CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年06月 | Main | 2012年08月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
現場調査へ [2012年07月10日(Tue)]
8月10日・11日・12日の三日間、災害救援をメインに活動している学生NPO「IVUSA」が250人体制で被災地の復興支援計画がある。

いつも気合いの入ったIVUSAらしい、他のグループではなかなか対応できない現場を調査している。今日は東松島の海水浴場へ。大きなゴミはほとんど見られないが、砂の中にはガラスなど裸足で走り回るにはまだまだ危険が隠れている。

そんなこともあり今年の海水浴は見合わせる方向にあり、来年に向けて海岸の砂を掘り起こし、海岸の砂を全て篩にかける、一斉徹底海岸清掃も作業候補に。

aIMG_2439.JPG

下記画像は、先日ボランティア仲間が運営する山元町テラセンに集結したIVUSAの猛者達です。8月はこの2倍。
DSCN2941-thumbnail2.jpg

P7010180-thumbnail2.jpg

イチゴ畑も小さなガラス片まで、常に徹底してとことんやるのがIVUSAの伝統!
P7010153-thumbnail2.jpg
Posted by coco at 23:35 | 東松島地区 | この記事のURL
養豚農家へ資材輸送 [2012年07月10日(Tue)]
本部からの依頼で行っている大震災で被災した養豚農家への支援。今日は豚舎修復のための資材を運んできました。

aIMG_2405.jpg

数日前に生まれた黒豚の子。
aIMG_2412.jpg

aIMG_2407.jpg

この農家では無農薬野菜づくりにもこだわっていますが、東電原発の放射能検査は農協を通さない独自の販売ルートでは、農協にて測定受けることができず、独自検査では数万円かかってしまうとの相談を受け、早速、放射能検出機器を所有すOPEN-JAPANにて、預かった野菜・玄米・畑の土を測定し、その結果は無事不検出となり、安全が確認できました。

aDSCN0150.jpg

aDSCN0154.jpg

aDSCN0155.jpg

養豚農家は内陸部の田舎。漁村に支援に行くことの多い我々にとって、どこまでも続く田園風景はいつもと違った雰囲気でとても新鮮な景色でした。
Posted by coco at 20:24 | 3.11団体支援 | この記事のURL
| 次へ