CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年12月 | Main | 2013年02月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
山の養分を再び [2013年01月31日(Thu)]
朝一番、先のGakuvo49陣が製作したバス停ベンチを設置。お散歩の時にでも少し休んでください。また少しだけ街の景色が変わりました。

aIMG_8764.jpg

一昨日、連携をしているボランティアから相談があった。まだまだ震災瓦礫が多く残る浜を綺麗な浜に戻したいので力を貸してほしいと。実は自分も前から気になっていた浜でもあり、じっくりとロケハンをしてきました。
そうしたら津波前は山からの沢水が流れ込んでいる浜だったことが分かりました。牡蠣や海苔を育てているのは山から流れ出る養分が多分に関係している。
瓦礫の片付けに併せ、津波によって寸断された海への流れ込みも、みんなで力を合わせ元の姿に戻したいと思う。

aIMG_8776.jpg

aIMG_8778.jpg

浜の瓦礫を背にすれば目の前はこんなに素晴らしい海。久しぶりに手応えのあるミッションになりだ。
aIMG_8781.jpg

午後は市内にもどり、他団体がつくる店舗のウッドデッキの助っ人。地面が凍っている基礎作業は時間がかかる。
aIMG_8790.jpg

aIMG_8794.jpg

今日は浜から頂いたワカメの夕食。美味しく頂きました。また少し髪の景観が変わってほしい。無理だろうな・・・
aIMG_8799.jpg
Posted by coco at 23:46 | 東日本大震災 | この記事のURL
今日の一日 [2013年01月30日(Wed)]
仲間のボランティアから重機を少し貸していただけないかと連絡があり、朝一番で回送。2トンダンプに乗せられるようになり機動力アップ。

aIMG_8745.jpg

市内で被害の最も大きかった地区には長く大きな暗渠がありました。地域住民に聞けば中は未だ捜索はされていないと。あれから2年が過ぎようとしている今、漸く暗渠の瓦礫出し。もっと早くやるべき作業だったと思うのです。
aIMG_8750.jpg

連日の雪でぬかるんだところでフォークリフトがスタック。数日間トライしてみたが出られずとのことで、SOSがあり、オタフクを使って無事脱出!
aIMG_8754.jpg

御柱祭の山車のカジ切り棒が無いとのことで、間伐を兼ね森へ。
aIMG_8756.jpg

4本のカジ棒完成!
aIMG_8759.jpg
Posted by coco at 23:44 | 東日本大震災 | この記事のURL
生涯現役 [2013年01月29日(Tue)]
日焼けした顔のじいちゃんが船外機操って、ナマコ漁するためにウエットスーツを着た孫と磯に出て行く姿を見た。死ぬまで現役でいられる浜の生活は素晴らしい。人間らしい暮しの原点が浜には沢山ある。
津波なんて長い先祖からの営みの中では一瞬の出来事。大切なものは家でもなく船でもなく、目には見えにくい無形の財産なんだと改めて思った。

cDSCF1583a.jpg
Posted by coco at 09:20 | 東日本大震災 | この記事のURL
浜をハシゴ [2013年01月28日(Mon)]
東京側で足湯隊を送り出してくれている被災地NGO恊働センターの頼政くんが拠点を訪ねてくれ、活動場所などを案内させていただきました。

1カ月遅れで竣工した狐崎の牡蠣処理場。ピカピカです。
aIMG_8721.jpg

aIMG_8720.jpg

福貴浦では漁師の友くんに生かきを少しおねだり。ご馳走さまでした。
aIMG_8726.jpg

aIMG_8723.jpg

小渕浜の桜は雪害なく一安心。
aDSCF1583.jpg

大原浜にて御柱祭の山車の組み立てのお手伝い。のぶさんは鑿。
aIMG_8735.jpg

aIMG_8741.jpg

頼政君はサンダー掛け。
aIMG_8732.jpg
Posted by coco at 20:58 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
テラセンブランド [2013年01月27日(Sun)]
大津波で壊滅的な被害を受けた山元町の常磐線東側にて、不屈の精神で踏ん張り、頑張り続けてきた仲間「テラセン」が生産したイチゴです。
感動なしでは食べられない一粒一粒です。
22か月間の苦労をたっぷり噛みしめながら頂戴します。

aIMG_8706.jpg

足湯と似顔絵のコラボ [2013年01月27日(Sun)]
今日は同じ被災地で活動するNGOのJENさんの運営するコミュニティサロンで、足湯&似顔絵ボランティア。
あいにくの大雪で足元が悪い中、地域の方たちが訪ねてくれました。

aDSCF1550.jpg

aDSCF1527.jpg

aDSCF1548.jpg

aDSCF1554.jpg

aDSCF1558.jpg

小生も孫の似顔絵を描いていただきました。
11IMG_8711.jpg

今回の似顔絵ボランティアさんは2名はJENさん、もう2名は高校生カフェ「 」でコラボでした。お疲れ様でした。
Posted by coco at 20:24 | 東日本大震災 | この記事のURL
足湯ボランティア二日目 [2013年01月26日(Sat)]
市内の仮設住宅談話室で足湯サービス。天気は雪。早めに拠点を出発し仮設敷地内を除雪。
aIMG_8666.jpg

aIMG_8674.jpg

高校生ボランティアのあやねちゃんは、お母さんを誘ってボランティアに。
aIMG_8668.jpg

aIMG_8670.jpg
Posted by coco at 18:10 | 東日本大震災 | この記事のURL
消えゆく街並み [2013年01月26日(Sat)]
市街の三叉路にあった風情のある老舗そば屋さんの解体が始まりました。津波被害から再開を果たしたのですが、だいぶ前から「しばらく休業します」と書いた札が下がっていました。ラーメン屋の多い石巻にあって、街中の貴重なそば屋で、再開を楽しみにしていましたが、解体されることになたようです(悲)
またひとつ消えてゆく震災前の景色。

sankaku.jpg
Posted by coco at 07:46 | 東日本大震災 | この記事のURL
浜のゴミ集め [2013年01月25日(Fri)]
早朝到着した足湯隊のアテンドするのぶさんと別れ、日曜日の足湯ボランティアのPRのための仮設住宅でのポスティング。

aIMG_8637.jpg

その後作業現場へ。今日はレノンちゃんと浜辺の震災ゴミ集め。
aIMG_8660.jpg

子どもが遊べる浜を目指し、砂を掘り起しゴミ集め。レノンちゃんの重機操作も大分上達!
aIMG_8646.jpg

ゴミのほとんどはプラスチック。大連古城塑料廠製造のプラスチックの浮。太平洋岸では珍しい大陸からの漂流物?
aIMG_8657.jpg
Posted by coco at 21:40 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
強風でも安心! [2013年01月24日(Thu)]
浜に設置した大切なコンテナハウスの固定をロープからワイヤーに替えました。これで安心!

aIMG_8621.jpg

aIMG_8625.jpg

aIMG_8623.jpg
Posted by coco at 22:35 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
| 次へ