CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年07月 | Main | 2011年09月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
誰が忘れているの? [2011年08月22日(Mon)]
10日ほど前のこと。当時私たちが活動している漁港の周りを警察が行方不明者を捜索していた。そこで警察に確認したいことがあったので話しかけた。

小生:
今月末頃からあそこに見える入り江の瓦礫の搬出を船で渡って行う予定ですが、先日下見のために上陸した時に見た状況では、陸続きの場所で行っている捜索と比較して、まだ途中のようにも見えるのですが、ボランティアが瓦礫搬出活動をする前に捜索の状況を教えていただきたいのですが?

警察:
私達は福岡県警からの派遣隊なので宮城県警にそのことを伝えておきます。連絡先は?

小生:
○○所属の○○と申します。携帯電話番号を000−0000−0000。瓦礫の撤去を依頼されたのは○浜の○○区長さんで、区長さんの携帯電話番号は000−0000−0000です。

警察:
了解しました。伝えておきます。

小生:
今月末には搬出作業を行いますのでよろしくお願いします。

警察:
了解しました。

福岡県警が宮城県警に伝えるのを忘れたのか?宮城県警が本件を忘れているのか?ボランティアの言うことだからどうでもいいと思っているのか?いずれにしても未だに小生にも区長さんにも何の連絡もない。

既に10日間ほど前のやりとり。かなりいい加減なところもある警察の任務のようです怒

少なくても自衛隊の方が遥かに真剣に、そして真摯にボランティアと付き合ってくれたように思うのです。
Posted by coco at 18:42 | 東日本大震災 | この記事のURL
嘘はつかないで [2011年08月22日(Mon)]
大川小学校の惨事はこの大震災で特に教訓として子々孫々まで伝えなければならないことにように思う。それは震災後に教職員の方たちがとった措置云々というよりは、こんなところに学校を作ってしまった人間の愚かさを教訓として伝えるためだ。

しかし、既に津波の恐さを残すべき校舎の一部が行政によって破壊されているように見える。

その校舎の一部の破壊について行政に質したところ、その返事が津波によって壊されたとの説明があった。

津波による大きく水圧によって壊された窓の下に数ヶ所のみがまるで重機を使って壊されたような痕。鉄筋も含めてキレイに欠けている。


これまで津波の被害を受けた鉄筋コンクリートの建物を見てきた。このように鉄筋までちぎれた建物はどこにも見当たらない。

仮に重機で壊したものであればそれはそのときの理由があったものだろう。なので行政にお願いしたいことは津波で破壊された箇所と人的に壊した部分と「正直に嘘をつかずに」説明して欲しい。

津波の恐さ、エネルギーの凄さを未来に伝えるために嘘はつかなでほしい。
Posted by coco at 07:33 | 大川地区 | この記事のURL
証言メモ廃棄 [2011年08月22日(Mon)]
津波被災の石巻・大川小調査 教師証言メモ、市教委廃棄
河北新報 8月21日(日)6時10分配信

東日本大震災の津波で、全校児童の7割に当たる74人が死亡、行方不明になっている宮城県石巻市大川小をめぐり、市教委が生き残った男性教師ら関係者に震災当時の状況を聴取した際の証言メモを廃棄していたことが20日、分かった。「メモを基にした」という報告書はあるが、証言がどう反映されたかを検証できず、調査の信頼性が問われそうだ。

河北新報社が情報公開請求で入手した報告書によると、男性教師への聞き取りは3月25日、市教委の男性職員2人が行った。男性教師は当時学校にいた教職員11人の中で唯一助かったが、現在は休職中。現場の状況を知る数少ない大人の一人だ。

市教委学校教育課によると、聴取は20〜30分間行われ、職員は教師の発言をメモ用紙に書き取った。「大川小事故報告並びに聞き取り調査記録」と題した報告書が5月に完成した段階で、メモを全て廃棄したという。

報告書のうち、男性教師に関わる部分はA4判用紙2枚。「聞き取りの概要」として、「地震発生とともに机の下へもぐる」「津波が来た。男性教師は最後尾におり、『山だ』と叫んだ」などと当時の状況を時系列に並べているが、男性教師の具体的な発言は記されていない。

男性教師の話を聞いた市教委の担当者は「詳しい発言内容は記憶にないが、大切だと思った部分は報告書に反映させた。メモはたまるだけなので、保存する理由はない」と説明する。
 市教委は、男性教師のほか児童24人と中学生、当時外出していた大川小の女性職員、周辺で警戒を呼び掛けていた市職員の計27人にも4〜5月に聞き取りを実施。それぞれの証言を記したメモも「概要」として報告書にまとめた後、「全て捨てた」(学校教育課)という。

市教委は6月、男性教師ら関係者の聞き取り調査を基に、保護者に当時の状況を説明していた。

◎「信じられない」憤る遺族、再調査要求も

石巻市教委が、津波で甚大な被害を受けた大川小の男性教師ら関係者の証言メモを廃棄したことをめぐり、児童の遺族からは「信じられない」という憤りや、再調査を求める声が上がっている。

「なぜ大事な資料を捨てたのか。市教委は学校管理下で74人もの児童が犠牲になった事実の重さを、理解していないのではないか」。6年生の娘を亡くした両親は言う。

生き残った男性教師は震災で大きなショックを受け、休職している。男性教師が、親たちの前で当時の状況を語ったのは、震災から約1カ月後の4月9日の説明会だけだ。

母親は「先生の体調を考えれば、貴重な証言だったはず。それを廃棄するなんて考えられない」と疑問を投げ掛ける。

「以前からうわべだけの調査だと思っていたが…」と父親は話す。「市教委は『児童の犠牲を教訓にする』と言うが、しっかりした検証なしにはあり得ない。誠意を持って対応してほしい」

3年生の息子を亡くした父親は「捨てていいメモと重要なメモの区別もつかないのか。市教委には検証を任せられない。市は第三者委員会の設置など、再調査を考えるべきだ」と訴える。

わが子を失った悲しみに加え、震災後の市教委の対応に不信感を募らせる遺族は少なくない。市教委が当時の状況を説明する場を設けたのは、4月9日が初めて。6月4日の第2回説明会は約1時間半で打ち切られ、「以後は行わない」とされた。
 
子ども2人を失った母親は「説明会は2回とも『保護者の要望に応じて開く』とされ、自分たちを正当化する話ばかりだった。メモ廃棄も、そうした姿勢から生じたように思えてならない」と不信感を隠さない。

◎情報公開に反する

<堀部政男一橋大名誉教授(情報法)の話> 大川小児童の犠牲は歴史に残る悲劇と言える。石巻市教委は「メモだから廃棄した」と言うが、生き残った男性教師の言葉は重要な証言。プライバシーに関わる部分を除けば、当然情報公開の対象になる。
 なぜ悲劇が起きたか検証して今後に生かすためには、証言の一言一句を公文書として記録、保管し、音声も録音する必要があった。開示された文書は「概要」というタイトル通りに非常に簡素な内容で、男性教師が実際に何を話したかが分からない。市教委の対応は情報公開の趣旨に反すると言わざるを得ない。

[大川小の被害]3月11日の地震直後、児童はいったん校庭に避難。北上川の橋のたもとにある小高い場所へ移動する途中、川をさかのぼった津波に襲われた。児童108人のうち69人が死亡、1人がDNA鑑定中で、4人の行方が分からない。当時学校にいた教職員11人は10人が死亡・行方不明。校庭などに避難した住民も多くが犠牲になった。 最終更新:8月21日(日)6時10分
Posted by coco at 07:28 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ