CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年08月 | Main | 2011年10月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
カールおじさん来日 [2011年09月27日(Tue)]
カリフォルニアから頼もしい助っ人、器用でパワフルなカールおじさんが到着。
7月につづき2度目の来日でのボランティア。再会の喜びもつかの間、遠距離移動と時差ぼけもある中ですが、早速台風15号の瓦礫処理などに活躍いただきました。
ありがとうございました。





7月、田代島(ネコ島)でのカールおじさん。


夜は「すき屋」で特盛オーダーのオヤジ二人でした(笑)
Posted by coco at 23:44 | 東日本大震災 | この記事のURL
頼もしい仲間が [2011年09月27日(Tue)]
災害ボランティア仲間が支援している山元町を中心に活動している、band⇔aidさん。実行力のある頼もしい仲間です。
以下HPより抜粋。

東日本大震災復興支援プロジェクト
当団体「band⇔aid」では、東日本大震災の被災地、宮城県山元町を中心に、4月1日より支援活動を角田市から発信しております。 早急かつ継続的な支援のため、周辺地域のみなさまと協力しながら、角田キャンプを新設し、 全国から集まったボランティアと共に、日々、現場での作業を続けています。 このたび9月20日よりband⇔aid 3nd Stageと位置づけボランティアセンター テラセン(宮城県亘理郡山元町山寺字浜163)の参加・協力をし、 より沿岸部の復興支援に取り組んでまいります。より一層復興支援の内容の濃い活動になっております。 自立自活支援というテーマに向けて努力していく次第であります。 ひとりでも多くの方の参加・協力をお待ちしています。




Posted by coco at 06:00 | 東日本大震災 | この記事のURL
海から山から [2011年09月26日(Mon)]
東浜地区もいたるところで崖崩れ。竹浜も浜に通じる唯一の道路が陥没しSOS。ちょうど隣の浜にいたのでピースボートと救援に行ってきました。



津波による泥で埋まっていた側溝も以前キレイにしたのに、台風被害でまたこの状態。海から山から困ったものです。
Posted by coco at 23:24 | 東日本大震災 | この記事のURL
母の愛の深さ [2011年09月26日(Mon)]
母の愛の深さを感じます。早く母のところへ・・・・


---------------------------------------------------
おかえり小晴…重機で捜し続けた母 大川小
毎日新聞 9月23日(金)13時10分配信

東日本大震災の津波で多くの児童が流された宮城県石巻市立大川小学校から数キロ離れた海で、遺体の一部が見つかりDNA鑑定の結果、中学校教諭の平塚真一郎さん(45)と妻なおみさん(37)の長女で6年生だった小晴さん(当時12歳)と22日確認された。「せめて一部だけでもと思っていたら、本当にそうでした。それでも帰ってきてくれてうれしい」。捜索のため6月に重機の資格を取った、なおみさん。愛娘が帰ってきた今も重機を操り、なお不明の児童4人の捜索に加わる。最後の一人が見つかるまで−−。

遺体が見つかったのは名振(なぶり)湾の漁港付近。地元漁師が見つけ8月9日、夫婦2人で確認に出向いた。津波に流され、たどりついたのか。「へそを見れば分かる」と思っていたが、損傷は激しい。ただ、重ね着していた下着は見覚えがあった。震災当日はまだ寒かったからだ。「小晴が、私たちが分かる形で帰ってきてくれた」と夫婦は確信した。遺体は翌日に一晩だけ帰宅、11日に火葬に付した。

正式確認に真一郎さんは「ようやく葬儀を出して、みんなの元に送ってやれる」とほっとした様子で話す。なおみさんは「他の子たちの捜索で、できることを続けます」と力を込めた。

全児童108人のうち、小晴さんを含め70人が亡くなり今も4人が行方不明の同小。震災直後は冠水し近づくことさえできなかった。水が引いてからは周辺で、他の不明児童の保護者らと土を掘り返すなどしてきた。真一郎さんが仕事に復帰後、なおみさんは6月下旬に教習所に通って重機の資格を取得。石巻市から借りた重機を他の保護者とともに操縦し、手がかりを求め地面を掘り返した。

同小に入学した長男冬真君(6)、保育所に入り言葉が増えた次女小瑛(さえ)ちゃん(2)は成長していく。その喜びをかみしめる間もなく、小晴さんが見つからない焦りが募る。お盆が近づくころの「帰宅」だった。

震災半年の今月11日。警視庁の応援部隊が引き揚げ警察の捜索態勢が縮小された。長靴姿のなおみさんは、今も帰らぬ4人の児童を思い「これからどうなるの」と大粒の涙で部隊を見送ったが、その後再び重機に乗った。

小晴さんが帰ってくるまで「ずっと見つからず、取り残されるんじゃないか」と不安だった。気遣って足を運んでくれた他の保護者への感謝が、なおみさんを突き動かす。捜索で精いっぱいな保護者に代わり「まだ捜す場所はある」と捜索の継続を訴えている。【百武信幸】
Posted by coco at 23:11 | 大川地区 | この記事のURL
新山浜の台風被害 [2011年09月26日(Mon)]
牡鹿半島の新山浜に調査に入った助さんからの報告です。

(以下)
牡鹿半島の鮎川から山越えて入る新山浜の台風15号豪雨被害は悲惨だ!
幸い死傷者はいないが、港へ沿道の車15台はアスファルトや土砂と共に押し流され土砂が港の一部を埋めている!
岸壁の漁師達は何も手をつけられないとつぶやいていた‥‥
津波後の悲惨の光景がよみがえる‥‥
(以上)

今日は同じ牡鹿半島の竹浜での活動。浜に行く唯一の道がやはり台風15号の影響で大きく陥没していた。なので朝からピースボートと迂回路工作。






Posted by coco at 18:26 | 東日本大震災 | この記事のURL
被災地の音楽祭 [2011年09月25日(Sun)]
被災地の音楽祭。
街に響く楽器の音色&歌声。
復興への長い道のりは漸く一歩を踏み出したばかり。
とは言え、半年でよくぞここまで来たと思う。


街で見かけた某財団復興CREW


街で見かけた某財団復興請負人とその友だちのピュンマ

Posted by coco at 23:22 | 東日本大震災 | この記事のURL
15号の爪あとW [2011年09月24日(Sat)]
あれほどキレイにした小渕浜も、瓦礫瓦礫瓦礫。台風で陸地から海に流れた瓦礫が浜に流れ着いたようです。また一から頑張ろう!

Posted by coco at 23:39 | 東日本大震災 | この記事のURL
15号の爪あとV [2011年09月23日(Fri)]
夕方近く、15号による土砂流出で側溝が埋没した大原浜で、とっちさんのお手伝いで側溝の砂利だし。
津波による泥で埋まったこの側溝も、埼玉から応援にきた造園屋さんの重機ボランティアによってキレイにしたのに。
また同じ作業を強いられます。



闘いすんで日が暮れて・・・・
今日の技をなし終えて・・・・
カラスが鳴くから帰りましょう・・・・

牡鹿の海も空は、いつもの海と空・・・・・バカヤローー!
Posted by coco at 18:29 | 東日本大震災 | この記事のURL
15号の爪あとU [2011年09月23日(Fri)]
農園と公園は泥の乾きを待ってからということで、土砂崩れが倉庫を直撃した現場で泥の搬出作業を地元の重機を借りて。

午後は神戸市長田区から来たボランティア10名の援軍を頂き、無事完了!
ありがとうございました。



幹線道路はいたるところで土砂崩れ
Posted by coco at 18:15 | 東日本大震災 | この記事のURL
15号の爪あと [2011年09月23日(Fri)]
ある程度は予想していましたが、実際に目にするとやや凹んでしまいますが、気を取り直して、また歩こう!
津波に比べれば屁みたいなもんです。

農園も公園もズタズタですが、また前を向いて歩こう!
浜の子どもたちは元気な笑顔で手を振ってくれました(涙)

芽が出始めた農園はこのとおり
土止めの丸太は流出しましたが、まだまだ修復可能!


公園の農園は軽傷。

丸太ベンチとすべり台はこのとおり

取りあえず、泥が乾いたら表面の泥を剥がして、それからだ!
Posted by coco at 18:03 | 東日本大震災 | この記事のURL