CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年02月 | Main | 2016年04月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
春の常総へ [2016年03月27日(Sun)]
久しぶりでの常総市です。
これまでボランティアの拠点としてお世話になった鬼怒川決壊場所の三坂地区の集会所の撤収差作業へ。そして新たな拠点となる場所の整備。

1.jpg

地元の方から重機をお借りし、新たな拠点となる民家の駐車場整備。
4.4.jpg

2.2.jpg

5.5.jpg

4.jpg

菜の花が満開の鬼怒川の土手。なので現場までは歩いて・・・
9.jpg

8.8.jpg

お昼には地元の方々から草もちのプレゼント
5.jpg

6.jpg

8.jpg

撤収に併せ久しぶりに多くのボランティアが
7.jpg
鬼怒川決壊場所の今 [2016年03月26日(Sat)]
昨年の台風18号による茨城県常総市の鬼怒川決壊地区の今です。
仮堤防から本堤防の工事は着々と進んでいることが、重機やダンプの数から見て取れます。国の直轄事業のスピードを感じます。
また、決壊水流によって破壊された田畑も宅地も工事関係者のご努力で着々と進捗しております。
鬼怒川土手の菜の花は今が満開です。決壊によって菜の花の道はここで終了ですが、復興に汗を流す工事関係者にもこの鮮やかな春の色が疲れを癒してくれてると感じる三坂地区でした。

1.jpg
有事に備え野良仕事 [2016年03月21日(Mon)]
これまで被災地でしか会うことのなかった災害ボランティア仲間と普通に野良仕事。こんな普段の活動も有事に備えての技の鍛練!
普通が心地よい春の里山です(^^)

2.jpg

竹用粉砕機が通れるように作業道づくり
1.jpg

野良仕事は機材の操作を学ぶ良い機会
3.jpg

4.jpg

image2.JPG

念願だった倉庫が
image1.JPG
Posted by coco at 22:50 | 木や森のこと | この記事のURL
竹灯篭準備へ [2016年03月20日(Sun)]
お弁当を持って竹灯ろう祭りの前に高所枝掛りした竹を外しに現場まで。無事完了!

5.jpg

6.jpg

飛蚊症の兆候
Posted by coco at 22:12 | 木や森のこと | この記事のURL
最後の合宿 [2016年03月19日(Sat)]
IVUSA今年度最後の活動は二日間テント泊での竹林整備。
朝から雨模様の悪天候の中、頑張る学生たちを陣中見舞い。午後から陽も射し始めポカポカ陽気。
春の花が咲き始めた横浜の里山です。

1.jpg

image4.JPG

image3.JPG

image2.JPG

image1.JPG

image5.JPG

2.jpg

3.jpg

4.jpg
Posted by coco at 22:02 | 木や森のこと | この記事のURL
来訪者 [2016年03月15日(Tue)]
被災地でずっと一緒に活動した仲間が来会。久しぶりだね・・・
Posted by coco at 22:17 | つれずれに | この記事のURL
竹灯篭づくり [2016年03月13日(Sun)]
お弁当を持ってちょっと身体を動かしに・・・・

5.jpg

9.jpg

8.jpg

6.jpg

7.jpg
Posted by coco at 22:36 | 木や森のこと | この記事のURL
被災地巡礼 [2016年03月11日(Fri)]
3.11被災地巡礼
渡波大宮神社での追悼会に参加させていただき、災害ボランティア仲間の徳恩寺さんに同行させて頂き被災地を回らせて頂きました。

あの日この小学校で起こった事を伝えることが自分に与えられた使命とし、学生ボランティアを引き連れて何度となく訪れた場所。
お線香のかおりと耳に優しい読経に、これまでとは違う時間。
3.jpg

今日は一日本当に穏やかな海でした。南三陸町にて
4.jpg

いつものお地蔵さまへ。この場所でもご供養いただきました。
4a.jpg
Posted by coco at 22:27 | 東日本大震災 | この記事のURL
復興への歩み [2016年03月10日(Thu)]
なんも無かった更地に夢をカタチにするための上屋の隅柱を、三人力を合わせ4本立てたのが14年5月20日のこと。
1.jpg

あれから2年の歳月。未だ周辺には何一つ建物は無いけれど、ひとり夢に向かって歩み続ける力を再確認できた日。
人それぞれの復興への歩み....
2.jpg

1a.jpg

1b.jpg
Posted by coco at 22:22 | 雄勝地区 | この記事のURL
在新潟 [2016年03月07日(Mon)]
新潟柏崎で行われている災害支援コーディネーター養成研修会に来ています。
新潟での災害に関わる事業でいつも感じるのは、
災害系NPO・社協・中間支援団体・JCなどが協働し連携しあって事業が企画され実行されていること。参加者の中にはひのきしん災救隊の方もいたりするし....
この新潟のカタチが当たり前のようで実はそれがそうでもないのがこの業界らしいひとつの特徴。

876.jpg
| 次へ