CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年03月 | Main | 2012年05月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
義の男 [2012年04月16日(Mon)]
大津波の被害にあった福島県境の山元町。町を縦断する常磐線は壊滅し復旧の目処さえたっていない。その常磐線の海側の地域は特に被害がひどく、今もその状況は当時のまま。それでも復興に向けて仲間達は汗を流し踏ん張っています。
その海辺に建つお寺が普門寺。津波直後から地域のために不眠不休で瓦礫処理をたった一人でやっていた普門寺の住職さん。その住職の姿に心を打たれ共に活動を始めたボランティア仲間のFさん。義の男!
彼にとっては何の縁もゆかりもない山元。何が彼をそこまで動かしたのか?
正に「義を見て為さざるは勇無き也」という言葉しか見当たらない。
やがて二人は人を呼び、人が人を呼び.おてら災害ボランティアセンター(通称テラセン)として地域の復興に無くてはならないものになっていく。

しかし、もともと活動資金も乏しいテラセン。
そこで、普門寺の檀家さんに書道家さんが居ることを知り、書いて頂きました。
そんなテラセンにぴったりの言葉「見義不為無勇也」を、活動資金カンパステッカーとして製作・販売いたします。
A6サイズ、1枚500円。

テラセンステッカー2.png

相変らず現場第一、ロジスティックはそっちのけのテラセンです。
なので宜しくお願いします。

おまけ:
同じ書道家さんが書かれた「風」
我らが旗印です!
kaze.gif
| 次へ