CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年11月19日

ずっと!!ずっと!!生きがい作品展

2014.11.18こらぼひろば展
『ずっと!!ずっと!!生きがい作品展』
社会福祉協議会「生きがいディサービス」木曜日グループの展示が始まりました ぴかぴか(新しい)
今回の作品は折り紙の作品がたくさん並んでいます。はっきりした色合いのものが多いですね アート

デジカメ画像こらぼひろば 026_R.JPG

 社協の職員さんの言葉をお借りすると、木曜日のグループには10年選手の折り紙職人さんがいらっしゃるとか exclamation×2
 職員さんと相談しながら教科書どうりではなくアレンジを加え、日々、新しいものにチャレンジしているそうです ひらめき

「生きがいディサービス」では10:00〜15:00までの間の約一時間半ぐらいが折り紙の時間になるそうですが、そんな短時間の間に100~200個のパーツを折るそうです exclamation×2
 素晴らしい るんるん

正方形の折り紙を半分に切って折っていき、速乾の木工用ボンドを水で薄めたもので一つ一つ繋げる作業を続けるとか 目
 どんなに小さな作品でも500〜600個のパーツが必要で、孔雀のような大きい作品では1000個超のパーツが必要だとか!! 気の遠くなるような話です ふらふら


 金色に輝く三重の塔 ぴかぴか(新しい)
デジカメ画像こらぼひろば 018_R.JPG
 
 花瓶は2000個超のパーツで出来ています かわいい
 デジカメ画像こらぼひろば 011_R.JPG
 
 お孫さんに、「キティちゃん」をアレンジして、アニメキャラクターの「アンパンマン」や「ドラえもん」なども作った方もいるそうです ー(長音記号2) 
 新しいキャラクターもので「妖怪ウォッチ」を模索している途中だそうです 猫
 こちらは「バナナとお皿」と題名が付いていますが、今年のお盆に実際にお供えし、
 お孫さんに食べられないようにするのが大変だったそうです!!本当に良く出来ています ぴかぴか(新しい)
デジカメ画像こらぼひろば 025_R.JPG

 花瓶や孔雀のような大作を作るのには半年から一年以上もかかるとか exclamation×2
デジカメ画像こらぼひろば 022_R.JPG

作成途中でも次に作る作品を考えているそうです かわいい
デジカメ画像こらぼひろば 006_R.JPG

 向上心や指先を使うことは脳の活性化にも好いそうですね
 生きがいディサービスの方たちに負けないようにずっとexclamation×2ずっとexclamation×2頑張らねばexclamation×2 

皆さんも、是非、良い刺激を受けにこらぼひろばにお立ち寄りくださいるんるん
お待ちしていますm(__)m

Rei.T

posted by コラボーレもおか at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | こらぼひろば展
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1037293
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック