CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
見義不為無勇也

cocoさんの画像
最新記事
DRT2011 ....
月別アーカイブ
2カ月がたち [2011年05月11日(Wed)]
あの3月11日から2カ月が過ぎた。仲間たちと走り続けた2カ月間。あれから何がかわったのだろうか?自分たちに何ができたのだろうか?

今日5月11日は長女の誕生日。○○年前、小柄な妻が陣痛に耐え、産んでくれた私たちの初めての子ども。朝、携帯からお祝いのメールを送る。育児・仕事・日々の暮らし。苦労も絶えないのだろうがみんな元気に暮らしていることが嬉しい。

今日も大工ボランティアの方が来てくれた。瓦礫から取り出した廃材を生かして、基礎だけの漁村の景色に倉庫やお風呂などを作っていただこうと思う。

被災地で活動するNGO・NPOが一堂に会する復興支援協議会がある。そのお陰で、いろいろな団体と連携しながら活動している。ひとつの団体の力が数倍になって発揮できている。得意不得意をカバーし合い活動できる。それぞれの団体が名札やネームやビブスを付けていても私たちは同じ目的を持った一つの団体なのかもしれない。ボランティアだけはどんなことがあっても元気に声をだして行こうと思う。

気持ちを新たにする意味で仲間とYou-Tubeの津波の画像を見る。自然の力。破壊力に気持ち新たに、また明日からのエネルギーに。

基礎だけになった牡鹿の漁港。車で通ると被災者の方々が声を掛けてくれたり手を振ってくれる。以前より少し元気になってくれたように思う。そう思うようにしている。

被災者は2カ月間、本当に耐えてきたと思う。耐え忍んできたと思う。
Posted by coco at 23:55 | 東日本大震災 | この記事のURL
技の伝授 [2011年05月11日(Wed)]
本日の活動を終えた夕方から、同じ被災地で活動する「め組JAPAN」のスタッフにエンジンカッターの操作と大ハンマーの技を伝授しました。最近はブロック塀の処理活動も増え、それに連動して動力機材の要請も増えたことから、他団体でも是非使ってほしいと思いから実施しました。

分科会の椅子の準備など、裏方作業も勧んで行ってくれているめ組JAPANのなべちゃんです。

Posted by coco at 23:53 | 東日本大震災 | この記事のURL
荻浜からSOS [2011年05月11日(Wed)]
困った時のオールとちぎ。タル回収で疲れきった牡鹿の漁師さんからのSOSに平日に45名のボランティアが・・・・。被災地の盟友にまたも助けられました。
本当にありがとうございました。


墓地に流れ込んだタルの回収


離れた保育園から流れてきたタルのペンギン。瓦礫の中からのタル回収作業中に見つけました。

Posted by coco at 21:19 | 東日本大震災 | この記事のURL
帰ってきた(^^)/ [2011年05月11日(Wed)]
釧路川のカヌーガイド、ガッテンがカヌー5台を積んで帰ってきた。震災直後から炊き出しや泥だしで頑張ってくれた仲間。これから漁港のクリーン作戦で活躍してくれる。

当時の画像。炊き出しを行っていた湊小学校にて


屈斜路湖ガイドステーションわっか
http://www.wakka.biz/index.html

Posted by coco at 07:10 | 東日本大震災 | この記事のURL
| 次へ