CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年05月 | Main | 2012年07月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
ニンジンにつられて [2012年06月01日(Fri)]
最近出会ったボランティアの拠点へニンジンが沢山あるということで行ってきた。津波後の3月、仲間と重機を使って瓦礫の撤去作業を行っていた地域だ。悪臭極まりないヘドロとの闘ったところ。

工業港の近くの旅館。自ら被災しながらも昨年6月までは、他の被災者の支援をしていてたという。そして奥さんと二人で瓦礫の片づけを始めた。夥しい瓦礫の山に何から手をつけてよいか分からなかったという。この地域は正にそんな地域だった。

そして多くのボランティアが支援に入り徐々に瓦礫はなくなり、そして旅館再会に向けて大工ボランティアなどもはいり、今は当時を思い起こすものは見当たらなくなった。

この一年以上、本当に苦労の連続だったろうと思う。
回りの建物はほとんど無くなっている地域。でも旅館の再開に向けて一歩一歩と笑顔を見せる。
またサムライと出会うことができた。

aaP1010519.jpg

aaP1010505.jpg

aa1.jpg

津波の翌日、偶然に見つけたどこかの子どもの遺体を抱え、ヘドロの中を歩いたという主人。救助したくても夥しい瓦礫瓦礫でそこまで近づけなかった時の悔しさも話してくれた。
被災者一人一人の心の中に秘められた、なにくそ!頑張らなければならない拘り。

ぐったりと死にかけていたところをご主人に助けられた被災犬。その恩に報いるように真っ暗だったこの地域で不審者を追い払ってくれたちょっと毛深いボランティア仲間。

a2012021018250000.JPG
Posted by coco at 23:55 | 東日本大震災 | この記事のURL
被災地の表と裏 [2012年06月01日(Fri)]
浜への道すがらひなげしがあまりにキレイ咲いているのでパチリ!

aIMG_0935.JPG

しかし、その家の裏側は瓦礫が詰まった当時のまま。見かけでは分からない。被災地を風刺する景色。
一見落ち着いに見える景色も実は・・・・
でもやっぱり花のある景色は心穏やかになります。

aIMG_0932.JPG

aIMG_0937.JPG

ピースボートさんが描いていた浜の40フィートコンテナの絵も完成!圧巻です。

aIMG_0940.JPG
Posted by coco at 23:14 | 東日本大震災 | この記事のURL
イノシシから基準超セシウム [2012年06月01日(Fri)]
河北新報からです。
宮城県は31日、野生鳥獣の肉の放射性物質検査で、有害捕獲した栗原市のイノシシから国の基準値(1kg当たり100ベクレル)を超える472ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。食用にしないよう呼びかけている。(以上)

イノシシはミミズなど地中にある生き物を食するため、土壌に凝縮された放射性セシウムを食するミミズなどからの食物連鎖が原因かと思われます。
岩手県境の栗原市は福島原発から遥か遠く離れているにも関わらず今回の結果。牡鹿半島でも落葉林の中は値が極めて高い。

038.jpg

先日、子ども支援の活動をしている団体から、地域の森の活用について相談を受けた。折角の里山をフィールドとした活動もこれからは難しくなる。


◆ニホンイノシシ
森林にすみ、落ちたクリやドングリなどの木の実や木の根、草などを食べますが、カエルなどの小動物も食べます。畑で農作物を鼻で掘りかえし、害をあたえることもあります。群れをつくって生活し、日中は休んで、朝夕に活動します。害虫から身を守るため、よく泥浴びをします。生まれた子には、たてじまがあり、ウリンボとよばれます。
Posted by coco at 07:00 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ