CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年05月 | Main | 2012年07月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
高校生ボランティア [2012年06月13日(Wed)]
被災地のバス停は殺伐とした更地にぽつんと時刻表が立っているだけ。炎天下腰かけるベンチもなく、疲れた表情でバスを待っているお年寄りを多く見かける。
ということで、お隣山形県の工業高校建築科の生徒さんが、被災地支援にやってくるとの情報から、早速バス停ベンチを作って頂きました。

aIMG_1316.jpg

事前に考えてきた図面にそって手際よく作業が進みます。
aIMG_1321.jpg

aIMG_1325.jpg

我がチームも高校生の受け入れを行った地元の団体、ステップバイステップさんの拠点用にベンチ作り。たまには少し休んでください。
aIMG_1327.jpg

無事完成、お見事です!
aIMG_1338.jpg

NANAHANA VS GAKUVO赤門隊
aIMG_1339.jpg

ということで完成後、早速某地区のバス停に設置させていただきました。
※このところの過積載締め付け取り締まりに、被災地の復興に汗する官憲の前に無力なボランティアの抗議画像。
aIMG_1341.jpg

山形県米沢工業高校の皆さん、ありがとうございました。

そして、米沢と言えば鷹山公。
鷹山公と言えば、
為せば成る 
為さねば成らぬ何事も 
成らぬは人の為さぬなりけり

正に今日、為せば成るを体験した高校生たちでした。
Posted by coco at 19:45 | 東日本大震災 | この記事のURL
名言格言 [2012年06月13日(Wed)]
曽野綾子さんが書かれた「人間の基本」という書籍が14万部を突破したとのことです。その書籍にある格言が非常に興味があり、ご紹介させていただきます。
被災地でのボランティアやボランティア活動に当てはめると、参考になることばかりです。

IMG_9629.jpg

・迷惑をかけるのも人間関係の面白さ。
 →多少は変わったGAKUVO学生が来ても面白く考えよう。
・「乗り越える力」をつけるのが教育。
 →GAKUVO学生を社会出ても生き残れるよう激を飛ばす。
・他人は自分を理解しないと覚悟する。
 →GAKUVO学生は誰も俺を理解していない(涙)
・規範を破る時は、相応の覚悟が要る。
 →門限を破るGAKUVO学生にはカンチョーします。
・東大法学部が社会的害毒になる理由。
 →GAKUVO学生には居ないでしょう。
・義務を果たしてこそ人は自由になる。
 →学生に兵役・援農の法的義務を…
・「人間はみな平等」が、個性を潰す。
 →GAKUVO隊はふぞろいの林檎たちでOK!
・「強制はいけない」が脆弱を育てる。
 →GAKUVO隊を強制労働させます。
・過大評価も過小評価もあるのが当然。
 →石巻支援はGAKUVO的には不人気?
・表面的なアピールは、ただの勘違い。
 →ボランティアは楽しいぞ!は勘違い。
・ピースサインなどさせてはいけない。
 →GAKUVO隊はVサイン原則禁止です。
・長所美点を自ら語るのは恥ずかしい。
 →すみません。語ってます。
・迎合に馴れると人として芽が出ない。
 →唯我独尊ツッパリ学生大募集!
・望みと現実を、ごちゃまぜにしない。
 →石巻GAKUVO隊。はっきりいって地獄です。
・「他人も信ずるな。自分も信ずるな」
 →現地専従スタッフの言うことを信ずるな。
・プロの仕事は、命がけの道楽である。
 →正に現地専従スタッフは命がけの道楽。

(つづく)
Posted by coco at 08:38 | 東日本大震災 | この記事のURL
少し笑顔が [2012年06月13日(Wed)]
昨日、畑や倉庫修理支援をしている浜のM子さんを訪ねました。
ちょうど他団体のボランティアも立ち寄って立ち話をしてくれていた。
M子さんは旦那さんと息子さんを津波で喪い、先日無事納骨をすまされたと話してくれた。
以前と比べると本当に笑顔で会話をしてくれるようになった。

仮設住宅で一人になり、考えれば悲しく辛いことだらけの将来かもしれないが、ボランティアと話しているだけでも笑顔が戻り会話をしてくれることが何より嬉しい。

ちょっと声をかけたり、顔を出すだけでも意義のあるボランティア・・・・。
またお茶しに寄らせていただいます。
Posted by coco at 06:40 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
| 次へ