CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年04月 | Main | 2016年06月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
宝探し [2016年05月04日(Wed)]
益城町災害ボランティアセンター木山サテライトの朝はラジオ体操から。昨日の大雨とはうって変わって暑くなりそうな一日
技術系プロボノDRT-JAPAN連合の朝はKY活動からスタート。進行は風組関東。
今日も一日安全第一で!
13138906_684777494995969_239866538374368951_n.jpg

街のラーメン屋さんの危険物回避
13177800_685033318303720_3825025793571314583_n.jpg

金庫救出
13133378_685033404970378_3815953885609675826_n.jpg

東日本大震災で活動したIVUSA-OGとGakuvo-OBも長期に渡り熊本地震の救援活動に参戦。ありがとうね!
13133149_684993571641028_8636502206826436865_n.jpg

今日午前中は一階が潰れた全壊家屋内に潜り、登記簿や貴金属などを探し出しました。
何れの家も熊本地震の揺れの大きさを証明するかのように、例えば仏壇の側で必ずしも位牌が見つかるとは限りません。
依頼されたモノが見つかった時の住民の笑顔が活動のエネルギーとなっています。
13151979_685011581639227_5991279150065115514_n.jpg

先日諦めたレース用バイク、無事救出にオーナーさんは号泣!良かったです!
1936069_686623981477987_6134037733150984463_n.jpg

13178626_685033348303717_3007608387458610819_n.jpg

チェーンソーは災害救援活動では大いに役に立つ道具ですが、同時に極めてリスクの高い道具でもあります。見様見真似の取り扱いは必ず事故に繋がります。
私たち技術系災害ボランティアネットワークDRT-JAPANが考える、災害救援活動におけるチェーンソー活用について

《チェーンソーを使用する活動の目的等》
・一般ボランティアによる活動が安全に行えるようにサポート
・一般ボランティアによる活動が無駄なく発揮できるようにサポート
・支障木などの二次災害の防止
・危険が予測される樹木の処理
・地域住民の安全の確保
・道路の啓開

《操作する人》
・厚生労働省が定める資格保有者
・経験豊富で確かな操作技術
・機械の分解組立に精通した技術
・操作技術の丁寧さと確実さ
・土木や建築の知識と経験
・安全に対する心構え
・他のボランティアに対する気遣い

《チェーンソーについて》
・正しく整備されたチェーンソーを使用する
・ガイドバーは18インチサイズ以下が望ましい
・始業点検とメンテナンス
・チェーンブレーキの動作確認
・燃料等の正しい管理

《服装等》
・チェーンソー専用の防護された服装
・防護チャプスの着用
・ヘルメットの着用
・ゴーグルと耳栓の装着
・ホイッスル
・安全靴

《操作上の注意点》
・作業にスピードは求めない
・効率よりも安全を優先すること
・チェーンソーの作業範囲内に他のボランティアが立ち入らない
・移動時にはカバーをつける

《その他》
・切断処理するモノについて所有者の承諾
・貴重品や家財道具に十分な注意を払う
・騒音に対する近隣への配慮
・夜間作業は行わない
・悪天候での作業は行わない

チェーンソーは災害救援活動では大いに役に立つ道具ですが、同時に極めてリスクの高い道具でもあります。見様見真似の取り扱いは必ず事故に繋がります。
| 次へ