CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年12月 | Main | 2012年02月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
進化 [2012年01月26日(Thu)]
ご心配をおかけしております。

昨日の北京原人っぽい状態から大分回復し、今日はネアンデルタール人ぐらいまで回復いたしました。
明日はクロマニヨンぐらいまで回復するとよいのですが・・・・。
更に進化しチンパ君になったらどうしましょう。

Posted by coco at 22:59 | 東日本大震災 | この記事のURL
ひとりでは [2012年01月26日(Thu)]
昨日は被災地も雪景色。現場作業にも行けずに、牡鹿大原浜の公民館脇にてのんびりと道具の手入れ。

地べたに腰を下ろし車載している愛用のチェーンソーの分解掃除中、ありゃりゃ!突然腰に痛み。特にひねった記憶もなく原因がわからない。しばらく公民館の畳で横になるも痛みも増すばかり。

浜の皆さんの勧めで多くのボランティアがお世話になっている鮎川にある病院へ行くことに。

「大原のI区長さん」の乗用車をお借りし、「大原ボランティアのOさん」の運転で牡鹿病院へ。病院では「隣の浜の漁師さんたち」がいてどうしたの?と声を掛けられ、苦笑い。Oさんに車いすを押していただき診察&レントゲン&注射。

ボランティアにはいつも優しい牡鹿病院の「先生と看護師さん」。これまでも多くのボランティアがお世話に。

再び大原に戻り、「大原の住民の皆さん」に見送られ、Oさんの運転で石巻駅前の拠点へ。駅近くに借りている駐車場から拠点への途中、腰を曲げて歩く姿に、レストラン「大もりやさんのおかみさん」に大丈夫?と声を掛けていただき、みかんの差し入れを頂戴し、拠点に無事帰還。

大原ボランティアのOさんのピックアップで「ハーレー隊の皆さん」が拠点に。お一人は湘南海岸でも名だたる西浜のライフセイバー。久しぶりの再会。

突然、ピースボートの仮設住宅担当の「Kちゃん」が拠点に。事情を伝え横になったまま対応。

間もなく、夕方の会議を終え、昨夜被災地入りした、DRTの「Sさん」と同僚の「HANAちゃん」がお弁当とケーキを手に戻る。4人で夕飯。

昨年腰を痛めたときにピースボートの「Zさん」から頂いた腰用コルセットをつける。

「妻」と久しぶりに会話。

夜11時頃寝袋に。そんなとき「東浜の漁師さんの奥さんMちゃん」からの腰を心配するメールが届く。状況を返信し、就寝。

昨日は一日中、いろんな人のお世話になりました。人の思いやりと優しさと仲間のありがたさを感じた一日でした。

改めて痛感する「人はひとりでは生きていけない・・・・」

渡波にあるケーキ屋さん「エクレール」のチーズケーキ、その名も「金華山」。以前腰を痛めた現場も「金華山」。
でもこのケーキ、金華山というよりも・・・・(^^;)

そろそろ「緊急支援」も街の復興の景色に似合わなくない???とビブスの文字をSさんに突っ込まれるピースボートのKちゃん。

差し入れの静岡みかん
Posted by coco at 09:23 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ