CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年03月 | Main | 2012年05月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
山元町遠征番外編 [2012年04月30日(Mon)]
第一村人発見!「あんたらどっから来たの?ありがとうね・・」

aaCIMG1527.jpg

砂地でダンプがスタック。ここでもIVUSAパワー炸裂!

aaCIMG1595.jpg

休憩時間には津波のことや今の生活のことなど。地元の方との会話も大切な時間。

aaP4300118.jpg

山元町はイチゴの産地。美味しいイチゴが津波前のように採れる日が一日も早く来ることを祈っております。

img1005849471.jpg

阪神・淡路大震災からの災害救援仲間のIVUSAとは東日本大震災発災と同時に連絡を取りあい、当初は連携を取りながら石巻で活動していました。その後IVUSAはボランティアがまだまだ手薄だった気仙沼へ主力を移動。
今回の山元町で久しぶりに一緒に活動できました。
新年度になり学生も入れ替わり。新たな体制に向けてこれからも連携を図り活動してゆきたいと思います。

同じ学生チームのGAKUVO隊。学ぶことも多くあったIVUSAとのコラボでした。
IVUSA援農班 [2012年04月30日(Mon)]
山元町の農地だったところはまだまだ瓦礫だらけ。
津波直後の地表の夥しい瓦礫の山は指定業者によって取り除かれ、農地は一見するときれいになったように見えますが、ほんの少し掘れば石・瓦・窓枠・ブロック・ガラス・コンクリート片などなど。
農家独自の力では到底無理な作業。
昨日の午前中と今日一日で約一反(坪300)をIVUSAは見事にやってのけました。

aaP4300129.jpg

aaP4300114.jpg

三日前までは津波被害の荒地のままだったところが、何となく畑らしくなりました。しかし、作付にはまだまだ長い道のり。

aaP4300123.jpg
IVUSA伐採班 [2012年04月30日(Mon)]
学生チームながら災害救援でパワーツールを使いこなすIVUSA。
そんなこともあり、イグネの伐採班は作業を兼ね簡単なチェーンソー講習。

aaCIMG1519.jpg

aaCIMG1525.jpg

aaCIMG1528.jpg

伐採した丸太もIVUSAらしく全て人力で搬出。

aaCIMG1583.jpg

aaCIMG1587.jpg

aaCIMG1617.jpg

最後は恒例のIVUSAポーズ。見つめる先は・・・・。
そして合言葉は「情熱は世界を変える!」

aaP4300113.jpg

この後、イグネ伐採班は援農班に合流。
| 次へ