CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年08月 | Main | 2011年10月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
居安思危 [2011年09月12日(Mon)]
防災などであまりにも一般的で、よく使われる言葉「備え有ればうれい無し」

実はこの言葉、孔子が編集した史書「春秋の左傳」にある。三つの句の最後の節。日本ではこの最後の句のみが語られるようになりました。

その全句は、
「居安思危 思則有備 有備無患」

「居安思危」(安きに居りて危うきを思う)
※平安の時にも、危難のことを思う。

「思則有備」(思えば則ち備えあり)
※そのことを思えば、備え有ることが大切。
   
「有備無患」(備え有れば患い無し)
※その備えを怠らなければ心配ごとは無くなる。

我々日本人が一番知っておかなければならない言葉は、「居安思危」かもしれません。

| 次へ