CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年10月09日

きらり押花倶楽部さんによる「押し花&布あそび」作品展

今年5月に登録いただき、
お仲間になった押し花とポールフォーキング会です。
ミーティングルームを利用され、お仲間で作品を作り、
早速作品を展示いただきました。

コラージュ2_R.jpg
和気あいあいと押し花と応用作品を楽しく作っているグループで、
体調管理のために週に一度、
井頭公園でポールフォーキングを行っています。
コラージュ1_R.jpg
押し花の材料は、
庭の花・散歩途中の草・野山の木など自然のものを利用します。

3.JPG
飾られた沢山の小物です。
布などの作品は小物を店で購入します。

コラージュ4_R.jpg
今までに、
真岡の井頭公園緑の相談所
茂木のふみの森ギャラリー
真岡市の久保講堂などで
展示されました。

押し花作品の保管は、保管袋に乾燥剤を入れ、
紫外線は避けるように注意しています。
5.JPG
お仲間は現在22名ですが、随時入会できます。

押し花&布あそびの作品展は10月30日(火)までとなります。


焼けつくような日差しは遠のきましたが、
寒暖の差が激しくなっています。
夏の疲れが出てくる時期です。
体調管理には注意を払ってください。


二宮コミュニティセンター
2階の「こらぼひろば」にお立ち寄りいただき、
憩いのひと時を楽しまれてはいかがでしょうか。

次回は、11月6日(火)より、11月29日(木)まで、
二宮生きがいディサービス利用者さんの作品展です。

ご来場をスタッフ一同お待ちしています。 m(__)m
T.K
posted by コラボーレもおか at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | こらぼひろば展

2018年09月26日

「子どもの権利条約プレフォーラムinうつのみや」行ってきました。

「子どもの権利条約プレフォーラムinうつのみや」行ってきました。

全国各地で1993年から毎年行われてきた「子どもの権利条約フォーラム」。
今年は11月3日、4日に足利市民プラザで開催される。
子どもの権利条約フォーラム2018チラシ_R.jpg

それに先駆け「子どもの権利条約プレフォーラムinうつのみや」が、
9月15日とちぎ青少年センターで開催された。
全回で貫かれているキャッチフレーズは、
小学生から高校生まで約20名が集まり決められ、
「知ろう!聞こう!伝えよう!みんなが未来の主人公」です。


とちぎ青少年センター(アミークス)第1研修室に、
増山均氏_R.JPG
講師に早稲田大学文化構想学部教授の増山均氏を迎え、
コーディネーターをチャイルドライン支援センター代表理事の松江比沙子氏が務めた。
増山均氏は以前に日本福祉大学・東京大学など講師を務め現職です。
増山氏は一貫して、
母子手帳に記載されている「児童憲章」(S26年制定)を広める活動をしている。
児童は、人として尊ばれる。
児童は、社会の一員として重んぜられる。
児童は、よい環境のなかで育てられる。
私たちはこの憲章を活かしているのか!今問われている。

プレフォーラムは第1回が足利で開催され、
10月2日は那須塩原いきいきふれあいセンターで、

10月14日には日光市民活動支援センター報徳ホール、

10月21日は小山市まちなか交流センターで開催される。

●問い合わせ先●
子どもの権利条約フォーラム2018inとちぎ実行委員会
事務局 あしかが子どものえがおネット(担当:三田)
〒326-0045足利市千歳町90-1さくらエルマー学童くらぶ内
FAX 0284-42-8616
メール kodomonokenri.2018totigi@gmaii.com

何度も児童憲章と子どもの権利条約を学び直し、
これからの社会を、地域づくりを、日本の未来と世界の未来を考えてみよう。
この条約は貧困国の問題だけではない。
子ども若者の自殺率が事故や病で死亡するよりも高い状態が続く、
日本の子どもたちの生育環境を考えてみましょう。



おとな・子ども 関係ない!!
知ろう! 聴こう! 伝えよう! 
みんなが未来の主人公

報告者:亀田孝義
(スタッフ 兼 不登校を考える親の会・かざぐるまの集い世話人)
posted by コラボーレもおか at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介

2018年09月21日

「キモチを伝える為の、チラシ作り講座」第2回

るんるん9/21(金)スキルアップ講座として
「キモチを伝える為の、チラシ作り講座」
の第2回が開催されましたぴかぴか(新しい)

足元の悪い中雨の開催となってしまいましたが、
前回に引き続きチラシのノウハウを学ぶために参加者があつまってくれましたexclamation

今回の講座では、先月と講師を入れ替え、チラシ作りの基礎を学び
また、「キモチ」を伝えやすくするために有効な
キャッチコピーを参加者全員が頭を悩ませながらも完成させていましたひらめき

IMG_2129.jpg
↑話をとても良く聞いて
IMG_2132.jpg
↑実践してくれています(^^)

そしてレイアウトを作り、いよいよ来月はチラシの仕上げかたを学び
完成させますexclamation×2

できあがるチラシが今からとても楽しみですグッド(上向き矢印)
posted by コラボーレもおか at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講座

2018年09月16日

「平成30年北海道胆振東部地震」に関する情報

このたびの北海道胆振東部地震災害により被害を受けた皆様に
心よりお見舞い申し上げるとともに、
犠牲になられた方々やご遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げます。

また、各地で災害ボランティアとして活動されている皆様に敬意を表します。

現在、厚真町では7日に、むかわ町、安平町では8日に災害ボランティアセンターを開設しボランティアの受け入れ体制を行っています。各災害ボランティアセンターの開設場所や受け入れ体制体制については下記サイトなどを参照ください。
今後、求められるボランティアのニーズに合わせて状況は変化すると思いますので、焦らず最新の情報の確認をお願いいたします。

【北海道胆振地方災害ボランティア情報:支援P】
https://iburi.shienp.net/

【北海道災害ボランティアセンター】
http://hokkaido-saigai-vc.jp/

中央共同募金会では、被災者支援活動を応援する「ボラサポ(災害ボランティア・NPO活動サポート募金)」および義援金の募集を開始しています。
【中央共同募金会ホームページ】
ボラサポ(災害ボランティア・NPO活動サポート募金)の募集について
https://www.akaihane.or.jp/saigai-news/2062/
義援金の募集について
https://www.akaihane.or.jp/saigai-news/gienkin/2117/

posted by コラボーレもおか at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア情報

2018年09月13日

第56回こらぼ茶話

9月12日水曜日、第56回こらぼ茶話
「蜜蝋クリームを作ってみよう!」を開催しましたぴかぴか(新しい)
1.JPG

今回の講師は、コラボーレスタッフでもある亀田さんで、
参加人数は13名でした(^ω^)
2.png

初めに、計量カップに蜜蝋10gとオリーブオイル50gを入れ、
湯煎にかけます手(グー)
ゆっくりかき混ぜ完全に解溶けたら,
用意したクリーム容器にラベンダーアロマオイルを数滴入れ香付けし、
固まるのを待って出来上がりでするんるん
3-2.JPG

皆さん、とても手際が良く、あっという間に完成しました(^o^)/
完成したクリームを試しに顔や手足に塗って全身すべすべ肌になりました揺れるハート
講座途中も講師にクリームの効果や塗り方などを熱心に質問したり、
友人にも作ってあげたいと材料の購入方法を聞かれる方がいたりと、
興味津々な様子が伺えましたかわいい
4.JPG

これからの乾燥した季節、
肌荒れには安心して使用できるクリームです。
小さい容器に移して携帯もできます。手(グー)




posted by コラボーレもおか at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | こらぼ茶話

2018年09月09日

趣味だけど真剣! 真岡市民合唱団 38年の歩み 活動報告紹介

ぴかぴか(新しい)真岡市民合唱団の38年間の活動報告展示が始まりました。
テーマは「趣味だけど真剣! 真岡市民合唱団」。

わーい(嬉しい顔)1980年、真岡小学校PTAコーラスの集いの参加者を中心に合唱愛好者が集まり、
市民会館に事務局を置き、「真岡市民合唱団」を結成。
年に2〜3回食事会を開く他、バス旅行なども行っています。
団員は41名ですが、他に指導者1名、ピアニスト3名で構成されています。

活動は、栃木県芸術祭・真岡市音楽祭・真岡の灯ろう流しには毎年参加。
老人施設・幼稚園への訪問活動なども行っています。
自主演奏会は不定期ですが、8回行いました。
揺れるハート2019年3月23日の「真岡市合併10周年記念式典」にも参加予定です。
揺れるハート2020年10月には、結成40周年を記念してコンサートを開催する予定です。

1.jpg
2010年10月24日
第5回結成30周年記念演奏会
オペラ「カルメン」〜私たちのカルメン〜全編フルオーケストラにて公演

2.jpg
2015年5月13日
結成35周年記念演奏会
テーマ「見あげてごらん夜の星を」を合唱パスワード

3.jpg
2018年3月25日
かわいい第8回定期演奏会を市民“とちおとめホール”(真岡市生涯学習館)にて

4.jpg
東京オリンピックまで2年
世界から訪れる人を“おもて”なししよう。

5.JPG
真岡市民合唱団では、毎週水曜日19:00〜21:30まで、
真岡市民会館小ホールにて練習会を行っています。
是非、来て、見て、参加をお待ちしています。

ホームページは「真岡市民合唱団」で検索願います。

展示期間は9月29日土曜日までとなります。

今年は豪雨と台風で災害が続いています。台風
避難行動は早めにお願いします。
お住まいの地域のハザードマップを、今一度確認を
お手元にない場合は役所にて頂いてください。ビル
すでに台風シーズンです。

次回の展示予定は10月3日から11月2日まで、
“きらり押花倶楽部”のみなさんの作品展示です。

コラボーレではこれからも、
「こらぼひろば」に展示して頂ける方を募集しています。

“コラボーレもおか”は月曜・祝祭日がお休みになります。

ご来場をスタッフ一同お待ちしています。 m(__)m
T.K
posted by コラボーレもおか at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | こらぼひろば展

2018年09月06日

平成30年7月豪雨災害支援募金箱の設置について

当センターでは平成30年7月豪雨災害の支援金・義援金募金箱を設置しています。

支援金・義援金の違いについてはコチラ↓↓↓
支援金と義援金.png

頂いた支援金・義援金は全額、
社会福祉法人中央共同募金会(赤い羽根共同募金)を通じて、
被災された方々の支援に充てられます。
IMG_6647.jpg
IMG_6644.jpg
12月28日(金)まで受け付けております。
皆さんの温かいご支援お待ちしております。


また、被災地のボランティア情報も随時更新されております。
ぜひ、ご確認ください。

○災害ボランティア情報
【全社協-被災地支援・災害ボランティア情報】
https://www.saigaivc.com/
posted by コラボーレもおか at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア情報

2018年09月02日

ボランティアがつなげる絵画と福祉

センター登録団体のNPO法人手仕事工房そらが運営するそらまめ食堂では、
今年度から利用者さんたち向けの絵画教室を行っています。

こちらにはいわゆる「先生」はいないのですが、
「ナビゲーター」としてプロの美術家の黒田さんがボランティアで参加されています。
施設とプロボノ(専門家によるボランティア)の素晴らしいマッチングをご紹介します。

利用者の皆さんを見てみると、
みんな一心不乱にそれぞれの絵を描いています。
まさにオンリーワンな作品に圧倒されてしまいました。
IMG_2016_R.JPG
いろんな作品ができてくる
IMG_2017_R.JPG
すごい集中力!
IMG_2018_R.JPG
室内には過去の作品も

ナビゲーターの黒田さんに、
この時間を通じてみんなにどうなってほしいか聞いてみました。

結果を求めるのではなく、絵を描くという行為を楽しんでもらいたいと思ってきている。
だから「絵を教える」のではなく、「絵のサポート」をしている。
技術とかを教えるのでなく、自分たちで楽しんで自分自身の表現をしてもらっている。
そうすることで、多様性が見えてきた。

すると、結果いい作品が出来たりもしてくる。
これはそうなるよう目論んで行ってモノではなく、自然に出来上がってきたもの。
必要ならば、そういった作品を世の中に出す手伝いなどもしていければと思う。


そらまめ食堂の成田店長にも、なぜこういった活動を始めたか聞いてみました。

障がいが重いひとのなかにアートのかけらが見られた。
同時に生産的な活動もなく、もっと仕事あるんじゃないかという気持ちがあった。

絵を一つの仕事として考えて、描いた絵をペーパーバックにして売ることを始めてみた。
(切る人、描く人、組み立てる人、それぞれ違うメンバーさんが仕事としてやっているとのこと)
でもそれだけでは惜しいように思えてきた。

そんなとき、黒田さんと出会い一度だけワークショップを行ってみた。
そして今、週一という頻度での活動に参加してもらっている。
とてもありがたいことだ。

描くことが、一つの仕事としても成り立つよう、
私たちスタッフも勉強していきたい。

IMG_2015_R.JPG
成田店長(左端)と黒田さん(右端)

お話を聞いて、この活動がお二人の共感の上に成り立っていることをまじまじと知らされました。
利用者の皆さんの真剣なまなざしが今でも心に焼き付いていますぴかぴか(新しい)
今後もぜひこの大切な時間を作り続けていってほしいですわーい(嬉しい顔)

追伸
取材で出逢った方の作品が「もうひとつの美術館」でも展示中です。
真岡市からは他にもう1名の方の作品も展示されています。
もうひとつの美術館
http://www.mobmuseum.org/exhibition/51.html

ちなみに黒田さんはこちらでもナビゲーターとして活躍中左斜め下
もうひとつの美術館「もうひとつのくらぶ」
http://www.mobmuseum.org/workshop/workshop.html#mk1

併せて足を運んでみてはいかがでしょうか。

取材・報告:長野
posted by コラボーレもおか at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介

2018年08月28日

はが路100km徒歩の旅2018 取材レポート

8/23(木)「はが路100km徒歩の旅2018」の取材を行ってきたので
レポートしたいと思いますぴかぴか(新しい)

そもそもこの企画は主に県東地域に住む小学4年生〜6年生を対象に参加者を集め、
夏休み中の子どもたちが親元を離れ5日間で
真岡市、芳賀町、市貝町、益子町、茂木町にわたる100kmの道のりを
歩みゴールを目指すといった子供たちにとっては「真夏のチャレンジ」企画exclamation

今年は台風台風の影響や、何より「災害級」とまで言われた酷暑晴れが子どもたちの
歩みに待ち受けていましたが、
何ヶ月も前から研修・訓練を重ね、統率のとれた学生ボランティアを中心とした
スタッフが子どもたちの安全を守り、安心して歩めるように万全の体制を整えていました手(パー)

取材をしたこの日は、5日間の最終日。
長い長い100kmの道のりを歩みきった子どもたちが「ツインリンクもてぎ」のレーシングコースでゴールテープをきります。

DSC_8534.JPG

離れていた我が子の帰りを迎えようと参加者の親御さん達も早朝から列を作り
今か今かとソワソワしていました。

そして、最終コーナーを曲がり、姿をみせた子ども達。
DSC_8541 (2).JPG

この5日間でたくさんの事を乗り越え、経験し、一回りも二回りも逞しくなって
歩みきり、つぎつぎと大きな掛け声と共にゴールしていきます。
DSC_8547 (2).JPG
DSC_8543 (2).JPG

そのゴールの後方では親御さんたちが手を広げてまっています。

中には初めて親元を離れて旅路についた子もいたのでしょう。
お母さんの胸元で大声で泣きじゃくる子もいました。


きっとこの5日間の経験は将来、何よりの宝物になることでしょう。

旅路を終え
帰路につく子供たち。

旅した道中、かぶり続けた三度笠を誇らしげに抱える子の姿が印象的でした。



取材・記 
コラボーレもおかスタッフ 橿渕
posted by コラボーレもおか at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介

2018年08月26日

尊徳夏祭り2018クリーンボランティア報告

尊徳夏祭り2018クリーンボランティアを行いました。
勇壮な尊徳太鼓の演奏や郷土芸能大会、納涼盆踊りが行われ、
にぎやかなお祭りの雰囲気に包まれ、
同時開催された1万発を打ち上げる花火大会も迫力満点に夏の夜空が彩り、
多くの市民が夏の終わりを惜しみました。
会場の鬼怒川河川敷内は、
堤防沿いに芝生が広がる緑地公園となっていて、
地域のグランドゴルフ愛好家にとっては最良の基地となっています。
2012年8月23日の初回は24名の参加者が66名と、
3倍近い人数で最多を記録しました。
今回も晴天に恵まれ少々暑い日差しでしたが、
気持ち良い汗を流しました。

1.JPG
ゴミ袋と軍手、記念のタオルを受け取り、
2.JPG
ゴミの分別と班ごとのエリアを確認して、

3.JPG
広〜〜い会場に散って
分別収集に向かいました。

4.JPG
収獲を手に戻ってまいりました。

5.JPG
朝の爽やかな空の下で集合写真を撮影。

お疲れ様でした。
来年も健康でボランティア参加をお待ちしています。
posted by コラボーレもおか at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報