CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年12月12日

みんなで始めるコラボレーション!〜環境保全でつながる仲間と仲間〜

11月27日(日)、真岡西分館にて、「みんなで始めるコラボレーション!〜環境保全でつながる仲間と仲間〜」が開催されましたexclamation×2

この講座は、「協働」の理解を深めることを目的に行われましたぴかぴか(新しい)

最初に行われたのは講師の土崎氏によるミニ講話犬
協働の基本的な話から始まり、意味や本質、そして今後の協働の動きなどを、幅広く話してくださりました。

DSCF7839_R.JPG

講話終了後は、協働事例紹介猫
3名の方に、事例紹介をしていただきました3

一人目のもおか環境パートナーシップ会議さんは、これまでの経緯や今後の展望、組織の課題などを話していただきました。さすが企業OBの皆さんと言える計画の立て方で、市と協働しながら堅実に活動しているのがわかりました。手(グー)
二人目の子育てネット羽ばたきさんは、廃校の裏山を使ってNPO同士や地域と協力しながらの活動の様子を語っていただきました。特に活動を始めることで町も一緒に動き出すところはまさに市民活動ではないでしょうか。
三人目の芳賀農業振興事務所さんは、キンブナという魚を対象に町の基本構想とリンクした活動の提案をし、町・住民・地域の団体が活動をはじめたというものでした。協働と考えて動いたわけではないそうですが、気づいたら必要な人たちとのつながりができていたのは素晴らしいと思います手(チョキ)

IMG_0062_R.JPG
熱心に講話を聞く参加者の皆さん

事例紹介終了後はトークセッションexclamation
様々な意見が出たことで、有意義なものとなりましたグッド(上向き矢印)

その後の交流会を経て、講座は終了となりましたわーい(嬉しい顔)
私自身としては、勉強になったのはもちろん、何より参加者の熱意の高さに驚きましたexclamation×2
実際に参加者からは、「勉強になった」、「また参加したい」など、好意的な意見をいただきました。
今後もこのような、「協働」の理解を深める場を作っていきたいと思いますぴかぴか(新しい)

関わってくださった皆様、ありがとうございました。

K・S
posted by コラボーレもおか at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講座

2016年10月26日

フードバンクがモオカを救う!〜貧困を打ち破る手段を学ぶ〜

●11月29日(火)開催の講座についてお知らせですぴかぴか(新しい)

 フードバンクの活動を知りたい、興味があるという方は
 ぜひ参加してみてくださいねるんるん

Microsoft Word - フードバンクチラシ.jpg

フードバンク理解促進事業 
「フードバンクがモオカを救う!
   〜貧困を打ち破る手段を学ぶ〜」


*内容:フードバンクで支援を行った事例紹介、今後のフードバンクについて等

*日時:11月29日(火) 19:00〜20:30

*場所:二宮コミュニティセンター203会議室

*参加費:無料

*定員:20名


【申し込み・問合せ】真岡市市民活動推進センター
 栃木県真岡市石島893−15 真岡市二宮コミュニティセンター2F
 TEL:0285-81-5522  FAX:0285-81-5558
   
 ◎主催:NPO法人ま・わ・た / 協力:真岡市市民活動推進センター

posted by コラボーレもおか at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講座

2015年12月01日

ボランティア入門講座

11月28日(土)にボランティア入門講座「きっかけ一つで見つかる☆新たな自分」
を開催し、講師にかざぐるまの集いの亀田孝義さん、就労支援ボランティアの石田昌義さんを
お招きしましたぴかぴか(新しい)
初めに、講師のお二人からボランティアの経験談をお話していただきました(・ω・)ノ
自ら不登校や引きこもりの相談に応じる団体を立ち上げたり、好奇心旺盛に色々なことにチャレンジし、人の人生に関わることにやりがいを感じながら活動をしたり、お二人がボランティア活動を始めるようになった経緯が分かりとても為になるお話を聞くことができましたかわいい
DSCF5029_R.JPG

次にグループワークとして参加者の皆さんに、ボランティア活動を始めるにあたっての
迷いや不安、自分がやりたい活動などについて自由に語り合っていただきました(*'ω'*)
DSCF5036_R.JPG

グループの方達と思いを語り合った後は、シートに今まで自分がやりたかったボランティアと講座に参加して興味を持ったボランティア、これからどのような活動をしていきたいかをまとめて、発表にうつりましたるんるん
DSCF5038_R.JPG

最後は、ギャルケロサミット、ひがし手品クラブ、トチギ環境未来基地のみなさんの活動の様子や紹介の動画を上映しました(^ω^)カメラ
ボランティア活動のきっかけは、困っている人のために何かをしたいという思いだったり、自分の趣味だったり・・・
自分にできることは何かを考え、継続して活動を続けることが大切なのだと実感できるものでしたわーい(嬉しい顔)
DSCF5039_R.JPG

この講座を通して、皆さんのボランティアに対する様々な思いも受け取ることができました(*´ω`*)♡
参加者の皆さんには、自分がやりたいと思った活動を周りに話せば共感してくれる仲間が必ずいること、ちょっとした気づきがきっかけになることなどを頭の隅に入れて、自信をもって活動をしていってもらえれば幸いですぴかぴか(新しい)
参加者の皆さん、講座に参加いただきありがとうございました☆
M.K




posted by コラボーレもおか at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講座

2015年10月29日

スタッフ研修ツアー

10月26日(月)にコラボーレもおかのスタッフで
はるばる神奈川県まで研修に行ってきましたるんるん

始めに向かったのは...まちづくり・スポット茅ケ崎exclamation×2DSCN0686.JPG
こどもクリニック、デンタルクリニック、皮膚科などが入った
商業施設ハマミーナ内にあり、隣にはまちづくりスポットが運営する
カフェPOEもありました(゚д゚)!
コラージュ1_R.jpg
図書館、保育園も隣接していて、子供から高齢の方まで
幅広い層の方々が利用されているそうですぴかぴか(新しい)
目の前には商店街や公園もあり平日にもかかわらず、
たくさんの人で賑わっていました(^o^)/
コラージュ2_R.jpg
ハマミーナ内を一通り見学した後は、まちづくりスポット茅ヶ崎が出来た経緯などの
お話を聞き、隣のカフェ「POE」でスタッフ間の交流会(´ω`*)レストラン
まちすぽ1.jpg
短い時間ではありましたが、趣味や好きなものから始まり、
日頃の活動に対する意識ややりがいなどいろいろなお話ができて
とても有意義な時間でしたかわいい

商業施設の中に入っているという利点を活かした今後の取組みの
可能性を見せていただいたような気がしますぴかぴか(新しい)
R0014413_R.JPG

続いて向かったのは...藤沢市市民活動推進センターexclamation×2
藤沢1.jpg
駅が近いこともあり、遠くから電車で来られている方もいるそうです!
広報物、助成金情報の多さには驚きましたΣ(゚Д゚)
震災後から食料を貯蓄し、販売もしているそうですひらめき
FotorCreated.jpg

一通り、施設を見学をした後、CRファクトリーの「動機・報酬・未来ワーク」を使った
交流会を実施わーい(嬉しい顔)それぞれの思いや考え方を知ることができ、
自分たちの活動の見直し、再確認をするきっかけとなりましたかわいい
R0014440.JPG
また、ビジョンが明確で、近々、センターの分館を開設する
ことも考えているとのこと☆
とても活発なセンターだという印象を受けました(*'ω'*)
R0014449_R.JPG

最後に、お忙しい中ご協力頂いた、「まちづくりスポット・茅ケ崎」、
「藤沢市市民活動推進センター」の皆さん、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)

今後ともどうぞよろしくお願いします!
posted by コラボーレもおか at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講座

2014年12月10日

講演会「田中正造に学ぶ市民活動」報告

11月30日日曜日、NPO法人ま・わ・た主催で、
「田中正造に学ぶ市民活動」を開催しましたぴかぴか(新しい)

IMG_2093_R.JPG

 初めに、元二宮町町長の小倉さんから、
今回の講師である「赤上剛史」さんについて紹介していただきました。

赤上さんとは昔からの親友で50年以上の付き合いになるという
小倉さんは昔から「赤上は常に疑問を抱く男だった。」と話し、

IMG_2098_R.JPG

時々、「講座をやるのを知らなかったから急いで本を読んだんだよ〜」
なんていう言葉を混ぜ、会場の笑いを誘っていました。

そして、会場が小倉さんのトークで和んだ後、いよいよ赤上さんの講演会

IMG_2104_R.JPG

赤上さんは田中正造という人間について次のように語りました。

田中正造は生命にかかわることであれば、
たとえ、宗派が違っていても一緒に協力し、
「人の命と対比して、正しいと思うことは妥協をするべきではない。」
という考えの持ち主だったみたいです。

また、講演会の中には、田中正造と二宮尊徳の関係性についても
少し触れられました。

田中正造と二宮尊徳は直接会っているかどうかは分からないが、
田中正造は少なくとも二宮尊徳の影響を受けているのではないか…

その裏付けとして、田中正造の言葉に「真理は芋を洗う如し。」という言葉があり、
また、二宮尊徳も芋こじと常に申されていたとのことでした。

この両者の言葉の意味することは、「議論を繰り返すと、なにが正しいのかが
見えてくる。ぶつかりあうことによって綺麗になっていく。」ということなのだそう。

最後に、参加者の中から「この世界を変えていかなければいけないと思って
いるが、良いアイディアはないか」という質問がありました。

それに対して、赤上さんは、私達にできることとしたら、
「少しずつ議論をして変えていくことしかできないのではないでしょうか。」

また、「今、この社会でなにをするべきかを考えるところまでいかないと
この講座は聞いても意味がない。」と答えました。

この赤上さんの言葉から、考えること、議論をすることの大切さを
改めて実感する機会をいただきました。

田中正造と学ぶ市民活動 016_R.JPG


その後、原発事故の社会課題を取り上げ、
「生命より、利益・景気・経済優先」という考え方は、
現代の原発事故も谷中村事件も社会の構造は同じ。

原発に対して反発する人たちがいるが、
今は震災から時が経って、電気も普通に使っている。
その行動は矛盾しているのではないか。

果たしてこれでいいのか・・・
みんなで考えていく必要があるのではないかと述べました。

また、「電気開けて世見(間)暗夜となれり。日本の文明今や質あり文なし。
知あり徳なきに苦しむなり。」という言葉があり、
この言葉の意味には、電気がついて、明るくなったけど、
人を出し抜いたり、世の中の人の心は暗くなったという意味なのだそう。
この言葉は参加者に問いを与えました。

そして、最後に「田中正造は普通の人であり、普通の人が現実の問題にぶつかって
成長していったという話なだけ」と語り、参加者に自分自身を振り返る課題を
投げかけて講演会は終了しました。

講演会当日は、約40名近くの方が参加してくださり、
中には、花束を持参していた参加者も見受けられました。

田中正造と学ぶ市民活動 043_R.JPG

この講演会に参加したことで、参加者がなんらかの行動に
移すきっかけが少しでも得られたらと思いますぴかぴか(新しい)

参加してくださった皆さん、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

(C.K)
posted by コラボーレもおか at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講座

2014年07月04日

太陽楊名時太極拳連続共催講座終了

〜太極拳でスマートに生きよう〜が終了しました。
全4回の体験講座でした。
3回目は、太極拳の準備運動として行われる「八段錦(ハチダンニシキ)」。
一つひとつの動きが体の各部位の健康増進に役立つことの説明を受け。
毎回、「立禅」で心を静めてから始めます。
立禅.JPG

100以上の型の中から選ばれた24の型、
ゆっくりとした動きの中から一つひとつの型を決めるのには、
適切な指導の下で行う練習を重ねる以外にありません。
閃通臂(シャン トン ベイ)
閃通臂.JPG

毎回、八段錦を一段と太極拳24式を2式ずつ学んでいきまので、
途中からの参加でも大丈夫です。
最終回の講習内容です。
最終回.JPG

最後に先輩・後輩・受講者も仲良く記念の写真を撮り、
和やかに連続講座が終了いたしました。
集合.JPG

太極拳を続け、いつまでも健康を保ち元気で生活したいものです。

楊名時太極拳真岡「桜」についてのお問い合わせは、
「コラボーレもおか」まで
電話0285-81-5522 FAX 0285-81-5558です。
posted by コラボーレもおか at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講座

2014年06月12日

太陽楊名時太極拳連続共催講座

〜太極拳でスマートに生きよう〜が始まりました。
残り2回となりましたが、お時間が都合つく方はお出かけください。
中国の清代に皇帝の護身術として生まれた太極拳。
伝統武術として武道家のみに伝授され、代表的な五つの流派に分かれて発展してきたそうです。
倒捲肱倒捲肱.png

現在、健康太極拳は沢山の型の中から、24の型を厳選して健康増進のために、誰にでも簡単に習得できる太極拳となりました。
右攬雀尾右攬雀尾.png

楊名時太極拳は「太極」に挨拶する「十字手」を加え、ゆったりとした動作で内捻筋を鍛えます。
十字手十字手.png

健康太極拳は、老若男女問わず、体力に自信のない方や年配者でも無理なく続けられ、病後のリハビリテーションにも活用されているそうです。
第3回は6月18日(水)八段錦について
最終回は6月28日(土)太極拳24式について
時間はいずれも14:00〜16:00です。
場所は、二宮コミュニティセンター研修室です。
お問い合わせは、コラボーレもおか 電話0285-81-5522です。
楊名時太極拳真岡「桜」では体験を随時受け付けています。
posted by コラボーレもおか at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講座

2014年03月01日

二宮金次郎を支えた女性たち

平成26年2月28日(金)10:00〜13:40
 栃木県女性教育推進連絡協議会・二宮ありの会主催で「栃木教育の日」生涯学習フェスティバルの研修会が開催され、

R0011446_R.JPG

 「今市報徳社々員」「いまいち一円会の会員」として活躍なされている,安西悠子先生をお招きして、二宮コミュニティセンターの研修室で「二宮金次郎を支えた女性たち」と題しての講演がありました。


R0011452_R.JPG

 安西先生が真岡市のご出身でいらしたことや年齢を聞いて驚きました。もっと驚いたのは先生が現在も「真岡東郷陣屋の二宮金次郎とその周辺に生きた人々」という題材で執筆連載中ということです。
 今回の講演は金次郎を取り巻く二宮家の女性たちがどのようにして金次郎を支えたのかとても興味深いお話でした。
 会場には150名を超える大勢の方達が溢れ、安西先生のお話に熱心に耳を傾けていました。

R0011445_R.JPG

 歴史の苦手な私には少し気が重い取材になりましたが話を伺っているうちにとても興味深いものになっていきました。

R0011460.JPG

 金次郎さんはとても仕事熱心・仕事中心で家庭のことは全部、妻のきのさんに任せきりだったそうですが長男を生まれて直ぐに亡くしてしまい、その為、価値観の相違なども有り、最初の結婚は2年足らずで離婚してしまったそうです。
 いつの時代でも価値観の相違・性格の不一致などが離婚の原因だったりします。

 二度目の結婚で年の離れたなみさんと一緒になり、男の子(弥太郎)と女の子( 文)に恵まれますが、金次郎さんは文さんを非常に可愛がり学問を習わせたり絵を習わせたり、今の時代だと教育パパみたいですが自立した生き方ができるようにとの願いだったのでしょうか。
妻のなみさんと娘の文さんのお話が非常に興味深かったのですが、倅の嫁ホさんや孫嫁のお話も、もう少しお聞きしたかったです。

R0011461_R.JPG

R0011459_R.JPG

 講演後に質疑応答なども有りましたが、今回の講演で金次郎さんや金次郎さんを支えた女性たちが歴史上の人物ではなく非常に身近に感じたような気がしました。
男女共同参画のお話もあり、一時間の講演では時間が足りなかったような気がします。
座談会のような形でもう一度、安西先生のお話をお聞きしたいと思いました。(*^_^*)

Rei

.
posted by コラボーレもおか at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講座

2013年12月21日

みんなで語る!コラボの部屋SEASON2〜コラボーレもおか 仲間たちの集い〜part3

12月12日(木)に「みんなで語る!コラボの部屋SEASON2〜
コラボーレもおか仲間たちの集い〜part3」と題し、
絵・演劇・語り系の活動に取組まれている方たちの交流会を開催しましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


R0011342_R.JPG


自己紹介・活動団体PRタイムでは、6名の参加者の皆さん一人ひとりが活動の
紹介やこの交流会に期待することについて話をしましたかわいい

皆さんからは「他の団体の活動を知りたくて参加した」「活動を広げるための
情報交換がしたくて」といった声が聞かれましたぴかぴか(新しい)

R0011340_R.JPG

今回のコラボの部屋では次のことが話題にるんるん

参加者の多くは「活動を広げる」ということに課題をもっていましたが、

中には積極的に作品を展示する場所を見つけ出して
活動を行っている方もおり、その方から失敗談を含めた
お話を聞きながら、もっと活動を広めるにはどのような
方法があるのかについて熱く語り合いましたかわいい

特に話題になったのは福祉施設での体験プログラムでひらめき

福祉施設のボランティアと聞くと演奏を披露する団体などが
イメージされがちですが、お年寄りと一緒に作品を作るなど
といったプログラムを提供するのも喜んでもらえるのではな
いかという意見が出ましたわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

R0011343_R.JPG

語り合いの中で互いに知っている情報や体験談を共有したことで、
今後の活動におけるヒントが少しでも得られたのではないかと思いますぴかぴか(新しい)


また、参加者はそれぞれが持つ活動への情熱によって
刺激を受けた様子が見受けられ、交流会終了後も連絡先を
交換したり、展示をコラボしようなどといったお話で盛り
上がっていましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


R0011344_R.JPG


コラボーレもおかでは今後も継続して市民活動団体が意見交換
する機会を作っていきたいと思いまするんるん


R0011345_R.JPG


 参加していただいた皆さん、ありがとうございました揺れるハート


(c.k)
posted by コラボーレもおか at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講座

2013年12月11日

新聞で暮らしを豊かに

市民活動理解促進講座
「新聞で暮らしを豊かに」〜記者に学ぶ新聞活用術〜を開催しました。

「普段は公共交通を利用して来るのですが、ここはムリでした」
と笑顔で話したのは、今回の講師を務めて下さった下野新聞社、記者の佐藤洋さんです。
佐藤さんは下野新聞で連載していた「ー銀の靴を探してー」を書いていた6人のうちのひとり。

入社21年目のベテラン新聞記者ならではのお話をしていただきました。
R0011318_R.JPG
車が無くては生活できない地域特有の問題を取り上げた「銀の靴を探して」は
実名で載せることで事実であることを証明した記事でもありました。
銀の靴の取材時の話や、加害者を「○○さん」と報道したことによる
世間の反論、記事にした方たちのその後などを聴くことができました。

歩いて行けるコンビニへもつい車で移動する、というのは真岡市では普通のことなので(^_^;)
記事にならなければ重症なクルマ依存であることにすら気づけないのが現状かもしれません。

車じゃないと買い物にも行けないこの辺では、車に乗れなくなったら
生活できないだろうという漠然とした不安を感じたことがありますが
記事を読むことで近い将来、自分にも起こる問題として考えさせられます。

新聞に載せたお地蔵様の写真がきっかけで15年ぶりに祭りが復活したり
満開の花を記事にした翌日、新聞を持って花を見に来た人を見かけたり
と、新聞の効果を実感することが多々あるそうです。

那須水害の時は個人情報保護法が無かったのでボランティアセンターと行政の連携が
うまくできましたが、現在は様々な制約があり災害ボランティアの活動がスムーズに
いくのか懸念されると問題提起して下さいました。

質疑応答では顔写真の掲載についての疑問や
地名の字(あざ)にふりがなが振ってある、なし、があるのはナゼ?など
この講座に申し込まれただけある?!方達ならではの質問が飛び出しました。
「雑誌と新聞の違いとは?」という質問には
「定期購読と買ってもらう、という違いがあるから、雑誌は ”ウケねらい” も必要」
と、なるほど〜!!なお答えでした。

R0011324_R.JPG
最後に新聞スクラップを「教育に新聞」支援室長の 岩村由希乃さんに
教えてもらいました。

今日の新聞から気になる記事を見つけて蛍光ペンで囲み
ハサミで切り抜き抜いたものを紙に貼り
日付・新聞名見出し・要約・感想を書いてみます。
R0011327_R.JPG

R0011325_R.JPG
気になる記事は皆それぞれ、手順に従って新聞スクラップを完成させました!
「みなさんも気になる記事をみつけたらスクラップすることをつづけてやってみましょう」
とのことでした。
振り返った時にきっと何かが見えるのでしょうか・・・??

R0011332_R.JPG
メディアを提供する新聞社がなぜ株式会社なのか?
それは知る権利に応え、情報公開で権力の監視を行うことで、
世の中の風通しを良くし民主主義社会の基本を守る為。
新聞記事が行政や警察を動かす種まきになっていることもあるそうです。
人と人とをつなぎ、地域の絆をより強くしたりと役割は多面ですね。

下野新聞の皆さんのご活躍は新聞で拝見したいと思います(^_^)

TK&SZ
posted by コラボーレもおか at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 研修・講座