CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年02月 | Main | 2012年04月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
絵本作家から [2012年03月02日(Fri)]
絵本作家の摩呂子さんからも、手作りの紙芝居を送っていただきました。
大切に使わせていただきます。

aP3020695.jpg

aP3020696.jpg
Posted by coco at 21:12 | 東日本大震災 | この記事のURL
上棟 [2012年03月02日(Fri)]
みんなで作るオヤジの居場所の上棟式です。
オーナーのOさんは、最初は上棟式なんて考えてもいなかったが、新しい建物ができていくことが復興の証しと思うし、なのであえて上棟式をやることにし、ボランティアに来ていただき祝って頂こうと思いましたと挨拶。本当にそう思います。
新たな街が出来ていく・・・・。
Oさん、おめでとうございます。
O棟梁、おめてとうございます。

aP3020662.jpg

aP3020656.jpg

aP3020664.jpg

aP3020665.jpg

aP3020669.jpg

aP3020687.jpg

aP3020681a.JPG
Posted by coco at 17:12 | 牡鹿半島部 | この記事のURL
除染ボランティアを考える [2012年03月02日(Fri)]
除染ボランティアを考える
〜意見交換会・市民によるガイドラインづくり〜

【経緯・目的】
福島県の自治体および市民グループが、除染のためのボランティアを募集し、全国から多くのボランティアが参加しています。それを受けて、前年10月より種々のML上等で「除染に関するボランティア」についての問題提起がなされてきました。そこで、ボランティアからの問い合わせやコーディネートを行う中間支援組織、NPOのネットワーク団体などが、改めて除染ボランティアの現状と課題について把握しようと環境省有志も交えながら3回にわたる勉強会を行ってきました。
また、現場に何度か足を運び、住民、自治体、除染実施団体、学者・専門家などにヒアリングを重ねてきたJANIC(国際協力NGOセンター)、JCN(東日本大震災支援全国ネットワーク)からの報告を共有し議論することにより、私たちは除染ボランティアに関する意見は福島県内外に限らず(当然のことではありますが)一つではないことを再認識しました。
「健康リスクは高い/低い」「高線量地域からは一刻も早く避難すべき」「住み続けたいと考えている人がいる/避難したい人もいる」「子どもや妊婦さんだけでも」「除染を望んでいる住民がいる/望んでいない住民もいる」「除染作業を手伝ってはいるが逃げれる人は逃げて欲しい」「除染は効果がない/場所によってはある」「莫大なお金がかかるから他のやり方を考えるべきだ」など、様々な視点・意見がある中で、「除染ボランティアが公募され、参加したいと思う人がいる」という状況は今後も続くと、私たちは考えました。
ボランティアは、リスクをとる自由も持っていますが、その判断をするための材料・情報が、現時点では十分でないという認識から、この度、「市民発のガイドライン」を作成することとなりました。3月2日の意見交換会は、「除染の現状を知り」「様々な意見を共有し合い」「手引きをつくる(準備会発足)」ことを目的としています。
「福島に寄り添う」という視点を大切に話しを進めてきましたが、福島県だけでなく、除染に関わっている地域の支援団体、市民の方々、問題に関心のある全ての方を対象としたオープンな会議です。
※ガイドライン作成時期の目安は、ボランティアによる除染作業が本格的に開始される春に向けてです。
(冬の間は雪などの影響で中止しているところが多い)
会議後、タスクチームをつくり、毎週金曜日夜にガイドラインを作成していきます。
【開催日時】 
2012年3月2日 18:00〜20:30
※21:00まで延長する可能性あり。途中退出自由。
【開催場所】 
地球環境パートナーシッププラザ       
東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F       
地図:http://www.geoc.jp/access
【参加費】  500円(資料代)
【呼びかけ団体】
福島に寄り添う有志ネットワーク(仮称)
東日本大震災支援ネットワーク(JCN)
国際協力NGOセンター(JANIC)
CSOネットワーク
日本ボランティアコーディネーター協会(JVCA)
福島の野菜を食べる会
持続可能な社会をつくる元気ネット
環境パートナーシップ会議(EPC)
【協力団体】
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
安心安全プロジェクト(南相馬市)
いわき市 いわきの子供を守るネットワーク
※他、調整中
【プログラム内容】
(第1部)「情報提供」主旨説明と除染の現状を知る
(第2部)「意見交換」様々な意見を共有し合う
(第3部)「ワークショップ・グループディスカッション」ガイドラインに盛り込むべき課題を出し合う
※実際のガイドラインづくりは、3/2会議以降、タスクチームを編成し春に向け毎週金曜日夜に集まりつくっていく予定
【スピーカー】
佐瀬 卓也(徳島大学アイソトープ総合センター)
大内ゆうだい(福島市 市議会議員)
吉田 邦博(安心安全プロジェクト)
【問い合わせ先】
03-3406-5180 (担当:平田・須藤・高橋)
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
Posted by coco at 01:23 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ