの事例から、どのように展開されているのか、その実情や、地域で望まれる支援について議論を深めます。
 内容の詳細や参加申込方法は、下記をご覧ください。
◎詳細ページ
http://arajin-care.net/ins/#post_1168
◎チラシ(pdf)
https://goo.gl/eRsbSA
◎参加申し込み
 上記チラシ裏面にある項目をFAX(03-5368-1956)か、メール(arajin2001@arajin-care.net)でお知らせください。

日 時  2018年7月29日(日)13:00〜16:30
会 場  千代田区立日比谷図書文化館(旧東京都立日比谷図書館、東京都千代田区日比谷公園1-4)
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/
定 員  150名
対 象  認知症カフェや介護者支援に関心のある方、支援者など
参加費  1,500円(アラジン会員は1,300円)
プログラム
【第1部】 基調講演
「認知症の人や家族を支えるための地域とは」
繁田雅弘氏(東京慈恵会医科大学 精神医学講座教授)
【第2部】 パネルディスカッション
「認知症カフェからみる介護者支援」
パネリスト
老門泰三氏(川崎市・土橋カフェ)
布川佐登美氏(千葉県柏市・ケアラーズ&オレンジカフェみちくさ亭)
近藤康寛氏(東京都荒川区・にっぽりんぐ)
コーディネーター
柴田範子氏(NPO法人「楽」 理事長)

kaigoshafo-ramu2018-001.jpg
posted by こんぶ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2018年06月29日

女性セブンが認知症カフェを特集

 小学館の女性セブンは2018年7月5日号の連載「伴走介護」の中の「取材ノート」で、認知症カフェについて特集し、見開き2ページで掲載しました。
 カメラマン・ジャーナリストとして全国の認知症カフェを巡り、「全国認知症カフェガイド on the WEB」を主宰しているコスガ聡一さんに、認知症カフェの魅力や意義などを聞き、事例として、「土橋カフェ」(川崎市宮前区)、「すももカフェ」(千葉県船橋市)、「ケアラーズカフェKIMAMA」(東京都世田谷区)を紹介しています。
 記事は、画像(pdf・jpg)か、ネット上の「NEWSポストセブン」(YAHOO!ニュース、LINE NEWS、@niftyニュース、livedoorNEWSにも転載)をご覧ください。
女性セブン20180705.pdf

◎コスガ聡一さん関連
https://www.news-postseven.com/archives/20180623_704179.html
http://ninchishocafe.jugem.jp/ (全国認知症カフェガイド on the WEB)

◎土橋カフェ
https://www.news-postseven.com/archives/20180624_704411.html

◎すももカフェ
https://www.news-postseven.com/archives/20180625_704521.html

◎ケアラーズカフェKIMAMA
https://www.news-postseven.com/archives/20180627_705226.html

女性セブン20180705.jpg
posted by こんぶ at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連記事・番組

2018年06月26日

知識やスキルのマッチングサービスの協力カフェを募集!! 雪が谷大塚、船堀、大船、市川、海浜幕張の各駅周辺

 ある総合教育関連会社が、知識やスキルを持っている人と、その知識やスキルを教えてもらいたい人をネット上のマッチングサイトで結び付け、地域のコミュニティカフェ、喫茶店などで、営業時間内に教えてもらうというサービスを計画中です。
 カフェには、教える人と教わる人の最低2人のお客の飲食代やスペース利用料等が入り、教える回数が増えれば、収入も増え、別の機会に来店してもらえる可能性も出てきます。カフェ側から契約料などのお金を頂くことは一切ありません。また、利用するお客は物品の販売やネットワークサービスとも関係ありません。
 この会社では8月以降、下記の駅周辺の地区でマッチングトライアルを計画中です。参加を希望するカフェの方は、WACコミュニティカフェ事務局までご連絡ください。詳細をお知らせします。

・トライアル期間:2018年8〜9月頃
・テスト実施内容:スマホ、タブレット、パソコンの使い方を教えられる人とそれらの活用方法を知りたい人のマッチング
・場所:東急雪が谷大塚駅、都営船堀駅、JR大船駅、JR市川駅、JR海浜幕張駅周辺。各駅から徒歩15分圏内のカフェなら、最寄り駅が隣の駅や他の線でも構いません。教える人と教わる人は、直接カフェで待ち合わせるか、この会社の事務所で待ち合わせたあと、近隣のカフェに移動し、カフェで1時間程度教えます。
・事前準備:トライアルの前に、この会社の社員がカフェに出向いて、トライアルの詳細や条件等を説明します。
※守秘義務があり、本ページ上では会社名は公開できませんが、問い合わせてくだされば、サービスの概要等、具体的にお知らせします。自薦・他薦ともOK。

◎お問い合わせ先:
 公益社団法人 長寿社会文化協会(WAC)
 コミュニティカフェ事務局
 担当:昆布山(こんぶやま)
E-mail com-cafe@wac.or.jp
TEL:03-5405-1501
※担当者は不在が多いため、折り返しにてご連絡いたします。
※写真はイメージです。

b5d770c67e1507d99f87000e35ef7282.jpg
posted by こんぶ at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局からのお知らせ

2018年06月23日

7月20日(金)、千葉・松戸で湯浅誠氏の講演と地域の居場所づくりのシンポジウム

 千葉県松戸市の高齢者支援課は2018年7月20日(金)14:00〜16:30、松戸市民会館ホール
http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisetsu-guide/kaikan_hole/shiminkaikan/accessmap.html
で、地域共生についての講演会「地域に居場所をつくろう!すべての人に居場所と出番のある地域づくり」を開催します。
 内容は、社会活動家・湯浅誠氏の講演と、市内のコミュニティカフェ、子ども食堂の運営者によるシンポジウムです。参加費無料。定員1,000人。
 申し込みは、名前と連絡先電話番号を、下記のいずれかの方法で知らせてください。
TEL:047-366-7343
FAX:047-366-7748
E-mail:mckaigoyobou@city.matsudo.chiba.jp

 詳細は、下記のリンクまたはチラシ(pdfに参加申込書あり)をご覧ください。
http://www.city.matsudo.chiba.jp/event/kouza/chiikidukuri.html
honchirashi.pdf
honchirashi-001.jpg
posted by こんぶ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2018年05月30日

コミカフェや見守り、介護予防体操などのスタディツアー参加者募集

 「いくつになっても、いきいきと暮らせるまちをつくる」をスローガンに、地域団体の活動を、「プロボノ」(職業上の専門知識を活かして取り組むボランティア活動)で支援し、基盤強化に取り組む「東京ホームタウンプロジェクト」。東京都福祉保健局が行っている同プロジェクトでは、活動現場を訪問して話を聞き、参加者同士の情報交換を行うスタディツアーを開催します。
 ツアーは毎月1回行われ、訪問先は過去に支援を受けたコミュニティカフェ、地域の見守り活動、介護予防体操を行う団体などです。内容や参加申し込み(先着順定員あり、各1週間前締め切り等)などの詳細は、下記をご覧ください。
http://hometown.metro.tokyo.jp/program/hometown_studytour/
 
◎対象
・都内で地域福祉活動の担い手となっている地域団体・NPO・活動者個人の方
・これから都内で新しく地域活動を始めることを検討中の方

◎訪問先・日時(開始の15〜30分前に近くの駅に集合)
@NPO法人 風のやすみば(文京区千石)
 6月26日(火)13:30〜18:00

A太壱みまもりネットワーク(墨田区太平)
 7月18日(水)10:00〜16:00

Bたまりば・とうしん(板橋区東新町)
 8月29日(水)10:00〜16:00

C元気スクールグループ(狛江市西野川)
 9月19日(水)10:00〜16:00

※10月以降も4回程度開催する予定。

◎参加費:無料

 なお、今年度のプロボノ支援を受ける団体を6月15日(金)締め切りで受け付けています。区市町村・社会福祉協議会・地域包括支援センターのいずれかによる推薦が必要。
https://goo.gl/NRUVDp

 以下の画像は、東京ホームタウンプロジェクトのHPから。

ilovepdf_com-2.jpg

posted by こんぶ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2018年05月23日

7月1日(日)、「千葉県認知症カフェフォーラム2018」開催

 「千葉県認知症&ケアラーズカフェ連絡会」は2018年7月1日(日)13:30〜16:00、千葉市総合保健医療センター 5階大会議室で「千葉県認知症カフェフォーラム2018」を開催します。
 同連絡会によれば、「2015年から始まったフォーラムは、今年で4回目。その間、千葉県内の認知症カフェは増え、130カ所を超えたが、継続するためにはそれぞれ課題を抱えていると思われる。今回は参加者の交流を通じ、課題解決のヒントを探っていく」そうです 詳細は下記、またはリンクのページをご覧ください。
https://goo.gl/VjWMtm (同連絡会「イベントのご案内」)
https://goo.gl/CmXZH4(チラシpdf)
https://www.facebook.com/events/216629628933187/ (Facebookイベントページ)

【今回のテーマ】 
認知症カフェを どうやって続ける?
〜継続と継承を考えよう〜

◎開催日時:2018年7月1日(日)13:30〜16:00(13:10開場)
◎会  場:千葉市総合保健医療センター 5階大会議室
     (千葉市美浜区幸町1-32-9、JR京葉線・千葉都市モノレール「千葉みなと」駅から徒歩2分。保健所・休日救急診療所のあるビル)
◎定  員:150人
◎参 加 費:500円(資料代。当日支払い)

◎申し込み方法(締め切り:6月25日)
 以下のいずれかの方法でお申し込みください(要申し込み。Facebookイベントページでの「参加予定」表明を歓迎しますが、下記の正式な申し込みもお願いします)。
※立ち上げを検討している方や千葉県外の方の参加も歓迎!!
(1)https://goo.gl/VjWMtm (同連絡会「イベントのご案内」)内にあるフォームを入力・送信
(2)https://goo.gl/CmXZH4(チラシpdf)を印刷し、必要項目を記入、043-277-2639までFAX
(3)チラシにある項目を mae_753@crux.ocn.ne.jp までメール

※チラシ等の配布を希望する方は、当日、ご持参ください。

◎主催・問い合わせ先:千葉県認知症&ケアラーズカフェ連絡会(090-4932-8478)

千葉認知症カフェフォーラム2018チラシ.jpg
posted by こんぶ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・セミナー情報

2018年05月16日

まちひとサイトが全国交流会の様子を動画で紹介

 東京都の中央区社会福祉協議会の「まちひとサイト」は、2018年3月31日の第8回コミュニティカフェ全国交流会で開設講座受講生の発表やグループ討論の様子を撮影しました。編集作業を終えた動画が下記に公開されていますので、ご覧ください。※下記表記は原文ママ。

地域の集う場、コミュニティカフェが日常になるために:第8回コミュニティカフェ全国交流会 グループ交流から
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2415.html

子どもを育て、子どもが育つ、コミュニティの場を(松田美由紀さん、小田原 郁さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2416.html

これまでの生き方から立ち上げるコミュニティカフェ、プランと実例(柿沼 靖さん、福原雅代さん、桑田厚子さん、小倉光枝さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2417.html

おもちゃ図書館がコミュニティ・カフェになると(西宮敬子さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2418.html

マチツナガルあかり食堂が、地域の介護・看護のコアに(野間康彰さん)
http://machihito.blog131.fc2.com/blog-entry-2419.html

開設講座成果発表会IMG_7006.JPG
posted by こんぶ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コミカフェトピックス