CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年05月 | Main | 2012年07月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
二つの出来事への怒り [2012年06月12日(Tue)]
先週末、旧河北町にある長面浦で水中捜索を行っているボランティア仲間の競艇女子選手からのメールの要訳です。彼女らは水中捜索ボランティアの船舶の操船を行っていました。

(メール内容要訳)
昨日、潜って30分でご遺体を見つけました。早速警察に連絡したところ、サルベージ船を手配できる今月の20日まで引き揚げられないとのこと。
結局それ以上の作業が何もできずに警察は帰っていきました。
(以上です)

このメールには警察の対応に不満を持つ住民や仲間のボランティアのことが長く綴られていました。
長面浦は行政のいう海ではなく、内陸の扱いになるため県警の所管となり、海中捜索を専門とする海上保安庁は担当外となる。しかし宮城県警は車を引き揚るための船舶などなく、ようやく発見されたご遺体もどうにもならないというのが現実のようです。
行方不明者を探し求めるご家族にとっては本当に歯がゆい現実です。
本日の読売新聞には、宮城県警は昨年9月以降、骨の一部を除く、発見に至ったケースはないとの記事。
新聞にある通り、行方不明者の捜索は警察も保安庁も一生懸命だと思う。ならば管轄や法律に縛られず、同じ目的の業務にはもっと柔軟に対応して頂きたと切に願うものです。

実は、もうひとつ警察に腹立たしく情けないことを。

昨日、今日と仲間のボランティアが道路交通法違反にて切符を切られた。その内容はどちらもトラックの積載オーバー。その積載物はどちらも重機。
罰金は超過した分に応じて支払わなければならないので、ボランティアをしていてのこの結果は本当に気の毒でならない。
我々ボランティア活動で被災地で使用している重機の使用目的は、どうしても行政では対応してもらえない案件での出動ばかり。
現実では重機をトラックで運ぶ場合には殆どが過積載になる。我々が使用している最も小さいサイズの重機でも、法的にクリアになるには超大型トレーラーを回送業者に手配しなくてはならない。一度の往復回送で3〜5万円は掛ってしまう。
営利だろうと非営利だろうと、法律違反は良くないことは百も承知。しかし、このところ行われている過積載に関する警察の過敏な締め付けには、何か納得ができない。
もしも違反者を少なくするのが目的であれば、いきなり突然に一掃キャンペーンを行うより、復旧・復興を目的に仕事をしている事業者にも、非営利で活動しているNPO・NGO・ボランティア団体にも、これまでの復旧を優先にした黙認状態から、そろそろ法律を順守した作業にシフトするように!的なインフォメーションなされるのが、被災地の取り締まりのルールのように思うのです。復興を急ぐための黙認と急な締め付けとの境がなく、いきなりはあまりにも理不尽。

津波からの復興を共に歩む、あなたたちは警察官である以前に同じ被災県民として、復興に汗するボランティアへの思いやりを忘れないでほしいのです。

「あら〜ボランティアですか?ご苦労さまです。困ったな〜。ええい!武士の情け、今日は見なかったことにしますが、今度見つけたらだめですからね!」くらいのことが言える余裕を持って仕事ができないのかむかっ(怒り)パンチ

くそー!
Posted by coco at 23:18 | 東日本大震災 | この記事のURL
公園にクローバー [2012年06月12日(Tue)]
本日の第二ミッション。
浜のあそび場にクローバーとコスモスの種を植えてきました。
先日植えたヒマワリも元気に芽をだし育っています。

aaIMG_1284.jpg

種は被災地を花いっぱいに!と活動しているスマイルシードさんから頂きました。
aaIMG_1307.jpg

最後に水をたっぷりと!
aaIMG_1289.jpg

おまけのミッション:
浜からの帰り道、小学校脇を通ったらダブルコンドルズの練習する声が。
今日はコーチ陣が居ない自主練習ということで、野球小僧のとしきとなるとが臨時コーチで一汗!
aa.jpg

aaIMG_1305.jpg

頑張れ ダブルコンドルズ!
Posted by coco at 22:19 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
塩害スギの伐採 [2012年06月12日(Tue)]
以前作った浜の子どもの遊び場にある3本の大きな塩害スギ。いずれ腐って倒れる危険な木なので、周辺にコンテナなどを置かないうちに倒したほうが容易なので、今日伐採を・・・・

と思って現場に着いたら、何と知り合いの地元の木こりKさんが、私の車を見つけてずっと後を追いかけてきて、今日は仕事が終わったからと伐採を手伝ってくれました。

Kさんの家は旧河北町で壊滅的被害のあった地域の方で、最初に救援に入ったのがGAKUVO隊。そんなことがご縁で、「俺が倒してやっから!」ということになりました。
チェーンソーなど使い込んだ山の道具も全て流されてしまったKさん。
人のご縁とは不思議でそして温かく嬉しいものです。

aaCIMG2176.jpg

即興コンビに息もばっちり!
aaCIMG2190.jpg

aaCIMG2198.jpg

電線を避け狙い通りの方向へ。流石です!
aaCIMG2199.jpg

aaCIMG2209.jpg

aaCIMG2203.jpg

超面倒な枝片づけも仲間がいればあっという間。
aaCIMG2217.jpg

山形へ武者修行に行っていたNANAHANAとGAKUVO隊個人リピーターのとしきと友人のなると。
お疲れ様でした。
aaIMG_1283.jpg
Posted by coco at 20:37 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
| 次へ