CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年03月 | Main | 2012年05月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
DRT2012宮城山元 [2012年04月08日(Sun)]
dttjapan.gif

災害ボランティア技術力アップ講習会
【DRT2012宮城山元】
−DISASTER RELIEF TRAINING 2012−

◆趣 旨:
昨年発生した東日本大震災。M9.0という日本における観測史上最大の震災は、大津波により東北沿岸地域に壊滅的な被害をもたらしました。その復旧にも大勢の地域住民や災害ボランティアが関わり、その多くはいわゆる「人海戦術と人力作業」によって行われています。

作業の効率性・安全性を考えた場合、動力機械による作業も必要で、この震災でも重機・動力機材を使った技術系ボランティアが、効率的な活動を展開していました。またいつ起こるかわからない大規模災害に備え、普段地域にある機材の活用やチェーンソーなどのパワーツールを使った、一歩進んだ専門性のあるボランティアの育成及び地域住民の訓練が重要であると考えます。

この講習会は、資格の取得や認定を目的としたものではなく、あくまで動力機材等の操作等を体験・学習することにより、その技術力や効率性を再認識し、それぞれの団体・個人の知識を深め、より高度な救援活動の習得及び自主防災組織の強化の一助となることを目的に実施するものです。

◆会 期:
2012年5月26日(土)
08:30〜16:00
(休憩・昼休みあり)

◆開催場所:
宮城県亘理郡山元町山寺字浜163普門寺内 「テラセン」及びその周辺

◆募集定員:
約30名

◆主 催:
DRT2012宮城山元実行委員会

◆実行委員会構成・協力団体
・おてら災害ボランティアセンター 「テラセン」
・NPO法人 ドリームゲート
・風組関東
・国境なき奉仕団チーム風
・技術系災害ボランティアネットワーク
・DRT‐JAPAN

◆会場協力:山元町・曹洞宗普門寺

◆特別協力:
・日本財団 機材貸与ほか
・東京パイオニア(交渉中)
・その他

◆申し込みについて:
メールのみ:
teambeavertail@msn.com

◆講師:
・技術系災害ボランティアネットワーク
・風組関東
・国境なき奉仕団チーム風
・DRT‐JAPAN

◆講習内容:
・チェーンソー
・牽引機材の使い方
・てこ棒、ジャッキアップ
・災害時のロープワーク その他
・その他特殊工具など

◆講習会参加料:
・1500円 (昼食代込・当日受付にて徴収)
※昼食はテラセン近くに最近オープンした地元のお弁当屋さんにて手配させていただきます。

◆その他:
@現地集合、現地解散(宮城県亘理郡山元町山寺字浜163普門寺)
A服装は、本講習会に相応しい格好で(ヘルメット・手袋・安全靴・防塵マスクは必携で)
Bボランティア保険・傷害保険等は各自にてお願いします。
C雨天でも実施しますので各自雨具の用意を

※被災地でのボランティア活動の経験のない方、既に災害ボランティアの経験のある方の技術向上、地域での自主防災組織関係者など、どなたでも参加できます。

《参考》
◆昨年のDRT
DRT2011宮城山元
DRT2011石巻・牡鹿

荒波Tシャツ完成! [2012年04月08日(Sun)]
海と共につながる会」のオリジナルグッズ第二弾、荒波Tシャツが完成しました。
黒にシルバーとゴールドの2種類用意しています。
S・M・L・各2000円
鹿立仮設住宅にて好評販売中!

aaP4081443.jpg

こちらは試作品ながらなかなかの出来!

aaP4081446.jpg

荒波牡蠣だよ。へい、らっしゃい!

aaP4081440z.jpg
Posted by coco at 18:46 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
カヌークラブ設立へ [2012年04月08日(Sun)]
昨年夏の川開き祭の灯籠流しで活躍した、ボランティア支援ベース絆(現OPENJAPAN)が中心となって、ついに石巻にカヌークラブが設立されました。
今日はその設立イベントの日。やや風はあるものの春の陽気の北上川でした。

クラブ代表のあべちゃんの挨拶

aaP4081418.jpg

aaP4081417.jpg

OPENJAPANのとーるちゃん(高知・四万十塾)によるカヌー教室。

aaP4081421.jpg

aaP4081427.jpg

くりこま高原自然学校の塚ちゃんも応援に。ななはなと久しぶりにRQ同窓会?

aaP4081432.jpg

こちらは、め組とapBANKで日向ぼっこ同窓会?

aaP4081434.jpg
Posted by coco at 17:52 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ