CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年11月 | Main | 2012年01月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
金華山作戦【7】 [2011年12月17日(Sat)]
金華山の位置


大きな地図で見る
Posted by coco at 22:33 | 金華山支援 | この記事のURL
金華山作戦【6】 [2011年12月17日(Sat)]
【金華山への渡航】

ボランティアによる金華山支援に係る19日(月)〜23日(金)の金華山への渡航(案)について

■午前
鮎川港→金華山
出航時間
08:30〜9:00前後
金華山→鮎川港
出航時間
9:30前後

■午後
鮎川港→金華山
出航時間
15:30前後
金華山→鮎川港
出航時間
16:00前後

鮎川港−金華山 
シードリーム号10人乗り
1往復
船賃10,000円
例えば
※5人の場合2000円
※10人の場合1000円
という計算になります。

Posted by coco at 13:58 | 金華山支援 | この記事のURL
金華山作戦【5】 [2011年12月17日(Sat)]
【神社・仏閣等の被災について】

東日本大震災の被災地で、神社・仏閣など宗教施設の再建が未だ困難な状況にあります。被災者の生活の再建を優先せざるをえないことに加え、政教分離の建前から公的な支援が全く受けられないのが実情です。
しかし、それらの施設は伝統文化・風習・神事・祭事・観光において重要な位置づけにあり、公的支援の必要性を訴える声も出ています。

【金華山について】wikipediaから抜粋

黄金山神社

金華山は、島全体が黄金山神社の神域となっており、地場の信仰の対象として有名である。恐山、出羽三山と並ぶ「奥州三霊場」に数えられている。「三年続けてお参りすれば一生お金に困ることはない」という言い伝えがあり、参拝客を集めている。また、神の使いとして保護されている多数の鹿が生息している。毎年10月第一、第二日曜には鹿の角切りの神事が行われる。

環境

島全域が山であり、最高点は445m。平地はほとんどない。神社付近を除く大部分が国有地である。古くから信仰の島であり、1979年には南三陸金華山国定公園として指定がなされたため、手つかずの自然が多く残されている。

植生は、ブナ・モミ・マツなどが多い。1980年代ごろからマツクイムシの被害が目立ち始め、島の南部では壊滅的な状態となっている。抜本的な対策が求められているが、シカやサルの保護のため薬剤散布が難しいというジレンマを抱えている。また、増えすぎたシカの食害によって若い木が育たず、世代交代が出来ず巨木は多いが、その巨木でさえ枯れたり倒木しているものも見受けられる一方、草原化しつつあり、森林崩壊の危機が指摘されており、森林を回復させる目的で、後継樹育成のための防鹿柵(ぼうろくさく)設置や、マツクイムシに対する抵抗性を持ったマツの植樹が行われている。
Posted by coco at 10:46 | 金華山支援 | この記事のURL
| 次へ