CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年03月 | Main | 2012年05月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
赤いきつねとカニ [2012年04月26日(Thu)]
今日は、浜の漁具の倉庫の設置場所を確保するための造成を、お手伝いさせていただきました。

aCIMG1333.jpg

法面を削り、コンテナ倉庫1棟分の土地がほぼ完成。

aCIMG1343.jpg

今日の現場は狐崎浜。ということでお昼は「赤いきつね」と漁師さんから頂いたカニ。美味しく頂戴いたしました。

aCIMG1348.jpg

ごめんね。今度生まれてくるときは人間に捕まらないんだよ・・・・・
という表情をしながら美味しくいただくHANAちゃんでした。

aCIMG1347.jpg

ダイムラーさんからのプレゼント、三菱キャンターも大活躍。
画像タイトル:ダンプとNANA

aCIMG1331.jpg

浜の復興にはまだまだ重機は欠かせないツール。ということで漁師さんにもオペレーション講習。

aCIMG1334.jpg

今日はこれまでに無いほど鹿の群れを見ました。普段は夕方近く、遠く森の奥からこちらを見ている鹿を見かけることはありますが、今日は朝も平地をうろうろ。白昼堂々道路近くをうろうろ。
何も起きないと良いのですが・・・ちょっと心配・・・
Posted by coco at 23:33 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
ボランティアから企業へ [2012年04月25日(Wed)]
午前中、造船所のヤマニシさんにお邪魔しました。ボランティア団体オンザロードさんがボランティアの送迎用に使用していた中型バスを贈呈していただくことになりました。
津波による大きな被害のあったヤマニシさんはほとんどの車両が流されてしまいました。

オンザロードさんの被災地で活動したボランティアはこれまで延べ2万人。そのボランティアを運び続けたバスが、被災地復興のためにさらに活躍してくれます。

ボランティアから企業へのバトンタッチ。これも復興の証しでしょう。
大切にお使いください。

aP4260013.jpg

aP4260018.jpg

午後は、貞山小学校の丸太遊具の撤去の依頼があり、ロケハンに行ってきました。昔、児童の親御さんたちが力を合わせて作った丸太遊具ですが、老朽化と津波被害で撤去が決まりました。

aP4270002.jpg

aP4270004.jpg

aP4270005.jpg

これまで子ども達に果たした役割を労いながら解体・搬出をさせていただきます。


◆オイルファンド缶バッチ

缶バッチ1個でDRT-JAPANが支援活動で使用する車両・重機等の燃料1リッター分となります。

P4251756.jpg

aaP4251763.jpg

※お陰さまで、製作と同時に完売いたしました。
ありがとうございました。
現在追加発注中!
Posted by coco at 06:31 | 3.11団体支援 | この記事のURL
かかり木処理 [2012年04月24日(Tue)]
5月の春祭りに併せ、浜の鎮守さまの整備。今日は、津波と台風によって折れた樹木のかかり木処理。
危険な作業でしたが無事終了することが出来ました。

NANAHANA&DRT-JAPAN重機隊の皆様、お疲れ様でした。

aCIMG1317.jpg

aP4241727.jpg

aCIMG1302.jpg

aCIMG1296.jpg

aP4241740.jpg

aP4241746.jpg
Posted by coco at 22:47 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
鳥居が新しく [2012年04月23日(Mon)]
津波によって消えてしまった浜の神社の鳥居が新しくなりました。
震災直後、2004年の災害年に活躍した「04救援隊」のメンバーだった災害ボランティア仲間が、愛知県に震災支援のための団体を立上げ、遠く愛知から牡鹿支援にずっと通い続けてくれています。その愛知の人たちの支援によってこの鳥居は建てられました。
久世くん、本当にありがとう!
私たちの仲間に君がいることを誇りに思っています。

明日はその神社周りの塩害樹木の伐採と敷石などを重機隊仲間と整備をさせていただきます。仲間同士の被災地への思いがつながっていることに喜びと感謝を込めながら・・・

aP4201694.jpg

aP4201696.jpg

2004年の中越地震救援の折、朝の拠点出発前に昼飯の準備を君に依頼し、お昼になって即席麺のお湯を沸かす時になって、なんとヤカンを積んでいなく、「何でお湯を沸かすんだよむかっ(怒り)パンチ」って、学生だった君にぶち切れたのが、つい昨日のようです。

君は大きく成長しましたが、俺は今も変わってないなぁ(反省)
Posted by coco at 21:52 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
女性漁業士 [2012年04月23日(Mon)]
少数精鋭で頑張ってくれたGAKUVO隊29陣が任務を終え帰還の途。
お疲れ様でした。

午後から、漁業再生を女性の立場から真剣に考えている4人と会合を持つことが出来ました。
女性漁業士として震災前に取り組んできたこと。
それが一瞬にして消え去った今、これからどうしてゆきたいのか?
被災地からの声を女性の立場からどのように発信してゆくのか?
などなど・・・
今日は初日ながら、男漁師からは聞かれないいろいろなことを学ばせて頂きました。

aP4231722.jpg

再び、復興に情熱を持って取り組もうとしている人たちに出会えました。
4人の美しき「COAST ANGELS」です。


《漁業士とは》
将来の地域振興の中核を担う若手漁業者であること、あるいは現に優れた漁業経営を行い漁村青壮年の育成に指導的な役割を果たしている漁業者であること等を県知事に認定された漁業者を漁業士といいます。
地域の中心的な漁業者の社会的評価を高め、その自主的な組織活動を推進することで、優れた漁業後継者の育成確保に役立てることを目的として、昭和61年度より漁業士認定制度は始まりました。
認定を受けるためには、所属する漁業協同組合長の推薦を受け、漁業知識や技術の付与を目的とする「漁業士養成講座」を受講し、県水産部局や普及組織、県内水産関係団体で構成される漁業士認定委員会における審査において適当と認められる必要があります。

漁業士にも以下のような区分があります。
●青年漁業士=将来の地域振興の中核を担う40才未満の漁業者
●指導漁業士=現に優れた漁業経営を行い漁村青壮年の育成に指導的な役割を果たしている 40才以上の漁業者
女性漁業士=漁業に従事する女性であって漁村女性の集団活動に積極的に参画している者
※宮城県では約10名程度
Posted by coco at 20:51 | 3.11団体支援 | この記事のURL
コンブ漁へ [2012年04月22日(Sun)]
お昼時間に船でコンブ漁に連れて行ってもらいました。途中、久しぶりに舵を握らせていただきました。
気分は「荒波の若大将」。

aIMG_1876.jpg

aIMG_1918.jpg

土産にもらったコンブ

aIMG_1940.jpg

※この震災では本当に持っていた良かった海技免許です

aP4231725.jpg
伐採支援 [2012年04月22日(Sun)]
家を建てることが復興の証。若い漁師にとっても、そのことが自分を奮い立たせるエネルギーにもなる。

今日のGAKUVO隊の活動は、昨日に続き東部地区の「法支援外高台移転」における樹木伐採支援。GAKUVOメンバーも要領を覚え、昨日よりもハイピッチ。

aIMG_1531.jpg

aIMG_1560.jpg

aIMG_1675.jpg

aIMG_1687.jpg

aIMG_1819.jpg

aIMG_1833.jpg

チェーンソー隊はた組とHANAちゃん。
ヘルメット、防護チャップス、ゴーグルは必携。

aIMG_1947.jpg

aIMG_1544.jpg
GAKUVO隊第29陣 [2012年04月21日(Sat)]
午前中は、津波で被災したコンテナ内の搬出作業。

aP4211708.jpg

そして、今日のお昼は、ピースボートさんの漁業体験イベントに便乗し、海共ママさんからの差し入れご飯。なんと未明に水揚げされた小女子で、小女子料理のグランドスラム。氷で身をしめた生小女子&ゆでたて小女子&佃煮(くぎに)&小女子のお汁。
もうたまりませんわーい(嬉しい顔)

aP4211713.jpg

aCIMG1205.jpg

午後は、個人高台移転に伴う残土処理地の伐採。
国の補助制度にかかる高台移転は原則5世帯以上から対象となる。では被災地域での移転希望者が5世帯に満たない場合には???
役所の説明では100%個人負担となります。そんな理不尽な・・・・

ということで「義を見て為さざるは勇なきなり」に基づき
「義をもって助太刀いたす」

おだずなよ!シリーズ

ashigaru.jpg
青い鯉のぼり [2012年04月20日(Fri)]
律くん、見えますか?
津波で亡くなった歳の離れた弟のためにお兄ちゃんが掲げてくれた青い鯉のぼり。
今年も元気で泳いでいました。

asaP4201703.jpg

夜、GAKUVO隊第29陣&た組JAPANが無事到着!
明日から二日間少数精鋭で頑張ります。

kazebb.gif

GAKUVO石巻オリジナル缶バッチ:100円
間もなく発売予定!かな?
Posted by coco at 21:40 | 東日本大震災 | この記事のURL
密かなブーム [2012年04月20日(Fri)]
いま被災地は缶バッチブーム

DRT‐JAPAN
OIL FUND
サイズ25mm、1個:200円

DRT2012a.gif

売上の全ては、DRT-JAPANが救援活動にて使用する、車両・重機・チェーンソーなどのパワーツールの燃料代となります。
Posted by coco at 20:52 | 東日本大震災 | この記事のURL