CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年05月 | Main | 2011年07月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
立ち止まらずに [2011年06月02日(Thu)]
牡鹿大原に製材機を据え付けていただいた安曇野のひふみ林業さん。最初に出会ったのは河北町の大川中学校。チェーンソーを持ってきているとのことで、一緒に校庭に入り込んできた流木や津波によってなぎ倒された学校の樹木を一緒に切らせていただきました。

別れ際に、これからも自分達の専門性をより発揮できる活動がしたいとのことで、電話番号を交換しました。それから数週間、また被災地に入りたいとの連絡があり、早速狐崎浜や竹浜に流れ着いている丸太の引き上げと玉切りをお願いしました。

そして、その時、被災した神社の話を地元の棟梁から聞き、今回の製材機の据付に到りました。

今日の据え付け後、丸太を引く棟梁は、「凄いな!凄いな!」と感激しながら、目を潤ましていました。

ボランティアひとり一人の被災地を思う姿が被災地を元気にしてゆく。復興の道のりはまだまだ遠い。でも立ち止まらず一歩ずつ歩むことが何よりも大切なことと思うのです。

棟梁、地震や津波に負けずに思う存分自慢の腕を振るってください。

※大川中学校での活動
http://blog.canpan.info/coco/archive/1609
http://blog.canpan.info/coco/archive/1619

※狐崎浜での活動
http://blog.canpan.info/coco/archive/1697

Posted by coco at 21:44 | 東日本大震災 | この記事のURL
折浜の瓦礫 [2011年06月02日(Thu)]
先日被災者からのSOSでロケハンに行った牡鹿折浜。
今日はその時に依頼のあった生活道路の開放にアモール&庭JAPAN&オレンジマルソが頑張ってました。
瓦礫がびっしり詰まっていて通れなかった道も超キレイになりました。
因みに庭JAPANは庭師仲間の救援隊。先日は活動を行った学校に桜を植えたとのこと。さらに専門性を活かした活動に拍手です。

ダブルユンボはオレンジマルソと庭JAPAN


社協直系チームのアモールの人海戦術でキレイになった生活道路。

Posted by coco at 17:29 | 東日本大震災 | この記事のURL
製材開始 [2011年06月02日(Thu)]
製材開始!簡易製材機といってもかなりのすぐれものです。もてあましていた流木丸太も宝の山に見えてきました。また少しですが復興へ一歩前進したように思います。
安曇野のひふみ林業さん、ありがとうございました。




Posted by coco at 17:10 | 東日本大震災 | この記事のURL
被災船 [2011年06月02日(Thu)]
津波によって被災した船がいたるところで陸に打ち上げられている。一隻でも海に戻そうと使える部品を外し生かす船に付ける作業が続く。
漁師に取って何より辛い作業だろう。
今日は陸に打ち上げられて曲がってしまったラダーを外し、そして使えそうなラダーを外し付け替える作業。
そしてクレーンで海に戻します。



ほとんどの工具は津波によって流され、やっと見つけた錆びついた工具で作業をしています。

Posted by coco at 11:23 | 東日本大震災 | この記事のURL
製材機据付 [2011年06月02日(Thu)]
長野のひふみ林業さんがハスクバーナ社の製材機を長野から運びこみ、牡鹿の大原浜に据付て頂きました。
これから流木丸太を材木にして神社の修復が始まります。



Posted by coco at 09:37 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ