CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年06月 | Main | 2014年08月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
南陽水害(4) [2014年07月16日(Wed)]
南陽水害。
今日の重機チームは除雪機などの保管場所だった倉庫の解体や濁流で流された廃棄物用金属箱の移動などなど。
午後からの雨によってVCから作業の中止指示が出されるなど、ボランティアによる復旧活動も一進一退が続いています。

3.jpg

4.jpg

1.jpg

2.jpg
南陽水害(3) [2014年07月15日(Tue)]
南陽水害。今日から重機と一般ボランティアさんの人海戦術の組み合わせ作業。
今日、入らせていただいた農家のTさん。
Tさん曰く。実はね、この流れ込んできた泥の量を見たとき、自分一人で一年以上かけてやらなければと覚悟を決めてたんだよ。それがもうほとんど無くなって、正直、夢を見ているようだよ!って。

3.jpg

2.jpg

4.jpg

1.jpg
南陽水害(2) [2014年07月14日(Mon)]
今日もひたすら床下にもぐってました。こんなに潜ったのは2011年の石巻の普誓寺以来かも。と言いながらあまり汚れていない俺。ほとんどLennonちゃんが奥に入ってくれました。
残りの1軒は雫石チームへのプレゼントします(^^)

IMG_7522.JPG

IMG_7519.JPG

IMG_7569.jpg
南陽水害(1) [2014年07月13日(Sun)]
昨年に続いてまたの水害で南陽市に入るとは夢にも思っていませんでした。住民の心も折れています。
いつも通りやれることからやろう。床剥ぎそして泥出し。そしてフローリングに潜り泥出し・・・そして一時は折れた心も、泥に塗れで床下に這いつくばって潜るレノンちゃんの姿に笑顔が戻るご家族なのでした。これも被災地へのメッセージ・・・・

1.jpg

3.jpg

5.jpg

6.jpg

4.jpg

2.jpg

8.jpg

災害VCの定番の夕方の風景。災害VC経験ゼロの社協トップもなぜか会議に出席。過去の災害経験豊富な方々の建設的な素晴らしい提案や意見も、一瞬でかき消されてしまう進行に「天晴!」

7a.jpg
雫石町災害ボランティア講習会 [2014年07月12日(Sat)]
2014年、私たちの責務として決めたこと。
それは、この3年間、被災地であったいろいろなことをありのままに伝えること。
悲しかったこと。嬉しかったこと。辛かったこと。悔しかったこと・・・・
今回の岩手県雫石町でも素晴らしい機会を頂くことができました。そして、そんな伝えさせていただいたことを地域のボランティア活動や地域防災力の向上につなげていっていただけたらと思っています。
本講習会を企画いただきました雫石町社会福祉協議会様に深く感謝申し上げます。

1.jpg

3.jpg

8.jpg

6.jpg

2.jpg

4.jpg

5.jpg

7.jpg

9.jpg
雫石へ [2014年07月11日(Fri)]
雫石水害から一年。
http://blog.canpan.info/coco/archive/3203
この苦い経験を未来に繫げようと、災害を考える日に!とても大切なことだと思います。そのお手伝いにちょっと北上。
その後、仲間の待つ水害被災地の山形へ南下します。その地も昨年大水害があった街。被害が少なくあって欲しい願うばかりです。

sizuku.jpg

雨の一日 [2014年07月10日(Thu)]
明日から岩手雫石での講演会。雨の中、最後の台風8号の備え!

aIMG_7340.jpg
Posted by coco at 23:42 | 雄勝地区 | この記事のURL
上棟準備 [2014年07月09日(Wed)]
13日の上棟式が行われる長面の番屋を見てきました。
画像は番屋を建てていただく阿部棟梁です。棟梁の工務店は大川小学校の隣にありました。一緒に暮らしていた娘さんのご主人と二人のお孫さんを津波で亡くされました。地区の代表者として翌日から100を超えるご遺体のお顔を川の水で洗い清め識別に立ち会われたとのことです。
あの年から小学校の周りに桜を植える活動をされています。
長面の番屋を棟梁に建てていただくのも何かのご縁のように感じます。

777.jpg

今日の作業も台風に備えて内壁の固定とトイレ柵づくり。雨の予報が一転蒸し暑い一日でした。
8.JPG

55.jpeg

77.jpeg

Posted by coco at 23:08 | 大川地区 | この記事のURL
台風に備えて [2014年07月08日(Tue)]
台風に備えて内壁の補強と破風板取り付け。そして夕方、待ちに待った玄関の扉が入りました。
それにしても暑い一日でした。

1.jpg

2.jpg

3a.jpg

3.jpg

玄能は大工作業の基本中の基本。
波板トタン固定の傘釘1000本以上、場所によっては三枚重ね打ち。炎天下の屋根の上でほとんど一人でやっていただきました。
今日から雨天が続きますが、これで内装作業も安心。ご苦労様でした。
4.jpg
Posted by coco at 23:05 | 雄勝地区 | この記事のURL
少年の愛犬 [2014年07月08日(Tue)]
この犬はリュウくん。当時大川小学校6年生だったY君が一番面倒を見ていた家族です。祖父の
軽トラに乗り小学校に来るといつもと様子が違い、興奮するそうです。
大川小学校はこの震災の被災地区の中で、日本全国から最も多くの方々が訪ねて来られた場所かと思います。
Gakuvoに参加した学生たちにも出来るだけこの小学校であったことを伝え、この学校の姿を目に焼き付けていただくようにしています。

この小学校区の集落の多くは消え去りました。住民の方々もてんでんばらばら。あれから三年。その消えたふるさとをちょっと訪ねた時に立ち寄れる場所があっても良いように思うのです。行政には本当に必要とされている箱モノの優先順位を真剣に考えて欲しいと思います。例えば今再建されようとしている市立病院。旧郡部の北上・雄勝・河北の方々の便の良いところにあってこそ、同じ石巻市のように思うのです。

wan.jpg
Posted by coco at 07:14 | 大川地区 | この記事のURL