CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
ハサミ [2011年05月29日(Sun)]
孫のおともだちとハサミ。ツカミと言うこともある。グラップルということもある。

Posted by coco at 09:02 | 家族のこと | この記事のURL
ゆめ [2011年05月28日(Sat)]
Posted by coco at 20:50 | つれずれに | この記事のURL
隠ぺい工作 [2011年05月28日(Sat)]

◆こっそりシリーズ第三弾

毎日新聞から

福島第1原発:東電社長、地震当日は夫人同伴で奈良観光
2011年5月28日 2時30分
東日本大震災が発生した3月11日前後の清水正孝・東京電力社長の行動が27日、毎日新聞の取材で明らかになった。東電が説明していた「関西財界人との会合のための出張」とは異なり、奈良・平城宮跡や東大寺の修二会(しゅにえ)(お水取り)見物が主で、平日に夫人、秘書同伴という観光目的の色彩が極めて強く、業務に相当するような公式行事はなかった。東電は清水社長の夫人同伴の関西出張を認めておらず、東電側の隠蔽(いんぺい)体質が改めて浮き彫りになった形だ。

毎日新聞の取材に対し東電は「清水社長の日程は、相手のいることなので公表できない。否定も肯定もしない」と答えるだけで、詳細を明らかにしていない。関係者や奈良県によると、清水社長ら3人は3月10日午後、2泊の予定で奈良市のホテルにチェックイン。11日に、夫人同伴で東大寺(奈良市)のお水取り観賞が予定されていた。


※隠ぺいしなければならいようなことは、こっそり自腹でやって欲しい怒

Posted by coco at 16:21 | 東日本大震災 | この記事のURL
想定外という言い訳 [2011年05月28日(Sat)]
「想定外でした」という言い訳。自分でも講演などの機会に「災害は常に想定外で残酷です」と話してきた。
なぜ災害は想定外なのか?と考えた。
答は簡単。「想定外」のことが起きるから「災害」になるということ。
なので「災害に備える」ということは、常に「想定外」を考えること。

なので「想定外だった」という言い訳は、「災害に備えなかった」ということになる。



ずっとウソだった
Posted by coco at 15:12 | 東日本大震災 | この記事のURL
集団格闘技 [2011年05月28日(Sat)]
集団格闘技「防大棒倒し」
東日本大震災の被災地にやってきたあの学生たちもやっているんだろうなぁ・・・・。

Posted by coco at 07:15 | つれずれに | この記事のURL
被災地での健康を [2011年05月27日(Fri)]
厚生労働省から出された被災地での健康アドバイスです。ボランティア活動においても参考になると思います。


被災地での健康を守るために

東日本大震災は、未曾有の大災害であり、多くの尊い命が失われ、様々な健康被害が発生しています。被災地での避難所等における生活が長期に及ぶことにより、様々な健康への影響が懸念され、健康を守るための対策が重要です。

避難生活の際に、病気にかからないよう、また、できるだけ健康に過ごしていただくため、大切なことをまとめました。被災者を支援する方々にも、これらのことを知っていただき、ご配慮いただくようお願いいたします。


※詳細は以下のサイトへ:
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/hoken-sidou/disaster.html
Posted by coco at 21:48 | 東日本大震災 | この記事のURL
乾杯 [2011年05月27日(Fri)]
災害に関わってきた仲間との被災地外でのひととき。

K:これまでの災害ってなんだったんだろうね。これまでの災害が災害みたいじゃないよね。

T:そうですね。今回のはスゴすぎますよね。

K:阪神では6400人以上が亡くなってるけど、今度のは行方不明者だけでそれ以上だもんね。でも、俺らそんな景色にもなれちゃってない?

T:なんかいやですね

K:それっていやだね

T:・・・・

K:・・・・

T:・・・実は私結婚したんです(^^;)

K:えーーーーーーーーー!うっそーーーーーーーー!

災害も・・・おめでとう!も 忘れたころにやってくる。

Posted by coco at 20:36 | 東日本大震災 | この記事のURL
餅巻き [2011年05月27日(Fri)]
東浜竹浜の家。今日は餅巻き。笑顔が戻った浜の人たち。家屋再生プロジェクト支援家屋。大工ボランティア山本さんご夫妻の技の結晶です。拍手&涙!


Posted by coco at 20:17 | 東日本大震災 | この記事のURL
気仙沼は? [2011年05月27日(Fri)]

気仙沼にて活動している学生ボランティア団体「IVUSA」の幹部と、お互いの活動及び被災地の状況について情報交換。ヒト・モノ・カネの話しに始まり、ともに「まだまだやらなければならないことだらけ!」を確認し、三軒茶屋を後に。

都会で会うIVUSAの女子大生はやっぱり普通のどこにでもいる可愛いオシャレな女子大生でした。つい先日、一緒に汗をかいたあの長靴にヘルメット姿の学生たち。年齢よりもかなりたくましく見えてしまう被災地。いや、たくましいのが本質で、都会的現代社会が人間を静かに大人しくしてしまっているのかもしれない。

もっとサバイバルに生きよう。大災害は近いうちに必ずやってくる。
Posted by coco at 17:26 | 東日本大震災 | この記事のURL
来年も [2011年05月27日(Fri)]
牡鹿の空になびいていた小網倉浜の鯉のぼりは、本日を持って撤収させて頂きました。来年は復興を果たした牡鹿の空をさらに元気よく泳いでくれることでしょう。



Posted by coco at 13:27 | 東日本大震災 | この記事のURL